査収の意味。 「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

「ご査収」と「ご検収」の違いと正しい使い方!コピペOKな例文を紹介

査収の意味

読み方: 別表記: がないよくした受け取ること(「」)を丁寧に述べた。 に丁寧の「お」(御)をたである。 において、「」「ご査収ねがいます」「よろしく」といったで用いられる。 の「査」は「る」というの字である。 、、、、、、といったに用いられる。 の「収」は「おさめる」「おさまる」とされ、「しまう」「受け取る」「手に入れる」といったで用いられる。 、、、、、といったに用いられている。 「」「ご査収ねがいます」といったは、などをに渡す際にるとして用いられる。 「、やのがないことをして、受け」というがられている。 たいていの、「」を「」とても特には来たさず、としてする。 ただし「」の語は「受け取る」というにが置かれており、「」には受け取るをため、をした後の(するのか、するのか、他の者へ回すのか等)がになるが残る。

次の

今さら聞けない「ご査収」の意味と使い方

査収の意味

ご査収くださいの意味と読み方 「ご査収ください。 」 ビジネス用語として定着している言葉です。 会話よりもメールで使われることが多く、 添付ファイルがいっしょにあることも多いです。 意味を知らずに使うと危険なので、正確に知っておきましょう。 <ご査収の読み方> これは、 「 ごさしゅう」 と読みます。 <ご査収くださいの意味とは> これは、 「よく確認して受け取ってください」 という意味です。 メールや書類などに資料を添付し、「ご査収ください」とする使い方が多いです。 「確認の上、受け取ってください。 」という意味になります。 具体的に言えば、「ちゃんと中身を見て、問題ないことを確認してから正式に受け取ってね!」です。 そうでも書かないと、何も見ず受け取られて、後から文句や指摘が出ます。 絶対に確認してほしい場合に使う言葉なので、 確認が必要ないときには使ってはいけません。 「よく考えてください」という意味で使うのは間違いです。 漢字の意味を解説します。 「査」は「調べる」という意味の漢字です。 本来は「バラ科のボケ属」の木を表わす漢字。 それが「いかだ」や「調べる」という意味でも使われたもので、由来は不明。 トゲだらけの木なので、「よく見て扱う」という意味で使われたのかもしれない。 「収」は「おさめる」という意味の漢字。 字源は「縄を巻きつけて締める」という意味の漢字。 全てを束ねて収める意味となります。 二つを合わせると、 「よく調べておさめる」という意味になる。 受け取ったということは、責任持って合格としたという意味でもある。 あとから文句を言うのは筋違い。 そのための「ご査収ください」なので、気を付けよう。 <ご査収の使い方> ・資料を送付いたしましたので、ご査収願います。 ・ご査収の上、ご返事ください。 ・このような内容でよろしいでしょうか?ご査収願います。 以上、ご査収くださいの意味でした。 通じなかったり勘違いされるといろいろ面倒なので、 「合否を連絡して」などと具合的な言葉で言い換えるのが無難ではあります。 -- 前: 次:.

次の

ご査収の意味や読み方 Weblio辞書

査収の意味

ご査収くださいの意味や使い方、例文、返信、類語 「ご査収ください」とは簡単に言えば「確認してください」と言った意味になりますが、字が違うことから正確には意味が異なります。 メールなどで社内はもちろん、社外の人とやり取りする際には頻繁に登場するワードですので正確な意味を覚えておきましょう。 ここでは「ご査収ください」の意味に加えて、メールなどに記載する際の使い方、返信の仕方、さらには似たような意味の言い回しなどについてもご紹介していきます。 このうち「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は、相手にある動作をうながす補助動詞になります。 「査収」は「査」と「収」に分解できますが、「査」は「しらべる」「明らかにする」という意味があり、「収」には「まとめる」「取り込む」といった意味があります。 つまり査収という熟語には、「あるものを良く調べて受け取る」という意味があることになります。 これらを全てまとめると、「ご査収ください」という言葉は、「(渡したものについて)どうかよく調べて確認し、受け取ってください」という相手への丁寧なお願いという意味であることが分かります。 「ご査収ください」の使い方や例文については、以下で見ていきましょう。 ご査収くださいの使い方・例文 ビジネス用語としての「ご査収ください」という言葉は、口語としてはあまり使われず、主にメールなどの文章中で使われるようになっています。 前述のように、相手に何かを渡す際、「よく内容を見極めた上で受け取ってもらいたい」という意味で使う言葉です。 この時の渡すものとは、金銭や物品などの場合もありますが、ビジネスシーンでは見積書や企画書、報告書などの書類の場合が多くなっています。 例えば、メールに企画書などの書類データを添付する際、添付ファイルを忘れずチェックしてほしいという意味で、「ご査収ください」と付け加えるといった具合です。 単に受け取るだけではなく、内容についてしっかり把握していないと、相手にとっても問題が大きいようなものの場合に使われます。 なお、「ご査収ください」という表現は、当然ですが書類等を併せて送る場合にしか使いません。 それ以外の場合に使うのは相手を混乱させるため、注意が必要です。 それでは、具体的な使い方や例文についてご紹介していきましょう。 ご査収願います 「ご査収ください」は、敬語として正しい表現ですから、上司などの社内の目上に人に対しても使うことができます。 しかし、そのままだとややくだけた印象も与えるので、取引先などに送る際には、語尾を「願います」などに変えるのがおすすめです。 例文:「当日のスケジュールを添付しておりますので、ご査収いただければ幸いです」• 例文:「企画案を送付しております。 ご査収いただければ幸いです」 ご査収くださいへの返信 「ご査収ください」として送られてきたメールなどに返信する場合、「査収しました」などという使い方をすることはありません。 「査収」は前述のように、「確認して受け取る」という意味があります。 ですので、「受け取った」ことと「確認した」こと、それぞれに対して相手に返事をするのが望ましいと言えます。 まずは資料等を受け取った旨を記載し、その上で、内容を確認した旨を相手へ伝えるのが良いでしょう。 受け取ったことを相手へ伝える場合には、以下のような表現の仕方があります。 頂いた資料を確認いたしました。 大変丁寧にまとめていただき、ありがとうございます。 しかしながら、1点だけ修正のお願いがございます などと書いてから、その後修正箇所を明記すればOKです。 ご査収くださいへの類語・言い換え 「ご査収ください」の類語としては、以下のようなものがあります。 ご検収ください 「検収」は、「送り届けられた品物に間違いなどがないかどうか、確かめて受け取ること」という意味の言葉です。 「検」は「点検」の意味で、「収」は前に見たとおり、「受け取る」といった意味合いになります。 「査収」と似た表現ではありますが、使い方は全く同じではありません。 「査収」が前述のように、主に文書類や金銭について使うのに対し、「検収」の場合は、実際の品物について確認する際に使われます。

次の