ポケモン 販売。 ポケモンGOのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

ポケモンGOのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

ポケモン 販売

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年3月) ポケットモンスター 赤・緑 ジャンル 対応機種 開発元 発売元 販売元 任天堂 、川口孝司、 田尻智 田尻智、たにぐち りょうすけ、、 太田健程、、渡辺哲也、 音楽 増田順一 美術 、、、森本茂樹 シリーズ 人数 1人(通信時2人) メディア ゲームボーイ専用カートリッジ(4Mbit) 発売日 1996年2月27日 1998年9月28日 1998年10月23日 売上本数 約822万本(赤は約418万本、緑が約404万本) 赤・緑・青の3バージョン: 約3137万本 その他 とによるセーブデータの機能搭載 対応 『 ポケットモンスター 赤・緑』(ポケットモンスター あか・みどり)は、(平成8年)にから発売された用 『 ポケットモンスター 赤』と『 ポケットモンスター 緑』の総称である。 この項目では、『ポケットモンスター 赤』と『ポケットモンスター 緑』および、これらの別バージョンである『 ポケットモンスター 青』(ポケットモンスター あお)と『 ポケットモンスター ピカチュウ』を扱う。 本作のリメイクについては、『』を参照すること。 用版については、後述する「」の節を参照すること。 概要 『ポケットモンスター 赤』と『ポケットモンスター 緑』はの1作目であり、カードゲームやアニメなどの関連商品やメディアミックスを含めた『』(ポケモン)の名を冠する最初の作品である。 パッケージのは、『赤』が 、『緑』が。 このゲームの主な目的はすべてのポケモンを集めてを完成させることであり、それに付随するシナリオとして、ライバルとの競い合い、悪の組織との戦い、各地のポケモンジムへの挑戦、勝利の証であるを8つ全てを手に入れる、全てのバッジを手に入れた者だけが進めるポケモンリーグで四天王との対決という、一連の流れがある。 このシナリオのプロットは『』までほぼ同じ形で共通しており、最初の作品でありながらもすでに『赤・緑』の時点で基礎が出来上がっていたといえる。 『赤』と『緑』の主な違いは特定のポケモンの出現率、出現するポケモンの種類の2点で、シナリオやテキストに違いはない。 後述の別バージョン『青』『ピカチュウ』も含め、の『』シリーズすべてに対応している。 『赤』、『緑』という色は、主人公が最初の1匹を選ぶため提示される3種のポケモンがそれぞれ「ほのお」「みず」「くさ」タイプのポケモンであることから、その中の炎、草をイメージする『赤』と『緑』が選ばれた。 選択の経緯について田尻智は寒色である青を外したと語っているが、書籍によっては任天堂のキャラクターであるマリオとルイージに因んでいるともされる。 なお、この3タイプから1匹目を選ぶ導入は以降のシリーズに踏襲されている(後述の『ピカチュウ』版が唯一の例外)。 最初のポケモンは、、、。 なお、本作を『赤・緑』とバージョン分けしているのは最初に発売された日本だけであり、海外では『赤・青』の2バージョン(例えば英語版では『RED・BLUE』)で発売されている。 海外版『BLUE』の内容は日本語版の『緑』に準じている。 「ポケモンの種類の多さをとるか」「ポケモンにニックネームを付けられるようにする方をとるか」という選択に関し、スタッフ達の間で意見を募集したところ、ニックネームを採用した方が良いと言う声が多く上がった。 そのため、ニックネームを付けられるシステムを採用したが、これが容量を圧迫することとなり、当初は登場するポケモンの数が100匹以下まで大幅に削減されてしまった。 しかし、その後、容量の増加が確保され、151匹まで出せるようになった。 一方、容量が増加したことで、本来であれば300匹ほどまでポケモンの数を確保することも可能であったが、他の要素も拡張したいというスタッフの意向から、最終的には151匹に纏まった。 基本的な部分は同じながらも一部内容が違うゲームソフトを2バージョンに分けて発売するという手法を用いたのは、本作が初となる。 2つのバージョンに分ける意味づけとして、「異なるバージョン同士で通信をしないと全てのキャラクターが手に入らない」「通信交換で姿が変化するキャラクターがいる」という点などが挙げられる。 ソフトの売り上げを伸ばす策略として、以後同じようなシステム、販売方法を採用したゲームが登場した。 発売初週の出荷数は『赤・緑』合計で23万本程度だったが、翌年以降からアニメなどのメディアミックス化の影響で長期的ブームとなりロールプレイングゲームにおいて、販売本数世界一を記録した。 この圧倒的な売り上げにより、終わりに向かっていたゲームボーイ市場は上向きとなり、携帯ゲーム機市場そのものが復活した。 また、これにより後の、と新たなプラットフォームが誕生することになる。 非常にバグが多いことでも有名であり、特殊な操作方法でミュウを出現させる裏技や、ポケモンのダミーデータである(欠番)を出す裏技などインターネットが浸透していない時代にも関わらず、全国的に噂が広まりよく知られていた。 発売から長い年月が経過した現在でも初代ポケモンのバグを探す好事家は多数存在し、バグを利用してゲーム設計を逸脱する試みも行われ続けている。 2017年には、アメリカニューヨーク州ロチェスターにある国立ストロング博物館が発表するビデオゲームの殿堂『World Video Game Hall of Fame』に選出され、殿堂入りを果たした。 ゲームシステム 基本的なゲームシステムについては「」を、登場するポケモンについては「」を参照 ポケットモンスターシリーズの根幹を成す「 収集・育成・交換・対戦」はすでに本作の時点で完成しており、最新作まですべての本編シリーズに受け継がれている。 またストーリー面でもポケモン図鑑を貰い、それを完成させつつ各地のポケモンジムを攻略していく、またその道中で悪の組織と対峙していき、その悪事を食いとめるという大まかな流れは完成しており、ポケモンジムが以降は試練に変わるという変更はあったものの概ね最新作までその流れは受け継がれている。 ゲーム自体はオーソドックスなのシステムを採用しており、フィールドでは民家に出入りしたり人物と話をしたりすることで、シナリオを攻略するための情報やアイテムを入手することができる。 また丸い球状のオブジェクトはアイテムで、これらを拾い集めるのも攻略の一環である。 戦闘画面では向かい側の自分と向こう側の相手のポケモンが斜めに対峙する形になっており、「たたかう」「どうぐ」「ポケモン(交代)」「にげる」のコマンドを駆使して切り抜けていく。 フィールドの草むらや洞窟を歩いていると野生のポケモンとの戦闘が発生することがある。 また、トレーナーに話しかけたり彼らの視界に入ったりすることでトレーナーとの戦闘が発生する。 