名鉄 ミュー チケット。 特別車両券(ミューチケット)がネット予約でもっと便利に!

「ミュー定期券」に関するQ&A

名鉄 ミュー チケット

レゴランドのオープン日に開園ダッシュしようと名古屋へ行って来た朝日奈です。 福岡からジェットスターが就航しているのでサクッと移動できて便利です。 さて、僕はいつも中部国際空港から名古屋に移動するときにミュースカイを利用しています。 ミュースカイは特別車両なので特別車の料金がかかりますが、たったの28分で名古屋に着くのでかなり時間短縮になります。 (特急は48分です。 ) ただ、僕は初めて利用したとき乗り方がわからず駅員さんに聞きまくりました。 降りて改札を出るときでさえわかりませんでしたからね(笑) そこで、ミュースカイに初めて乗る方のために乗り方やチケットの購入方法などをご紹介します。 ミュースカイの改札口 中部国際空港の到着口を出ると、真ん中の方に鉄道へ向かう大きな橋があります。 いつもビックカメラの宣伝ソングが流れています(笑) 橋を出ると左手に名鉄の改札口が見えます。 券売機でミュースカイのチケットを購入することができます。 もちろん、名古屋駅や金山駅でもこれから紹介する手順で同様に買うことができます。 チケットの買い方 券売機に行くと、画面左側に「特別車両券ミュースカイ」の選択ボタンがありますので、それをタッチします。 中部国際空港では初期画面ですでにミュースカイの選択画面になっていることが多いです。 ミュースカイのチケットを買う場合は以下の3パターンから選択します。 乗車券は、マナカやスイカなどのICカードを使うこともできます。 ICカードをお持ちなら特別乗車券のみを、ICカードをお持ちでない場合は片道きっぷと特別車両券を購入しましょう。 画面の指示に従って降車駅や座席などを選択して、料金を支払えばチケットが出てきます。 時期に寄るのかもしれませんが、僕はいつも予約なしで当日購入していて、一度も乗れなかったことはありません。 ミュースカイの料金 特別車両券(ミューチケット)は、どこで降りるかに関わらず、一律 360円です。 全席指定席で、自由席はありません。 加えて、以下の乗車券の料金がかかります。 スポンサーリンク ミュースカイの乗り方 改札を通るときは、 特別車両券を改札に通す必要はありません。 小さい乗車券だけを通すか、またはICカードをタッチするだけでOKです。 中部国際空港では右手の1番乗り場がミュースカイ専用のホームとなっています。 ちなみに立派な待合室もありますので、乗車までに時間があるときはここで一休みするのも良いですね。 目的の駅に到着したら、改札近くにある回収ボックスに特別車両券を入れます。 改札機の下の方にも回収ボックスがくっついています。 改札は乗車券を通すかICカードをタッチするだけでOKです。 ちなみに、特別車両券は車内でも買うことができます。 急いでいる場合はICカードのみで改札を通って車内に入ってしまうのもアリかもしれません。 空いている席に座っておき、車掌さんが来たら購入したい旨を伝えましょう。 車内で買う場合も360円です。 ミュースカイの座席 ミュースカイの座席は足元が広く、テーブルが付いていてくつろげます。 ただし、スーツケースが置けるほど広くはありません。 後ろにスーツケースを置く専用のスペースがありますので、そこを活用すると良いでしょう。 座席の上にも荷物を置くスペースはありますが、普通の電車の網棚くらいのスペースしかありません。 座席にはチケットホルダーも付いています。 車内でチケットを車掌さんに見せなければならないのですが、チケットホルダーに挟んでおけば勝手に確認してくれるので寝ていても起こされることはありません。 WiFiも使えます。 すごい! トイレは、4両編成の場合2号車と3号車の間、8両編成の場合はそれに加えて6号車と7号車の間にあります。 テーブルに案内が書かれていますので、そちらを確認してみましょう。 ミュースカイの予約 ミュースカイはインターネットや電話での予約を取り扱っていません。 どうしても予約したい場合は、券売機をつかうことになります。 乗車日の1ヶ月前から購入可能です。 予約を変更したい場合は駅員さんに言えば対応してくれます。 ただ、先ほども述べたように、特に予約は必要ないと思います。 ネット予約にも対応していないですし、当日に購入しても問題なく座れています。 おわりに ミュースカイってチケットの扱いがちょっと独特ですよね(笑) 初めて乗ったときはこれであってるのか?と不安になってました(笑) 成田のスカイライナーはわかりやすいんですけどね。 それにしても360円で乗れるのはお得ですね。 たったこれだけの値段でものすごく快適になるので、ぜひ利用してみてください。 スポンサーリンク.

