フェア ゲーム 映画。 映画『フェア・ゲーム(2010)』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

映画『フェア・ゲーム(2010)』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

フェア ゲーム 映画

解説 KGBの暗殺集団に命を狙われる女性弁護士と、彼女を守る刑事の戦いを描いたノンストップ・アクション。 86年にシルヴェスター・スタローン主演の「コブラ」として映画化されたこともある、女性ミステリー作家ポーラ・ゴズリングの『逃げるアヒル』(邦訳・ハヤカワ文庫)を、構想も新たに再映画化。 監督はアンドリュー・サイプス、脚本はチャーリー・フレッチャーの新鋭コンビ。 製作は「ダイ・ハード」「リーサル・ウェポン」の両シリーズや「暗殺者」などアクションで定評あるジョエル・シルヴァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはトーマス・M・ハーメル。 撮影は「ピュア・カントリー」のリチャード・ボーウェン、音楽は「暗殺者」のマーク・マンチーナ、美術はジェームズ・スペンサー、編集は「逃亡者」のデイヴィッド・フィンファー、「バッドボーイズ 1995 」のクリスチャン・ワグナー、「タイムコップ」のスティーヴン・ケンパーが担当。 主演は念願の映画デビューとなるスーパーモデル出身のシンディ・クロフォード。 相手役に、「スリー・オブ・ハーツ」のスティーヴン・ボールドウィン。 「ランボー 怒りの脱出」など、ロシア人の悪役で知られるスティーヴン・バーコフ、「クイズ・ショウ」のクリストファー・マクドナルド、「エル・マリアッチ」のサルマ・ハエックらが助演している。 1995年製作/91分/アメリカ 原題:Fair Game 配給:ワーナー・ブラザース映画 ストーリー 常夏の街マイアミ。 ジョギング中の美女ケイト(シンディ・クロフォード)の左腕を、何者かが発砲した銃弾がかすめた。 事情聴取に当たったのは、ガールフレンド(サルマ・ハエック)に追い出されてツイていないマックス刑事(スティーヴン・ボールドウィン)。 クールでやり手の女性弁護士と根っからの殺人課刑事ではそりか会うはずもなく、2人は皮肉を言って別れた。 その夜、マックスの眼前でケイトの家が爆発し、運河に投げ出された彼女に向かってマシンガンが浴びせられた。 狙ったのは、KGBがキューバに派遣していた特殊部隊の残党にして盗聴のプロ、首領カザク(スティーヴン・バーコフ)率いるハイテク・テロリスト集団だった。 マックスは奇跡的に助かったケイトを保護するが、敵はクレジットカードの使用データから彼女たちの居場所を割り出し、急襲する。 危うく逃げ延びたマックスとケイトは、敵の正体も狙われる理由も分からぬまま、お互い以外は誰も信用できないと、メイヤーソン副署長(クリストファー・マクドナルド)とも連絡を断った。 だが、一味はことごとく先回りし、2人が保護を求めたFBIの捜査官も偽者だった。 鑑識課の従姉妹と連絡を取ったマックスは、ようやく姿なき敵がKGBであることを知る。 彼らは一味の監視システムを逆手にとっておびき寄せ、激しいカーチェイスの末に追手を倒す。 束の間の休息に2人は抱き合うが、ケイトが敵にさらわれた。 一味は沖合に停泊した老朽船内にいた。 ソ連崩壊で食いつめた彼らは、この船の近くの海底ケーブルを操作して連邦政府の休眠銀行口座の強奪を企んでいた。 そのため、この船の持ち主である男の離婚訴訟に関わっていたケイトが計画の遂行に邪魔なのだった。 マックスは船に侵入すると敵と戦い、ケイトを救出する。 彼らは爆発炎上した船から海上に逃れたが、欲にかられたカザクは船と共に海中に没した。 ネタバレ! クリックして本文を読む 午後ロードだったので外れてもいいと気楽に鑑賞、ところがこれが望外の拾い物、まさにノンストップアクションのジェットコースター・ムービー。 原作では一匹狼の殺し屋相手、スターローンの「コブラ(1986)」ではカルト集団が相手、本作はキューバの元KGB組織という本格スパイ・アクション並みの強敵が相手だ。 ドンパチはど派手な方が面白いので文句を言う筋合いではないのだが、女弁護士相手に度を越している、狙撃に失敗したからと言って自宅を丸ごと爆破とはやり過ぎだ、偽のFBIまで繰り出しても返り討ち、後半は失敗続きでなかば意地になっているようにも見えて可笑しい。 ジェームズボンドでも手こずりそうな難敵にマイアミ警察の若い刑事が八面六臂の大活躍、もはや出来すぎと言うしかないだろう。 同年1995年製作のの007 ゴールデンアイの製作費が6000万弗、本作は推定5000万弗だから相当な力の入れ具合だったのに興収1150万弗と大ゴケしたようだ、俳優の人気度の差だったのか・・。 タイトルのフェア・ゲーム、敵とのバランスではアンフェアとしか思えません、主役の二人の関係なのでしょうか。

