ベビーサークル いつから。 ベビーサークルはいつからいつまで必要?オススメと組み替え活用法

ベビーサークルは折りたたみ式がおすすめ!素材別の人気アイテム9選

ベビーサークル いつから

ベビーサークルはいつまで大丈夫? 我が家が購入したベビーサークルは『アイランド』という商品です。 特徴はパネル式なので好きな形にできることや、追加でパネルの増設が可能です。 あと価格も安いですね。 取説によると6ヶ月~3歳半頃まで使用可能と書いてありますが、 通常の使い方だと3歳半までベビーサークルの中で過ごさせるのは無理でしょう。 娘がハイハイ時期〜ベビーサークル脱走するまでの期間はこのような感じです。 ハイハイの時期【7ヶ月】 ハイハイの時は全然問題ないです。 おもちゃなどがあれば赤ちゃんも喜ぶし、親も目を離せるようになり だいぶ楽になります。 我が家でも家事がしやすくなりました。 つかまり立ちの時期【8ヶ月】 つかまり立ちをしだすと、サークルを伝って自分で歩いてました。 おもちゃもあるので、自分が遊ぶスペースという認識だと思います。 また、歩く練習にもなるのでいいと思いますよ。 よちよち歩きの時期【9ヶ月〜12ヶ月】 歩き出すとベビーサークルは窮屈になってきます。 我が家では、このくらいの時期にもう1セット購入して拡張しました。 購入したアイランドは簡単に拡張できるので便利です。 ベビーサークルを2セット使い6畳ほどのスペースを囲ったので、広々したベビーサークルができました。 しっかり歩ける時期【12ヶ月〜1歳3ヶ月】 この時期になると娘はベビーサークルの外に出たくなってしょうがないです。 ベビーサークルを簡単に押してしまうので大変です。 しかも、パネル式なので押すと簡単に形が変わるので、ベビーサークルの外に置いてあるものに手が届くようになってします。 この時期の対応策はまず パネルの固定です。 パネルが動かないようにパイプやつっぱり棒などで動かないようにします。 ベビーサークル自体は重くないので、簡単に動かせるようになってしまいます。 我が家では コンクリートブッロクを置いて動かないように固定する対策をしました。 その他にもペットボトルなどでもいいと思います。 走ったり、ジャンプができた時期【1歳3ヶ月〜1歳5ヶ月】 かなり活発に動けるようになると、おりゃーって踏ん張り 「ブロックごと動かします」 娘はかなりパワフルなのでどんっどんって押して動かしてしまいます。 さらには、サークルの隙間に足をかけて登れるようになってしまい脱走も容易になります。 こうなってしまうと、よじ登り落下する危険性があるのでベビーサークルの役目は終わりになります。 2歳ぐらいまで使えればいいほうだと思います。 ベビーサークルを長期間使う方法 よじ登ってしまったり、押してしまうようになると通常のベビーサークルの使い方では限界だと思います。 だいたい2歳くらいまで使えればいい方だと思います。 そこで次の活用方法は、 子供を囲うのではなく、触らせたくない物を囲む 我が家ではこのように、テレビからパソコンなど一帯をサークルで囲ってしまいました。 子供が触れられないよう移動をすれば良いのですが、困難な場合もあります。 住まいも広くはないので、テレビやパソコン、棚など簡単に移動する場所もありません。 そういう場合は囲ってしまいましょう! 購入したベビーサークルはパネル一つが短いので、結構好きな形に変えられるので囲うのも容易です。 今後は娘が言葉がちゃんと通じるようになれば、パソコン周りだけを囲うようにしようと思います。 まとめ 通常の使い方だと、ベビーサークルは2歳まで使えればいいと思います。 成長するとベビーサークルは簡単に押せるし、子供も乗り越える知恵や力もついてきます。 ベビーではなく「物」をサークルすることで長期利用が可能になります。 我が家では買って損はなかったですよ。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ベビーサークルは必要ない!なくても大丈夫な赤ちゃんが安全な環境を作るコツ

