コンビニ バイト 髪。 【体験談】コンビニバイトは割と大変だった|メリット・デメリットを解説

6 髪を切る。可愛い服に袖を通す。そして、美女になる。

コンビニ バイト 髪

コンビニは誰でも気軽に始めることができるバイトのひとつです。 仕事内容も比較的簡単なので、バイト初心者でも気兼ねなく始められるのではないでしょうか。 ただ、初心者に優しいコンビニバイトでも、面接に臨む際にはいくつか注意しておきたいことがあります。 特に初めてバイトをする人の中には、どのように面接を受ければ良いかわからずに、不安に思っている人も多いのではないでしょうか。 ここでは、コンビニバイトの面接で心がけておきたいポイントについてご紹介します。 面接で慌てることがないように、しっかりと準備をしておきましょう。 コンビニバイトの面接でよく聞かれる質問はどんなものがある? まず、コンビニバイトの面接でどんなことがよく聞かれるのかを覚えておきましょう。 コンビニに限らず、バイトの面接は採用することを前提に話が進められていくのが一般的です。 この点、テストや試験とは違うので、あまり気負わずに落ち着いて面接に臨むようにしましょう。 よく聞かれる質問としては、志望動機に関する事柄や希望するシフトなどが中心です。 他にバイトの経験があるかどうかや、通勤にどのくらい時間がかかるのかなど、簡単に答えられるような質問がほとんどなので、そこまで難しい質問をされることはまずないと考えて良いでしょう。 ただ、何も準備せずに面接に臨んでしまうと、いざ質問されたときにうまく答えられないということもあります。 どんな質問がされやすいのかきちんと確認しておき、事前に準備と対策をしっかりしておくことが何よりも大切です。 それでは、具体的にそれぞれの質問の意図や特徴などについて見ていくことにしましょう。 最もよく聞かれるのは志望動機! 面接で聞かれるさまざまな質問の中でも、特によく聞かれるのが志望動機に関する事柄です。 志望動機というのは、簡単にいうとなぜそのコンビニでバイトを始めたいのかという理由のことです。 人それぞれバイトを始める理由はさまざまあるでしょうが、まずは聞かれたことに素直に答えるということを心がけると良いでしょう。 もちろん、そのとき熱意を相手に伝えられればそれに越したことはありません。 「前からコンビニのバイトに興味があった」とか、「初めてのバイトなのでまずはコンビニから始めたい」など、明確に自分の意志や熱意を伝えるようにしてみると良いでしょう。 ただ、大切なのは素直にバイトを始めたい理由を伝えることです。 嘘をついて熱意があることをアピールするのは避けましょう。 単純に「家から近いから」とか、「お小遣い稼ぎがしたいから」などといった志望動機でも何ら問題はありません。 自分が思ったことを正直に伝えることを心がけましょう。 シフトの希望は事前に考えておこう コンビニバイトに限らず、バイトの面接ではシフトの希望についてもよく聞かれます。 いつシフトに入れるかは、バイトを始める上で意外と重要になってきます。 土日が忙しいコンビニの場合は、土日にシフトに入れると重宝される傾向にあるので覚えておいても良いでしょう。 ただ、無理をして店側の都合に合わせることはないので、自分が入れるシフトを率直に伝えるようにしてください。 シフトの希望について伝えるときは、できるだけ具体的に答えることもポイントです。 たとえば、「平日の18時から、週3日程度の勤務を希望します」とか、「土日を中心にお願いしたいです」など、具体的にわかりやすく答えるようにしましょう。 勤務時間や勤務日数の希望に加えて、シフトに入れない時間帯や曜日なども伝えておくとさらに良いです。 バイト経験の有無を聞かれることもある バイトの面接では経験や職歴について聞かれることもあります。 ただ、経験がないからといって不利に扱われるようなことはほとんどないので安心してください。 もちろん、求人欄に経験重視と書かれているような場合は別の話ですが、コンビニバイトでは未経験者を優遇している店舗が多いので、バイト経験がなくても特に問題にはなりません。 この質問をすることで担当者が確認しようとしているのは、仕事を覚えるのにどのくらいの時間がかかるのかということです。 バイト経験がない場合は正直にそれを伝えるようにしましょう。 