次の

映画『フェア・ゲーム(1995)』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

フェア ゲーム 映画

「」(原題:Fair Game)は、2010年公開のカの実話に基づく映画です。 当事者であるジョゼフ・ウィルソンの「The Politics of Truth」とその妻・プレイムの「Fair Game」に基づき、監督、、ら出演で、危険な任務に当たるCIAの女性エージェントの情報が、自国政府によって意図的に漏洩されるという前代未聞のスキャンダルの真相を、リアルにかつスリリングに再現しています。 「」のDVD() で観る ビデオで観る 目次• 11の首謀者への報復を進める中で、に矛先を向け、CIAの女性エージェント、・プレイムは、の開発疑惑の証拠固めを始めます。 彼女の夫で元大使のジョー・ウィルソンも、ウラン買い付けの真偽を確かめるべくアフリカで調査します。 調査の結果、は、疑惑は事実無根と報告しますが、は疑惑を根拠としてに宣戦布告をします。 これに対しジョーは、新聞で事実を暴露して政権を批判しますが、政権側も妻のがエージェントであることをメディアにリークして報復、彼女や各国の協力者に命の危険が迫る事態となります。 また、想像を絶する世間の激しいバッシングを受けて、家庭も崩壊の危機に瀕します・・・。 レビュー・解説 の口実となった「」への疑念は日本でも報道されましたが、この映画では、• カが如何に根拠薄弱な状況で宣戦布告したか• 告発に対して政権の中枢が如何に大人げない対応をしたか が、事実に基づき具体的に描かれています。 また、スーパー・ウーマンではなく、妻であり、子を持つ親である生身の女性・プレイムを通してこの事件を描いている点が、この映画を希有なものにしています。 は、女性エージェントとしてはフェミニン過ぎるのではないかと思ったのですが、逆にそれが現実感を増しています。 政府やCIAが一筋縄で行かない事を知る・プレイムは、あくまでも戦うことを主張する夫ジョー・ウィルソンの元を二人の子供を連れて去りますが、このあたりの表現はならではでしょう。 原題の Fair Game は「格好の獲物、カモ」という意味で、遂行に関して批判的告発をしたジョー・ウィルソンへの報復と、遂行批判を潰す為に、政権はCIAエージェントである妻・プレイムを「格好の標的」にし、その身分をリーク、世論操作を行ったことを示唆しています。 この言葉は、政権内部で実際にその意味で使われたものです。 こうした事件が起きるのもカですが、それを正す人がいるのもカです。 を批判するがこの事件を追及、・プレイムは米下府改革委員会のに出席し、「CIAの任務として、身分を偽装、世界各地での情報収集活動を行った」という、エージェント経験者としては極めて異例の証言を行いました。 テレビで放映されるで証言することは、極めて勇気のいることだったと思います。 迷い〜「」 SAM: What they did was wrong,Val. It was just plain wrong. Don't you ever forget that. You know, say if through some miracle you get through this thing, I mean, there's no guarantee you and Joe won't fight. You know, he's a stubborn son of a bitch. I mean, he's not going to give up any more than you are. ヴァル:どうすべきかわからない。 今回はもう、無理だわ。 サム:奴らがやった事は間違っている。 それを忘れるな。 問題を切り抜けても、ジョーとはこの先、何があるかわからん。 あいつは頑固だ、あきらめようとしない。 お前以上に。 戦い〜「」 VAL: I don't care what they say about us. I don't care how angry you get. If they take all of this away, I don't care. They do not get to take my marriage. JOE: I'm so sorry. VAL: You did good. JOE: I did it for me. VAL: I know why you did it. Thank you. JOE: If I could give it back to you... If I could give you back who you were... VAL: This is who I am. Right here. VAL: Are you ready to fight? JOE nods VAL: Good. ヴァル;どういわれても言い。 あなたが怒ってもいい。 すべてを奪われてもいい。 でも、この結婚だけは守り抜く。 ジョー:僕が悪かった。 ヴァル;あなたは正しい事をしたわ。 ジョー:自分勝手だった。 ヴァル;あなたは私を守ってくれたのよ。 ありがとう。 ジョー:もしできることなら、かつての君に戻してあげたいと思う。 ヴァル;今、ここにいる私が私よ。 ヴァル;戦える? ジョー:(うなずく) ヴァル;良かった。 How many know my wife's name? - Valerie Plame. - Valerie Plame. Now, how can you know one and not the other? When did the question move from "Why are we going to war? " To "Who is this man's wife? " I asked the first question, but somebody else asked the second. And it worked. Because none of us know the truth. The offense that was committed was not committed against me, it was not committed against my wife. It was committed against you. All of you. Now, if that makes you angry or feel misrepresented, do something about it. When Benjamin Franklin left Independence Hall just after the second drafting, he was approached by a woman on the street. The woman said, "Mr. Franklin, "what manner of government have you bequeathed us? " And Franklin said, "A Republic, madam. "If you can keep it. " The responsibility of a country is not in the hands of a privileged few. We are strong, and we are free from tyrannyas long as each one of us remembers his or her duty as a. Whether it's to report a pothole at the top of your street or lies in a State of the Union address, speak out! Ask those questions. Demand that truth. Democracy is not a free ride, man. I'm here to tell you. But, this is where we live. And if we do our job, this is where our children will live. God bless America. 戦争のきっかけとなった一般教書のブッシュの発言は?私の妻の名前は? (聴衆)・プレイム (聴衆)・プレイム 何故、妻の名の知り、ブッシュ発言を知らない? いつ問題がすり替わった?戦争をする理由と、私の妻の名前が。 私が戦争の理由を問うと、妻の名前に変わった。 巧妙な手口だ。 誰も真実に気づかない。 政府による犯罪は、私に対してでも、妻に対してでもない。 国民に対する罪、皆さんに対する罪だ。 怒りを感じたり、騙されたと思うなら、行動を起こすべきだ。 が独立宣言の草稿を書き、表へ出ると女性が近づき、尋ねた。 「フランクリンさん、どんな政体になりますか?」フランクリンは答えた、「共和制です、守りきれるなら。 」 国家の責任とは、限られた権力者の手の中にあるのではない。 一人一人が国民としての義務を忘れない限り、我々は強く、圧政に屈することはない。 道路の穴の報告も、一般教書の嘘を追求も、声に出せ。 質問するんだ! 真実を要求するんだ。 民主主義は安易に与えられはしない。 だが、我々は民主主義に生きる。 義務を果たせば、子供達もこの国で暮らせる。 カに祝福を。 動画クリップ() 実際のの様子(・プレイム本人) 「」のDVD() 関連作品 ・プレイムの回想録 ・プレイム著「」() 監督作品のDVD() 「スウィンガーズ 」(1996年) 「Go」(1999年) 「」(2002年) 「Mr.

