木下 優樹 菜 恫喝。 木下優樹菜(ユッキーナ)タピオカ恫喝事件まとめ!姉の店の場所はどこ?

木下優樹菜、タピオカ店主へ恫喝メール、脅迫罪の可能性も…テレビ各局、一斉に起用自粛の動き

木下 優樹 菜 恫喝

木下優樹菜 タレントの 木下優樹菜が窮地に陥っている。 事の発端は、タレントの木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 事務所を持ち出した代償 今回の木下の行動について、弁護士法人ALG&Associates執行役員の山岸純弁護士は「脅迫罪が成立する可能性はゼロではありません」と指摘するが、スポーツ紙記者はいう。 「木下は所属事務所からこっぴどく怒られたみたいです。 木下が店のオーナーに送ったDMには『事務所総出でやりますね』という記述があり、事務所からすれば木下の個人的なトラブルに勝手に名前を使われて、まるで事務所が日頃から恫喝まがいな方法を使っているように世間から思われかねない。 木下一人の問題ではなく、会社全体のスキャンダルに発展しかねず、しっかり謝罪させたのでしょう。

次の

木下優樹菜が藤本敏史と離婚!海外逃亡?姉のタピオカ店恫喝DMの内容!

木下 優樹 菜 恫喝

木下優樹菜のタピオカ恫喝事件まとめ ・2019年7月頃、姉の木下さやかがタピオカドリンク店で働き始める ・木下優樹菜が、姉のさやかがタピオカドリンク店をオープンしたとインスタグラムで告知(実際は、姉は一従業員にすぎない) ・店にはフジモン、木下優樹菜のファンが殺到し繁盛したが、店長としては想定していた客層と違うなど困惑。 また店の備品が紛失していることを姉の木下さやかに心当たりはないか聞いた。 ・姉のさやかは、『窃盗の犯人扱いされたこと』また『給料が渡されず、給与明細も貰っていない』ことを木下優樹菜に相談。 ・木下優樹菜は、インスタグラムで50代店長を非難、ファンもタピオカドリンク店のコメント欄に中傷コメントで荒らす ・タピオカドリンク店の店長が事の経緯を説明し、木下優樹菜から送られてきたDMを公開。 ・DMの内容があまりにも幼稚なため、木下優樹菜が非難を受ける(ブーメラン) 事件の発端となったのは、木下優樹菜さんが 『姉のさやかさんがタピオカ店のオーナーとしてオープンしたかのように』宣伝していたことです。 実際は、 木下優樹菜さんの姉であるさやかさんは一従業員であり、50代の女性オーナーの100%出資によってタピオカドリンク店は開業されました。 ところが、木下優樹菜の姉である『さやかさん』は、 「そもそも、一緒に経営をするというような誘い方をされた」と話しており、店舗オープン前に、妹の木下優樹菜さんに『友人とタピオカ屋をやる』と伝えてしまっていました。 このことが、姉のさやかさんがタピオカ店をオープンすると優樹菜さんが告知してしまった原因のようです。 ところが、一度は 木下優樹菜のお姉さんが経営するのタピオカ店と告知されてしまったがゆえに、木下優樹菜のファンが多く訪れ、週刊新潮が取材にも来るようになりました。 この週刊誌の取材や、木下優樹菜さんの名前で告知されてしまったことに、オーナーである50代女性は、次のように語っていたようです。 『優樹菜ちゃん、軽はずみな行動を取ったね』 木下さやかさんは、そのことでオーナーとその母親に謝罪したそうですが、最終的には次のような回答で、一時は一件落着したようです。 『雑誌なんて載りたくても載れるものじゃないし、売れてナンボなんだから大丈夫だよ!』と言い、優樹菜の宣伝についても嫌がっている様子はまったくなかった。 引用:週刊文春 しかし、またオーナーと木下さやかさんの間で意見の食い違いが起こります。 2019年8月30日、木下さやかさんは、オーナーから『今月、ほとんど私1人でやるのキツかったから、来月からは日数多めに出勤して欲しい』と言われたそうです。 このとき、木下さやかさんは オーナーから『共同経営なんだから、負担も半分にしなきゃ』と言われたそうです。 実は、2019年7月31日に木下さやかさんは『時給1000円』で、子育てもあるので『17時までしか働けない』『人が足りない時のパートとして働く』ことを事前協議していたそうです。 ここでまた【共同経営なのかどうか】という点で意見の食い違いが起こりました。 2019年9月2日に、木下さやかさんは夫も同席の上で、店舗オーナーと話し合いをし、結果的に退職することになったそうです。 ところが、「あいまいなまま」木下さやかさんは、2019年9月3日にも出勤したそうです。 2019年9月14日、木下さやかさんはオーナーに店の合鍵を返した際に、9月3日に 『8月分の給料をいつでもいいので取りに来て下さい』と連絡を受けていたこともあったので、給料が入っていないことを伝えました。 すると、オーナーからは 『今日、渡すって言っていないよね?』と言われ、木下さんが『もういりません』と伝えると、後日振り込みますという連絡が入ったそうです。 そのときのやりとりのスクショがこちらです。 このLINEでのやりとりを見ていると、お互いに言葉足らずの部分があり、信頼関係は破綻してるんだろうと見て取れます。 こんな適格な指摘もありました。 まず疑問に思ったら電話するなりするべき。 文でやりあうから、こんなすれ違いがおきる。 店長も店長で、警察にみんなに聞いてと言われたから一応形だけで聞くけど、知らない?とか。 本当にお互い一言足りないから、こうなると思う。 そして、給料の話も振込したから、明細書は取りに来てくれないか。 と言うべき。 