何卒 ご 理解 ご 協力。 「何卒ご理解」という言葉の正しい意味と使い方

間違う人も多い「何卒」の正しい意味・使い方・例文

何卒 ご 理解 ご 協力

社会人になるとさまざまな謝罪の言葉を覚えることになります。 これは語彙力の向上に一役買っていますが、謝罪の場面が増えるというのはちょっと寂しい気持ちもする部分です。 こうなってしまうのは「何卒ご理解」のように、使い勝手がよく文章を急いで考えるとテンプレートのように出てきてしまう言葉が原因と考えられます。 何卒ご理解ご協力 シンプルな謝り方として使われることが多い「何卒ご理解」という言葉ですが、ご協力とセットにすると多少言葉が柔らかくなります。 具体的な例文は「何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします」となるでしょう。 多少言葉が前後することがありますが、「何卒ご理解」とセット運用した場合はこれが定型文となります。 意味のとらえ方について 「何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします」といった例文を紹介しましたが、この言葉はどのような意味で捉えられるのかを考えましょう。 人によって解釈の仕方は多少変わることもありますが、おおむね「相手に何らかの事柄に対してお願いするときに使う」というイメージがあり、「相手に強制的に了承を求める言葉ではない」という認識になります。 つまり、「ご了承下さい」という言葉とセット運用ができないと言うことです。 一つ一つの言葉遣いは間違っていない状態でも、他の言葉と組み合わせることで文章がおかしくなることは多々ありますので、その実例として覚えておくといいでしょう。 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします 多少硬い言葉であっても断定的な表現を使わないことで柔らかい印象を持たせるものもあります。 それが「~のほど」という表現です。 それを「何卒ご理解」という言葉とセットにすると以下のような例文になります。 「何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします」や「何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いします」や「何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」といった表現です。 意味のとらえ方について 日本語における「~のほど」という表現は使い勝手がよく、意識しないでついつい多用している方もいますが、これは表現を柔らかくする効果があります。 断定的な表現を避ける使い方ができるため「何卒ご理解」とセットにすれば表現が柔らかくなり、「理解を求めることよりも、理解してもらいたいというお願いがこもっている」という意味になります。 何か頼み事をしたいけど命令口調を使いたくないし、なんとか言葉のニュアンスを柔らかくして角が立たないように立ち回りたいという人にとって頼りになる言葉です。 何卒ご理解賜りますよう 「賜る」という表現は難しいので使ったことがないという人も多いでしょう。 この「賜る」という表現と「何卒ご理解」をセットにして使うこともできるので、「何卒ご理解」の違った運用方法の一つとして覚えておくと役立ちます。 具体的な使い方は「何卒ご理解賜りますようお願いいたします」とか「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」となります。 多少難しい表現ではありますが、「弊社の置かれている状況を何卒ご理解賜りますよう~」といった表現になると自分たちの苦労している様子も見せることができるでしょう。 意味のとらえ方について 「何卒ご理解」と「賜る」のセット運用で躓くのが「賜る」です。 この「賜る」という表現は「もらう」の謙譲語なので、商品や品物をもらう時に使う言葉でもあります。 しかし、「指導してもらう」といった表現の「もらう」の敬語表現として「ご指導を賜る」という使い方もできると言うことです。 「何卒ご理解」の意味は「理解して下さい」や「察して下さい」となりますので一つ一つ解説すれば意味も見えてくるでしょう。 答えは「なんとか理解してもらいたいです、どうかよろしくお願いします」となります。 「賜る」は使い過ぎないこと 謙譲語の一つである「賜る」という表現を多用するのはNGです。 「賜る」の多様がNGというよりは、謙譲語を大量に使うことが間違っていると考えて下さい。 