いざバイトを始めたときに、しっかりと教育してくれるはずです。 コンビニは接客業でもあるので、接客経験があるかについても聞かれることがあります。 「バイトは初めてですが、接客には興味があります」とか、「接客の経験はありませんが、人と接するのが好きです」など、経験がないときは興味があるということを伝えてみると良いでしょう。 もし前職を辞めて新しく始めるという場合も、辞めた理由も聞かれることがあるので、理由を答えられるようにしっかりと準備してくようにしてください。 いつから働けるのかも重要なポイント バイトの担当者からすれば、いつから働けるのかも重要なポイントです。 人手が足りないコンビニでは、すぐに働き始めてほしいと考えていることも珍しくありません。 もちろん、自分の都合で勤務の開始日を伝えて問題ありませんが、できるだけすぐに働けるということをアピールするのも、面接で高評価を得るための方法のひとつです。 まずは自分の予定やスケジュールをあらかじめ確認しておき、できるだけ早く働き始められるようにしておくと良いでしょう。 「明日から入れます」と答えても良いですし、都合が悪ければ「あさって以降ならOKです」などと答えても問題ありません。 できるだけ遠くない日時を答えるようにしましょう。 もし勤務開始日が遠くなってしまうなら、たとえば「今週は引越しの準備があるので、来週からでもよろしいでしょうか」など、都合の悪い理由などもしっかりと伝えておくと良いでしょう。 通勤時間がどれくらいかかるかは把握しておこう バイトには交通費が支給されるものもあります。 通勤手段がバスや電車などの交通機関であれば、通勤方法についてもしっかりと伝えておきたいところです。 また、通勤時間も面接で聞かれるメインの質問のひとつです。 遠いところから通勤する場合、公共交通機関に影響されることも考えられます。 電車が止まって来られないという事態も発生しやすいので、通勤時間にどのくらいかかるのか質問されることが多いのです。 もし遠いところから通勤してくる場合、そうした不安要素を払拭するような答え方をしてみてください。 たとえば、「いつも通学するのに利用している路線なので、少し遠くても特に問題はありません」などと答えてみましょう。 通勤時間は面接の前に把握しておきたいところですが、もし通勤時間がまだはっきりわからない場合は、少し時間に幅を持たせた言い方をしておくと良いかもしれません。 「スムーズに来られれば、10分から20分ほどで通勤できると思います」など、ちょっと時間に余裕を持たせて答えるのも一つの手です。 コンビニバイトの面接当日に気をつけるべきこととは? コンビニは接客業の一種です。 店舗によっても異なりますが、身だしなみについては厳格に要求されることもあります。 そのため、面接当日は特に身だしなみについては気をつけておきたいところです。 服装については清潔感を心がけ、派手な格好は避けるようにした方が良いでしょう。 お洒落をしに行く場所ではないので、配慮のある落ち着いた服装で臨むことが大切です。 ポロシャツやジーンズ、ブラウスなど無難な格好を心がけると良いでしょう。 それから、髪の毛などは、男性の場合はあまり長すぎる髪型や、茶髪などの染髪は好まれない傾向にあります。 無精ひげなども清潔感が失われてしまうので、面接当日は髪型やひげをしっかり整えて臨むのがベターです。 一方、女性は特にメイクやネイルに気をつけておきましょう。 派手なメイクやネイルは控え、落ち着いた雰囲気を心がけることがたいせつです。 それから面接当日は遅刻厳禁なので、少し時間に余裕をもって行動するようにしてください。 店のスタッフにしっかりと挨拶をすることも忘れないようにしましょう。 まとめ コンビニバイトは誰でも気軽に始められるのが特徴です。 ただ、コンビニの場合、店ごとに方針や業態が異なることも珍しくありません。 聞かれる質問なども、応募する店舗で少し違うこともあるでしょう。 しかし、予想していない質問をされたとしても、嘘をつかないようにしてください。 面接ではやはり正直さが重要視されます。 面接でついた嘘が後でバレてしまうこともあるかもしれません。 意外な質問がされても落ち着いて答えるようにしましょう。 基本的にはここで挙げた質問がされるはずですから、基本的な項目をしっかりと押さえて面接を乗り切れるように頑張ってみてください。