全てが全て、ゆきな家族に非があるんけでもない。 冷静に考えて、自分もいきなり店長から聞かれたら、疑ってるの?て思いたくなる。 しかし、このように大人なら、冷静にお互いに否があるを諭すべきですが、姉のサヤカさんから聞いた話をすべて鵜呑みにしてしまった、 木下優樹菜さんは、感情的になり暴挙にでます。 その1つが、木下優樹菜さんがインスタグラムで、木下さやかが被害者であることを拡散したコメントです。 このコメントにより、ファンがタピオカ店のコメント欄を荒らすことになりました。 そして、木下優樹菜さんの暴挙の2つ目は、今回の問題となっている 『タピオカ店の店長に送ったとされるDM』です。 DMの内容が、『脅し(恫喝)』とも取れる内容であり、芸能人としてイチ母親として人格を疑わざるを得ない内容であると世間が疑問を抱く結果となりました。 木下優樹菜さんのやり方は幼稚であり、影響力があるからこそ、非難されて当然かも知れません。 正直、 思春期の中学生レベルの発言内容で驚きましたし、ショックでした。 しかし、タピオカ店がオープンして間もない頃から繁盛できたのは、『木下優樹菜』の紹介があったからなのは間違いありません。 だからこそ、木下優樹菜さんの立場に立つと、自分の影響力を使って応援してきたのに、自分の姉が不当な扱いを受けたと聞いて、怒る気持ちも分かります。 店舗オーナーは、『宣伝して』と頼んでいない!全て勝手にやったことだと主張しています。 もちろん、木下優樹菜さんが行った行為(DMとインスタでの営業妨害)は、決して許されることではないです。 しかし、『インスタグラムで勝手に宣伝されて、勝手にオーナーぶられて、勝手に荒らされた!』と被害者ぶるのは簡単ですが、それは『虫が良すぎる』というか『ちょっとズルいな』と感じました。 従業員ときちんとコミュニケーションを取れずに起こった事態を、すべて一方的に木下優樹菜さん姉妹が悪かったとするのは、少しずれてる気がするのです。 もともとは、 店舗オーナーと木下さやかさんは、ママ友だったようで、木下さんが家庭内のストレスなどから精神的に疲弊していた様子を見て、少しでも気晴らしになればと『タピオカ屋オープンするから一緒に働く?』と声をかけたそうです。 なので、 店舗オーナーさんは非常に心優しい方だと思います。 その優しさが『一緒にやろう=共同経営』と錯覚させてしまったのかと思います。 青山テルマさんも開店時にはお花を送ってくれた 木下優樹菜さんがそもそも『一般人の姉の店』を芸能人パワーを使って宣伝したことが間違いの始まりかもしれませんね。 結果的には、余計なことに首を突っ込んだせいで、本性を世間に晒すことになり、芸能人としての評判を下げることにつながってしまったのですから。 木下優樹菜のタピオカ騒動で口止め要求してた!? 木下優樹菜さんがタピオカ店経営者に送った『恐喝DM』が公になった直後に、『口止め』もしていたことが明らかになり、話題になっています。 そのDM内容と言われているのが、こちらです。 恐喝DMを送った人の言葉遣いとは到底思えないのですが、事務所の人が文章を作ってくれたのでしょうか? 木下優樹菜(ユッキーナ)姉のタピオカ店の場所はどこ? 木下優樹菜さんの姉が勤めており、今回話題となったタピオカ店はどこにあるのでしょうか? タピオカ店の住所は、小岩駅から徒歩10分くらいですね!• 住所:〒133-0057 東京都江戸川区西小岩3丁目27-16-103• 営業時間:10:00〜19:00(日曜定休)• アクセス:JR小岩駅から約800m ちなみに、タピオカドリンク自体は評判が良いようですね。 さらに、持ち帰られるように『ジップ付きの容器』で販売していることは、かなり好感が持てます。 氷入りの容器だと、その場で飲みきらきゃいけないし、お土産として持って変えるのは難しいですからね! 最近は、タピオカゴミが問題にもなっていましたが、ジップ付き容器だとゴミの量も少ないし、邪魔でその辺にポイ捨てする人も減るかもしれません。 木下優樹菜さんの影響力なしで、これから気温が下がって寒くなる季節に、どこまでお店を経営していけるか? これからようやく実力を発揮できるとも言えますね。 まとめ:木下優樹菜(ユッキーナ)タピオカ恫喝事件まとめ!姉の店の場所はどこ? 今回は、木下優樹菜さんの姉が働いていたタピオカ店と、恫喝事件についてまとめてご紹介しました。 2019年12月31日には、木下優樹菜さんと夫のフジモンさんが離婚したことが報道されました。 このタピオカ騒動だけが原因とは言えませんが、大きなキッカケになった可能性はありますよね。 そのため『タピオカ離婚』だなんて名前もつけられてしまったようです。 ちょうど年の節目に離婚という形になりましたが、2020年は関係者・当事者がより活躍できる1年になることを願っています。 今日、初めてこの出来事を知りました。 昨今、あらためて書面化の重要性を感じる一件ですね。 共同経営かどうか、そもそもここが一番のポイント。 このページ記事しか見てませんが「あいまいなまま」のさやかさんの理解と感じます。 共同「経営者」ってなると一般人では人生の転機ともなりえますよね。 経営に携わるのと一従業員とでは雲泥の差ですから。 公的文書の交わしはなかったように思われるので 「共同経営」と言ったからにはその言葉内容の意味を オーナー側はさやかさんが明確に理解できるよう伝えないといけません。 さやかさん側にもこの部分をアドバイスする人間はいなかったのでしょうか。 すべてオープン前にやるべきことだったと考えます。 後々の泥沼劇への感想はここのサイト主と同意見です。

