公文 ナレッジ。 ナレッジマネジメントと文書管理の密接な関係

ワークフロー(業務フロー)とは

公文 ナレッジ

文書管理の状況と業種・業務との関係 弊社がお客様より文書に関するご相談を受け、その課題と業種・業務の関連性をまとめたものです。 業務プロセスが確立されていない場合が多く、顧客の動向を先端で感知する営業資料や、研究開発分野のヒントになる資料など、非定型文書が発生します。 この領域の課題は、ナレッジが蓄積されていると考えられているにも関わらず、手をつけにくい領域でもあるため、文書管理の導入が見送られやすくなかなか活用に至らないという課題を抱えています。 人間の気持ちを相手にしている業種の場合、そのイメージ戦略のひとつとして、またちょうど、ドラマ「マッサン」「あさが来た」などが注目などが注目されてきたことも影響しているかもしれません。 企業史、ビジネスアーカイブの構築を課題とされているケースが見受けられました。 文書管理の導入は社内ではまだあまり進められていないことが多く、管理上必須となるような法務的文書(契約書など)、ISO文書などの管理を課題とされていました。 課題の数は、「1」と「4」が多い傾向にありました。 営業マンごとのルールであることも少なくはありません。 例えば、顧客ごとに探そうとした場合に命名規則がばらばらでは情報に 到達出来ない、 探し漏れる、 間違った情報が出てくるということが発生します。 作成者が一応とっておこうとした重複文書は、他の人からみたらゴミの場合もあります。 ゴミばかりと思われてしまえば、やがて使われなくなるでしょう。 これを気にして作成者側は共有しなくなるということもあり得ます。 単なる共有では、無秩序に押し込まれたものが入った押し入れのようになってしまいます。

次の

公文式オフィシャルサイト KUMON(くもん)