ベビーサークル いつから

隣にいたのに気が付いたら手の届かないところまで移動しているなんて事はよくありましたね~ 足をバタバタと動かすようになるのでいつのまにやら移動範囲が拡大するのです。 なので、実際の導入を考えてみるタイミングとしては 生後4か月頃がいいかなと思います。 使用終了・片づけ時期 ベビーサークルの使用終了について、まずは我が家のパターンをご紹介します。 我が家で使用していたベビーサークルは1歳8か月頃にメルカリされました。 なぜこのタイミングだったかと言いますと、 動き回る走り回るでベビーサークルではもう制限が出来なくなったからです。 導入当時はサークルの上部にすら届かなかったのに、1歳を過ぎる頃には手も届くし柵に乗ろうとし始めました。 1歳半ともなると少しずつ知恵もついてきているので、 おもちゃや箱などを踏み台にしてよく柵に身を乗り出すことが増えてきました。 いや、ほんとこれベビーサークルを導入する上で要検討をすべきポイントです 部屋が狭くなる! ちなみに我が家がベビーサークルを置いていたリビングは20畳以上なので、多分そんなに「狭い!」という大きさではないのかなと思うのですが、それでもベビーサークルの存在感は凄かったです。 画像でみるとそこまで感じないかもしれませんが、結構不便でした。 また、このように置き場所がなかなか定まらずに色々な所に置いてました。 結構高い! 例えばこちらのベビーサークルですが、13,883円です。 こちらは9,980円。 と、このように割と高価です。 おしゃれインスタ等でよく見かけるこちらのタイプにいたってはなんと24,800円です!高い!! いや、ほんとインスタでよく観ますけど皆さんすごくリッチですよね…我が家こんなの導入できませんよ ちなみに我が家で使用していたのはこちらで6,600円と比較的お手頃価格のものです。 実際の使用感等につきましては後述します。 入れると大泣きする! ベビーサークルのタイプにもよりますが、我が家では画像のようなタイプのベビーサークルを使用しておりましたので、チャックを占めて中に入れておく事が可能です。 ですがこのチャックを完全に締め切る事についてすごく嫌がられました。 閉めると大泣きされました。 だからというわけではありませんが、ちょっとダメないたずらをした時はチャック占めて中に入れるという、昔の押し入れ入れてお仕置き的な事を2回ほどしたことはあります…。 メリット デメリット大きくない?と感じた方もいらっしゃると思いますが、それでも導入する方がいるという事は勿論メリットもあります。 筆者も導入して良かったと思ったことも沢山ありましたのでご紹介します。 囲いに入れておけるので安全性は確保できる• 子供が定住できる場所になる• ボールプールにできる こんなところでしょうか。 正直、メリットは沢山あるわけではないです。 ですが、 安全性の確保と言う所がベビーサークルの目的であり最大のメリットだと思います。 安全性の確保 2度目になりますが、ベビーサークルの目的は「子供の安全確保」です。 なので、最大のメリットという意味ではこれは外せないですね。 デメリットを抑えてでも導入する方のダントツの理由はこちらでしょう。 定住場所になる ベビーサークルの中におもちゃを入れたりもしていたので、ちょっとした「子供部屋」みたいな感じになります。 なので、最初は自分から入る事は無かったのですが、慣れてきてからというもの自分から入って遊んだりすることがいつのまにか増えました。 ボールプールにできる これはベビーサークルのタイプによりますが、我が家で使っていたものはボールプールも出来たのでよく遊んでおりました。 別途購入している簡易なとの合わせ技で遊ばせてました。 とても喜んでましたね。 思わぬ可愛い姿が沢山見られた これはあくまで我が家の場合ですが、ベビーサークルがなかったら見られなかった我が子の可愛い姿を見る事ができました。 こんな感じでとっても可愛い姿が沢山見られました。 デメリット・メリットのまとめ では、ベビーサークルを導入することのデメリット・メリットを改めてまとめます。 3つのデメリット• 畳める• 洗える• 出入口がある これ本当にポイントです。 畳める 先ほどもご紹介した我が家で実際使用していたベビーサークルですがこちらは「畳めない」タイプだったのです。 こちらですね。 ベビーサークルの中では比較的に低価格の6,600円ですし、洗える・出入口があるという事ではとても良かったです。 物も軽くて持ち上げる事も可能なので、動かして掃除もそんなに大変ではありませんでした。 