次の

映画「フェアゲーム 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

フェア ゲーム 映画

5月27日(水)のテレビ東京「午後のロードショー」はシンディ・クロフォード、ウィリアム・ボールドウィンらが出演する『フェア・ゲーム(1995)』を放送する。 大学時代にモデル活動を開始、90年代を代表するスーパーモデルの1人として活躍する一方、本作をはじめとした映画や、ジョージ・マイケル、テイラー・スウィフトらのMVへの出演などでも知られるシンディ・クロフォード。 臨死体験をテーマにした『バックドラフト』やセレブな高校生たちの青春群像劇「ゴシップガール」などで知られるウィリアム・ボールドウィン。 2人をメインに据えた本作。 やり手の女性弁護士・ケイト(シンディ・クロフォード)はジョギング中、突然何者かに狙撃される。 彼女を事情聴取することになったのは、ガールフレンドに部屋を追い出された刑事のマックス(ウィリアム・ボールドウィン)。 ケイトはキューバ人の離婚裁判で妻側の弁護をしていて、財産の1つである船の所有権を争っていた。 やり手弁護士と熱血刑事では話がかみ合う筈もなくお互い皮肉を言い合い別れるのだが、調書のサインをもらい忘れたことに気づいたマックスがその夜ケイトの家へ向かい、家の前の運河の対岸に車を止めた瞬間、ケイトの家が爆発炎上。 ベランダに出ていたケイトは爆風で運河へ飛ばされる。 奇跡的に無傷だったケイトの命が何者かに狙われていることを確信した警察は、彼女を隠れ家で保護するも、どういう訳か突き止められ襲撃を受ける。 今度はFBIに助けられるが現れたのは偽者の捜査官。 2人の居所を突き止め次々と迫り来る追っ手に対し、ただ逃げることしか出来ない2人。 果たして2人は生き延びることが出来るのか…という物語。 『フェア・ゲーム』は5月27日(水)13時35分~テレビ東京「午後のロードショー」枠で放送。 《笠緒》.

次の