公文 ナレッジ

公文式の指導者です。 私はまだキャリア2年目ですが、私の母が23年前に開設した教室を引き継ぎました。 私の父が25年前になくなったのをきっかけに母は公文の指導者のなりました。 当時、生徒数が倍に倍にと増えるような勢いで公文の教室が成長していった時期であったと聞いています。 であったにせよ高校生になったばかりの私と弟を女手ひとつで育てる苦労はひとえに「お金の苦労」であっただろうと思います。 しかしながら指導者としては一流であったと手前味噌ではありますが、娘としては誇りに思っています。 「後がない」という感覚であったのか、なりふりかまわず勉強していました。 多くの生徒が巣立っていったいま、結婚式によばれたり訪ねてきてくれたりするのをみるとうらやましく思います。 私は、今その教室を引き継いでいますが、全盛のころ バブルのころ に比べると約半分の規模になってしまっています。 しかし、ご主人が亡くなられて教室を始められた先生ですばらしい実績を上げていらっしゃる先生も知っています。 人格・実績ともに全国屈指の方です。 実績というのは教室規模ではなく、生徒の学力の伸びを比較してのことです。 公文の教室一本で立派に子供さんを育てられ、すばらしい教室運営の能力も発揮されている。 この事実は私に大きな勇気を与えてくれます。 公文にかかわってこの2年、優秀な指導者になるには勉強熱心でなくてはならないと痛感しています。 教材や指導のことはもちろんですが、子供のこと、社会のこと、さまざまなことに敏感になっていないと、保護者にも子供たちにもそっぽを向かれてしまいます。 また、以前より教室をされている先生方が一様におっしゃることがあります。 それは、子供と保護者の性格が多様化しているということ。 20年間でこんな行動をとる生徒あるいは保護者にはじめてであった、などという話をよく耳にします。 要するに、これまでの先輩指導者でも手に負えない生徒がいま存在しつつあるということ。 しかしながら、公文の門をたたく生徒がこれまでもおとなしいおりこうさんばかりであったはずはありません。 ややこしい子が賢くなるにしたがっておとなしい人間に変わっていく、その様子を見ることができる、それが喜びなんです。 問題行動が多いからといって生徒にやめてほしいと思ったことは一度もありません。 問題のある行動をとる子供は学力 能力 が高まるにつれて変わります。 というか、変えていかなくてはいけません。 そこに公文式の価値があるからです。 うちの教室は週2回ですが、いつも生徒・スタッフ 5人 とぎりぎりめいっぱい真剣勝負してるつもりです。 この、ぎりぎりめいっぱいがけっこうきつい。 下手するとフルタイムの事務しごとよりよっぽどきつい。 SEしていたときの残業のほうが精神的には楽だったかも…。 「この小2の子に2分で分数の通分を理解させたい! 」とかあるわけですよ。 そのプレッシャーたるや…。 公文教室では「私 指導者 」を「生徒」にあわせていかなくてはいけないわけですから、いっぺんに生徒が質問に来たときは生徒の時間を無駄に私の都合で食わせるわけにはいかない。 だから、2分で理解してもらいたい、とかいうことが発生するんです。 2分で理解してもらうために私がすべきことはぁ…と瞬時に頭をフル回転、が数時間続いたりするんです。 疲れます。 基本的には教えないのが公文式。 だから、わかるまで待つ。 生徒自身が理解するために教えないで気づく工夫をするんです。 教えちゃったほうがよっぽど楽です。 気づかせる工夫30秒、待つこと90秒。 といった世界…。 この辺は生徒数にもよると思いますが、悠長に「これはね…」なんていってる余裕はありません。 ちなみに私の教室は全国平均より少し多いくらい、都市部だったら平均値の生徒数だと思います。 いろんな子供、保護者、指導者仲間、事務局員…います。 いやなこともそこそこあります。 急な退会届ほどへこまされることはありません。 理不尽な文句をつけてくる保護者もいます。 でも、すべては子供のためと考えることができるなら、こんなすばらしい商売にはめったに出会えるものではありません。 収入に心配がないなら、「やりがいと苦労をてんびんにかけてみようか」といった心境なのでしょうか? 私の体験から言わせていただくと、やりがいが大きい分苦労も大きいといったところでしょうか。 私にとって一番堪える苦労は保護者対応。 でも、保護者面談に力を入れるようになったら生徒数も増えてきたんですよね。 なんだかんだいっても、母は私と弟の2人を大学まで出してくれ、悠々自適の老後を過ごしております。 時々教室を手伝ってくれたりしながら…。 いまだに数学も英語も母にはかないません。 私は母のような老後を過ごすために今、教室をがんばっています。 私としては仲間になっていただきたいなぁと思いますが…。 回答というよりか、自分のことばっかし書いちゃってすいません… 学習塾の講師をしているものです。 公文式を卒業した子を教えることが多々あります。 公文式を卒業した子は大抵、最低限の学力をもっていると評価しています。 だけど、くもんの先生は大変だな~と常々思います。 男の子は大抵ギャーギャー騒いでいると思います。 もちろんいい子もいますが。 生徒数がないと成り立ちませんが、公文式は「辞めなさい、やめて欲しい」の連続だと思います。 それが辛いところです。 必死で教えているのにこどもは先生や公文を馬鹿にするこどももいます。 なぜか公文というと低く見られる傾向が昔からありましたね。 そんなこどもに必死で教えなければいけないのは苦痛になると思います。 公文に誇りを感じられない現象があるようです。 もちろん誇りを感じている子も多数いらっしゃいますが・・。 こどもが少なくなったばかりか、公文も塾もあちらこちらにできました。 それも一教室の公文の衰退に追い風となっているように思います。 こどもがたくさんいた頃(20年前)は公文は賑わっていましたが、いまは一教室の公文はどこもガラガラです。 もっとこどもの多かった時代、くもんが少なかった時代なら、収入的にも見合うものだったと思いますが、いまはどうなんでしょう?と思います。 私ならそんなに収入を必要としないなら、パートをお勧めします。 収入なんてどうでもいい、こどもたちのために働きたいんだ、という方なら公文式の先生でもいいかと思います。 こんにちは。 私、男ですが、子供の頃公文式に通っていました。 今現在の公文式のシステムが当時と同じかはわかりませんので、あくまで参考として聞いてくださいね。 恥ずかしながら、私、相当のやんちゃ坊主でした。 しかし、(じぶんで言うのも変ですが)そこまで頭が悪いわけではなかったので、問題をさっさと解いては教室内で暴れまくってました。 当時(今も?)保護者の懇談会のようなものが定期的に行われていて、そのたびに私の母親は怒られていたそうです。 基本的に子供の自主性に任せられた勉強ですので、各々の子供の性格によって全く違う指導法を要求されるみたいです。 学校や学習塾のように複数の生徒を一度に相手にするわけではないですからね。 私の個人的な意見ですが、公文式に通う子供は基本的に頭が良いと思います。 こんなんでいいですか?.

