語尾 に とう が つく。 playなどの語尾(?)にsがつく理由

東京方言

語尾 に とう が つく

タップできる【目次】• ]と 読点 とうてん [、]の使い方。 普段なにげなく使っているこの句読点ですが、 正しい使い方を知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか? 句読点のルールが無視された文書は、とても読みにくく内容が頭の中に入ってきません。 これでは 読者に余計なストレスを与えてしまい、 直帰率を高めたりリピート率を下げてしまう原因にもなるでしょう。 逆に、正しいルールに則ってつくられた美しい文書は、 すいすいと読み進めることができ内容もスムーズに伝わります。 ストレスを感じないため、記事を最後まで読んでもらえますし、 他のページへ移動してくれる率も高まるでしょう。 ]まで)における 最適な文字数と最適な読点[、]の数について解説しておきましょう。 上手な文章テクニックは文章のプロに学べ!ってことで、 プロのライター・記者が書いた美しい文章をいくつか選び、 それぞれ「 一文の文字数」と「 一文の読点の数」について計測し平均値を出してみました。 それが下記です。 一文の文字数 = 52. 2文字 一文の読点数 = 1. 49個 つまり、 1つの文は 約50文字で書かれており、1つの文中に 1〜2個の読点が使われている ということですね。 ) 読点の使い方・ルール では具体的なルールを解説していきましょう。 まずは 読点[、]のルールからです。 1.長い主語の後に 読点[、]は通常、 文章の「主語」「主題」のあとに打つのがルールです。 逆に短い文章の場合は、読点がないほうが読みやすい場合が多いです。 文章の読みやすさや意味の伝わりやすさを考慮し、 上手に読点を使いこなせるようにしましょう。 はじめまして。 記事を読ませていただきました。 私は出版社に勤めていた者です。 編集のみならず、執筆の方も行っておりました。 」と"。 "を括弧内に書く人は、本当に多いですね。 私は常に外側に打っておりますが、以前、数名の方に「内側に打つというのが正しい」と 指摘されました。 そう信じ込んでしまっているのでしょうね。 また、 これは、「間違いです」 これは「正しいです」 "、"の後に「括弧」を使わないというのもそうですね。 「こんにち"わ"」は確か文部省が「それでもOKにする」と改定を考えている、といった ニュースをかなり前に見た気がしますが、それがどうなったかは分かりませんが.... 私個人としては、ネット上においては良いのではないかと思っています。 ネットでは、書き手の表情・感情は伝わりにくく、読み手の受け取り方によっては 誤解が生じる事もあると思うのです。 ですので「こんにちわ」というのは、絵・顔文字的な、自分の表情・感情を伝える手段として 有効なのではないかと。 ただし「こんにちは」が正しい、という事を知った上での話になるとは思いますが。 こちらのコメントには、あなたの文章に対しての「指摘」がいくつかあるようですが 私としては少々そちらの方が、あなたのミスよりも心地の良いものではなかったように思います (あなたの真摯な返信・回答は除いて、です)。 他人の間違いを指摘する場合、やはり「ものの言い方」というのが、 その文章の正しさ・正確さよりも大切なのではないかと感じました。 長文失礼しました。 あなたの文章と説明を読んで、私はそのミスに気づかない程、テンポよく読めましたよ。 ありがとうございました。 はじめまして、今ちょっとわたしが投稿したコメントにいちゃもんを付けられて調べていたのですが、 >正しくは「」内には句点を打ちません。 と言うのは間違っていませんでしょうか? 学校教育の指導や公文書では文部省が作成した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」に従って「」内の末尾に句点を打つことに成っているようです。 出版業界では「」内に句点を打たないのが慣例になっているようですが、これは元々は新聞などの印刷の際に活字の禁則処理を頻繁に行うのが面倒であった為に生まれた慣例のようですね。 日本語としてどちらが正しいのかと言えば「」の中にも句点を打つ方ではないでしょうか? わたしも気分で変えてますけどね。 キムコさん、コメントありがとうございます! >学校教育の指導や公文書では文部省が作成した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」に従って「」内の末尾に句点を打つことに成っているようです。 >出版業界では「」内に句点を打たないのが慣例になっているようですが、これは元々は新聞などの印刷の際に活字の禁則処理を頻繁に行うのが面倒であった為に生まれた慣例のようですね。 なるほど。 「」内に句点を打たないというのは印刷業界の慣例なのですね。 そもそも本文では「」内の句点の有無に関しては論じていませんし、あくまで読者様から寄せられたご意見なので、私はそのルールについては知りません。 お役に立てず申し訳ございません。。 ですが、文部省が作成したルールがそうなっているのであれば、それが一応は正しいと言えるのでは?と思いますよ。 そもそも印刷業界の慣習なんてWEB文章には関係ないですしね。 ちなみに私は、「」内が会話などの文章であれば句点を打ちます。 「」内が単語(強調、引用、固有名詞など)の場合は句点は打ちません。