「賜る」は自分を下げる意味がある謙譲語の一つなので謙譲語を重ねて使いすぎると、「へりくだりすぎて堅苦しい」というイメージを与える恐れがありますし、人によっては「この人は本当に言葉を理解して使っているのか」と疑問を抱かれてしまいます。 難しい表現の使い回しを覚えるとついつい使いたくなるものですが、謙譲語のように自分を下げる言葉を使いすぎると、逆に印象を悪くする恐れがありますのでバリエーションを豊富にして偏らないようにすることが大切になります。 何卒ご理解ご了承 いくつか具体例を用いて紹介してきましたが、同じような意味を持つ言葉を重ねて使うことで意味を深める言葉もあります。 それが「何卒ご理解ご了承」といった表現です。 「ご了承」には「理解して承諾する」という意味や「これから起こることに対して納得してもらう」という意味があります。 具体的な使い方は「何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」とか「何卒ご理解ご了承いただければと存じます」とか「何卒ご理解ご了承いただければ幸いです」となります。 「何卒ご理解」の使い方 それでは具体的な使い方をシーンごとにまとめてみましょう。 ある程度謝るときに使う定型文となっているので使う場面も限られてきますが、先に紹介したように他の言葉との組み合わせによってニュアンスが異なってきますので、状況次第では使い分けすることができます。 口頭で「何卒ご理解ください」といった表現をする人は現代社会では少ないでしょうが、メール文章では頻繁に登場しますので書き方に注意しましょう。 ビジネスシーンでは やはり謝る必要があるシーンで使うことが非常に多いです。 先の例文で紹介した「何卒ご理解賜りますようお願いいたします」とか「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」といった表現は謝る必要が無い場面では使わないでしょう。 自社の商品や担当者が何らかのトラブルを起こして、お客に対して何らかの不都合が発生している場面で「お客様には大変ご迷惑をおかけいたしまが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします」といった表現をします。 場内アナウンスや連絡案内といった仕事をしている方々ならば使う表現の一つと言えるので、先輩から教わったという人も多い表現です。 何らかのマニュアルや説明文 商品において絶対に必要なのが使い方や保存方法などをまとめたマニュアルです。 このマニュアルにしっかりと使い方が解説していないとトラブルに繋がり後に面倒なことになります。 しかし、最初から書いてあればトラブルにはなりにくいです。 たとえば、「この禁止事項に該当する使い方をしてトラブルが発生しても一切の責任を負いかねますがご理解賜りますようお願いいたします」といった使い方ができるということです。 メールでの使い方 メール文章になるとテンプレートや特定の言い回しを使い回すことが可能になりますので、「何卒ご理解」といった表現も使いやすくなります。 こちらも何らかのトラブルが発生したときに謝るメール文章として「何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします」とか「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」といった例文を使います。 それ以外には不合格の通知をするときに理解してもらいたいという言葉を柔らかくするために、「今回は不合格とさせていただきます。 何卒ご理解ご了承のほどお願いいたします」といった使い方をすることもあります。 「何卒ご理解」と「ご容赦」の違い 「ご容赦」の意味とニュアンスを理解する ここでポイントとなるのは「ご容赦」の意味です。 似たような言葉として使われることが多い「ご理解」と「ご了承」と「ご容赦」ですが、意味は一緒でもニュアンスは違います。 「何卒ご理解」の意味は「どうかわかって下さい」ですがニュアンス的には伝えることが最優先であり、「ご了承」とは「理解して下さい」という意味ですが「納得してもらいたい」というニュアンスです。 「ご容赦」は「理解して下さい」よりは「許して下さい」という懺悔のニュアンスが強いです。 ニュアンス的には「ご容赦」のほうが「何卒ご理解」よりも丁寧な表現と感じられることが多く「ご容赦下さいますようお願い申し上げます」という表現のほうがすんなりと受け入れられることがあります。 ニュアンスを大切にしよう.