どちらも同じバトルではあるが、後者は「にげる」ことができず勝利した場合には賞金が貰えるという特徴がある。 野生ポケモンとの戦闘では「どうぐ」コマンドからなどのボールを使うことで、野生ポケモンを捕獲し自分の仲間にすることができる。 仲間にしたポケモンは、ゲーム内イベントで人からもらったポケモンと同じように育成や交換が可能。 ポケモンの能力値 ポケモンの能力をあらわすパラメータは、「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「すばやさ」「とくしゅ」の5項目が存在する。 「HP」は体力を表し、0になると瀕死状態(戦闘不能)となる。 「こうげき」は物理攻撃力、「ぼうぎょ」は物理防御力を表す。 「すばやさ」は行動順を決め、値が1でも上回っているほうが先に行動できる。 また攻撃が急所に当たる(クリティカルヒット)確率にも関わる。 「とくしゅ」は特殊攻撃力と特殊防御力の両方を兼ねている。 ステータス画面で実際に見ることができる前述の5つの能力値は、3つの要素とレベルから算出された最終的な数値で、3つの要素とはそれぞれ、「ポケモンの種類ごとの能力」「生まれつきの強さ(つまり個体差)」「きそポイント(基礎ポイント)」を指す。 ポケモンの種類ごとの能力はポケモン1種類ごとの能力を数値化したもので、例えばの「こうげき」が高く「すばやさ」が低いのは、「こうげき」のポケモンの種類ごとの能力が130、「すばやさ」のポケモンの種類ごとの能力が40に設定されているからである。 ただしこれは能力の傾向とでもいうべきものであって、個体差と基礎ポイントにより実際にステータス画面で見られる能力値はさまざまである。 なおミュウを除いたすべてのポケモンのこのパラメータが、『任天堂公式ガイドブック ポケットモンスター』および『任天堂公式ガイドブック ポケットモンスター 赤・緑・青全対応 改訂版』など小学館が発行した任天堂公式の攻略本に記載されていたが、『』発売以降に出版されたポケットモンスターシリーズの公式攻略本では数値は記載されず、大まかな能力の傾向のみが掲載されるに留まっている。 生まれつきの強さはポケモンの個体差を表す数値で、「こうげき」「ぼうぎょ」「すばやさ」「とくしゅ」の4項目それぞれに存在する。 「HP」の生まれつきの強さは、前述の4項目の値から算出される値のため、独立した項目としては存在しない。 ゲーム中でポケモンを入手したときのこれらの値は乱数であり、4項目すべての最高の素質を持ったポケモンもいれば、すべて最低の素質しかないポケモンもいる。 例えば、オーキド博士からもらったばかりのレベル5のヒトカゲのステータス画面での数値が、HP:19 こうげき:10 ぼうぎょ:9 すばやさ:12 とくしゅ11の場合もあれば、HP:20 こうげき:11 ぼうぎょ:10 すばやさ:13 とくしゅ10の場合もあるのは、この値がそれぞれ違っているからである。 隠しパラメータではあるが、ゲーム内で手に入れたばかりのポケモンであればレベルと現在の能力値を元に内部パラメータの計算式を利用することで間接的に確認することができる。 基礎ポイントは、ポケモンの5つの能力それぞれに独立して存在する能力ごとの経験値とでもいうべき要素。 ゲーム内で人からもらったり捕まえたばかりのポケモンは5項目とも例外なく0だが、戦闘で相手のポケモンを倒して経験値をもらうたびに、その都度倒したポケモンの「種類ごとの能力」5項目それぞれと同じ値を自分の5つの能力にそれぞれ対応する基礎ポイントとして蓄積する。 基礎ポイントが蓄積されると、レベルが上がったときの能力の伸びが大きくなる。 またポケモンをパソコンに預けるだけでも、基礎ポイントは能力値に反映される。 「こうげき」の高いポケモンを倒すと「こうげき」が伸びやすくなるといったような、攻略本ではよく見られた解説は、この仕様をぼかして表現しているものである。 生まれつきの強さについては「同じ種類のポケモンでも捕まえるたびに能力が違う」というの台詞で、基礎ポイントの効果については、「野生のポケモンよりも人が育てたポケモンのほうが強い」というNPCの台詞で存在が示唆されている。 基礎ポイントという単語は本作の時点で説明書とゲーム中でも直接登場するが、具体的な定義までは後のシリーズの公式ガイドブックで解説されるまでは公式には公表されていなかった。 当時でも、『赤・緑・青・ピカチュウ』や『ポケモンスタジアム』の任天堂公式ガイドブックでは、「同じレベルでも、そこに至るまでの戦闘回数が多ければ多いほど能力はよく伸びる」「ゆえに経験値の少ないレベルの低いポケモンを大量に倒し、対戦ルール規定のレベルまでに能力を高めたほうがいい」といった解説は見られた。 これらの能力に関する仕様は一部の変更がありつつも続編の『金・銀・クリスタルバージョン』まで採用されたが、その次のシリーズである『』『ファイアレッド・リーフグリーン』では、全般的な仕様の変更が施されている。 IDNo. IDNo. (アイディーナンバー)は、プレイヤーデータに割り振られるセーブデータ固有の番号で、ゲームを「さいしょからはじめる」で新規にプレイしたときに、00000から65535までの中からランダムで1つが割り振られる。 これをゲーム中で変更する手段は一切ない。 また、所持しているポケモンすべてにもこのIDが記録されており、通信交換以外のゲーム中で自分で手に入れたポケモンにはこのプレイヤーのIDが記録される。 このポケモンに記録されたIDがプレイヤーのID(トレーナーID)と同じ場合には自分で捕まえたポケモンと判別され、違っている場合には人からもらったポケモンと判別される。 人からもらったポケモンは戦闘で得られる経験値が1. 5倍になるメリットと、バッジ(後述)を持っていないということを聞かないというデメリットがある。 ジムリーダーとバッジ 詳細は「」を参照 舞台となるを含め、ポケモンの世界の地方には、「ポケモンジム」と呼ばれるポケモントレーナーの修行場が8つあり、そこには「ジムリーダー」と呼ばれる強敵が存在する。 「バッジ(ジムバッジとも呼ばれる)」は、ジムリーダーに勝利した証となるもので、入手するとさまざまな効果があり、特にシナリオ進行に深くかかわっている。 「ひでんわざ(秘伝技)」と呼ばれるフィールドで使用可能なポケモンの技の使用条件を決めるのがこのバッジで、例えば、秘伝技「なみのり」で海の上を渡らないとシナリオを進めることができない状況であるにもかかわらず、「なみのり」のフィールドでの使用条件でもある「ピンクバッジ」を持っていない場合は、このバッジをもらうために特定のジムリーダーを倒さなければならない。 また、バッジは通信交換で入手した「おや(そのポケモンを捕まえたトレーナーのIDNo. )」が違うポケモンに命令を聞かせるという効果があり、例えば、「交換したレベル30以上のポケモンが、必ずいうことを聞くようになる」という効果の「ブルーバッジ」を持っていない状況で、レベル30以上のポケモンを戦闘に出した場合、「そっぽを むいた」「ひるねを はじめた」といった反応をして、命令に背き技を出さないで1ターンを無為に過ごすということが起こる。 