リコー プリンター 設定。 製本印刷する

[RICOH複合機] 初期値を『カラー』から『白黒』に変更する。(MPC**02/MPC**03シリーズ)

リコー プリンター 設定

会社などのネットワーク上に繋がれたプリンターを使う方法を紹介します。 ネットワーク対応のプリンターをLANに繋げていると、パソコンには直接繋がれていなくても、パソコン上から印刷することができます。 最近は一家に一台どころか、一人一台パソコンを持つ家庭も多いかと思います。 そんな時、プリンターが1台しかなくても、プリンターをLANケーブルで繋いでいれば、同じLANで繋がれたパソコンから使うことができます。 自宅でなくても、会社のように複数のパソコンから1台のプリンターを使うことも簡単に出来ます。 Wi-Fiが導入された会社であれば、いきなりノートパソコンを持ち込んで、会社のプリンターを使うことも可能です。 まずはコントロールパネルを開きます。 コントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」をクリックします。 「デバイスとプリンター」にある「プリンターの追加」をクリック。 上の方にある「プリンターの追加」をクリックします。 下の「ネットワーク、ワイヤレスまたはBluetooth プリンターを追加します」の方をクリックします。 するとパソコンと同じネットワーク上に繋がれたプリンターの一覧が表示されます。 が、このネットワークには1台のプリンターしか繋がっていないんですけれど、こんな感じで複数表示されることがあります。 その場合は、1つ1つクリックしていき・・・・ このようにエラーが表示された場合は、別のリストの中のプリンターをクリックします。 ドライバーの準備 さて、先ほどの一覧の中から、適合するプリンターを見つけていくわけですが、この一覧リストにプリンターの名前らしきものが表示されるので、ドライバーをメーカーのサイトからダウンロードしておきましょう。 例えば今回は、「RICOH」製のプリンター。 一覧の名前を見ると「imagio MP C2200」という名前のプリンターっぽい。 (プリンターをよく見たら、前面に「RICOH imagio MP C2200」と書いてありました・・・) ドライバーのCDがあればそれを使えばいいのですが、探すのも面倒なのでgoogleで検索してみると・・・。 ありました。 メーカーのサイトからダウンロード出来るようです。 今回のドライバーは圧縮されていたので、予め解凍しておきます。 解凍したフォルダを開いてみると「~. inf」という「inf」が拡張子のファイルがありました。 このファイルがあとで必要になってくるので、このファイルへのパスを書き留めておきます。 さて、先ほどのネットワーク上で繋がれたプリンターの一覧を1つ1つクリックしていくと、一番下のプリンターがこのようにエラーが出ずに、次の画面になりました。 Windowsには、代表的なプリンターのドライバーが予め組み込まれているので、もし、このリストの中にプリンターがあれば、それをクリックして「次へ」をクリックしてください。 見つからなければ「ディス使用」をクリックします。 先ほど解凍したフォルダの中にあった「~. inf」というファイルを指定します。 「OK」をクリックします。 プリンターの名前を入力します。 このパソコン経由で他のパソコンにプリンターを使えるようにするか、の設定。 このまま「次へ」をクリック。 とりあえず、このプリンターをちょくちょく今後使用するのであれば「通常使うプリンターに設定する」にチェックを入れておきます。 ちゃんと動作するか「テストページの印刷」をクリックします。 見事テストページが印刷することができました!! 簡単に紹介しましたが、実はすごく手間取ったんですけれど・・・。 あとは、他のソフトからプリントできるか確認すればOK。 最近は無線LANに対応したプリンターも多くなってきたので、リビングにプリンターを設置して、家族みんなで1台のプリンターを使う、というような使い方も簡単になりました。 自宅にプリンターがない。 なんていう人も、この方法を使えば、会社のプリンターを使って印刷なんてことも可能です。

