福島 県立 医科 大学 附属 病院。 作業療法学科|福島県立医科大学 保健科学部

大学外に勤務中の職員の紹介

福島 県立 医科 大学 附属 病院

概要 [ ] 福島県内や近県で災害が発生し、通常の医療体制では被災者に対する適切な医療を確保することが困難な状況となった場合に、の要請により傷病者の受け入れや医療救護班の派遣等を行う。 8病院が指定されており、が全県の災害医療を統括する基幹災害拠点病院、その他病院が各医療圏に対応する地域災害拠点病院となっている。 拠点病院の条件 [ ]• 建物が・であること。 資器材等の備蓄があること。 応急収容するために転用できる場所があること。 応急用資器材、自家発電機、応急テント等により自己完結できること。 (外部からの補給が滞っても簡単には病院機能を喪失しないこと)• 近接地にが確保できること。 DMAT [ ] 2012年4月1日時点で、(DMAT)は、12チームが編成されている。 DMAT 外部リンク [ ]• - 厚生労働省.

次の

福島県立医科大学附属病院内視鏡診療部

福島 県立 医科 大学 附属 病院

本施設群は 25 の施設群から成っている。 1,2 年目は研修基幹病院で、3 年目は研修連携施設を含めローテートして研修する。 専攻医は年 5 名程度を予定している。 研修基幹施設は福島市にある福島県立医科大学附属病院であり、主要な精神疾患の患者を受け持ち、面接法、診断と治療計画、精神療法、薬物療法の基本を学ぶ。 さらに、思春期症例、身体合併症、コンサルテーション・リエゾン、難治性精神疾患治療等、臨床を幅広く経験し、脳波検査・MSLT(睡眠潜時反復検査)・光トポグラフィ検査・磁気刺激療法・CBT(認知行動療法)・mECT(修正型電気痙攣療法)・UBOM・クロザピンによる薬物療法などの検査技術・治療技術を習得できる。 また、リエゾン精神医学においては整形外科と連携して治療を実施している全国的にも有数の治療施設であり、腰痛をはじめとする疼痛に悩む患者を全国から受け入れており、リエゾンカンファレンスなどで学ぶことも出来る。 リエゾン活動のみならず、多彩な分野を専門とする指導医が揃っており「児童・思春期外来」「てんかん外来」「光トポグラフィ検査外来」などの専門外来も充実している。 東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故後は、福島県県民健康調査と連携したり各地からの支援を受け入れたりすることによって、災害被災県として災害メンタルヘルスの研修にも力を注いでいる。 その他、研究・学会発表についても指導を受けることが出来る。 指導医は 3 名。