次の

コンビニバイトの髪色と髪の長さって自由?暦6年の店員が答えます!|コンビニ店員の呟き

コンビニ バイト 髪

「コンビニでバイトする際の髪色ってどこまでセーフなの~?」「判断基準とか気になる!」髪を染めてるあなたからすると気になることですよね。 僕も高校生の頃はダークブラウンに染めていて、「これで大丈夫なのかな・・・?」なんて心配しながらコンビニの面接に行ったものです。 結果、1回目不採用、2回目採用となり、ファミマで働くことになりました。 今回は、高校生のころの僕と同じ悩みを持つあなたに• 髪色の自由度について• 髪色がある程度自由なところでバイトをしたほうが良いよ という内容についてお伝えしようと思います。 特に、髪色がある程度自由だと、気持ちよくバイトできる可能性があがるかもしれないんですよ~!ぜひ参考にしてみてください。 Contents• 髪色の自由度はコンビニによって変わる まずあなたに知っておいてほしいことは、「ここなら髪色自由だよ」なんてコンビニはないということです。 例えば、AとBというコンビニがあるとします。 Aのコンビニはどんな髪色をあまり気にしない、 茶髪や金髪でも問題なし• Bのコンビニは黒以外NG! 金髪なら一発不採用! こんな感じです。 つまり、コンビニによって変わるということです。 さらには、同じ系列のコンビニでも、店長の判断によって髪色の自由度が変わることもあるんですよ。 特に見た目の印象を重要視しているコンビニだと、 髪色で落とすことも多いみたいです。 赤・青などの目立つ色は一発アウトになってしまいます。 僕の経験、様々な情報などを組み合わせると• 黒色・・・余裕で採用。 茶髪(ダークブラウン)・・・何か言われる可能性はあるがほとんどのコンビニで採用• 茶髪(明るめ)・・・寛容な店長ならセーフだが、髪色に厳しい場合は不採用になる可能性が高い• 金髪・・・髪色に厳しいコンビニなら一発アウト、髪色について緩いコンビニなら採用の可能性アリ• 赤・青・・・働いている人を見たことがない こんな感じですね。 僕や周りの人の話から考えてみると、 ダークブラウンなら雇ってくれるコンビニは割と多いという印象です。 コンビニで買い物してるときにも結構みかけますしね。 しかし、明るいブラウン(茶髪)や金髪などの微妙なラインの髪色の場合• コンビニの店長• フランチャイズの場合、担当の本部の人 の判断で雇ってくれるかどうかが変わってきます。 特にフランチャイズ店でこのようなことがあるようですね。 僕の友達で、実際にコンビニバイトに入ってしばらくしてから髪色を黒にしてと言われた人がいました。 ダークブラウンだったので店長は大丈夫だと思っていたらしいんですけど、本部の人がダメと言ったらしく、渋々黒染をしてましたね。 また、Yahoo知恵袋でも同様のことがあったという話があり、注意が必要です。 面接時に「髪色を変える気はないんですけどそれでも大丈夫ですか?」などと、しっかり確認をとると良いですね。 このように、 雇われ店長のコンビニでバイトをしていると本部の人から後で何か言われることもあります。 髪を黒にしたくないなら、必ず 事前確認を怠らないようにしましょう。 また、下記のようなバイトアプリで、 先にいくつか候補を見つけておくと、 ここダメだけど次行くか~と割り切れるので、事前に候補をリストアップしておくのオススメです。 と、髪色について厳しそうだなあという印象をもちそうですが、僕はコンビニバイトを始めたころは茶髪でした。 その髪色でセブンイレブンで不採用、ファミマで採用でした。 やはりコンビニによって髪色の自由度は様々なようです。 僕の体験から言うと、ダークブラウン程度の髪色なら問題なしと言ってくれるコンビニで働いたほうが良いかなと思ってます。 なぜなのか解説してみますね。 僕もコンビニバイトの面接に髪色・髪型で1回落ちている これまでお伝えしてきたように、僕はセブンイレブンの面接で落ちました。 その面接で落ちた理由はもちろん 髪色と髪型。 少し僕の個人的な経験からお伝えしようと思います。 