ストーリー ミュウを除いたすべて(150種類)のポケモンを捕まえてポケモン図鑑を完成させることを目指す、ひとりの少年とそのライバルの物語。 続編全てに共通するこのストーリーについて石原恒和は、「少年のひと夏の冒険」という、いわゆる多感な思春期の冒険譚というコンセプトから生まれたものだと語っている。 旅立ちは自宅から始まるが、このときテレビからは映画「」を連想させるような場面が流れており 、それを眺めた主人公は旅立ちへの決意を新たにする。 やがて主な目標が「ポケモンリーグ」で勝ち進むことに定まっていき、旅の目的として8つのポケモンジムを巡りリーグ出場資格を得るということも兼ねるようになる。 登場人物 詳細は「」を参照 舞台となる「カントー地方」はをモチーフとしており、町の名前は色の名前に由来している。 カントー地方という単語自体は、ゲーム中で道具「タウンマップ」を手に入れる前に一度目にする機会があるのみであり、地方という概念が広まったのは、続編の『金・銀』が発売されてからである。 音楽 発売日 タイトル 1997年11月1日 1998年7月18日 「ポケモンひけるかな? 」 2016年4月27日 ポケモン 赤・緑 スーパーミュージック・コレクション ポケットモンスター 青 ポケットモンスター 青 ジャンル ロールプレイングゲーム 対応機種 ゲームボーイ 開発元 ゲームフリーク クリーチャーズ 発売元 任天堂 販売元 任天堂 宮本茂、川口孝司、石原恒和 田尻智 田尻智 田尻智、たにぐち りょうすけ、野々村文宏、陣内弘之 太田健程、森本茂樹、渡辺哲也、増田順一、玉田 荘介 音楽 増田順一 美術 杉森建、にしだあつこ、藤原基史、森本茂樹、太田敏、吉川玲奈 シリーズ ポケットモンスター 人数 1人(通信時2人) メディア ゲームボーイ専用カートリッジ(4Mbitロムカセット) 発売日 1996年10月15日(通信販売) 1999年10月10日(一般販売) 売上本数 201万本(出荷本数) その他 揮発性メモリとコイン型リチウム電池によるセーブデータのバッテリーバックアップ機能搭載 通信ケーブル対応 『ポケットモンスター 青』は、『赤・緑』の別バージョンの1つである。 パッケージのポケモンは、。 『赤』と『緑』の違いと同じように、『青』もポケモンの出現率と出現するポケモンの種類が前述の2バージョンとは異なるが、それに加えてオープニングシーンの一部、図鑑のテキスト、ポケモンやフィールドのグラフィックデザイン、メッセージウィンドウ、NPCとのポケモン交換イベントが異なる。 特に出現するポケモンの違いについては顕著で、『赤・緑』ではNPCとの交換でしか手に入らない、やなどのポケモンが野生で出現する。 また、捕獲が難しかったは交換イベントで手に入るようになっており、能力の高い個体を手に入れる際には重宝する。 上記以外の相違点として、クリア後に入れるダンジョン「ななしのどうくつ」の内部構造が独自のものになっている。 『青』は当初一般販売はされず、2回にわたっての『』『』『』(小学一年生から小学六年生まで)の計8誌の通信販売限定という形で販売された。 価格は送料、消費税込みで3,000円。 1回目は小学館側の想定をはるかに超える注文が殺到し、受注発送システムはパンクしたとされる。 この人気を受け、第1回からの8誌に加え『』『』『』『』を追加した12誌に拡大した2回目の通信販売を行う。 前回の代金未収などのトラブルもあってか、今度は受け渡し場所がにされた。 これらの限定販売を経て、1999年10月10日に3,000円(税別)で一般販売が開始された。 一般販売されたものには、パッケージ裏面にバーコードがあるが、通信販売されたものにはなく、代わりに「小学館」の文字が入っている。 ポケットモンスター ピカチュウ ポケットモンスター ピカチュウ ジャンル ロールプレイングゲーム 対応機種 ゲームボーイ 開発元 ゲームフリーク クリーチャーズ 発売元 任天堂 販売元 任天堂 宮本茂、川口孝司、石原恒和 田尻智 田尻智 田尻智、たにぐち りょうすけ、野々村文宏、陣内弘之 太田健程、森本茂樹、渡辺哲也、増田順一 音楽 増田順一 美術 杉森建、にしだあつこ、藤原基史、森本茂樹 シリーズ ポケットモンスター 人数 1人(通信時2人) メディア ゲームボーイ専用カートリッジ(8Mbitロムカセット) 発売日 1998年9月12日 1999年9月3日 1999年10月18日 2000年6月16日 売上本数 約312万本 1464万本 その他 揮発性メモリとコイン型リチウム電池によるセーブデータのバッテリーバックアップ機能搭載 通信ケーブル対応 対応 『ポケットモンスター ピカチュウ』は、劇場版ポケットモンスター第1作『ミュウツーの逆襲』の公開記念として発売された、『赤・緑』の別バージョンの1つである。 それを表すようにパッケージの側面には「ピカチュウ・ザ・ムービー」のロゴがある。 パッケージのポケモンは、タイトル通り。 開発段階での仮称は『ポケットモンスター 黄』(英語版のタイトルは『Pokemon Yellow』で対応ソフトとして発売 からの逆輸入的要素がある、同シリーズでは異例の作品となっている。 上記のように、一般には映画公開としての発売とされているが、当時のコロコロコミックに掲載された告知では、『ポケットモンスター 金・銀』延期のお詫びという側面も兼ねて製作されたとされている。 アニメ版に即し最初に貰えるポケモンがピカチュウになり、冒険の途中でフシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメも手に入る。 また、ポケモン達のグラフィックが「アニメ塗り」調になったのを筆頭に、図鑑説明文、交換イベントなどが全て新しくなっている。 特に図鑑説明文では、低年齢層の者を意識して「…よ」等、文面が軟化している。 登場人物の外見や台詞、手持ちポケモンはアニメ時のものであったり、それを意識した内容に変更された。 さらに、ピカチュウをはじめ数種類のポケモンはレベルアップや技マシンで覚える技に追加や変更があり、多くは『金・銀』以降にも反映されている(例として、ピカチュウがレベルアップで「10まんボルト」を覚えるようになったり、リザードンが秘伝マシンで「そらをとぶ」を覚えられるようになったりしている)。 また、『赤・緑・青』にあったバグの多くが修正されている。 特徴 本作の冒頭で主人公の仲間になるピカチュウには以下のような特徴がある。 なお、これらの特徴があるのは、ゲーム冒頭でからもらったもののみ。 通信で他のピカチュウを送り込んでも普通のポケモンと同じ扱いである。 また、野生のピカチュウは出現せず 、通信交換せずにピカチュウを複数手に入れることはできない。 主人公が手に入れたピカチュウはと同様に、 モンスターボールには入らず主人公の後ろに付いてくる。 移動中はいつでも話しかけられる。 プレイヤーの行動次第で上下する「ごきげん」や「なつき度」、そのほかイベントによって表情が変化する。 「なつき度」の要素が組み込まれた初めてのポケモンである。 