卒業ソング 洋楽。 卒業シーズンに聴きたくなる洋楽5曲

洋楽の卒業ソング厳選9曲|泣ける切ない名曲から応援ソングまで

卒業ソング 洋楽

アメリカの卒業定番ソングの代表格のひとつがブラック・アイド・ピーズの「I Gotta Feeling」。 天才的なイントロの調べからは切なさを感じさせながらも徐々に高揚し、絶頂までドカーンと登り詰めてハッピーなパーティソングへと変換させてしまうのはBEPならでは。 リリースタイミングでの来日ツアー最終日のさいたまスーパーアリーナ公演ではこの曲で香取慎吾が登場し、会場を大いに沸かせていた。 この曲が収録されているアルバム『The E. 』は名盤。 特に苦楽をともにし、慣れ親しんだクラスメイトやチームメイトたちとお別れしなければならないのはとてもしんどいし、これからどうしていけば良いのだろうと悲壮感でいっぱいになってしまう人もあるだろう。 この楽曲のオリジナルは1975年に映画『Cooley High』に起用されたモータウンからリリースされた作品である。 それから16年後にがアカペラでカヴァーしたものがこの作品で、彼らの1stアルバム『Cooleyhighharmony』に収録されている。 卒業のみならず、大切な人を失った時に寄り添い、途轍もない優しさで包み込んでくれる楽曲のひとつ。 グリーンデイと言えばパンク、パンクと言えばグリーンデイとしても過言ではないけれど、彼らをそのイメージで聴かない人がいるとするならば、この曲を聴いて彼らのソングライティングの素晴らしさをアコースティックギター1本で歌い上げるビリーの切なくて美しいロックバラードという別の側面からぜひ味わってほしい。 歌詞の内容もあって本国アメリカでは卒業式で歌われ、ライヴでも非常に人気の高いこの曲はグリーンデイ史上初となったバラード作品でもある。 彼らが2007年にリリースした2作目のスタジオアルバム『Sound of Silver』に収録された「All My Friends」は、再結成後の初来日となった昨夏の『FUJI ROCK FESTIVAL』ホワイトステージのヘッドライナーとしてのステージの最後を締め括る楽曲として披露され、オーディエンスの大合唱を巻き起こした彼らの代表曲である。 ポップで徐々に軽快に移り変わるメロディーに乗せて歌われるのは古き良き思い出…だけではなく、苦い出来事や経験もある。 そのかけがえのない時をともにした旧友たちにすぐにでも電話をかけたくなる、そんな気持ちを抱かせられる作品。 思い出の写真を見て笑ってしまう、そんな一枚の写真から広がるストーリーは過ぎ去りし日々を振り返りながらひとつひとつの思い出の場面と登場人物を思い浮かべては想いを馳せるというもの。 MV冒頭に出てくる写真はヴォーカルのChad KroegerとプロデューサーのJoey Moiであり、歌詞ともリンクしているこの曲は2005年リリースのスタジオアルバム4作目『All the Right Reasons. 』に収録されており、シングルカット第一弾でもあった作品だ。 今夏開催される『SUMMER SONIC2018』への出演もアナウンスされており、3年振りの来日が決定しているのでそちらも要チェック。