「合格にしたいんだけどねえ・・・ちょっとねえ・・・。 」なんて感じで。 どこか問題があるのか聞いたところ「髪型と髪色って変えられる?これくらいの長さに切って髪色も黒にしてくれるかな?」ってことでした。 髪の明るさは12と13くらいの間で、いわゆるダークブラウンだったんですね。 その時僕は、黒染はいいけど髪は切りたくないって考えでした。 だってスポーツ刈りレベルだったんですもん・・・。 そんなわけでセブンイレブンでは働かずに、ファミマの面接を受けて合格を頂いたわけなんです。 ファミマの店長には本当に感謝してますね。 この経験からあなたに伝えたいことは1つ。 あなたが 髪色や髪型にこだわりがあるのなら、そこをしつこく指導するコンビニはやめた方が良いということです。 なぜかというと、バイト仲間が 見た目を気にせずに中身で判断してくれる人が多いからです。 あまりにもひどい髪色はダメですけど、ダークブラウンくらいならOKを出してくれるコンビニで働くと楽しくバイトできると思いますよ~! もちろん、働く側が文句を言うなという意見もわかるんですけど、実際に僕が働いていたファミマはみんな良い人ばかりでした。 店長が中身をみて採用してくれた• 他の人も中身をみて雇われている• 見た目とかでグチグチ言う人が一人もいない• チームワーク良く働ける これは僕のバイトしていたコンビニがたまたまそういう雰囲気だっただけなのかもしれませんが、中身がしっかりしている人が多いのは事実です。 髪色程度でなんか言ってくるような人と働きたくない!と思うなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。 もちろん、ファミマが人柄で採用してセブンイレブンが人柄で採用しないというわけではありません。 あくまでも僕の体験からの意見をお伝えしたまでです。 ファミマでも人柄を見てくれない場合もあれば、セブンイレブンで人柄を見てくれる場合ももちろんあるわけです。 ここも店長次第になってきますが。 僕の意見をみて「ファミマなら人柄で取ってくれる!髪色なんて関係ないんだ!」と判断するのはダメですよ。 では、どうやって見分ければ良いんだ!?となってしまいますよね。 実は、あなたが働きたいと思ったコンビニが髪色自由なのかどうかの 僕なりの基準があります。 ぜひこれを使って見分けてみてください。 つまり、 見た目よりも心が大事だということです。 そういう考え方をしているコンビニは、 髪色がある程度自由な可能性が高いです。 店員の愛想が良い• 店の商品がきれいに並んでいる• トイレがキレイ• 接客が心地よい• 実際に店員の髪色が茶髪・金髪 茶髪や金髪の店員がいれば髪色がある程度自由なのがわかりますが、いない場合はそれ以外の項目があなたが働きたいコンビニにあてはまるか確認してみてください。 細かいところまで目が行き届いているということは、店長や店員がお客さんのことを考えている証拠です。 さらに言うと、思いやりがある人が働いているということで、店長も面接時に中身をしっかり見る人だと判断できます。 もちろん、髪色に厳しい可能性もなくはないので、面接のときにしっかり確認することも重要ですよ。 あくまでチェックポイントだと思ってもらえればOKです。 では最後に、今回お伝えしたことのおさらいをしておきましょう。 最後に コンビニバイトは髪色が自由だというイメージが強いが、そんなことはない。 どちらかといえば制限内の自由というイメージ。 明るい茶髪• 金髪 などはコンビニの店長によって採用するかしないかが変わる。 髪色を気にせずに採用してくれるコンビニは、バイトの人の中身を見ている。 なので、気持ちよくバイトできる可能性が高い。 僕のバイト経験や、コンビニ利用した時の感覚からの話なので必ず当てはまるわけではないんですが、判断の基準にはなると思います。 ダークブラウンなら結構なコンビニで合格を貰えると思うので、心配なら面接時にしっかりと確認をするようにしてみてくださいね。 あなたのバイト先を決める手助けになれたのなら幸いです。 下記アプリでいろいろなバイト先を探してみてください。