ちなみに『金・銀』からは、すべてのポケモンに対してなつき度が存在するようになった。 アニメ版のピカチュウのであるの声がゲーム内ピカチュウの鳴き声として用いられている。 状況に応じて何種類もの声が聞ける(その他のポケモンは従来の作品同様である)。 なお、図鑑では従来と同じ声になっている。 『』『』でこのピカチュウを使用すると、同様に鳴き声が大谷の声になる。 通常のピカチュウの場合は他のポケモン同様、リアルにアレンジされた従来通りの鳴き声となる。 また、「なみのり」で使われるサーフボードのデザインも違う。 「かみなりのいし」を使って に進化させることは出来ない。 やはりアニメ版のエピソードに由来。 通信で他のデータに転送すれば進化させることは可能だが、その場合元のデータに戻してもそのライチュウは普通のポケモンと同じ扱いである。 本作では表示・効果ともに無いが、「でんきだま」(ピカチュウの特殊攻撃力を2倍にするアイテム)を持っていることが『金・銀・クリスタル』バージョンに送ることで明らかになる。 最初に貰ったピカチュウである必要はない が手持ちにいれば、ミニゲーム『ピカチュウのサマービーチ』がプレイ出来る。 また、水辺でなみのりを使用するとサーフボードに乗ったピカチュウのアイコンで水上を移動できる。 通常、ピカチュウは「なみのり」を覚えられないが、キャンペーンで配布されていたり、『ポケモンスタジアム』のボーナスイベントで習得できる。 ライバル、ジムリーダーから一般トレーナーまで、一部ではあるが、手持ちや技構成が変わっている。 特にジムリーダーや四天王のポケモンは技マシンで習得する技を多く覚えている。 『赤・緑・青』では主人公が選んだポケモンに有利なタイプのポケモンを必ず選んだライバルだが、今回、最初のポケモンはイーブイであり、ライバルとのバトルの結果でどのポケモンに進化するかが決まる。 アニメ版のロケット団員「ムサシ」と「コジロウ」の姿をした団員が登場する。 繰り出すポケモンもアニメの手持ちと同じものである。 周辺機器「」に接続して、ゲーム中のポケモン図鑑や手持ちポケモン、ミニゲームのハイスコアが印刷出来る。 通信対戦のルールが追加され、通常の「コロシアム」の他に「コロシアム2」を選択することが可能で、『ポケモンスタジアム』のルールに即した対戦が行える。 幻のポケモン「ミュウ」 詳細は「」を参照 151番目のポケモン「ミュウ」はゲーム中にて、その名前と発見された場所、の親であることが明らかとなっていたが、ゲームを正規の手順でプレイしているだけでは決して目にすることのない隠しキャラクターである。 しかし発売からおよそ1ヶ月半後、1996年4月15日発売の誌上にて幻のポケモン「 ミュウ」のイラストとタイプが公開され、抽選で20名にこのミュウをプレゼントすることが告知された(この時7万8千通の応募があった)。 これを皮切りに同年7月15日発売の月刊コロコロコミックにて再度プレゼントの告知がなされた。 この時の当選者数は100名で、応募数は8万通以上であった。 その後も幾度かミュウの配布は行われ、1997年にで開催されたNINTENDOスペースワールド97では、抽選で当選した10万名にプレゼントするという大規模な配布も実施された。 ポケモンスタジアムとの連動 NINTENDO64専用ソフトとして発売された『ポケモンスタジアム』シリーズは本作との連動をある意味前提とした内容となっており、特にメインの要素である対戦モードでは本作で育成したポケモンを出場させることができる。 その他にもGBカートリッジのセーブデータに記録されている手持ちのポケモンとボックスに預けてあるポケモンを整理したり、所持しているアイテムをスタジアムのカートリッジに移動して保管することもできる。 基本的に本作には続編である『金・銀』以降の作品と異なり、ゲーム内で入手したアイテムを他のカートリッジと直接やり取りする手段は一切存在しない。 そのため、所持数の表示はされるにもかかわらず「マスターボール」や特定の「わざマシン」のように1つのセーブデータで1つしか手に入らないアイテムは、使ってしまえばそのセーブデータでプレイしている限りは二度と使うことはできなかった。 しかし、『ポケモンスタジアム金銀』の発売以降は同作のアイテム整理機能「カラーケース」(『赤・緑・青・ピカチュウ』用の機能)を使うことで、間接的に他のカートリッジとの消費アイテムなど の移動が可能になった。 『ポケモンスタジアム』と『ポケモンスタジアム2』でもアイテム自体は預けられたものの、IDNo. が異なるセーブデータでは預けたアイテムを引き出せず、他のセーブデータとのやり取りには使えなかった。 金・銀・クリスタルとの連動 後に発売されたポケットモンスター金・銀・クリスタルバージョンではポケモンの通信交換に上位互換性が実装され、金・銀から新たに追加されたポケモンや技が無なければ、ある程度プレーを進めた時点で赤・緑・青・ピカチュウとも通信交換できるようになる。 また赤・緑・青・ピカチュウのポケモンではあまり有効活用できていなかったパラメータにアイテムが設定されたほか、既存のパラメータを利用して色違いや性別が新設された。 これらの詳細についてはを参照。 ここでは主に赤・緑・青・ピカチュウバージョン側の観点での特徴を挙げる。 金・銀では一部のわざマシンが新たに店売りやコインと交換できる景品になったほか、クリスタルではわざ教えも登場して覚えさせやすくなったわざがいくつかあるため、これらを経由することで一部のわざは従来よりも楽に覚えさせることができる場合がある。 また従来のわざであっても覚えられるポケモンに一部変更があったため、従来は覚えられなかったわざを覚えさせることもできる。 自力で覚えるレベルにも一部変更があったため、従来よりも早いレベルで覚えさせたり、逆に一度忘れさせたわざを従来より高いレベルで覚えなおしたりといった応用もできた。 一部のわざについてはピカチュウバージョンの頃から同様である。 なお、これまでは一度覚えたわざを忘れさせるには新たなわざを覚えて上書きするしか方法が無かったが、金銀クリスタルを経由すれば、わざが1つしかない場合を除いて任意にわざを消せるようになった。 これを利用すれば、本来は忘れさせることができなかった「ひでんわざ」も消すことができる。 能力を上げるアイテムも青以降はマックスアップが店売りに加わっているので、赤緑から金銀クリスタルを経由した場合も同様に利用できる。 そのほか同じポケモンであっても野生で出現時のレベルが低いものがあったり、タマゴから生まれたポケモンがレベル5で一部のわざを受け継いでいたりすることから、ポケモンスタジアムのようなレベル制限のあるルールに向けた育成にも役立った。 ただし対人戦では金銀クリスタルの経由が認められているかどうかルール確認が必要になる可能性もある。 後発のピカチュウバージョンは金・銀・クリスタルとの連動が特に強化されており、金・銀・クリスタルに登場する一部のアイテムはピカチュウバージョンとの通信交換からでしか入手できないものがあるほか、図鑑についても後述のように金・銀・クリスタルとの通信で完成させやすくなっている。 