次の

卒業ソングのおすすめ人気ランキング50選【2020年最新版】

卒業ソング 洋楽

アメリカの卒業定番ソングの代表格のひとつがブラック・アイド・ピーズの「I Gotta Feeling」。 天才的なイントロの調べからは切なさを感じさせながらも徐々に高揚し、絶頂までドカーンと登り詰めてハッピーなパーティソングへと変換させてしまうのはBEPならでは。 リリースタイミングでの来日ツアー最終日のさいたまスーパーアリーナ公演ではこの曲で香取慎吾が登場し、会場を大いに沸かせていた。 この曲が収録されているアルバム『The E. 』は名盤。 特に苦楽をともにし、慣れ親しんだクラスメイトやチームメイトたちとお別れしなければならないのはとてもしんどいし、これからどうしていけば良いのだろうと悲壮感でいっぱいになってしまう人もあるだろう。 この楽曲のオリジナルは1975年に映画『Cooley High』に起用されたモータウンからリリースされた作品である。 それから16年後にがアカペラでカヴァーしたものがこの作品で、彼らの1stアルバム『Cooleyhighharmony』に収録されている。 卒業のみならず、大切な人を失った時に寄り添い、途轍もない優しさで包み込んでくれる楽曲のひとつ。 グリーンデイと言えばパンク、パンクと言えばグリーンデイとしても過言ではないけれど、彼らをそのイメージで聴かない人がいるとするならば、この曲を聴いて彼らのソングライティングの素晴らしさをアコースティックギター1本で歌い上げるビリーの切なくて美しいロックバラードという別の側面からぜひ味わってほしい。 歌詞の内容もあって本国アメリカでは卒業式で歌われ、ライヴでも非常に人気の高いこの曲はグリーンデイ史上初となったバラード作品でもある。 彼らが2007年にリリースした2作目のスタジオアルバム『Sound of Silver』に収録された「All My Friends」は、再結成後の初来日となった昨夏の『FUJI ROCK FESTIVAL』ホワイトステージのヘッドライナーとしてのステージの最後を締め括る楽曲として披露され、オーディエンスの大合唱を巻き起こした彼らの代表曲である。 ポップで徐々に軽快に移り変わるメロディーに乗せて歌われるのは古き良き思い出…だけではなく、苦い出来事や経験もある。 そのかけがえのない時をともにした旧友たちにすぐにでも電話をかけたくなる、そんな気持ちを抱かせられる作品。 思い出の写真を見て笑ってしまう、そんな一枚の写真から広がるストーリーは過ぎ去りし日々を振り返りながらひとつひとつの思い出の場面と登場人物を思い浮かべては想いを馳せるというもの。 MV冒頭に出てくる写真はヴォーカルのChad KroegerとプロデューサーのJoey Moiであり、歌詞ともリンクしているこの曲は2005年リリースのスタジオアルバム4作目『All the Right Reasons. 』に収録されており、シングルカット第一弾でもあった作品だ。 今夏開催される『SUMMER SONIC2018』への出演もアナウンスされており、3年振りの来日が決定しているのでそちらも要チェック。