次の

診療科のご案内 / 公立大学法人 福島県立医科大学附属病院

福島 県立 医科 大学 附属 病院

福島県立医科大学附属病院は、30診療科・778床の施設を有し、福島県民の健康を支える基幹病院として先進的な医療サービスを提供しています。 2011年3月11日に発生した東日本大震災において、福島県は地震・津波・原発事故という三重の災害に見舞われました。 同病院ではこの未曾有の事態に対し、救急医療と放射線被ばく医療の中枢として、全職員の力を結集して対応にあたりました。 復興へ向けて歩み始めた現在も、全福島県民を対象とした健康管理調査を行うなど、県民の健康を守る取り組みを推進中です。 「福島県民が世界最高レベルの医療を受けられ、最も健やかで長生きできる県になること」を職員全員の目標として掲げ、医療の質と安全性の向上に励んでいます。 同病院において、大きな課題とされてきたのが、治療や手術に用いられる「診療材料」の業務プロセスの改善でした。 診療材料とは、主に患者の治療や手術に使用される医療品を指し、ガーゼや絆創膏など消耗品から、カテーテルや人工弁、ペースメーカーに至るまで、その数は数万になります。 医事課 主幹兼副課長(業務担当)兼 医療情報部の江澤 淑子氏は「医師は、治療や手術で診療材料を使用した場合、電子カルテにその診療内容を入力します。 そのデータが、保険請求を行う医事会計システムへとつながっていくのが標準的なプロセスです。 しかし、以前は電子カルテシステムへのマスタ登録が済む前に診療材料が使用され、保険請求などに必要な処理を後追いで行うケースがありました」と振り返ります。 通常は、月に1度の定例委員会で使用する診療材料を承認し、病院内で利用する各システムのマスタに登録します。 一方、新しい診療材料は日々開発されています。 そして夜間や休日、緊急時など、患者様の治療を最優先し、定例の委員会を待たずに新しい診療材料を使用することがあります。 それらの材料は電子カルテシステムのマスタに登録されていないので、医師が診療内容を電子カルテに入力する際に使用実績を記載できず、後から入力作業を行っていました。 どの診療材料が使用されたかをその都度調べて、後から入力作業を行うのは大変な工数が掛かります。 また、万一、材料が記載されないまま医事会計システムへデータが送られてしまった場合、保険請求の際に漏れが生じてしまう恐れもあります。 患者様中心の医療の実現のために、どちらも好ましい事態とは言えません。 しかし、それでもなお登録が後追いになるケースがあったのは、患者様に対してより最新・最適な医療サービスを提供したいという医療現場の思いを反映するのに最適な業務プロセスが確立されていなかったからでした。 また、業務に携わる部門についても、医療業務を行う各診療科をはじめ、会計事務等を担当する医事部門、物品の調達・管理を担当する用度部門、物流業務の委託先企業、医事会計業務の委託先企業と多岐にわたっており、コミュニケーションが取りにくい状況にありました。 業務を変えていくためには、これらのシステムや各部門の業務プロセスを一から見直す必要があります。 しかし、それを自分たちの力だけで行うのは容易なことではありません。 同病院がFIerに期待したのも、まさにこの点でした。 「特に期待したのが、第三者の立場でプロジェクトに関わってくれる点です。 組織内のどこかの部門が主導してしまうと、他のメンバーからはその部門のプロジェクトであるかのように受け止められがちです。 今回は病院業務全体に関わる取り組みなので、これではうまくいきません。 しかし、FIerをサポート役として全部門がフラットな形でプロジェクトに参画できます」と佐藤氏は語ります。 業務フローを徹底的に洗い出すことで明らかになった問題点は、全部で40近くにもなりました。 FIerはこれらの内容をさらに深掘りし、問題解決の糸口が「共通認識を持つためのルール作り」「それを徹底するための明文化」「部門間の横連携」の3点に集約されることを突き止めました。 「関連部門が一堂に会して話をしてみると、意外と業務に対する考えに微妙なズレがあるんですね。 元々、隣の仕事がよく見えていないような状況でしたから、無理もない部分もあったと思います。 ただ、フィールド・イノベーション活動を行ったことで、関連部門の全員が『これから業務をどう変えていくのか』という共通認識を持つことができました」と江澤氏は語ります。 具体的な改善施策は、まず「診療材料が使用される前の段階で一元的にマスタ登録を行う」という点が挙げられます。 「登録処理の後追いでカバーするのではなく、治療や手術に使用する診療材料は必ず事前にマスタ登録しておく。 このルールを改めて徹底しようということですね。 ただし、ルールを守ってもらうためには、無理なく実施できるような仕組みを構築する必要がありますので、既存の業務プロセスに様々な改善を加えていきました」と江澤氏は説明します。 