金・銀・クリスタルを交えた図鑑の完成 金・銀・クリスタルと連動できるようになったことにより、いくつかの観点から、赤・緑・青・ピカチュウにおける図鑑の完成も多少容易になった。 まず、これまで1回のプレーで1匹か2匹しか入手できなかったポケモンのうち、伝説・幻を除くものは金・銀・クリスタルのタマゴのシステムを利用することにより量産できるようになったため、一部のポケモンは周回プレーせずに揃えられるようになった。 また進化に必要なアイテムのうち「つきのいし」は金・銀・クリスタルにおいて時間さえ経てばいくつでも入手できるため、そちらで進化させることもできる。 ただしそれ以外のほのお・みず・リーフ・かみなりのいしは逆に赤・緑・青・ピカチュウでは店売りで無尽蔵に入手できたものが、金・銀・クリスタルでは入手難になっている。 さらに通信交換できる相手のバリエーションが増えた分だけ、通信交換でしか入手できないポケモンが入手しやすくなった。 それまでは赤・緑にしか出現しないポケモンがいたため、幻のポケモンを除いて図鑑を完成させるには最低でも赤・緑の両方のバージョンが必要だった。 しかし「バージョンによっては入手できなかったポケモン」は金・銀・クリスタルのいずれでも入手できるものが多く、例外は以下の4種とその進化形しかいない。 いずれのバージョンでもこのうち2系統以上はカバーしているため、旧作と新作との間ではどのバージョンを組み合わせても、旧作側で入手できないものは2系統以下となる。 ピカチュウバージョンに至っては銀またはクリスタルのいずれかと組み合わせればピカチュウ側の図鑑を完成できる。 青バージョンのみ、特定の2本だけで図鑑を完成できるという組み合わせが存在しない。 なお金・銀から新たに登場した、幻を除く99種類の新ポケモンについては、どれか1つのバージョンでしか登場しないようなポケモンはいないので、任意の2本の組み合わせで集めることができる。 そのため上記の組み合わせにクリスタルバージョンを絡めた3本で、新作側を含めた249種類の図鑑を追加で完成させることもできる(周回プレーが必要)。 青バージョンだけはそのような組み合わせが存在しないが、クリスタルにこだわらなければ金+銀を組み合わせればよく、同時に旧作側の150種類の図鑑も完成する。 この点は赤・緑・ピカチュウについても同様である。 バーチャルコンソール ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ ジャンル ロールプレイングゲーム 対応機種 開発元 ゲームフリーク 発売元 任天堂 販売元 任天堂 シリーズ ポケットモンスター 人数 1人(通信時2人) メディア ダウンロード 発売日 2016年2月27日配信開始 ダウンロードカードは2016年2月1日より順次発売 2016年2月27日配信開始 対象年齢 : A 売上本数 27万1059本(ダウンロードカード版) (2016年9月) 150万本 その他 ワイヤレス通信機能を利用したローカルプレイ対応 対応 2015年11月13日の にて、『赤・緑』発売から20周年となる2016年2月27日にニンテンドー3DS用バーチャルコンソールソフトとして『赤』『緑』『青』『ピカチュウ』の4バージョンが配信されることが発表された。 バーチャルコンソールのゲームボーイ用ソフトとしては初めて通信プレイに対応しており、ワイヤレス通信を利用してオリジナル版同様に交換と対戦が可能(まるごとバックアップとVC中断機能は非対応)。 また、オリジナルであるGB版はGBAの『ルビー・サファイア』以降のシリーズとは一切のデータのやり取りが不可能であったが、VC版ではに対応しており、これを利用して2016年11月18日 に発売された『』 または2017年11月17日に発売された『』へポケモンを連れていくことができる。 で販売する通常のダウンロードソフトの他にも、パッケージ商品として、4バージョンそれぞれが以下に記載する3種類の形態で発売されている。 『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』専用ダウンロードカード いわゆる通常版であり、ダウンロードコードが記載されたカードのみの商品。 『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』専用ダウンロードカード特別版 上記のダウンロードカードの限定版で、オリジナル版のパッケージデザインを再現した箱に、GBのカートリッジを模した「カートリッジ型マグネット」、説明書の表紙と巻末のポケモンのイラストと図鑑テキストのページを再現した「取扱説明書風シール」、当時のパッケージに入っていたものを完全に再現した「タウンマップ」の3つの特典が同梱される。 このうちカートリッジ型マグネットと取扱説明書風シールは後述の2DS限定パックにも同梱されない特別版だけの特典である。 ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』限定パック 日本ではこれが初めての発売となる本体にあらかじめバーチャルコンソールをインストールして複数の特典を同梱したパッケージ。 販売店舗はイオン、イオンスタイル、イオンスーパーセンター、Game 加盟店、、「ポケモンストア」、、ポケモンストアに限られ、さらにニンテンドー2DS『ポケットモンスター 青』限定パックはポケモンセンター・ポケモンストア(Amazon. jp除く)のみの取り扱いとなっている。 セット内容• ニンテンドー2DS 本体 1台(ACアダプター、タッチペン、説明書、ARカードも含む)• 本体色はパッケージごとに異なるクリアレッド、クリアグリーン、クリアブルー、クリアイエローの4種類のいずれか。 SDHCメモリーカード4GB 1個• あらかじめSDHCカードにバーチャルコンソールが保存されているため、ダウンロードコードは同梱されていない。 タウンマップ• ダウンロードカード特別版に同梱されるものと同じもの。 オリジナルテーマ ダウンロードコード• HOMEメニューの着せ替え用テーマで、デザインはパッケージごとに異なる4種類が存在。 幻のポケモン「ミュウ」プレゼントコード• ミュウを『』と『』で受け取るためのプレゼントコード。 通常のダウンロード特典として発行されるシリアルコードと同様のものとなる。 幻のポケモン「ミュウ」交換チケット• バーチャルコンソール版『赤』『緑』『青』『ピカチュウ』でミュウを受け取るための引換券で、受け取りは実店舗で行われる。 オリジナルステッカー• デザインは各バージョンに沿ったものになっている(例えば、『赤』ならヒトカゲやリザードンのデザイン)。 その他• 小学館から発行された公式ガイドブック()の表紙に、主人公、ライバルと並んで、ゲーム中には登場しない黒いワンピースを着た長い茶髪の少女が描かれている。 この少女は、が「最初にもらえる3体に合わせて三つ巴になるとしたらこうだろうな」と考えてこの表紙用に作ったキャラである。 名前の設定は無いが、『ファイアレッド・リーフグリーン』の女主人公はこのキャラも意識して作られている。 