次の

【卒業ソング一覧】卒業式に歌いたい泣ける感動の曲!合唱や洋楽も|Moriの音楽ラボ

卒業ソング 洋楽

特に「卒業」に関しては、人それぞれ、色々な想い出がありますよねッ! 今回は世代別、想い出に残る「卒業ソング」についてです! あなたの想い出の一曲は登場するでしょうか?? 10代の卒業ソングと言えば? 10代の卒業ソングで人気の曲は、やはり現在若者の間で人気の高いアーティストやグループの曲が多くなるようです。 例えば EXILEの「道」、 GReeeeNの「贈る言葉」や 「遥か」、 WANIMA「シグナル」、他にも 乃木坂46の「サヨナラの意味」や Hey! Say! JUMPの「Our days」も人気です。 ちなみに、現在の10代は、卒業式での合唱曲に「旅立ちの日に」を唄うことが多くなっているということです。 20代に支持されているのはやっぱりあの曲!? 20代に支持されている卒業ソングと言うと、 森山直太朗さんの「さくら」を挙げる人が多いようです。 こちらは世間的にヒットしただけではく、自分たちが卒業時に合唱した人も多いのだとか。 他にも いきものがかりの「ありがとう」や レミオロメンの「3月9日」は自分の卒業だけでなく、先輩の卒業で……という人も多く、長く愛されている卒業ソングになっています。 現在の20代の人が高校生くらいの頃は、AKB48が大変な人気となっていた時期でもあるので、彼女たちの楽曲 「桜の栞」も20代の卒業ソングに挙がることが多いようです。 20代が実際に卒業式で合唱した曲には「旅立ちの日に」を挙げる人が多くいますね。 他には アンジェラ・アキさんの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」も、卒業式に親子で歌い合った人も多いのだとか。 30代ではメガヒットのあの曲が登場! 今の30代は、小学生~高校生までの時代、CDで音楽を購入していた世代なので、CDを100万枚以上売り上げるようなメガヒット曲が登場していた世代です。 このため、30代の「卒業ソング」というと、3月辺りにメガヒットした曲がそのまま想い出の卒業ソングになる傾向が。 具体的には SPEEDの「my graduation」や コブクロの「桜」、 ケツメイシの「桜」などは30代半ば~後半の人に人気です。 30代前半の人は、嵐と共に青春を過ごした人も多く、彼らの楽曲 「旅立ちの朝」を一番の卒業ソング!と挙げる人も。 30代の人が卒業式に歌った合唱曲では「仰げば尊し」が多いようです。 また「大地讃頌」を挙げる人も多いですね。 40代の卒業ソングには今の現役のあのアーティストの曲が! 40代の卒業ソング、春ソングで人気なのは、今も絶大な人気を誇る 福山雅治さんの「桜坂」。 他には 斉藤由貴さんの「卒業」、 岡本真夜さんの「TOMORROW」も人気のようですね。 ユーミンの曲は各世代で人気ですが、40代では「卒業写真」より 「春よ、来い」に人気が出るそうですよ。 女性では kiroroの「Best Friend」を挙げる人も多く、 SMAPの「ベストフレンド」を推す声もたくさんです。 40代以上になると、卒業式で合唱した曲は、歌謡曲発信のものより、それまでもずっと歌われていた「仰げば尊し」などが多くなります。 より卒業生の心に寄り添った曲を選ぶという、現代への流れを作った合唱曲としては「さよなら友よ」が挙げられそうです。 50代はあの大ヒット映画ドンピシャ世代! 2018年に公開され現在も人気の持続している映画「ボヘミアンラプソディー」。 こちらは伝説のグループ「Queen」のボーカル、フレディ・マーキュリーについて描かれた映画でしたが、現在の50代以上はリアルタイムに彼らの活動を目にしていた世代。 このためか、50代での想い出の卒業ソングには洋楽も登場したりしています。 例えば ABBAの曲は卒業式後のパーティーで盛り上がった!という人や The Policeの「Every Breath You Take」は卒業時期ではないけど聞いたら学生時代を思い出す人も多いとか。 他には、3年B組金八先生のテーマソングとしてヒットした 海援隊の「贈る言葉」や、 尾崎豊さんの「卒業」、 ユーミンの「卒業写真」なども、50代の「卒業ソング」として根強い人気を誇っています。 例えば 「仰げば尊し」や「蛍の光」など。 しかしもちろん、卒業時期にヒットした歌謡曲もあって、 舟木一夫さんの「高校三年生」や チューリップの「心の旅」も想い出の卒業ソングとして支持されています。 60代は現在も活躍されている小田和正さんやさだまさしさんなど、日本のフォークソングのパイオニア達が大ヒットしていた頃なので、そうした方々のフォークソング系も人気の曲として挙げられますね。 今も60代以上の人はカラオケでこうした曲を懐かしく歌っているということです! 70代以上には根強い人気のあの曲! 60代の方もそうですが、70代以上になると「思い出の卒業ソング」には学校で歌った曲がより多くなります。 基本的には、卒業の歌と言うと 「仰げば尊し」や「蛍の光」がメインとなるようですね。 春の歌となると 日本の古謡となる「さくら」が定番よ!ということです。 おじいちゃん、おばあちゃんと卒業の想い出を話すなら、こうした曲を一緒に口ずさみながら話すと色々な思い出話が聞けそうですね! おわりに 今回は春に向けて、世代別の卒業ソングについて見てきました! 各世代、それぞれ曲の趣きは異なっても、やっぱり「卒業」というと何かと心に残る想いがあるものですよね。 この春に卒業後、新生活で一人暮らしを始める人もいるかもしれません。 新しい生活スタートで、これまでと同じように家族の時間が持てなくなることも、あるかもしれません。

次の