たとえば以前は、定例の委員会を通らない個別の新しい診療材料の申請・承認に約1週間を要していましたが、手続きを合理化して最短で中1日にまで短縮。 月曜日に申請を行えば、水曜日の朝には使用できるようになりました。 これと同時に、医師が行う材料申請作業を省力化する書類フォーマットの改善も行っています。 以前は各システムでバラバラに行われていたマスタへの登録作業についても、同じタイミングですべてのシステムにデータが登録されるよう業務プロセスを変更。 これによりシステム間のデータ整合性が確保されるようになりました。 メンバーは、新たに構築した業務プロセスが病院の実務に即したものかをチェックするために、ウォークスルーと呼ばれる現場検証も実施しています。 「各部門を流れる書類は机のどこに置くのが望ましいのか、その書類は誰が何時にどこへ届けているのかといった点まで実地で確認するので驚きました。 こうした細かいことにまで目配りしているからこそ、真の業務改善が実現できるのだなと思いました」と佐藤氏は語ります。 一連のこうした改善は、医療の最前線で活躍する医師にも好感を持って迎えられました。 「今回の活動で特に良かったのは、医師の負担軽減に正面から取り組んでくれたことです。 以前の業務プロセスでは、事務作業に手間を取られることが多く、後追い処理を生む一因となっていました。 しかし、今回の仕組みであれば、我々も自然にルールに沿った業務が行えます」と猪狩氏は語ります。 またフィールド・イノベーション活動で得られた気づきを基に、病院内で稼働する3つのシステムのカスタマイズも行われました。 既に2万5000点に達している診療材料ですが、この数は今後も減ることはありません。 医療技術の進歩に合わせて、新たな製品が次々と登場するからです。 「今回構築した業務プロセスを今後も維持し続けるためには、ICT側にも効率的にデータ活用を支える仕組みが求められます。 そこで、物流システムのデータを夜間バッチで電子カルテシステム側に送るなど、大量データを効率的に連携できるようカスタマイズしました。 また、診療材料の検索機能を改良・強化し、以前よりも簡単にデータ検索が行えるようにするなど、先生方が電子カルテに診療内容の入力を行う際の負担軽減も図っています」と江澤氏は説明します。 こうしたシステムのカスタマイズは、富士通のSEが担当。 業務プロセスとそれを支えるICTを一体でバックアップしていきました。 FIerと共に構築した新たな業務プロセスは、2012年2月より適用を開始。 これにより、多くの改善を実現することができました。 「以前は後追いで、電子カルテシステムに登録した件数が多くありました。 しかし現在では、原則として事前登録を行っていますので、緊急限定材料等の登録件数は4分の1以下に激減。 しかも、この4分の1についても、翌々日には確実にマスタに登録されます」と斎藤氏は語ります。 電子カルテシステムと医事会計システムのデータが常に一致していれば、保険請求の際に、漏れや請求の遅れが生じる心配もありません。 また、後追い処理を行う必要がなくなったため、大幅な業務効率化も実現できました。 「診療材料の登録が後追いになるという問題は、現在多くの病院や診療機関にとって共通の課題となっています。 診療材料をすべて事前にマスタ登録する取り組みが成功した例は、あまり耳にしたことがありません。 今回のプロジェクトでは画期的な業務プロセスが実現できたと自負しています。 手作業で対応する部分も多少は残っていますが、業務プロセスそのものは誰が見ても分かるクリアな形になり、院内の他部門や委託業者など、職種の異なる他部門の動きも全部見えるようになりました。 現代の医療では、複数の診療科や他の職種の人達が連携する『チーム医療』が進んでいますが、今回はまさに『チーム事務』で成し遂げた成果ですね。 活動を支援してくれたFIerにも『三つ星』の評価を差し上げたいと思います」と江澤氏はにこやかに語ります。 また、フィールド・イノベーション活動をきっかけに、コミュニケーションが円滑に行えるようになったことで、院内の雰囲気や課題解決に対する取り組み方にも大きな変化が生まれました。 「他部門の職員や委託業者とも顔の見える関係が作れましたから、今では何か業務上の問題点が見つかると、すぐに声を掛けて集まるようにしています。 いわば自前のフィールド・イノベーション活動ですね。 解決までのスピードも大幅に向上し、些細な問題であればその日の内に解決してしまいますよ」 「実際に取り組んでみて、自分たち自身が主体的に課題解決に臨むことの大事さを改めて感じました。 FIerが提供してくれた資料やヒントを基に、ゴールを目指して全員が一丸で取り組んだからこそ、今回のような成果が達成できました」と山谷、佐藤両氏が語ります。 課題であった業務プロセスの改善を見事成し遂げると同時に、自律的な改善体質を築き上げることにも成功したプロジェクトメンバーの方々。 今後もその力をフルに発揮し、県民への先進医療サービス提供を後押ししていきます。

次の