九星占術 早見表。 九星気学の基本的性格と相性占い

九星気学で相性を占う!早見表であなたと好きな人の相性をチェック

九星占術 早見表

九星気学とは 九星気学は、日本に古くからある占術の事を言います。 一白水星や二黒土星と言った九星気学の専門用語を聞いた事があるという方は多いでしょう。 ここでは、そんな九星気学の概要 起源理論など についてご紹介します。 九星気学の起源理論 九星気学で使われている九星術は、古くから中国にある占術です。 この九星術は、古代から中国にある占術で一白、二黒、三碧等があります。 そしてこの九星は、さらに縦横斜めの3つの数字の合計が15になる魔法陣が起源だと言われており、これらの数字に白や黒といった7色や五行思想の木火土金水に十二支や易を加えて作られました。 この九星術そのものは飛鳥時代の552年に日本にも伝えられていましたが、さらにこの九星術を元に気学宗家として有名な園田真次郎が始めた気学を合わせて作られたのが九星気学です。 さらに、日本史史上最も謎の多い人物とされる天台宗の僧、天海が徳川家の覇権のために行っていた占術も元になっている説もあります。 江戸時代にはこの天海が考えた占術を元に政治が行われていた事はほぼ確実だと言われており、いかにこの九星術が日本で馴染みがあるかが分かります。 九星気学は上記の通り様々な占術の要素があるので、九星気学を元に行動をしているスポーツ選手や芸能人、実業家等は多いです。 また、書店でも様々な九星気学に関する本が出ているので、今の日本で最も知られている上に使われていると言われています。 九星気学でどんな事が分かるのか 九星気学は、まずは生まれた年で自分がどの本命星に当たるのかを調べます。 これで性格や自分の相性のいい本命星や相性の悪い本命星も分かります。 そして自分の本命星から方位吉凶早見表や年盤や月盤を使い、自分がどの方角と相性が悪いのか、どの方角と相性が悪いのかを調べます。 この方角は九星気学ではとても大事な事だと言われています。 この九星気学で性格や才能、恋愛等様々な事が分かりますが、特に家相を調べるのに使われる事が多いです。 家相メインの占い師の方もおり、多くの方の家相を占っています。 家を建てたいけど、せっかくだから運気のいい場所に建てたいという方は、是非一度占ってもらう事をオススメします。 家は、一生に一度の大切な買い物です。 家相が悪いと生活そのものに悪影響を及ぼす可能性が高くなってしまいます。 ここで一番気をつけなければならないのは六大凶殺です。 この六大凶殺はトラブルを招きやすい方角で、暗剣殺や五黄殺、本命殺等があります。 この方向に家を建ててしまったり旅行にいくと良くない事がおこると言われています。 この位置には家を建てないようにしましょう。 九星気学で分かる性格 九星気学で自分の本命星を調べる事で、その人の性格を占う事ができます。 自分の性格を九星気学で知る事で、いいところはさらに伸ばす事ができ、弱点は克服する事ができます。 自分がどの本命星に当てはまるかはインターネット等で簡単に分かるので是非一度見てみましょう。 まずは一白水星の人ですが、水のように流れる性質を持っているので、一つのところにとどまる事を良しとしません。 頭が良く温和ですが、反面とてもデリケートで傷つきやすい一面もあります。 二黒土星の人は、とても慎重な性格です。 何事もしっかりと分析して、安全を確かめてから動くので失敗をする事はありません。 反面、チャレンジ精神に欠けるところがあります。 三碧木星の人は、とてもポジティブで明るい性格です。 この人が周りにいるとその場が明るくなるので、グループには欠かせません。 欠点は、少し子どものようにムキになりやすい面がある事です。 四緑木星の人は、とても社交性に長けた人です。 人と接するのが好きで、色々な場所に出かけます。 パーティ等も好きな人が多いです。 欠点は、少々お金の使い方が大胆すぎてあまり貯金ができない事です。 五黄土星の人は、リーダーシップがあり、とてもパワフルな性格です。 カリスマがあるタイプで、多くの人から注目される事も多いです。 欠点は、少々自己中心的な面が見られる事です。 六白金星の人は、繊細で、あまり人と関わる事が得意ではありません。 そして努力家ですので一人で黙々と何かをするのに向いています。 独創性があるので芸術家にも向いています。 欠点は少々短気なところです。 七赤金星の人は、とても人懐っこくて人のいいところを見つけるのがとても上手です、欠点は、意外と人に心を開く事ができない事です。 八白土星の人は、非常に大らかで何事に対してもどっしりと構えています。 また、大器晩成タイプで小さな事を積み重ねるのが得意です。 欠点は、少々優柔不断なところがある事です。 九紫火星の人は、行動力がありしかも明るくポジティブなので、とても華やかな人だと思われている事が多いです。 欠点は、気分屋でなかなか気持ちが安定しない事です。 九星気学で診断しよう 九星気学の概要 起源理論など についてご紹介しました。 九星気学は、日本では昔から伝わる一番ポピュラーな占いと言ってもいいでしょう。 自分がどの本命星に当てはまるか程度なら生年月日が分かればインターネットや本ですぐに占う事ができます。 また、家を建てたいと考えている方はこの九星気学を参考にする事でいい場所が分かりますので、一度調べてもらう事をオススメします。