次の

定期券購入は名鉄ミューズカード!春のご入会キャンペーン|名古屋鉄道

名鉄 ミュー チケット

名古屋鉄道は4月17日、特別車両券(ミューチケット)をインターネットで予約購入できる「名鉄ネット予約サービス」を、5月18日(土)から開始すると発表しました。 これに伴い、同サービスを利用して「名鉄ミューズカード」でミューチケットを購入すると、ミュースターポイントを通常時の最大10倍プレゼントするキャンペーンも実施。 本サービスはスマートフォン・パソコンからインターネット経由で特別車両券を購入できるというもの。 一度購入してしまえば駅での購入手続きや特別車両券への引き換えは不要となります。 これに合わせて名鉄は座席発売状況を把握できる「車掌端末」を計461台導入します。 本サービスを利用してミューチケットを購入した場合、「車掌端末」から発売状況を確認できるため、車内改札が省略されます。 ただし乗車時は購入情報を確認できるスマートフォンか決済に利用したクレジットカードの携帯が必要。 サービス開始日時は5月18日(土)5時10分から。 発売対象となるのは1乗車360円の特別車両券のみ。 (外部サイト) 名鉄ネット予約サービス スタートキャンペーン 本サービスの開始に伴い、名鉄ネット予約サービスから名鉄ミューズカードを利用して予約・決済すると、ミュースターポイントが通常の5倍~10倍もらえるキャンペーンが実施されます。 2019年5月18日~5月31日の間はポイント10倍(税込200円につき10ポイント)、2019年6月1日~12月31日は通常の5倍プレゼントとなります。 (外部サイト).