次の

木下優樹菜タピオカ店”恫喝DM”騒動 渦中の実姉が新証言

木下 優樹 菜 恫喝

タレントの木下優樹菜が姉の働くタピオカドリンク店のオーナーに対し、インスタグラム上のDMで威圧的なメッセージを送ったことがバレてしまい、現在、批判の的となっている。 「もともと木下の姉はこのタピオカ店のオーナーと、木下のインスタグラムでの宣伝文や週刊誌では紹介されていましたが、この件で実は従業員だったことが判明しました。 また、それが原因でオーナが激怒したようなのですが、それに木下が逆ギレ。 恫喝まがいのメッセージを送ってしまったようです。 また、オーナーが、木下の姉が合鍵を持ち出したり、店の物がなくなる事件もあったと告白していたこともあり、逆に木下側が追い詰められるという形になったようです」(芸能記者) 木下がオーナーに送ったメッセージでは「事務所総出でやりますね」「週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、ちゃんとしないと立場なくなるよー」「覚悟決めて認めなさい(ハート)おばたん(ハート)」といった、威圧的な文が並んでおり、かなり衝撃的なもの。 このメッセージが拡散されたことで、その後木下はインスタグラムに謝罪文を掲載。 事態は収束した……と言いたいところなのだが、まったく収束せず。 むしろ、悪化してしまっているのだ。 「木下は謝罪しましたが、この事件の余波なのか、木下が夫のFUJIWARA・藤本敏史と一緒に出演しているキッチン用洗剤のCM映像が、発売元の公式サイトからすぐさま抹消されるという事態が発生。 苦情が来たのか、苦情が来る前にと削除したのかはわかりませんが、やはり仕事への影響はあったようです。 また、まさかの藤本の方にも影響があったようで、AmebaTVでの冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』が『諸事情で放送中止。 AbemaVIdeoでも一覧から削除させていただきます』というアナウンスがされてしまったんです。 これには、ネットも騒然。 『干される前に嫁のせいで干された!』『コメント欄が嫁のことで荒れるからか?』という声が殺到していました」(同) 妻の強めの言動に耐えている夫が売りだった藤本。 だが、今回ばかりは、木下を怒ってもいいのではないだろうか?.

次の