次の

プリンタードライバーのインストールや設定で困った場合の対処方法

リコー プリンター 設定

プリンターが接続できない時のチェック項目 プリンターが使えなくなった時にまずチェックして欲しい項目を5つ挙げてみました。 上から順に確認していってください。 その時に何か エラー表示などが出ていないか合わせてチェックしましょう。 配線の不具合で印刷できなくなるパターンは結構多いので、注意深く確認してください。 社内サーバーやNASなどの共有フォルダーにアクセスできるか?社内の他のパソコンが自分のパソコンから見えているか?など社内ネットワークと繋がっていることを確認してください。 それを確認するために、 自分以外のパソコン(自分とは別の島のパソコン)で、印刷できるか確認しましょう。 紙詰まりや、インク切れ、トナー切れ、その他故障などしていないか確認してみましょう。 プリンターが認識されない時の対処法 プリンター、パソコン、ルーターを再起動する プリンターとパソコンの電源を一旦落として再起動してみましょう。 その時はLANケーブルやUSBケーブルは外しておきます。 また ネットワークに異常がある場合は、ルーターを再起動してください。 ルーターを再起動することでネットワークの状態が改善されることが良くあります。 最新のドライバーをインストールする 最新のドライバーをインストールすることで、エラーが修復されることがあります。 各メーカーのHPより、ドライバーをダウンロードしてください。 この時、 プリンターの機種とパソコンのOS情報など Windows7,8. 【パソコンのOS情報と32ビットか64ビットを確認する方法】 ・Windows10の場合 デスクトップ画面のタスクバーに表示されている、フォルダーのアイコンをクリックします。 エクスプローラーの画面が表示されるので、 左の項目から「PC」を選び、その上で「右クリック」してください。 表示されたメニューの中から 「プロパティ」をクリックします。 すると、上図のようなパソコン情報に関する画面が表示されます。 お使いのOSや、CPU、メモリー、システム情報まで確認できます。 ・Windows7の場合 スタートボタンを押して、表示された項目の 「コンピューター」上で右クリックし、「プロパティ」を選択します。 Windows10同様に、パソコンの詳細情報が表示されます。 また、プリンター導入時に担当した人の名刺が貼ってある場合もあります。 自力での問題解決が困難な場合は、直接メーカーや業社に聞いてみましょう。 会社名と製品名を言えば、親切に対応してくれます。 無線対応プリンタの場合 無線対応プリンタの場合は以下の記事もご参考ください。 プリンターの追加方法(手動設定方法) 大前提として、最近のプリンターは パソコンにドライバーをインストールするだけですぐに使えるようになります。 もっと言えば、パソコンとプリンターを接続するだけで、 Windows10が勝手にドライバーをインストールしてくれます。 ただ、 ドライバーをインストールしてもプリンターが認識されないケースもあるので、そういった場合は手動でプリンターの設定をしてあげる必要があります。 こちらで紹介している方法はそのやり方です。 Windows10 プリンターの追加・設定方法 スタートボタンを押して、「設定」のボタンをクリック。 設定画面より、「デバイス」の項目をクリック。 「プリンターまたはスキャナーを追加します」をクリックし、しばらく待ちます。 自分のプリンターが一覧に表示されたらそれをクリックして完了。 表示されない場合は次の手順へ進んでください。 「プリンターが一覧にない場合」をクリック。 一番下の手動設定を選択して次へ。 上記の状態で次へ。 この一覧の中に自分のプリンターがある場合はそちらを選択してください。 無い場合は、1回「Windows Update」を更新して、プリンター一覧データを新しくするか、「ディスク使用」をクリックしてください。 「ディスク使用」をクリックすると、上の画面が表示されます。 参照ボタンを押して、メーカーサイトからダウンロードしてきたドライバーを適用してください。 この時、 ドライバーファイル内の拡張子が「ini」のファイルを選択してください。 ドライバーが正常に適用されれば、プリンターが認識されるはずです。 テストプリントをして確かめてみましょう。 以下、ネットワーク対応のプリンターを追加する場合は以下の記事もご参考ください。 「プリンターの追加」をクリック。 「ローカルプリンターを追加します」を選択。 「既存のポートを使用」にチェックを入れて次へ。 お使いのプリンターのメーカー、機種名を選択してください。 一覧に無い場合は、Windows10と同じ手順で行ってください。 プリンター名が表示されるので、そのまま次へ 正常にプリンターが認識されると、アイコンが追加されます。 テストプリントをして確認してみましょう。 無線対応プリンタの場合は以下の記事もご参考ください。 Mac プリンターの追加・設定方法 家庭用で使うUSB接続のプリンターであれば、接続と同時にMacOSがドライバーをインストールし、勝手にプリンターを追加してくれるはずです。 こちらで紹介するのは、オフィスなどで使うネットワークに接続されたプリンター(複合機)の設定方法です。 最初に、 各メーカーのサイトから、お使いのプリンター(複合機)のドライバーをダウンロードし、Macにインストールしておいてください。 画面左上のリンゴマークをクリックし、「システム環境設定」をクリック。 「プリンタとスキャナ」をクリック。 左下の「+(プラス)」ボタンを押します。 画面上の「IP」を選択し、「 アドレス欄」にプリンターの IPアドレスを入力。 「 名前」「 場所」はなんでもOKです。 「 ドライバ」はお使いのプリンターのものを選択してください。 AirPrint 無線Wifiで接続する時 HP Jetdirect HPやその他多くのプリンタ製造元で使われている LPD(Line Printer Daemon) 古いプリンタ又はプリントサーバで使われている IPP(Internet Printing Protocol) 最近のプリンタ又はプリントサーバで使われている プリンターが正常に追加されるとこのような画面になります。 まとめ いかがでしたでしょうか?プリンター関するトラブルは主に、 ネットワークや回線・コードの問題か、 設定の問題の2つだと思います。 ネットワークにトラブルがある場合は、こちらの記事を参考にしてください。 設定に問題がある場合は、 最新のドライバーをインストールすると修正されることがよくありますので、まずはドライバーを更新して、それから再設定する方法をオススメいたします。 自力での解決が難しいようでしたら、お気軽にください。 迅速・丁寧に対応いたします。 関連記事.