次の

金髪や派手髪でもできる髪型自由のバイトおすすめランキング9選

コンビニ バイト 髪

Sponsored Link 日本全国様々な場所にコンビニってありますが、お客さんとして利用するのに便利なのはもちろん、バイト先としても非常に人気が高いです。 身近な存在ですから、初めてのバイトや主婦の方の社会復帰の場にも最適とされているようです。 大手のチェーン店ってそんなにちがいは無いんじゃない?なんてお思いの方も多いかもしれませんが、意外とそれぞれの店舗で違いがあったりするんです。 そんなわけで、今回は僕の独断と偏見で、コンビニ別のおすすめポイントをまとめてみました! コンビニでバイトしてみたい方、必見です!! 目次• 大手の中ではゆるめ?ファミリーマート Tポイントカード、ファミポート(チケットなどが受け取れるシステム)、ファミチキなどの揚げ物が特徴的。 僕はファミマのフライドポテトが大好きなんです。 なんかおいしいw また無印良品のアイテムを扱っていたりして、日常的に使えるお店になっています。 スイーツにも結構力を入れていて、いつもおいしいデザート買ってます。 特に住宅街にある店舗は、30代から40代くらいまでのひとが多い印象。 たまーにものすごく感じの悪い人もいるので、モラル的なところはそんなに厳しくなさそう。 人気キャラクターのグッズ販売とか一番くじなんかは結構独占していて、販売が開始される当日午前0時になるとお客さんが殺到するなんて話も。 揚げ物がかなり充実しています。 からあげクンに至っては、フェアと重なると10種類以上の味が登場します。 ここまで書くと大変そうですが、調理したりするわけではなく冷凍をあげる作業だけですので、油の温度さえ覚えてしまえば簡単です。 また、服装などの規律自体はそんなにきびしくはないようです。 僕が若かりし頃、まだ表参道がホコ天があったとき…。 表参道に面しているローソンの店員さんはピンクとか青とかの髪色で、かなりサイバーな方ばっかりでした。 今でもお店にはよりますが、そこまで厳しく言われないことが多いみたいです。 業界内でも規律の厳しさはトップクラスみたいです。 オーナー店じゃなく直営店になると更に規則に厳しくなり、男性はネクタイ着用が必須になったりします。 経営を学びたいならセブンイレブンに行け、なんて業界では言われていたりするそう。 店員さんの態度で嫌な思いもしたことないし…。 そのかわり働くとなったら大変なんですねー。 店内で色々つくるっていうのもコンビニの中では先駆けですよね。 覚えることもたくさんあり、最初のうちは結構苦労するみたいですね。 工房を持っているところは店舗でパンを焼いているんですって!すごーい。 街の酒屋さんみたいなところがデイリーヤマザキになったりするので、地元密着型なのもいいですよね。 ですよね。 でもコンビニのバイトでパンをつくれるなんてデイリーヤマザキだけ。 他のコンビニとは違う知識が身についちゃいます。 関東でも繁華街よりは、郊外とか住宅地に店舗が多いのが特徴です。 なので、スリーエフで一通りのことが出来るようになれば基礎が出来たといっても過言ではありません! 基礎がきちんとできていれば、他のコンビニに行っても困ることはないでしょう。 学校や病院など公共施設はもちろん、工場の構内やパチンコ店内などにも店舗を持っています。 そんな超現場密着な営業方法なので、売れる商品を入れてみたり店づくりを変えてみたりと店舗運営のノウハウがかなり身につくとのことです。 やはり街中のお店のほうがゆるめの傾向がありそう。 1勢力のコンビニ。 グループ企業を数多く持っており、原料の生産から加工・販売までを一貫して行っているコンビニです。 また、お弁当などのお惣菜は店内で調理しています。 北海道の方は注目のコンビニです。 低価格のプライベートブランドを数多く取り扱っています。 お釣りの計算レベルの問題が出るようですが、自信のない人はちょっと練習していったほうがいいかもしれません。 それもあってかオーナーも身近というか、規律緩めだったという声をよく聞きます。 サンクスでは揚げ物や焼き鳥なんかも扱っているので、それを覚えるまではすこし大変かも。 立地も競合があまりいないところに突然あったりして、なかなかに絶妙なんですよね。 ファミリーマートと経営統合したこともあって、今後の展開が気になるコンビニです。 便利=なんでもあるということですもんね…。 でも大変な仕事ほどやりがいがあるなんてこともありますよ! 是非自分の生活スタイルにあった働き方を見つけてみてください。

次の