次の

[B!] ログイン

公文 ナレッジ

KUMONの「ちょうどの学習」なら• 自分のペースで学習できる 公文式は、一斉授業ではなく個人別・学力別の学習法で進めていきます。 そのため、学習に対して苦手意識があるお子さまも、どんどん学んでいきたいお子さまも、誰かのペースに合わせる必要はなく、自分のやるべきことに集中する環境があります。 「できた!」の実感が、学ぶ楽しさ、 自分の力でできる喜びを育んでいく 最初はお子さまにとってらくらく100点が取れる段階の教材から出発し、徐々にステップアップしていくことによって、自分の力で100点が取れ、できる喜びを感じることができます。 自分でできることが増えていくことでお子さまは学ぶことを楽しいと感じ、自分からどんどん学びたいという積極性がでてきます。 学年を越えて進める 開始当初は自分の今の学年相当より簡単なところから学習を始めますが、やがて学年相当のレベルに追いつき、その後はまだ学校でも習っていない学年を越えた内容を自分の力で解き進めることをめざします。 小学5年生のとき、学校での授業でわからないことをわからないと言えなくてどんどんおいていかれてしまい、友達がやっていたKUMONを私も始めることにしました。 自分のペースでできるので、わからないところもすぐに聞けて丁寧に教えてもらえるので、理解しやすかったし成績も上がりました! (あっちさん)• 私は小学3年生のときに英語の学習を始めました。 自分の学年を越えて学ぶことによって、高校1年で大学の教材まで進むことができました。 公文式で英語を学んでいたおかげで、今まで学校での英語の学習に困ったことは一度もありません。 英語が私にとって唯一の得意な、自信のある教科になりました。 やはり早いうちから学ぶことで多くの教材にふれることもでき、本当によかったです。 (あやんぼさん) KUMONが「楽しい!」の声が集まっています。 算数で満点を取ったときの嬉しさ、楽しさを感じさせてくれたのがKUMONです。 今までの学習の堅苦しさから解放してくれた先生に感謝しています。 子どもにも勉強の楽しさを感じさせたいです。 (ありんこさん)• 公文の日はとても楽しみにしていて、いつも小走りで教室へ向かいます。 「学年を越えて先に進める」という事が、面白い!楽しい!で張り切っています。 これからも楽しく通ってください。 (いちくんさん)• 一緒に通い始めたお友達も今ではよきライバルになり、お互いに「僕こんな漢字習ったよ!」「私今日は賞状もらったよ!」と、刺激し合いながら楽しく通っています。 小学生になっても仲良く頑張ってね! (Rママさん)• (あききさん) 口コミからわかるKUMONの魅力をご紹介!• 〈週2回の教室と宿題で学習習慣が身につく!〉 幼児のときから公文を始めたので毎日学習する習慣が自然とつきました。 子どもに合わせた目標設定ができるので、無理なく進めることができるのが公文の良いところだと思います。 〈無料体験学習で楽しく学ぶ!〉 通っていた友達から誘われて、最初は気軽に3~4人で体験に行きました。 学校の近くにあり通いやすくて安心ですし、先生の指導もよかったのでKUMONを選びました。 KUMONに通うようになり、子ども自身に「勉強をきちんとしなければいけない」という自覚が芽生えました。 (Kくん)• 〈仲間がいるから一緒に頑張れる!〉 「毎日教室に通いたい!」プリントが難しくなったときでも、優しく励まし応援してくれる先生たち、一緒にがんばる友達がいるから、教室が大好き。 ずっとくもんを続けてね。 ママもいつもそばで見ているよ。 (れおれんさん) KUMONの教室は年齢・学年に関係なく週2回教室にお越しいただけます。 KUMONの英語では「読む力」「書く力」はもちろん、「聞きとる力」も育ちます。 その秘密は専用リスニング機器「E-Pencil」!教材とE-Pencilがあれば、ネイティヴスピーカーの発音を、教室でも家でも気軽に聞き、学習することができます。 教室でも!• 家でも! だから、KUMONでは圧倒的に多くの時間ネイティヴスピーカーの英語にふれることができます。 その時間の積み重ねが、英語を「聞きとる力」につながるのです。 耳でたくさん英語にふれることは、英語に慣れ親しみ、英語を聞きとる力をつけ、無理なく話せるようになるための土台として、とても大切なことです。 いつでも英語にふれられる環境は、英語上達の近道となります。

次の