次の

製本印刷する

リコー プリンター 設定

プリンタードライバーをダウンロードし、インストールしたい• 始めにご使用の機種・OS (環境) を確認します。 ご使用の製品にあわせて下記の FAQ を参照してください。 imagio をご使用の場合 IPSiO をご使用の場合• 機種・OS を確認したら、次に RICOH ホームページよりプリンタードライバーをダウンロードし、インストールします。 ご使用の製品にあわせて下記の FAQ を参照してください。 プリンタードライバーのインストール時またはインストール後に、以下のような問題が発生する場合があります。 対処方法については、下記の FAQ を参照してください。 プリンタードライバーのインストールが完了したら、印刷を実行する前にポートの設定を行う必要があります ポートを正しく設定しないと印刷できません。 ポートを設定するには、まず機器で設定している IP アドレスを確認する必要があります。 ご使用の製品にあわせて下記の FAQ を参照してください。 imagio をご使用の場合 IPSiO をご使用の場合• 機器の IP アドレスが確認できたら、プリンタードライバーのポートの設定を行います。 ご使用の製品・接続方法にあわせて下記の FAQ を参照してください。 imagio をご使用の場合 IPSiO をご使用の場合 ポートを正しく設定したら、プリンタードライバーの設定は完了です。 任意のアプリケーションから印刷を実行します。 プリンタードライバーを正しくインストールしたが、印刷ができない• ご使用の機種に対応したプリンタードライバーをすでにインストールしているにも関わらず、印刷ができない場合には、機器との接続 ポートの設定 が正しく行われていない可能性があります。 まず、機器の側面 背面 を見て、ケーブルが正しく接続されていることを確認してください。 ポートを設定するには、機器で設定している IP アドレスを確認する必要があります。 ご使用の製品にあわせて下記の FAQ を参照してください。 すでに確認済みの場合は、手順 3 に進んでください。 imagio をご使用の場合 IPSiO をご使用の場合• 機器の IP アドレスが確認できたら、プリンタードライバーのポートの設定を行います。 ご使用の製品・接続方法にあわせて下記の FAQ を参照してください。 imagio をご使用の場合 IPSiO をご使用の場合 以上の手順を実行しても問題が解決されない場合は、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

次の