キャサリン 妃 トップレス。 キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)

キャサリン妃のトップレス写真掲載の雑誌が廃刊に?

キャサリン 妃 トップレス

【9月14日 AFP】(一部更新)セレブ情報誌「クローザー()」フランス版は14日、英国のキャサリン妃()のトップレス写真を表紙に掲載した最新号を発売した。 前週にウィリアム王子()夫妻が休暇でフランスを訪れた際に撮影されたものとみられる。 同誌は表紙に加え、誌内5ページにわたって画質の粗い複数の写真を掲載。 多くはキャサリン妃が白黒のビキニのボトムスのみを履き、上半身をあらわにしている写真で、同誌はその肉体美を「(ランジェリーブランドの)ヴィクトリアズ・シークレット()のエンジェルズ(イメージモデル)もかすむほど」と称えている。 その他、キャサリン妃の腰付近に日焼け止めローションを塗るウィリアム王子の写真や、赤いパラソルの近くに置かれたチェアでくつろぎ談笑する夫妻の写真、キャサリン妃が胸の前でビキニのトップスを持ち、まさにこれからトップレスになるか、またはトップスを着ようとしている様子の写真も掲載された。 写真は全て、夫妻が前週休暇を過ごしたとされるフランス南部プロバンス()地方にあるオーテ城()のテラスで撮影されたものだという。 クローザー誌によれば、同城はエリザベス女王()の妹である故マーガレット王女()の息子、リンリー子爵()が所有している。 クローザー誌は最新号発売に先立って14日、「ゲストハウスのテラスでトップレスでくつろぐキャサリン妃」の写真を掲載するとウェブサイトで発表。 「世界も目にするのが待ちきれないだろう」などと述べていた。 また今回の件は「一線を越えている」として、クローザー誌に対する今後の措置についてフランスの弁護士と相談していると明かした。 一方、王子夫妻の歴訪に同行する関係者は掲載予定が明らかになった後、ウィリアム王子の母ダイアナ元妃()もメディアに追い回され、1997年にパパラッチから逃れようとして事故死した事実に触れ、「時計の針が15年前に逆戻りした」と遺憾の意を示している。 英王室はつい先日、ウィリアム王子の弟のヘンリー王子()の全裸写真が暴露されるスキャンダルに見舞われたばかり。 c AFP.

次の

“もっとすごい写真”が存在!? キャサリン妃のトップレス写真流出の余波 (2012年9月17日)

キャサリン 妃 トップレス

LONDON, ENGLAND - AUGUST 30: Catherine, Duchess of Cambridge during a visit to The Sunken Garden at Kensington Palace on August 30, 2017 in London, England. The garden has been transformed into a White Garden dedicated in the memory of Princess Diana, mother of The Duke of Cambridge and Prince Harry. フェイシャルは、有名なデボラ・ミッチェル氏の セレブ御用達サロンで行われます。 キャサリン妃が愛用しているのは、 デボラ・ミッチェル氏がプロデュースした 「ビーベノム・フェイスマスク」。 ビーベノムは、「蜂の毒」という意味です。 「蜂の毒」を塗ることで、 蜂に刺されたと肌に勘違させて、 リフトアップする方法なのだそう。 ミツバチの生産物を使った美容法は「アピセラピー」と呼ばれて、 アレルギーを持つ方は注意が必要なのですが、 セレブの間で注目されている美容法です。 その中でもミツバチの毒を使用する 「Bee Venom Therapy(BVT)」は、 アンチエイジングや免疫力の向上に効果が高いそうなんです。 体型に、大きなダメージを与えるという出産。 2児を出産しているとは思えない キャサリン妃のスレンダーなボディーは、結婚当時と変わりませんね。 2012年にトップレスの写真が報道されたことがありましたが、 ファッションモデルにも劣らない美ボディでした。 【引用】 ・2012年、キャサリン妃のトップレスで大騒ぎ 5年前にウィリアム英王子の妻キャサリン妃のトップレス写真を掲載した仏メディア関係者らの裁判で、 夫妻が150万ユーロ(約1億8000万円)の賠償を求めていることが分かった。 cnn. html すでに2人の子供を出産しているキャサリン妃。 妊娠の度に重度のつわりの症状に悩まされながらも、現在、第3子を妊娠しています。 「引用」 ・現在キャサリン妃は、酷いつわりの症状で静養中 発表によると、キャサリン妃はこれまでの2回の妊娠と同様、ひどいつわりの「妊娠悪阻」に苦しんでおり、ケンジントン宮殿で静養中。 4日午後に予定されていた、ロンドンのホーンジーロード子供センター訪問を取りやめた。 bbc.

次の

キャサリン妃、今度はお尻の写真が流出!ドイツのメディアが公開

キャサリン 妃 トップレス

1994年、今度はチャールズ皇太子が、フランス南東部アヴィニョンにある友人のシャトー(住居目的を優先させた城)で、フルチン写真がパパラッチされ、「Paris Match」と独「Bild」に掲載されてしまった。 プールで泳ぎ終えた皇太子が部屋でシャワーを浴びた直後、全裸に白いロープを肩にかけただけで、窓の前にたたずんだところを撮影されてしまったという。 そして、97年。 フランスの首都パリでダイアナ元皇太子妃が恋人のドディ・アルファイドと一緒に乗ったハイヤーが、猛スピードで追跡するパパラッチの車を振り切ろうとして事故を起こし死亡。 パパラッチたちは、救急車が到着する前、到着し救急手当をしている間にも、瀕死の状態であったダイアナを撮影し続け、その写真は流出。 世界中から強い非難を浴びた。 英タブロイド紙「Daily Mail」は15日、「キャサリン妃を第二のダイアナにしてはいけない」という記事をキャサリン妃とダイアナ元皇太子妃の写真を並べて掲載。 同紙をはじめとするイギリスのタブロイド紙は、キャサリン妃のトップレス写真を買い取らないかとオファーを受けたが、全紙が断ったことを明かした。 キャサリン妃を、悲劇の妃にさせてはならぬとピリピリしている英国民だが、15日にキャサリン妃のトップレス写真を掲載したアイルランドのタブロイド紙「Irish Daily Star」の編集者は、英BBCの取材に対して、「自分たちにとって、キャサリン妃はリアーナやレディー・ガガと同じ」「アイルランドの王妃になる人でもないしね。 憤激しているのはイギリス人だけだろう」と、英国民はピリピリし過ぎると発言。 「彼女は王子と結婚し王室入りした。 世界の中で最もパパラッチに狙われている一人になったんだ。 そんな彼女が、公衆道路から見えるバルコニーで服を脱ぎ、写真を撮られてしまい、唖然としている。 それだけのことだろう」とも述べ、今回の写真は隙のあったキャサリンの自己責任だと述べた。

次の