ですが「畳めない」っていうのは本当に不便です! ちなみにこちら、「洗える」素材ではあるのですが、解体するのが面倒なので、我が家実は洗ってないです。 拭いたりなどはしておりましたけどね。 (ちなみに最後メルカリする時はちゃんと洗いましたよ!) 洗える 先ほど我が家では「解体が面倒で洗っていない」と言ってしまっているのですが、衛生面的にどうしても気になる!と言う方もいらっしゃると思いますので、洗える素材であるという事は必要かなと思います。 出入口がある 抱っこして中に入れるタイプとなると、当然ですが自分から中に入る事はできませんのであまり長くは使えないのかなと思います。 ハイハイする前であればいいと思いますが、自分から動けるようになると中に入れるのも大変ですしね。 おすすめのベビーサークルはこちら! 調査してみた結果、ポイントを押さえているベビーサークルはこちらです。 価格は12,380円(送料無料)です。 やっぱり「畳める」となると、ちょっと高くなりますね ちなみにECサイトで調査してみると、ベビーサークルを送料無料で購入するならAmazonが一番低価格で購入できます。 例えば我が家が6,600円で購入したベビーサークルはAmazonだとこちら。 こちら現在在庫処分セール中で ¥4,997(送料無料)です。 しかも250円オフクーポン付きなので更にお安くなりますね。 我が家が使っていたものにはついておりませんでしたが、こちらは脚に吸盤がついているようなので、床に置くのであれば動く心配もなくていいですね! 畳めるものではありませんが、安価でベビーサークルが欲しいというのであれば新品でこのお値段ならかなりお買い得だと思います。 パネル系のベビーサークルってどうなの? こういうやつですね 我が家も導入を検討していた時にこちらも見ました。 でもまず値段で断念しました。 いくら可愛くてもベビーサークルに3万は出せないなと…。 なので、ベビーサークルに高価格が出せるという方はいいのではないでしょうか。 ただ、高いばかりではなくメリットも勿論あります。 パネルの組み換えが可能なので、形が変えられるというのはとても大きなメリットだと思います。 お部屋の形ってそれぞれですし、形が変えられるならお部屋に合わせてスペースをうまく使ってサークルにするのではなく、家具のガードをすることも可能です。 しかもこちらのパネル型ベビーサークルは13,799円(送料無料)です。 洗える・折りたたみ式のものが12,380円(送料無料)でしたので、1500円程度高価ですね。 ですが、見方によってはこちらの方が汎用性はあるかもしれませんね。 3万近くは出せないけど、これならいいかなと思う方は詳細ご確認下さい。 ベビーサークルのレンタルはどうなの? レンタルも色々みてみたのですが、正直ちょっと高いですね。 3か月間レンタルで7,000円以上辺りが平均でしたので、冒頭まとめた使用期間の生後4か月~2歳頃を考えるととても高いですよね。 なので、個人的には導入するなら「購入」をおすすめします。 後述しますが、「処分を考えるとレンタルの方が…」という心配はあまりしなくていいかなと思っております。 では処分方法についてまとめます。 ベビーサークルの片付け・処分方法 我が家はもう使う予定もありませんでしたので、メルカリにて出品いたしました。 4,000円程度で売れたようなので、実質2,000円くらいで使えたというふうに考えればまあ良かったのかなと思います。 メルカリで売れるの? 出品後翌日には売れておりましたので、比較的安定的に売れる商品ではあるかもしれません。 また、現在は在宅ワークをしている方もいらっしゃると思いますので、そういう意味でも需要はあるかと思います。 処分をするにも粗大ゴミだとお金もかかりますので、メルカリ出品おすすめです。 これ畳めるんでしょ?安いしベビーサークルの代わりにしてもいいのでは? そう思われる方もいらっしゃるかと思います。 代替えにするのもいいですが、ただこちらあまり広くありません。 屋根もあって完全に囲われている感じはあるので、生後数か月だと中の様子が見えないので 安全性には欠けるかなと思います。 やっぱり安全性を考えるならメッシュ性のサークルかパネル式のどこからでも見えるタイプのものがベビーサークルとしてはおすすめです。 あくまでもベビーサークル卒業後の遊び場としてご検討下さい。 さいごに さて、ベビーサークルについてをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。 おそらく迷っている方沢山いらっしゃるのではないかなと思います。 このまとめがお役に立てれば嬉しいです! では!.