次の

何卒よろしくお願い申し上げます!「何卒」の意味と使い方とは?

何卒 ご 理解 ご 協力

「何卒」を用いた具体的な文例• 「何卒」よろしくお願いいたします。 失礼を 「何卒」お許しください。 「何卒」ご了承くださいますよう、お願いいたします。 今後とも 「何卒」ご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、 「何卒」よろしくお願いいたします。 「何卒」ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。 本年もより一層のご愛顧を賜りますよう、 「何卒」よろしくお願い申し上げます。 このように用いられます。 「何卒」の同義語・類義語 最後に、同義語・類義語についても考えてみましょう。 「何卒」に似た言葉には、上でも紹介した「どうぞ」や「どうか」の他に、「是非(ぜひ)」や「是非(ぜひ)とも」などといった言葉があります。

次の

「ご理解」「ご協力」の使い方!ビジネス敬語を正しく使えてる?【例文】

何卒 ご 理解 ご 協力

「ご理解」の意味 「ご理解」は「内容を飲み込む」という意味 「ご理解」とは「内容を飲み込む」や「相手の立場をよく知ること」という意味の言葉です。 「ご理解」は「理解」に、丁寧な表現をする際に使われる接頭語の「御(ご)」を加えた敬語表現であるため、目上の人へ使うことができます。 「ご理解」の類語とその違い 「ご理解」の類語 「ご理解」の類語には「ご了承(りょうしょう)」や「ご容赦(ようしゃ)」が当てはまります。 類語ではあるものの使えるシーンは異なるため注意が必要です。 「ご理解」と「ご了承」の違い 「ご理解」は相手に意味や内容を飲み込んでもらう際に使うと説明しましたが、「ご了承」は相手に意味や内容を飲み込み、受け入れてほしいという意味を持つ言葉で、これから起こる未来の事柄を対象に使われます。 「ご理解」と「ご容赦」の違い もう1つの類語「ご容赦」は、起きてしまった出来事に対して理解を求める際に使われ、「大目に見てほしい」「許してほしい」という意味で使われます。 「ご理解」「ご了承」「ご容赦」はそれぞれ「意味や内容を飲み込む」という意味ではありますが、状況によって使い分ける必要があるので注意してください。 ビジネスにおける「ご理解」の使い方と注意点 「ご理解ください」は使う際に注意 目上の相手に理解を求める際に使われる「ご理解ください」という言葉ですが、相手によっては不快感を表す人もいるため注意が必要です。 「ご理解ください」という言葉自体は敬語表現であり、表現として間違いはありません。 しかし「ください」という言葉が命令形であるため目上に対して相応しくないと捉える人もいます。 個人の捉え方によるものですので、間違いであると断定はできませんが使わない方が無難でしょう。 命令形以外を使って理解を求める際は「ご理解賜わりますようお願い申し上げます」や「ご理解いただきますようお願い申し上げます」と言い換えることができます。 「の程」を付けて丁寧な表現に 相手に理解を求める際は「ご理解の程よろしくお願い致します」となります。 腕曲表現である「の程」を付けることで文章が和らぎ、丁寧な印象を相手に与えることができます。 理解することを強く願う際は「何卒」を使う 相手に対し強く願う際に使われる「何卒」を使うことで、相手に理解を強く求める文章となります。 「何卒ご理解いただきますようよろしくお願い致します」や、更に丁寧に表現したい場合は「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」と使ってください。 理解と協力を求める際は「ご理解ご協力」 目上の相手に理解だけでなく協力も求める際は「ご理解ご協力いただきますようお願い致します」となります。 ビジネスメールや文書にて相手に理解と協力を願う際、文末に使うことで丁寧な印象を与えます。 他にも、理解と了承を求める際の「ご理解とご了承の程よろしくお願い致します」や、理解と援助を求める際の「ご理解の上お力添えいただきますようよろしくお願い致します」など、理解に加えて求めるものがあった際の言い回し方は多く存在します。 状況に合わせて使ってください。 理解への感謝を表す「ご理解いただきありがとうございます」 相手が意味や内容を飲み込んでくれた際はしっかりと感謝の言葉を表すことがマナーと言えます。 「ご理解いただきありがとうございます」や「ご理解いただきましたこと感謝申し上げます」と感謝の気持ちを伝えてください。 ビジネスメールでの「ご理解」を使った例文 「ご理解のほどよろしくお願い致します」を使った例文 理解を丁寧に求める際に「ご理解のほどよろしくお願い致します」と使うことができます。 例えばメールの返信に時間がかかることを相手に理解してもらう場合は「ご返事が遅れる場合がありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します」となります。 「ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」を使った例文 相手に理解してもらうことに加えて許しを請う際に「ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」が使えます。 お問い合わせに対応することはできませんが、ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」となります。 まとめ 「ご理解」とは意味や内容を飲み込むという意味があり、目上の相手へ使える敬語表現です。 「ご了承」や「ご容赦」など似た意味を持つ言葉はありますが、それぞれ状況によって使い分ける必要があるため注意してください。 また、命令形など使い方によっては相手を不快にさせることもあります。 正しい使い方で会話をスムーズに進めましょう。

次の