ラグラージ スーパー リーグ。 【ポケモンGO】ラグラージのおすすめ技と最大CP&弱点

【ハイパーリーグ】ラグラージではなくカメックスを採用する理由

ラグラージ スーパー リーグ

大ダメージを受ける場面が少ない 「デオキシスD」は「あく・むし・ゴースト」の3つのタイプを弱点としていますが、 現状のスーパーリーグでこれらの技を使ってくるポケモンはそれほど多くありません。 耐久力の高さもあるため、 『 どのポケモンともそれなりにバトルできる』という強みがあります。 バトルの最初に出して様子を見ながら戦うこともできますし、 不利な対面となったときに「デオキシスD」へ交代して体制を立て直すという戦い方もできます。 とにかく入手が難しい 「デオキシスD」は過去にEXレイドバトルと2019年9月のウルトラボーナスで伝説レイドバトルに登場したのみで、その後入手機会はありません。 さらに「デオキシスD」は幻のポケモン枠となるためポケモン交換ができないため、 フレンドとの交換で入手できることもできません。 持っていなければ、次の登場を待つしかないという入手困難さです。 現状持っていれば個体値は気にせず強化・技開放をして使いたいところです。 おすすめ最適技 ノーマルアタックはカウンター ノーマルアタック(通常技)はあらゆる性能面で「しねんのずつき」を上回る 「カウンター」にします。 「カウンター」は高威力の「かくとう」タイプ技なため、 「レジスチル」や「トリデプス」などの「はがね」タイプポケモンに有効です。 「デオキシスD」のバトルは長期戦になる場面も多いため、「サイコブースト」の使用はタイミングを見極めたり交代を上手く使う(交代で効果が消滅するため)必要があります。 慣れたり必要性を感じるまでは別の技を使ったほうが無難です。 いわなだれ・10まんボルトがおすすめ スペシャルアタックは通常は 「いわなだれ」で攻めます。 「いわなだれ」にタイプ耐性がある「レジスチル」など 「はがね」タイプポケモンや、弱点を突くことができる「マリルリ」に対しては「10まんボルト」を使って攻めていきましょう。 デオキシスDの「かくとう・でんき」タイプ技に耐性あり• 強力技「ハードプラント」が有効 ゴースト・あくタイプ技持ちが有効 「デオキシスD」の「カウンター」にタイプ耐性があり、 「ゴースト・あく」タイプ技を持つ「ヤミラミ」が非常に有利にバトルを進めることができます。 「ブラッキー」は「デオキシスD」の「カウンター」を弱点としますが、ノーマル・スペシャル両方とも「あく」技で攻めることができるためこちらが先に多くのダメージを与えることができます。 タイプ耐性のあるポケモンも有利に 「ナマズン」「ラグラージ」「フシギバナ」は「デオキシスD」の弱点を突くことはできませんが、 「デオキシスD」の技にタイプ耐性がありダメージを抑えることができます。 GOバトルリーグ情報.

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグの最強ランキング|ゲームエイト

ラグラージ スーパー リーグ

耐久型のみずタイプポケモンとして優秀なシャワーズは、「 みずてっぽう&アクアテール」の技構成にすることで、素早くゲージ技が使用可能なトレーナーバトル向けポケモンとして活躍が可能。 捕獲時のCPが1,500を越えているためスーパーリーグでは使用できないものの、最近ほのおタイプが徐々に増えてきている ハイパーリーグでの活躍は十分に期待できます。 ハイパーリーグは4月11日の朝に終了してしまいますが、 5月から開催のGOバトルリーグシーズン2での戦力として今のうちに確保しておくのもアリ。 シャワーズを撃破するには最低でも2人は必要ですが、現在はレイドバトルに挑戦可能な距離が2倍に延長されているので、家や職場から届くジムにシャワーズが出現した際に家族や同僚などと一緒にプレイするというのもオススメです。 トゲチック ルンパッパは、GOバトルリーグのスーパーリーグやハイパーリーグでも活躍が可能。 通常技のはっぱカッターが非常に強力で、ステータスは平均的であるものの、弱点が 「どく」「ひこう」「むし」のみで、 「じめん」「はがね」と選出されやすい技やタイプに対して耐性を持っているので、実質的な耐久力はかなりのもの。 ゲージ技も 「ハイドロポンプ」「ソーラービーム」「れいとうビーム」と多彩なので、幅広い相手への抑止力としても強力。 通常だと作成難易度が高いポケモンなので、この機会にゲットしておくのがオススメですよ! 今回のレイドバトルラインナップは、スーパーリーグで強力に運用可能なポケモンが多いなという印象。 4月25日からは、GOバトルリーグの全リーグが解放される期間となるので、スーパーリーグをメインでプレイするつもりのトレーナーさんは、この機会に手持ちポケモンを充実させておくのがオススメ。 現在はレイドバトルに挑戦可能な距離が2倍に延長されているので、自宅や職場から家族や同僚と一緒に挑戦してみてくださいね! 【重要】イベントは開催されますが、人口密集地に行かない、をして手洗いうがいを徹底するなど、徹底した自衛を宜しくお願い致します。