次の

「ミューチケット」が買える名鉄ネット予約サービス、5月18日開始。ミュースターポイントが最大10倍もらえるキャンぺーンも開催

名鉄 ミュー チケット

概要 [ ] 前身ののリニューアル版として、(11年)に登場した。 従来の「座席指定券(料金)」は座席(着席)確保の対価として設定し、満席であっても着席時と同額の料金を立席承知の上で払って乗車することを名鉄では制度上認めている。 しかし「指定席なのに座れない」と言う問題点が指摘されていた。 そこで1999年に特急運用から・が撤退し、車内設備が統一されたことに伴い、の「指定席車」を「特別車」に変更するとともに、「座席指定料金」から「特別車両の利用料金」に改めた。 2014年現在の発売額は、乗車区間や年齢(大人・子供)を問わず1乗車360である。 歴史 [ ]• 1999年(平成11年)5月10日 座席指定券の名称を特別車両券(ミューチケット)に変更。 2002年(平成14年)10月1日 ミュー定期券、乗継割引ミューチケットを発売。 2008年(平成20年)12月27日 乗継割引ミューチケットを乗継ミューチケットと改称し500円から350円に値下げ。 ミューチケットと同額になる。 2019年(令和元年)5月18日 ネット予約サービスを開始。 同サービス開始に伴って回数ミューチケット(回数特別車両券)、時差・土休回数ミューチケットの発売を5月17日で終了した。 ホーム上に設置されたミューチケット券売機(知立駅) 発売日は、1箇月前(前の月の同じ日)の駅窓口営業開始から(ネット予約サービスは午前5時10分から)である。 なお、前の月の同じ日がない場合は当月の1日から発売する。 発売箇所は、名鉄の駅では・の両駅を除くの窓口 ・駅サービスセンターおよび、・・・・等に設置されているミューチケット対応券売機である。 このほか、を始め、主なでも発売している。 2019年(令和元年)5月18日からインターネット、スマホ、携帯電話でも購入できるようになった。 インターネット、スマホ、携帯電話から購入した場合はチケットレスとなる。 車内での発売については「ミューチケット」ではなく「車内精算券」となるが、座席は指定されない。 なお、駅窓口および改札外にあるタッチパネル式の新型自動券売機では、乗車券購入区間と特別車乗車区間が同一の場合、乗車券兼用のミューチケットが発行される。 ただし、券売機購入の場合は現金あるいは(相互利用が可能なを含む)利用の場合に限られる。 また、manaca利用の場合はマイレージポイントは加算されない。 発売条件の詳細 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2013年10月) ミューチケット対応券売機のみでの発売の特急停車駅・特別停車駅 [ ] これらの駅ではタッチパネル式の新型自動券売機でミューチケットを購入できる。 (駅名)は近くの終日有人駅である。 ・(・)• ・()• ・(・)• ・(・)• ・()• 知多新線・(・富貴駅)• 知多新線・(知多奥田駅)• ・()• 広見線・()• 犬山・名古屋・岐阜方面ホーム入口の券売機でのみ発売。 新可児方面ホーム入口の券売機では次の駅で終点となるため発売していない。 時間帯限定で発売の特急停車駅・特別停車駅 [ ] (駅名)は近くの終日有人駅• ・(・)• ・()• ・()• 豊川線・(国府駅)• ・(津島駅・)• 当駅を通る特急は全て次の佐屋駅で終点となるため。 当駅を通る名古屋方面への特急は運行されていない。 かつて発売していた駅 [ ]• ・ からまで発売していた。 の開港や、全線高架となるとの接続に備えた高架化工事に伴う榎戸 - の運休により、期間限定ながら榎戸駅に全列車が停車するようになり有人駅となったため発売していた。 工事が完了し、再び無人駅となったことから、運休区間の運行再開を翌日に控えた2003年10月3日を最後に発売を中止した。 ・ 11月からまで発売していた。 2007年11月14日のトランパス導入に備えて駅集中管理システムを導入した際にタッチパネル式の自動券売機が設置されたため、一時的に発売していた。 2008年6月29日ダイヤ改正で米津駅に停車していた特急は全て快速急行(現在は急行)に格下げされたため 、自動券売機でのミューチケットの発売を中止した。 利用上の注意点 [ ]• 一人一枚(1座席)有効であり、1枚のミューチケット(1座席)で小児以上の複数の人が使用することも、1人で複数の座席を使用することもできない。 ただし、乳児・幼児が同伴者のひざ等に乗る場合は1枚のミューチケット(1人分の料金)で乗車可能である。 乗車券とミューチケットを所持している場合、改札機には乗車券のみ通せばよく、IC乗車券利用時でも同様、改札機にはICカードのみタッチすればよい。 降車時には出口改札機手前の「回収箱」に入れ、乗車券(ICカード)のみを改札機に投入(タッチ)すればよい。 尚、使用済みのミューチケットは「回収箱」ではなく自宅のゴミ箱に入れてもよいし、捨てずにコレクションにしてもよい。 ただし、豊橋行きに限り終点の豊橋駅が駅業務をJR東海に委託している関係で到着前に車掌によって回収されるので、残しておきたければその旨を伝える必要がある。 ミューチケットは特別車 車内で車掌によりされていたが、ネット予約サービス開始後は、購入した座席とは異なる座席を利用している乗客やミューチケットを購入せずに特別車を利用している乗客に対してのみ車内改札される。 