次の

九星 究極の相性

九星占術 早見表

そもそも九星気学とはなんでしょうか?九星気学とは、中国で生まれた東洋占術です。 日本でも吉方位を占う方法や、人の運勢を占う方法として昔から使われてきました。 節分や十二支など、九星気学の考え方はあちこちに残っています。 九星気学は気を使った方法で万物を占います。 気とは自然のエネルギーであり、九星気学の名の通り、大きく9つに分類されます。 それが1年ごとに交代していく流れに伴ってあらゆる事象が変化するため、この9つの気は人の生まれ持った性格・特徴や、吉凶の方位などを判断する材料とされてきました。 九星気学の9つの気には、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星という名前がつけられています。 星というのは九星気学では気を意味しています。 九星気学には、生まれた年から分かる本命星と、生まれた月から分かる月命星、生まれた日から分かる日命星があります。 この中でも、九星気学の占いによく使われるのは本命星と月命星です。 成長の時期によって影響を受ける星が異なるため、両方の星を知っておくとよいでしょう。 自分の生まれた年の西暦の数字をすべて足して、出てきた数字をまたすべて足します。 そして出てきた数字を11から引いてください。 11から引いて残った数字が「1」なら一白水星、「2」なら二黒土星、というように、対応する数字の星があなたの九星気学での本命星になります。 ただし、 その年の1月1日~2月3日までに生まれた人は、自分の生まれた年の前年の西暦を使って計算してください。 これは、九星気学の世界では一年を「1月1日~12月31日」の区切りではなく、「節分~節分」の区切りで考えているためです。 残った数字が2桁なら、それぞれの数字を1桁になるまで足してください。 12年以降の人は、年号の数字を1桁になるまですべて足して、出てきた数字を12から引いてください。 なお、平成元年 1年 生まれの人は、昭和64年で計算してください。 それぞれ、最後に残った数字が「1」なら一白水星、「2」なら二黒土星、というように、対応する数字の星があなたの九星気学での本命星になります。 ただし、 その年の1月1日~2月3日までに生まれた人は、自分の生まれた年の前年の年号を使って計算してください。

次の

九星気学でみる性格や相性|生まれ年で分かる本命星の早見表付き

九星占術 早見表

その代わり、神経が細かく小さなことで悩みやすいという傾向があります。 異性関係では意外と激しい感情を持つ人も少なくなく、身を滅ぼす人もいます。 行動がスローで愚鈍な人が多いですが、コツコツと続けるような作業は得意です。 まじめで忍耐力があるので、男性も女性も結婚相手として無難なタイプです。 見栄っ張りで賑やかなことや場所を好みます。 また、どことなく華があります。 人生の前半は調子がいいですが、謙虚さを忘れると晩年に苦しみます。 どんな集団やグループでも風のようにすっとなじんでいきます。 また、引き立てられる運もあります。 その代わりに、流されやすく優柔不断という欠点があります。 腸が弱い人が多いです。 この星の人は敵に回さないようにしましょう。 また、健康上の欠点がない人が多く、タフで行動力があります。 女性も独立志向が強く、苦難を乗り越えながら成長します。 ただし、感受性にとぼしいため、他人の感情に共感しません。 自分のことばかりを考えると運が開けないので、才能を社会に役立てるようにしましょう。 女性はかわいらしい人が多いです。 男性も同様で愛嬌がありますが、男としての迫力に欠けることもあります。 ビジネスでも恋愛でも「詰めの甘さ」が出やすいのが欠点です。 ただし、一度信頼関係ができれば、決して裏切らない誠実さがあります。 また、女性は結婚しても何かと実家に縁があり、男女とも墓を守ることになる人が多いです。 文章、絵画などの芸術方面に才能を発揮する人も少なくありません。 ただし移り気なところが欠点となります。 恋愛においても同様で、一人に絞れず恋多き人も多いのがこの星の人です。 これは、自分という人間を客観的に見る練習になります。 たとえば自分が七赤金星なら、「詰めが甘い」という運命的な欠点があるので、何事においても用心する、しっかりした人に補佐役を頼む、などの対策ができます。 また、社会においては相性のいい人ばかりとつき合うわけにもいきません。 「あの人と相性が悪い」ということを事前に知っておけば、自分の主張を控えめにして、相手との摩擦が起きないようにすよう、などと対策することができます。 恋愛においても自分と相性のいい星を覚えておくといいでしょう。 適齢期の人は、自分に合う本命星に絞って恋活・婚活することは非常に有益です。 相性のいい同士は多少の困難があっても力を合わせて乗り越えやすいからです。 一方、相性の悪い同士だと困難を乗り越えるのにお互いによる相当の努力が必要となります。 このように、占いは現実の生活に役立ててこそ、の実学です。 人間関係がうまくいかないときなどは、九星気学の性格、相性診断を思い出してください。

次の