次の

【ハイパーリーグ】ラグラージではなくカメックスを採用する理由

ラグラージ スーパー リーグ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! サイホーンのコミュニティ・デイはどうだったかな? お兄さんは前から予定が入ってて無念の不参加だったんだけど、 なんとか色違いを3体確保!! やっぱり持つべきものはフレンドさんだよね! サンキュゥゥゥウウウ!! それはさておき、本日2020年2月25日(火曜日)からGOバトルリーグのプレシーズンも最終章となる「 マスターリーグ」へと突入した。 つまり、 ベスト個体値はどれも100%ということになる。 100%はさすがに敷居が高い……と思いがちだが、これまでレイド用のポケモンを育成してきたトレーナーにとっては、逆に取り組みやすい環境かもしれない。 さて、前回の記事でハイパーリーグについて「」とお伝えした。 スーパーリーグのマリルリ、ハイパーリーグのギラティナに相当するのがディアルガであり、 ディアルガ対策なくしてマスターリーグでは戦えない。 今回ご紹介するポケモンたちも、それを大前提として選出している。 今回も「マスターリーグ用に育てたいポケモン」を教えてくれたのは ことAさんである。 PVP用のポケモン育成のため常に深刻なほしのすな不足に見舞われているAさんだが「GOバトルリーグやると、意外とすなが貯まるんですよねぇ」と話していた。 いや、 その分ポケコインなくなってますから! 思うツボですから!! それはどうでもいいとして、先述の通り今回選出したポケモンも「 ディアルガが中心にマスターリーグ」を想定している。 そう考えると、トゲキッスと同じくサーナイトも 対ディアルガには無類の強さを誇ります。 強さ的にはトゲキッスがオススメですが、サーナイトでも代用可能です。 ただし、 サーナイト自体そこまで耐久力が高いワケではないので、使い方には注意が必要です」 ・ギラティナ(アナザーフォルム) 「ハイパーリーグの王者、ギラティナはマスターリーグでもかなり強力です。 オリジンもイイんですが、 対面した場合に勝つのはわざの差でアナザーの方です。 ただし、 ディアルガと対面したらギラティナに勝ち目はありません。 りゅうのいぶきで押し切られてしまいます。 なので、ギラティナは ディアルガいない状況でこそ真価を発揮するポケモンといえるでしょう。 開幕してしばらくすると、ディアルガをあえて外してくるトレーナーも増えてくるハズ。 その環境になったらギラティナは大活躍が見込めます」 ・ラグラージ 「みずタイプはカイオーガ……と言いたいところですが、タイプ・回転の早さ・わざの豊富さを考えた場合、ラグラージに軍配が上がると思います。 さらにラグラージに追い風なのは、マスターリーグには 天敵のくさタイプがほとんどいないということ。 じしんを1発当てられればディアルガにも勝てます。 また、はがね対策としても使えるのがラグラージの強みです。 はがねタイプのヒードランは、ディアルガと同じくらいの頻度で使用されると思いますので、 その両方と戦えるラグラージは貴重な存在になるのではないでしょうか。 ただ、ダークライはわざが本当に優秀なんですよ。 とはいえ、打たれ弱いことには変わりないので、ダークライは 相手のシールドをはがした状態で使うと真価を発揮するでしょう。 ただし、ダークライはあくタイプなので、 トゲキッスやサーナイトが出てきたら手も足も出ません。 それにしてもスーパー、ハイパー、マスターと、 全てのリーグで活躍するラグラージ……恐るべし。 とにもかくにも、マスターリーグでこそ輝くポケモンは多いから、ご自身のボックスを見返して最強のパーティを編成していただきたい。 あ、レイドとは少々わざの構成が違うから、 アイテムを使ってちゃんとわざを変えておくように! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の