主人公の部屋にはが置いてあり(外見は)、以後のシリーズでも主人公の部屋に任天堂製のハードが置かれることが定番となる。 今作のみ、デパートに玩具売場が存在し任天堂のゲーム(主に)を思わせるセリフもあるが、次回作以降(リメイク含む)では採用されていない。 『青』と『ピカチュウ』のポケモン図鑑に関しては、これらの発売当時は、必ず『赤』と『緑』の両方と通信しなければ完成できないようになっていた。 これは『赤』と『緑』の片方だけでしか出現しなかったポケモンの中には『青』と『ピカチュウ』どちらにも出現しないものがいるためである。 そのため『青』と『ピカチュウ』だけの通信交換ではポケモン図鑑は完成できない。 なお、そのようなポケモンは後に『金』・『銀』・『クリスタル』との通信交換でも入手可能になったため、『金・銀』発売以降は必ずしも『赤』と『緑』の両方と通信交換する必要は無くなった。 本作の国内版と海外版との通信交換は、データが破損する危険性があるため、公式で注意喚起されている。 なお、ソフト側で制約がかけられていないため、データに不具合が出るにもかかわらず通信交換自体は成立してしまう。 海外版との通信が正式に可能になったのはの『ポケットモンスター ルビー・サファイア』以降である。 2013年10月2日には、本作をもとに制作されたテレビアニメ『』がテレビ東京系列にて放映された。 脚注 注釈• ゲーム冒頭でオーキド博士が野生のピカチュウを捕まえるのは演出で、プレイヤーが野生と遭遇することはない。 消費アイテム以外にも、効果の無い換金用アイテムと、「がくしゅうそうち」が移動できる。 ただし後者については2つ以上入手しても当時の仕様では使い道や効果が1つ分しかなく、特に意味は無かった。 欧州では2016年11月23日 出典• 2015年6月20日閲覧。 とみざわ昭仁「ゲームフリーク」104ページ• とみざわ昭仁「ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団」 115-118ページ• 「ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団」104ページ• 任天堂. 2015年6月24日閲覧。 月刊コロコロコミック1997年10月号• ファミ通. com 2016年9月29日. 2016年9月29日閲覧。 任天堂 2016年4月28日. 2016年4月29日閲覧。 任天堂. 2015年12月2日閲覧。 株式会社ポケモン. 2015年12月2日閲覧。 株式会社ポケモン. 2016年2月27日閲覧。 Twitter 2012年11月17日. 2017年1月21日閲覧。 Twitter 2012年11月17日. 2017年1月21日閲覧。 関連項目• - 互換性のある直接の続編• - 『赤・緑』のリメイク• ・ - 『ポケモンバンク』によりVC版と間接的に連動する本編の最新作• - 連動ソフト• - VC版のみ対応• - 『ピカチュウ』を再構築したリメイク 関連番組• - で放送されている。 - 本ゲームをメインに使ったロングラン企画が2016年5月から11月の約半年間にわたって行われ、にて不定期で配信された。 外部リンク•

次の

吉野家×ポケモンの牛丼『ポケ盛』第2弾、23日販売開始 今度は7種の“ドン”が登場(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

ポケモン 販売

ANAポケモンジェット1999・JA8288 ポケットモンスターの原点は、に発売された用ソフト『』である。 開発元は。 コンセプトメーカーにしてを務めたのは、同社でもある。 この作品がを中心に、から火が点き大ヒットとなり、以降も多くの続編が発売されている(詳しくは「」を参照)。 ゲーム本編作品だけでなく、作品や関連作品が数多く発売されている(詳しくはを参照)。 ポケモンはゲームのみならず、化、、、と様々なメディアミックス展開がなされ、国外でも人気を獲得している。 ポケモン関連ゲームソフトの累計出荷数は、全世界で2017年11月時点で3億本以上 に、2019年3月末時点で3億4000万本以上に達している。 その中で、メインシリーズの累計販売本数は2016年2月時点での最新作、『』までの25作品で2億100万本となる。 この数字をゲームキャラクター毎のシリーズ別で比較した場合、世界第2位の数値であり(1位はの5億本以上)、1996年のソフト発売以来、ゲームを含めた関連市場(いわゆるポケモン市場)の誕生からの全世界累計市場規模は、2017年3月末現在で6兆円以上にもなる。 現在までに896種類のポケモンが登場している。 より系列にてテレビアニメが放送開始。 のおよび、その仲間と彼らのポケモンたちによる冒険物語を描いた長寿シリーズとなる(詳しくは「」を参照)。 ポケモンバトルの戦術性の高さを再現した TCG 『ポケモンカードゲームシリーズ』も制作されており、TCGプレイヤー層も巻き込んでファンを広げた(詳しくは「」を参照)。 ゲーム『ポケットモンスター』シリーズ 詳細は「」を参照 『ポケットモンスター』シリーズは、「」(以下「ポケモン」)という不思議な生き物が生息する世界において、ポケモンを自らのパートナーとし、ポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」たちの冒険を描く RPG である。 主人公()は、となり旅にでる。 ゲーム内に存在する他のポケモントレーナー達と対戦を多数交え、 を集めポケモンリーグへの出場条件を獲得し、ポケモントレーナーの頂点チャンピオンを目指す。 また、多数の種類のポケモンを捕まえての完成を目指すなどの目的がある。 ストーリーは伝説のポケモンとその力を利用しようとする組織を中心に展開する。 他プレーヤーとの対戦やポケモンの交換ができる通信機能が存在する。 シリーズの舞台は同一世界中の様々な地域(「地方」と称される)である。 また、いずれの地方も現実世界の特定の地域がモデルであり、地理や一部登場キャラクターの設定などがそのモデル地域と大まかに似ていることが多い。 シリーズ一覧 詳細は「」を参照 発売の年表 1996 ・ 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 ゲーム本編作品としては、日本では以下の各バージョンが発売・発表されている。 カッコ内は発売日と対応機種を表している。 (1996年2月27日、 )• (1996年10月15日 、ゲームボーイ)• (1998年9月12日、ゲームボーイ)• 2016年2月27日に上記4作品のニンテンドー3DS版も発売。 このソフトが最初からダウンロードされている本体も初めて日本で販売された。 (2004年1月29日、)• 「ポケットモンスター 赤・緑」のリメイク作品。 (2018年11月16日、)• 「ポケットモンスター ピカチュウ」をベースとしたフルリメイク作品。 (1999年11月21日、共通)• 2017年9月22日にニンテンドー3DS版も発売。 (2000年12月14日、ゲームボーイカラー専用)• 2018年1月26日にニンテンドー3DS版も発売• (2009年9月12日、)• 「ポケットモンスター 金・銀」のリメイク作品。 (2002年11月21日、)• (2004年9月16日、ゲームボーイアドバンス)• (2014年11月21日、)• 「ポケットモンスター ルビー・サファイア」のリメイク作品。 (2006年9月28日、)• (2008年9月13日、ニンテンドーDS)• (2010年9月18日、ニンテンドーDS )• (2012年6月23日、ニンテンドーDS)• (2013年10月12日、)• (2016年11月18日、ニンテンドー3DS)• (2017年11月17日、ニンテンドー3DS)• (2019年11月15日、) ゲーム開発の背景とヒットまでの経緯 ポケモン前史 収集、育成を楽しむ趣味・遊びは以前から存在した。 からに「」ののブームがある。 1988年から1993年にはの『チョコ』が、第10代目の天使悪魔シリーズのシール集めで爆発的なブームとなった。 は自社の雑誌『』、『』やアニメを含む、大規模なメディアミックス戦略でこのブームを後押ししていた。 この路線で、作り込み・対戦型おもちゃや収集・対戦型おもちゃ、さらにはポケモンブームを後押しすることになる。 1989年、ポケモンの生みの親であるが「」を設立し、同社初のゲーム作品『』をから発売。 また同年、任天堂から GB が発売。 携帯機の特性上、ゲームボーイは当初パズルやアクションゲーム向けの機種と見られており、実際にそうしたゲームも多数発売されたが、田尻はのRPG『』の成功を見て、携帯機でもアクションでない分野を追求できると気づいた。 田尻はとりわけゲームボーイの通信機能に着目し、「交換する」という動詞をコンセプトにしたゲームの着想を得る。 また田尻は『』のファンでもあり、同作のカプセル怪獣からも着想を得て、「 カプセルモンスター」というRPGの企画書を書き上げた。 田尻の企画した「カプセルモンスター」はのようなケースに入ったモンスターが、を行き来するというものであった。 田尻はこの企画書を任天堂に持ち込み、それを受け任天堂は開発費の援助を決定した。 後に「カプセルモンスター」の名称は、の問題で商品名に使えないこと・略した時に「カプモン」となり語呂が悪いという理由などから、「ポケットモンスター(略して「ポケモン」)」に改められた。 田尻はノスタルジーを感じさせるカプセルという単語を気に入っており、渋々断念している。 開発 ポケットモンスターは、製作陣のRPGの開発経験が不足していたことやゲームで最も重要な要素である「交換する」ということへの動機付けを見つけられず、開発には長い年月を要した。 その間不足した資金を補うため他のゲームを開発するなどの理由で、ポケモンの開発はしばしば中断された。 1995年頃までに、『』および『』を制作した株式会社から新会社の社長に就任した(のち株式会社ポケモン代表取締役社長)が全体をまとめて方向付けを行う役を担うようになった。 『』は田尻がポケモンを製作する上で参考にしたRPGでもあり、そのためか共通点も多い(RPGでは当時珍しい現代の世界観であることや主人公の設定など)。 また、ゲームフリークと開発委託契約を結び、石原自身がプロデューサーとして数々の企画を任天堂などへと提案していく火付け役ともなった。 当初から開発を支援していた任天堂も製品の完成を粘り強く待ち続けた。 ゲームフリークの制作陣は、当時まだ着目されていなかった「収集、育成、対戦、交換」という要素を徹底的に遊ばせようという方針を定めていた、ゲームボーイの通信機能を活用して「別のソフトとの間で通信を行わないとが完成しない」、「(強制ではないが)自分が育てたポケモンで友達と対戦できる」という仕様はその方針を支えるためにある。 個々のプレイデータには個別のID(数字)と主人公の名前が与えられ、所有するポケモンに対して「親ID」として働き個々のポケモンをさらに個性化する、という仕様も持たせた。 当初はプレイヤーIDによってソフト1本毎に登場するポケモンが異なるという仕様だったが、過剰に複雑化したため、2種類に分けて発売する手法が採られた。 また、当時の主流に比べ大容量のバックアップメモリを搭載する仕様に切り替える事で、150種類全てのポケモンの保存が可能になった。 この「ソフトを2種類にわける」、「大容量のカートリッジを採用する」という案は任天堂のの案である。 当初は1995年秋から年末発売予定であったが 、などが遅れ1996年2月27日に繰り下げた後に 、開発開始から6年経って『ポケットモンスター 赤・緑』は発売を迎えた。 カラーバリエーションは、マリオとルイージの服の色に因んでおり、後に発売される青は2人の「つなぎ」の色に由来する。 発売 1996年当時、ゲームボーイに限らず、市場は停滞していた。 などカラー表現が可能な後続機種もほぼ終息状態にあり、には「次世代機」と銘打ちやが既に登場し、発売から丸7年が経過したゲームボーイは時代遅れと見られていた。 事実『ポケットモンスター』発売直後の時点でゲームボーイにて発売が予定されていたゲームソフトはわずか3タイトルのみであった。 市場にはRPGだけでも既に多数のゲームが発売されており、さらに「過去の機種」であったゲームボーイでリリースされる『ポケットモンスター』はさほど大きな期待を持たれず、年末商戦も逃した。 しかし、「収集、育成、対戦、交換」というゲーム要素が徐々にユーザーの支持を獲得し、さらにユーザー間の口コミで爆発的ヒットへ繋がった。 結果的にポケモンは制作側の期待や予測を越えた大ヒットを記録した。 日本国内での販売本数はゲームボーイ向け『赤・緑・青』で最終的に1023万本である。 「ポケモン後」の市場の変化 『ポケットモンスター』発売以降ゲームボーイ市場、ひいてはゲーム市場自体が変化した。 他メーカーからの後続ゲームソフトも「収集、育成、対戦、交換」の要素を盛り込んだり、数バージョン同時リリースなど、ポケモンに倣った手法が定番化した。 任天堂自身もそうしたゲームの開発に力を注いだ他、「ポケモン頼み」のラインナップに切り替えるなどの路線を歩んだ時期もあった。 しかし、前者については、各社で販売本数に差が付き、結局はゲームソフトの商品力が販売力を決めることを再認識させた。 本作アニメ放映開始後には女子のファンを獲得し、それまで男子中心のゲームボーイユーザーに女子を呼び込んだ。 これ以降、任天堂の携帯ゲーム層に女性ユーザーが増加した。 