慢性 閉塞 性 肺 疾患。 慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは? 主な症状や原因、治療方法は?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)|呼吸器の病気|分類から調べる|病気を調べる|病気解説2600項目|根拠にもとづく医療情報の提供|家庭の医学 大全科

慢性 閉塞 性 肺 疾患

COPD患者の90%が喫煙者 慢性閉塞性肺疾患(以下、COPD)は、タバコの煙を主とする有毒物質を長期間吸入することによって生じる肺の炎症による病気です。 主に肺胞系の破壊が進行して気腫型(肺気腫病変優位型)になるものと、主に気道病変が進行して非気腫型(気道病変優位型)になるものがある。 最大の原因は喫煙であり、喫煙者の15~20%がCOPDを発症する。 タバコの煙を吸入することで肺の中の気管支に炎症が起き、せきやたんが出たり、気管支の狭窄によって空気の流れが低下。 また、気管支が枝分かれした奥にあるぶどうの房状の小さな袋である肺胞が破壊されて肺気腫になると、酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下する。 COPDではこれらの変化を併せもっており、破壊された細胞組織は治療しても修復できない。 喫煙のほか、ハウスダストや大気汚染なども一因。 火気のそばで酸素吸入を行うと火事や爆発を誘発するため、酸素吸入をしながら喫煙しないように徹底 今後の見通しと支援 全身性の疾患で、他の疾患を合併すると経過が悪くなる。 禁煙、感染予防、栄養・食事指導、運動習慣などの生活指導が重要。 在宅酸素療法の実施では、医療サービスを導入し、支援を行う。 日常生活の留意点• 禁煙治療には医療保険が適用される• 肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチンの接種が有効な場合もある• 使える制度•

次の

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性 閉塞 性 肺 疾患

閉塞性肺疾患の分類、COPD、拘束性肺疾患、肺塞栓症 閉塞性肺疾患 息を吐くこと(呼出:こしゅつ)が妨げられることで引き起こされる疾患をまとめて 閉塞性肺疾患という。 肺活量・1秒量・1秒率との関係、慢性閉塞性肺疾患(COPD) 最大まで肺の中にガスを吸い込んだ後で、吐き出すことができる最大のガスの量を 肺活量という。 最大まで肺の中にガスを吸い込んだ後、最初の1秒間で吐き出すことができるガスの量を 1秒量という。 また、肺活量に対しての1秒量の比率のことを 1秒率という。 閉塞性肺疾患の場合、上記の 1秒量と1秒率がそれぞれ減少する。 また、 肺活量そのものは正常である。 上記のことが確認される疾患として、 肺気腫、 気管支喘息、 慢性気管支炎、 気管支拡張症がある。 これら4つの疾患をまとめて 慢性閉塞性肺疾患(COPD)という。 肺気腫 呼吸細気管支と肺胞のレベルで壁が壊され、それに伴って気腔が異常に伸び広げられる疾患のことを 肺気腫という。 ・肺気腫の型 肺気腫には型が存在し、 小葉中心型、 汎小葉型 、 傍隔型、 瘢痕周囲型の4つがあげられる。 このうち、小葉中心型の場合、他の型に比べて喫煙との関わりが大きい。 さらに、肺気腫が40歳代で引き起こされる。 ・肺気腫に関係するもの 肺気腫に関係が深いものとして、 喫煙があげられる。 肺気腫の発病を防ぐためには、喫煙しないことが望ましい。 しかし、肺胞が壊されて、肺の弾力性が失われた場合、それが原因となって、閉塞性障害を起こす危険性がある。 また、肺気腫が胸膜下に生じる場合、直径約1cm以上の気腫性の嚢胞である ブラがつくられる。 気管支喘息 気管支喘息では、気道が過敏な状態である場合、急な気道の狭窄が、その気道に含まれる平滑筋のれん縮で引き起こされる。 さらに、気道の粘膜で過度な分泌が起こる。 気管支喘息の患者に確認されるものとして、発作的に起こる 喘鳴(ぜんめい:呼吸時に鳴るヒューヒュー、ゼーゼーなどの独特な音)と呼吸困難が、それぞれあげられる。 気管支喘息による変化は、治療などで正常な状態に戻すことができる。 ・喘息で確認されるもの 喘息(ぜんそく)で確認されるものには、平滑筋の肥大化、粘液の過度な分泌、上皮基底膜が厚くなる、好酸球の浸潤が、それぞれあげられる。 ・喘息の症状のコントロール 気管支喘息の症状のコントロールは、気管支拡張薬やステロイドなどを使用することで可能になる場合が多い。 ・喘息の分類 喘息(ぜんそく)には、 内因性喘息と 外因性喘息とがある。 また、薬剤アレルギーにあてはまる喘息(ぜんそく)として、 アスピリン喘息がある。 ・内因性喘息 内因性喘息の場合、気道での感染症によって引き起こされる。 また、中年以降の人の場合、内因性喘息を起こしやすい。 マスト細胞(肥満細胞)の表面にある IgE抗体に、体の外に存在するアレルギーを起こす抗原( アレルゲン)が結合した場合、マスト細胞がもつロイコトリエンやヒスタミンなどの 化学的媒介物質が放たれる 脱顆粒が引き起こされる。 すると、気道に含まれる平滑筋の収縮が起こり、気道が狭窄する。 その結果、外因性喘息が引き起こされる。 また、外因性喘息を起こすことが多い人として、高齢者や小児があげられる。 ・アスピリン喘息 薬剤アレルギーのうち、 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用によって生じる喘息(ぜんそく)を アスピリン喘息という。 アスピリン喘息の症状は、非常に重い。 そのため、死に至る恐れがある。 抗炎症薬を使用した後に、呼吸困難が引き起こされるときは、アスピリン喘息に対応できるようにしておく必要がある。 慢性気管支炎 痰(たん)を伴う咳(せき)が、2年以上の期間で1年間あたり3ヶ月以上起こる状態であり、さらに、すでに知られている慢性疾患にかかっていない状態を 慢性気管支炎という。 慢性気管支炎では、気管支粘液腺において、組織の肥大が過度な細胞分裂によって細胞の数が増える 過形成が確認される。 慢性気管支炎の症状が重くなると、 慢性呼吸不全が引き起こされる。 また、慢性気管支炎の発病に関係する因子として、喫煙などがあげられる。 気管支拡張症 気管支の内腔が拡張し、なおかつ正常な状態に戻らないものを 気管支拡張症という。 ・気管支拡張症の原因 気管支が異物や腫瘍などで閉塞する、先天性の異常、幼児期における症状が重い肺炎の既往などが、気管支拡張症の原因となる。 ・気管支拡張症の症状 気管支拡張症の症状として、発熱、せき、疲れやすさ、喀痰(かくたん)、血痰(けったん)が確認される。 拘束性肺疾患 ガスの交換が、肺が伸び広がりにくくなることで妨げられる疾患として、 拘束性肺疾患がある。 拘束性肺疾患の場合、 1秒率は正常なままであるものの、 肺活量の低下が起こる。 肺塞栓症 血栓などの塞栓をまねくもの(栓子)が肺動脈に流れ込むことで、肺動脈塞栓が引き起こされる場合がある。 肺動脈を閉塞させる恐れのあるものには、血栓、脂肪、腫瘍、空気などがあげられる。 このうち、血栓による塞栓は、寝たきりで姿勢を動かすことが困難な状態の患者の場合に、下肢や骨盤の静脈でつくられた血栓によって起こることが多い。 これを避けるためには、患者の下肢を定期的にマッサージするなどして、血栓がつくられないようにすることが重要となる。