次の

東京方言

語尾 に とう が つく

2017年の流行語大賞は「インスタ映え」「忖度(そんたく)」の2語。 言葉というものは時代に合わせてどんどん進化していくもので上記の2語さえも新しさを感じさせないと言っても過言ではない。 特に最近ではスマホの普及やオタク文化のメジャー化によって、10代〜20代前半の一般人の若者やネット住民が使い始めた言葉が浸透する傾向が顕著に。 言葉が生まれ、そして死語になるスピードが年々早くなっている。 30歳をこえたイイ大人が、最新の若者言葉や最新のネットスラングをガンガン使うのは痛々しいものの、若者と話したりLineしているときに若者の言葉の意味が分かる状態ではいたいもの。 いちいち「どういう意味なの?」なんて聞くのはナンセンス。 ということで今回は「やっぱりこの人オヤジだ.. ユーチューバーのケミオ氏が頻用することで流行したといわれる。 その他、「やばみざわしんご やばい 」「やばたにえん やばい 」などもよく使われる。 いい波乗ってんね 調子いいね!というニュアンスで使われる言葉。 振り付けと歌詞がセットで流行。 いわゆるパリピの間では定番の飲み会コールだそう。 ありよりのあり 「この服買おうと思うんだけどどう思う?」「ありよりのあり」といった具合に使われる言葉。 「ありよりのあり」の他にも「なしよりのあり」、「ありよりのなし」、「なしよりのなし」と。 いずれもアリ・ナシの2択において判定の微妙さを表現する言い方として用いられる。 例えば「なしよりのあり」は、否定的な要素も含むが総合判断で「あり」といったニュアンスでつかわれる。 「もしかしたら可能性がある」という意味で使われることが多い。 「ワンチャン間に合うんじゃない?」という使い方の他、「あの子と今夜ワンチャン狙ってる」という感じでワンナイト的な使われ方も。 最近では短縮されて「ワン」だけでも使われている。 「こないだ買ったスニーカーめっちゃよき」といった感じで使用されている。 すこ 2chのほか、ニコ動で使われ、ツイッターに広がっていった言葉で「好き」の意。 若者に広まるにつれて、特に意味を含めずなんとなく語尾につけて可愛げを演出するために使われるように。 あざまる水産 「ありがとう」の意。 ありがとうございます。 好きピ 好きなピーポー、好きな人を意味する。 使いかたは「好きピと旅行いく」など。 リアタイ リアルタイムの略。 エゴサ エゴサーチ。 SNSなどで自分の名前やアカウントIDを検索すること。 言われた時に意味が分かるのは必須だが、ムリをして使わない方が良い言葉。 最近では短縮されて「草」だけでも使われている。 とりまやばたん とりあえず発する言葉。 特に意味がないケースも多い。 「とりあえずまあ」と「やばたん」が組み合わさった言葉。 「そんなんされたら女子みんなtkmk」というように使用される。 かみってる 神がかっている 「今日のウチ、かみってない?」という感じで使われている。 国内でヒップホップ系のラッパーが好んで使い始めたことから若者にじわじわと浸透。 