次の

ベビーサークル プラスチック製のおすすめ人気ランキング5選!【ベビーサークル研究まとめ】

ベビーサークル いつから

ベビーサークルは必要?不要? 赤ちゃんがハイハイで動くようになると、行動範囲が広がり、ママたちは赤ちゃんから目が離せなくなることもありますよね。 赤ちゃんの安全対策として、ベビーサークルを買うべきかどうか悩んでいるママもいるかと思います。 ベビーサークルを買ったママと、買わなかったママに、それぞれ理由を聞いてみました。 ベビーサークルを買った理由 「1人目の子どもが生まれるときに購入しました。 赤ちゃんが動くようになって、キッチンに入ると危ないと思い、買うことを決めました」(30代ママ) 「赤ちゃんが危なくないように」という理由で購入しているママが多いようでした。 ベビーサークルを置くことによって、キッチンやお風呂場など危険がある場所に近寄らずに済むようにとママたちは考えたようです。 ベビーサークルを買わなかった理由 「アパートで暮らしているため、ベビーサークルを買うと部屋が狭くなってしまうので買いませんでした」(30代ママ) 「赤ちゃんが入ったら危ない場所はベビーゲートを設置したので、ベビーサークルは不要だと思い購入しませんでした」(30代ママ) ベビーサークルは場所を取ってしまうので、部屋の広さや間取りの事情により置くことができない家もあるかもしれませんね。 ベビーサークルを置く代わりに、ベビーゲートを設置したり、赤ちゃんの手が届くところに物を置かないなど、赤ちゃんが危なくないよう工夫をしたというママもいました。 ベビーサークルいつから何歳まで使った? ベビーサークルを購入する上でどれぐらいの期間使えるのかということは、気になることの一つですよね。 実際に購入したママに、いつからいつまで使ったのか、子どもが何歳まで使っていたのかを聞いてみました。 いつから使った? 「生まれる前に購入し、新生児のときから使っていました。 ベビーサークルの中にお布団を敷いて、日中はそこで寝かせていました」(30代ママ) 「ハイハイを始めた頃から使い始めました。 料理をしているときに赤ちゃんがキッチンに入ってくるのは危ないと思ったので、料理中はベビーサークルを使っていました」(30代ママ) 赤ちゃんが新生児の頃からハイハイを始める月齢までの間に使い始めたママたちが多いようです。 ハイハイをして動くようになると目が離せなくなるため、必要と感じることがあるかもしれません。 子どもがつかまり立ちを始めた頃に購入したため、子どもがベビーサークルの中で遊んだ期間が短かく「もう少し早めに購入すればよかった」というママの体験談もありました。 何歳まで使った? 「1歳半ぐらいまで使っていました。 1歳半頃になると自分で出ようとしてしまうので、使わなくなりました」(30代ママ) 「おもちゃがついているベビーサークルだったので、2歳頃まで遊んでいたと思います。 自分の部屋のように思っていたようです」(30代ママ) 歩き始めるようになると自分で出ようとしてしまい、ベビーサークルを使えなくなったというママたちの声がありました。 一方で歩くようになった後でも、ベビーサークルを「おもちゃの部屋」や「子どもの部屋」のように使っていたというママもいるようです。 いつまで使えるのか、何歳まで使えるのかはそれぞれの家庭で違いがあるようです。 ベビーサークルの使い方 必要を感じて購入したママたちは、ベビーサークルをどう使っていたのでしょうか。 ママたちの体験談をご紹介します。 少し目を離さなければならないとき 「宅急便が来たときやトイレなど、赤ちゃんから少し目を離さなければならないとき使用していました」(30代ママ) 「掃除や料理をしているとき、洗濯を干すときなど、赤ちゃんの側を離れなければならないときに、ベビーサークルを使っていました」(30代ママ) ママが赤ちゃんから目を離さなければならないときなど、必要なときだけベビーサークルを使用していたというママたちが多いようです。 ベビーサークルで遊んでいる時間にさっと用事を済ませられたら、ママの負担も軽くなるかもしれませんね。 赤ちゃんのお部屋として 「上の子がいると、赤ちゃんとは過ごし方や遊び方が違うので、赤ちゃん専用の場所を用意してあげる必要があるなと感じました。 ベビーサークルの中は赤ちゃんのお部屋だと、上の子もしっかり認識できたようでした」(40代ママ) 「うちはベビーベッドを買わなかったので、ベビーサークルの中にお布団を敷き、そこで寝かせていました」(30代ママ) ベビーサークルの中を赤ちゃんのお部屋として使っていたというママもいるようです。 赤ちゃんは寝ている時間も多く、他の家族とは少し生活リズムも違うことがありますよね。 ベビーサークルの中に赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを入れておいたら、ご機嫌に遊んでくれたというママの声もありました。 おもちゃが散らかっていても気にならない 「ベビーサークルの中にプラスチックの小さなボールをたくさんいれて、ボールプールのように遊ばせていました。 家中がおもちゃで散らかっていると気になりますが、ベビーサークルの中は散らかっていても気にならないようになりました」(40代ママ) 赤ちゃんにおもちゃで自由に遊んで欲しいという思いはあるけれど、家のあちこちにおもちゃが散らかっていると片づけが大変になってしまいますよね。 ベビーサークルで仕切られた空間の中だったら、おもちゃが散らかっていても気にならないかもしれません。 使ってみて分かったメリットとデメリット 実際にベビーサークルを使ったママたちの体験談を元に、使ってみたからこそ分かったメリットとデメリットをまとめてみました。 ベビーサークルのメリット 使用したママたちが考えるベビーサークルのメリットは「赤ちゃんを危険から守る」ということのようです。 家事などで赤ちゃんの側を離れなければならないときでも、ベビーサークルを使用することで、少しの間なら目を離すことができるかもしれません。 暖房や階段など、家の危ない所に赤ちゃんが近寄ってしまうことを防ぐ目的で、ママたちはベビーサークルを使っていたようです。 ベビーサークルのデメリット 「サークルに入れると泣いて大変でした。 もう少し大きくなると、入れようしたら大声で泣いて抵抗するようになり、結局あまり使わずに終わってしまいました」(20代ママ) 子どもがベビーサークルに入りたがらなかったため、不要になってしまったというママもいました。 赤ちゃんが慣れるまでママもいっしょに入って遊んであげるなどすると、赤ちゃんも安心できるかもしれませんね。 ベビーサークルは生活に合わせて購入の判断を.

次の