次の

【看護学生向】慢性閉塞性肺疾患(COPD)病態、症状、検査、治療、看護まとめ

慢性 閉塞 性 肺 疾患

「そういえば最近何だか息苦しいぞ…COPDに肺がんリスク、お金も掛かるしやっぱり禁煙だな…」 40代くらいから症状が現れるようですので注意して下さいね。 COPD(慢性閉塞性肺疾患)って何? COPDとは、慢性気管支炎や肺気腫などのために、肺への空気の流れが悪くなる病気です。 症状としては、息苦しさや咳などがあります。 アメリカでは、COPDは65歳以上で、4番目の死因になっている病気です。 日本では、COPDの認知度は低めのようですが、厚生労働省の統計では死因の第10位になっています。 COPDの原因のほとんどは喫煙ですので、タバコを吸わなければCOPDを予防が期待できます。 COPDは栄養不足を引き起こしやすい COPDになると体重低下や栄養不足になるリスクが高くなります。 これは、特に何もしていない時でも、呼吸によって使われるエネルギー量が、普通の人よりも15~25%も高くなるためです。 更に、炎症による分解代謝で必要なカロリーも多くなります。 また、食事中に息切れしたり、疲れを感じることによって、食べる量が少なくなるケースもみられます。 必要な栄養量が増えるのに、摂取栄養が減ってしまうという悪循環に陥ります。 カロリー・栄養不足は、筋肉の衰えを加速させ、病気の悪化につながります。 脂肪が全カロリーの40%を超えるような高脂肪食では、下痢やお腹の不快感などを引き起こすことがあるので注意しましょう。 逆に脂肪の摂取が全カロリーの20%になるような低脂肪食は、二酸化炭素の生産を増やしてしまったり、必要な必須脂肪酸が不足することもあるので注意しましょう。 バランスのよい食事が必要です。 (2)主菜には、揚げ物、加工品、脂身の多い肉ばかり食べず、魚や脂身の少ない肉などを取り入れよう。 (3)豆や豆製品も意識して取り入れよう。 (4)野菜やイモ類を積極的に、可能なら毎食取り入れよう。 (5)毎日、1~2回果物を取り入れよう。 (6)乳製品も取り入れよう。 乳製品を摂らない人はサプリメントの使用を検討しよう。 アイスクリームやプリンなど、食べやすくて脂質やたんぱく質が取れるおやつも上手く取り入れるとよいでしょう。 も参考にしてみて下さい。 いかがでしたでしょうか。 バランスのよい食事で体重・筋肉の維持を目指しましょう。 禁煙も忘れないで下さいね。

次の