イケボ イケメンボイス。 かっこいい声のこと。 ベッケンバウアー 別件 親父ギャグかと思いきや若者語! KS 既読スルー これはつらたん。 おくちょ 送ってちょうだい 「明日テストなのにノート学校に忘れた! あとでおくちょ」という感じで使われている。 「それな」を短縮して「それ」と使うこともある。 アチュラチュ アツアツ 男女の仲が良い最上級表現 「うちらアチュラチュだよね!」と言われたら「それな」という感じで返す。 じわる 時間が経ってからじわじわ笑えるようなことを指す。 「いまでしょ!」は死語となり現在はこちらが流行している。 ガンダ めちゃくちゃダッシュで走ること。 ガンガンダッシュの略。 ヤグる 浮気現場を目撃される いぇあ YEAH!! テンションの高さを相手に伝えたり、YESの意味を伝えるときに使う。 かまちょ かまってちょうだい かまってほしいときに使う。 転じて可能性がわずかしかないこと。 」「今日のライブ超エモかったよね!」など基本的に音楽に対してポジティブな意味で使われることが多い形容詞。 音楽好きや音楽業界人の間で多用されている。 もともとハードロックにエモーショナルなメロディーが加わった音楽ジャンル「エモコア」が起源。 1995年にシアトルのサニーデイリアルエステイトというバンドが確立したそうだ。 しかし最近では 「あのカップルの会話、エモすぎ!」「さんざんデートしたのに簡単にフラれる俺ってエモい」とかネガティブな意味含め、幅広い使われ方をされている。 TNJ女子 「たいしたことないじゃん」でもモテる女子。 若い女性の女子会で頻発されるやっかみ表現。 フロリダ 風呂離脱 「ごめん、フロリダするからまたあとで!」という感じで使われている。 イチキタ 一時帰宅 「イチキタしてから遊び行こうよ」という感じで使われている。 「ごめんディー」「だめンディー」「うめンディー」など他の言葉と組み合わせて使うこともできる汎用性の高さが魅力。 トッポギ 突然六本木に行く 韓国料理ではありません。 いわゆるパリピが使うのでしょうか? おしゃかわ おしゃれでかわいい 人にも物にも使えます。 「このカフェおしゃかわじゃね?」「それな」という感じで使われている。 ま? マジ?、マジで? 驚くことが起きた時などに、「ま?」と聞き返す。 イキる イキがる 「イキがって」ではなく、「イキって」と使うこともある。 あざ ありがとうございます 映え インスタ映え おけ OK 「りょ」「り」に近い使われ方。 熱盛 熱く盛り上がったシーン 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ヒアリングやTwitter検索を通じて分かったことは、ネットスラングを使うJD、JK、JC(女子大生、女子高生、女子中学生)が非常に多いこと。 以前は一部の2ちゃんねらーやオタクの専売特許だった言葉がかなりのスピードで彼女達に普及していくのがわかります。 積極的に使う必要はないですが、おさえておくとオヤジ認定されなくて済みそうですね!.