満席の場合にはミューチケットが発売されない。 この場合でも「特別車」に乗車することは可能だが、座席は指定されず(通常は立席となる)、「特別車」に乗車している限り「特別車両料金」(ミューチケットと同額)を支払う必要がある。 間違って全車特別車に乗車した場合でも、上記と同様に「特別車両料金」が必要である(空席が無ければ座ることはできない)。 「一部特別車」(特別車と一般車を併結)の列車の「特別車」にミューチケットを所持しない旅客が乗車した場合も、上記と同様に車掌より「特別車両料金」の請求を受けるが、すぐに一般車へ移動すれば料金を支払う必要はない。 万一、 ミューチケットを紛失した場合や券面指定の列車に 乗り遅れた場合は、再度買い直す必要がある。 ただし、紛失の場合はその旨を車掌に申し出て、後にミューチケットが見つかった場合は手数料を差し引いた額が払い戻される。 料金は1乗車単位の均一料金であるため、乗車列車の乗り越しが可能である。 その場合は車掌に申し出れば、車掌は券面に乗り越す旨を書き込む。 ただし、乗り越し先では他の乗客へ座席指定されている可能性があるので、その場合は席を譲らなければならない。 何らかの理由で該当列車が全車一般車に変更された場合、係員に申し出ることで無手数料で払い戻すことが可能。 ミューチケットで座席指定した区間の途中から乗車することは一応可能。 ただし規約上は発駅の時点で乗車していないので乗り遅れと同様に扱われそのミューチケットは無効になる。 この場合仮に指定した座席に他の乗客が座っていても譲ってもらうことはできない。 座席指定した区間の途中で下車したり、急行などの下位列車に乗り換えたりすることも可能(前途無効になる)。 前後駅や豊田市駅など、特急通過駅や特急が走らない駅を発着駅とするミューチケットは発売されない(有人駅であればそのような駅でも購入は可能。 例えば中京競馬場前駅は終日有人駅であるためミューチケットを発売しているが同駅発着のミューチケットは臨時停車が行われる日のみ同駅発着で購入可能)。 誤って急行などの下位列車に乗ってしまい、途中の駅で券面指定の列車に追い越されてしまった場合(例えば名鉄名古屋駅から東岡崎駅へ行くのに急行に乗ってしまい鳴海駅で指定した特急に抜かされた場合)も乗り遅れと同様に払い戻しはできなくなる。 上記の例とは逆に指定の列車が遅れて先行する急行などを臨時に追い越せない場合、先行列車に乗って下車駅で払い戻せることがある。 ネット予約サービスでは乗継ミューチケット、ミュー定期券の購入ができない。 豊橋駅で無効印を押してもらったミューチケット ミューチケットの割引 [ ] 2019年5月18日現在• 乗継 特別車両券(料金)は1乗車乗切り制が基本であるが、指定駅で60分以内に2列車を乗り継ぐ場合は、同時購入する場合に限って2列車まとめて1乗車と見なし、同額の 「乗継ミューチケット」を発売する。 乗り継ぎの場合、席番が同じになるとは限らない。 ミュー定期券 1ヶ月間13,400円で発売。 平日の1往復のみ同一列車の同一座席を確保することができる。 購入には乗車区間内の定期券を所持していることが条件で、乗車する際も定期券とミュー定期券を併用しなければならない。 指定列車でなくとも、有効区間内であれば(土休日ダイヤであっても)どの特別車も利用できることに特徴がある。 ただしこの場合は空席利用となるのでミューチケットを所持した乗客が現れた場合は席を譲らなければならず、満席の場合は立席乗車となる。 まる乗り1Dayフリーきっぷ 3,200円で発売。 この項目とは直接的な結びつきがあまりないが、名鉄電車全線が1日乗り放題となるきっぷである。 最大の特徴として、10:00から16:00の間はミューチケットを買わなくても特別車の利用も可能となることが言える。 (それ以外の時間帯でもミューチケットを買えば利用可能)ただし、空席利用となるのでミューチケットを所持した乗客が現れた場合は席を譲らなければならず、満席の場合は立席乗車となる。 に夏季限定で発売した「夏得(なっとく)1Dayフリーきっぷ」が始まりで、翌から現在の名称で通年発売となった。 乗車列車や区間は指定されずに発売するため、1枚ずつ自分が希望する列車で利用することができる。 乗車する前に窓口で回数券とミューチケットを交換する(磁気券ならミューチケット対応券売機でも可能)。 上記のミュー定期券とは異なり、こちらは利用可能な乗車券の制限がない。 2019年5月18日からネット予約サービスが開始したことに伴い、2019年5月17日で発売を終了した。 平日の10時~16時と土日休日祝日の終日、並びに土日祝日ダイヤで運転する日の終日、12月31日、1月1日、1月2日、1月3日の終日利用できる。 事前にミューチケットとの引き換えが必要なのは、以前の8枚2,000円時代と変らないが、現在は磁気券となったことから、タッチパネル式自動券売機でもミューチケットとの引き換えが可能となった。 また、有効期限が以前は最高で6ヶ月あったのに対し、発行日から3ヶ月となった。 これを使って発行されたミューチケット券面には、「時差土休」の文字が入る。 しかし発売額は360円の表示となっている。 2019年5月18日からネット予約サービスが開始したことに伴い、2019年5月17日で発売を終了した。 券面表示の変遷 [ ]•

次の