次の

【福岡】かわいい方言一覧!博多弁の語尾の特徴は?言い方の違いや種類を解説します

語尾 に とう が つく

タップできる【目次】• ]と 読点 とうてん [、]の使い方。 普段なにげなく使っているこの句読点ですが、 正しい使い方を知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか? 句読点のルールが無視された文書は、とても読みにくく内容が頭の中に入ってきません。 これでは 読者に余計なストレスを与えてしまい、 直帰率を高めたりリピート率を下げてしまう原因にもなるでしょう。 逆に、正しいルールに則ってつくられた美しい文書は、 すいすいと読み進めることができ内容もスムーズに伝わります。 ストレスを感じないため、記事を最後まで読んでもらえますし、 他のページへ移動してくれる率も高まるでしょう。 ]まで)における 最適な文字数と最適な読点[、]の数について解説しておきましょう。 上手な文章テクニックは文章のプロに学べ!ってことで、 プロのライター・記者が書いた美しい文章をいくつか選び、 それぞれ「 一文の文字数」と「 一文の読点の数」について計測し平均値を出してみました。 それが下記です。 一文の文字数 = 52. 2文字 一文の読点数 = 1. 49個 つまり、 1つの文は 約50文字で書かれており、1つの文中に 1〜2個の読点が使われている ということですね。 ) 読点の使い方・ルール では具体的なルールを解説していきましょう。 まずは 読点[、]のルールからです。 1.長い主語の後に 読点[、]は通常、 文章の「主語」「主題」のあとに打つのがルールです。 逆に短い文章の場合は、読点がないほうが読みやすい場合が多いです。 文章の読みやすさや意味の伝わりやすさを考慮し、 上手に読点を使いこなせるようにしましょう。 はじめまして。 記事を読ませていただきました。 私は出版社に勤めていた者です。 編集のみならず、執筆の方も行っておりました。 」と"。 "を括弧内に書く人は、本当に多いですね。 私は常に外側に打っておりますが、以前、数名の方に「内側に打つというのが正しい」と 指摘されました。 そう信じ込んでしまっているのでしょうね。 また、 これは、「間違いです」 これは「正しいです」 "、"の後に「括弧」を使わないというのもそうですね。 「こんにち"わ"」は確か文部省が「それでもOKにする」と改定を考えている、といった ニュースをかなり前に見た気がしますが、それがどうなったかは分かりませんが.... 私個人としては、ネット上においては良いのではないかと思っています。 ネットでは、書き手の表情・感情は伝わりにくく、読み手の受け取り方によっては 誤解が生じる事もあると思うのです。 ですので「こんにちわ」というのは、絵・顔文字的な、自分の表情・感情を伝える手段として 有効なのではないかと。 ただし「こんにちは」が正しい、という事を知った上での話になるとは思いますが。 こちらのコメントには、あなたの文章に対しての「指摘」がいくつかあるようですが 私としては少々そちらの方が、あなたのミスよりも心地の良いものではなかったように思います (あなたの真摯な返信・回答は除いて、です)。 他人の間違いを指摘する場合、やはり「ものの言い方」というのが、 その文章の正しさ・正確さよりも大切なのではないかと感じました。 長文失礼しました。 あなたの文章と説明を読んで、私はそのミスに気づかない程、テンポよく読めましたよ。 ありがとうございました。 はじめまして、今ちょっとわたしが投稿したコメントにいちゃもんを付けられて調べていたのですが、 >正しくは「」内には句点を打ちません。 と言うのは間違っていませんでしょうか? 学校教育の指導や公文書では文部省が作成した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」に従って「」内の末尾に句点を打つことに成っているようです。 出版業界では「」内に句点を打たないのが慣例になっているようですが、これは元々は新聞などの印刷の際に活字の禁則処理を頻繁に行うのが面倒であった為に生まれた慣例のようですね。 日本語としてどちらが正しいのかと言えば「」の中にも句点を打つ方ではないでしょうか? わたしも気分で変えてますけどね。 キムコさん、コメントありがとうございます! >学校教育の指導や公文書では文部省が作成した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」に従って「」内の末尾に句点を打つことに成っているようです。 >出版業界では「」内に句点を打たないのが慣例になっているようですが、これは元々は新聞などの印刷の際に活字の禁則処理を頻繁に行うのが面倒であった為に生まれた慣例のようですね。 なるほど。 「」内に句点を打たないというのは印刷業界の慣例なのですね。 そもそも本文では「」内の句点の有無に関しては論じていませんし、あくまで読者様から寄せられたご意見なので、私はそのルールについては知りません。 お役に立てず申し訳ございません。。 ですが、文部省が作成したルールがそうなっているのであれば、それが一応は正しいと言えるのでは?と思いますよ。 そもそも印刷業界の慣習なんてWEB文章には関係ないですしね。 ちなみに私は、「」内が会話などの文章であれば句点を打ちます。 「」内が単語(強調、引用、固有名詞など)の場合は句点は打ちません。

次の