メディアミックス、関連商品 アニメ 詳細は「」を参照• 『ポケットモンスターアニメコミック サトシとピカチュウ』• 『』 てしろぎたかし• 『』 鷹岬諒• 『』 溝渕誠• 『』 月梨野ゆみ• 『ポケットモンスタールビー・サファイア まんがで読む4つ星攻略』 日下秀憲、吉野恵美子• 『ポケットモンスターエメラルド 挑戦! バトルフロンティア』 伊原しげかつ• 『ポケモン 4コマギャグ劇場』• 『ポケットモンスター 4コママンガ劇場』 (出版局、)• 『ポケットモンスター 4コマDX』 山本まるみ (、)• 『』 ()• 『ポケモン 4コマ笑事典』• 『』 やましたたかひろ• 『ポケモン4コマまんが全集』 春風邪三太• 『ポケモンカードになったワケ』 姫野かげまる ( 、)• 『まんが版 ポケットモンスター全書』• 『』 印照• 『ポケットモンスター おはなし超ひゃっか』• 『ポケモンえにっき ポケモンじまのなかまたち』• 『ポケモンDP4コマ劇場』 松島リュウ• 『ポケモンだにへ ピカチュウのだいぼうけん』 小北和哉、天野雅栄• 『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』 溝渕誠• 『』 伊原しげかつ• 『』 松島リュウ• 『ポケモン不思議のダンジョン 炎の探検隊』 溝渕誠• 『ポケモンクイズパズルランド ピカチュウは名たんてい』• 『ピカチュウのかくれんぼ』 須藤ゆみこ• 『ピカチュウVSエビワラー』 須藤ゆみこ• Webコミック『』 日下秀憲、山本サトシ• Webコミック『』• 『』 あさだみほ• 『』 、• 『ポケットモンスターB・W グッドパートナーズ』 、 絵本作品• 『なかよし3びき ポケモンたびにっき』 文 - カサハラチュウ 絵 - よしのえみこ その他関連商品 この節のが望まれています。 (共通) ポケットモンスターをモチーフにした。 プレイヤーをポケモントレーナーに見立て、ポケモン同士のバトルを形式の対戦で再現している。 ポケモンずかんカード のブランドで発売されているカード。 ゲーム要素はない。 12種類のパッケージが存在する。 4種類のパッケージが存在する。 全44枚。 読み込む枚数および順番によりトレーナータワーの内容と賞品が変化する。 全66枚。 概要は上記と同様だがマップ構造も変化させる。 ポケモーション ポケモン シール烈伝 みつけてピカチュウ しっぽでバンバン ポケットモンスターの音楽 アニメ版ポケットモンスターシリーズの主題歌・挿入歌はたびたび一新し、膨大な曲数に上る。 最初の主題歌『』は純粋なとしては異例の185万枚のとなった。 詳しくはを参照のこと。 「」シリーズ() アニメ初期にを務めた著書の「小説版ポケットモンスター」。 アニメ第1話から第7話までの内容がノベライズ化されている。 1 』• 2 』 「ポケットモンスター」(、) 雑誌 小学館スペシャル「」(不定期刊行) 歴代悪事団体(とのコラボレーション) 赤・緑・青・ピカチュウ〜X・Yまでの悪事団体のイメージカラーを揃えた8色セット。 ゲームデータの配布と関連商品との連動 シリーズ第1作目『赤・緑』の「」に始まるゲームデータ配信は、シリーズを通して続いている。 配布イベントはさまざまな媒体で随時行われるが、ソフト本体とは別に映画の前売り・鑑賞券、雑誌などの購入特典として配信されることもある。 また、配信されるポケモンが数種類の内でランダムであったり、タマゴの状態(孵るまでどのポケモンか不明)で配信される場合もある。 欧米ではこれらの配信サービスを行うにあたり、ユーザーがソフト本体以外の金銭を払わずとも日本版と同様のデータを受け取れるようになっている。 『赤・緑・青・ピカチュウ』 1996 - 1999 幻のポケモン「ミュウ」はゲーム中では入手できず図鑑完成にも影響しないが、当時大きな話題を呼んだ。 基本的に抽選での当選者のみに配られ、技などを除くと入手方法はなかった。 『金・銀・クリスタル』 1999 - 2002 新たな幻のポケモン「」が登場。 前作におけるミュウと同様に配布が行われたほか、『クリスタル』ではのイベントでセレビィを入手することもできた。 ミュウに関しては配布イベントがなく、前作で配布されたものを「タイムカプセル」で連れてくる必要があった。 『ルビー・サファイア・エメラルド』『ファイアレッド・リーフグリーン』 2002 - 2006 この世代から映画との連動が始まり、前売り券に特定のポケモンまたはアイテムの引換券が付くようになった。 『ダイヤモンド・パール・プラチナ』『ハートゴールド・ソウルシルバー』 2006 - 2010 映画との連動のほかに、を利用したサービスも開始され、自宅の無線LANやDSステーションを利用して特定のデータを受け取ることができた。 『ブラック・ホワイト』『ブラック2・ホワイト2』 2010 - 2013 引き続き映画との連動や、Wi-Fiコネクションによるデータの配信などが行われた。 また、シリーズ初となるWEBサイトとの連動サービス「ポケモングローバルリンク」が始まり、かくれ特性を持ったポケモンや幻のポケモンなどを入手できる。 また、関連商品に同梱のシリアルナンバーを入力して入手できるものもある。 『X・Y』『オメガルビー・アルファサファイア』 2013 - Wi-Fiコネクションに代わりによる配信となった。 映画の前売り券にシリアルナンバーが付与されるようになり、店頭での受け取りは廃止された。 関連施設、イベント 企画(ピカ乗りサマー2008)によりポケモンのラッピングを施したの オリジナルも含め、数多くのポケモングッズを取りそろえるショップ。 ポケモンのキャラクター戦略の拠点として、各国・各地の店舗やまで、多角的に展開する。 名称の由来は、ゲーム内に存在する施設「ポケモンセンター」から。 上記ポケモンセンターの小型店舗として主要ターミナル内などで展開。 ポケモンセンターなつまつり・ふゆまつり 有名百貨店などで開かれる季節限定イベント。 ポケモン・ザ・パーク ポケモンの世界観をモチーフにした遊園地。 2005年に名古屋、2006年に台湾で開催。 名古屋での詳細はを参照。 ポケモンフェスタ 小中高校の夏期休暇期間に開催される、ポケモンおよび任天堂ハードゲームの展示ショウ等のイベント。 携帯ハードゲームやカードゲームの公式大会等も行われる。 JR東日本ポケモンスタンプラリー 小中高校の夏期休暇期間に開催される、におけるの駅を舞台としたスタンプラリー企画。 1997年から開催(2001年除く)。 やおよびを除く旅客各社の他になど一部のやでも実施。 を参照 ポケモンスタンプラリー 2005年の夏から開催。 セブンイレブンの店舗を回り、スタンプを集める。 ポケモン列車 JR東日本が上記のスタンプラリーの一環として、山手線でポケモンのをした列車をほぼ毎年夏に運行しているほか、名鉄でも2007年の春以降、新作映画の宣伝キャンペーンの一環として運行されている。 2008年には、を運航しているとタイアップし、などJR東日本管内のにポケモンのラッピングを施した「 ポケモン」を運行している。 ポケモンドミノキッズひろば 2008年の春からイメージキャラクターとして起用。 ポケモンのグッズがもらえるピザやクイズも登場。 募金活動、被災地をワゴンで訪問して、ポケモン映画の上映やポケモンを使った工作などで子供たちを笑顔にすることを目的としている。 公式ウェブサイトでは活動の様子などを公開している。 ピカチュウ大量発生チュウ! 2014年から8月の期間中にで開催されている。 毎年開催されるポケモンゲームの公式世界大会で賞金(奨学金)付き。 ポケモン竜王戦 2015年から現在まで3回開催。 1回と2回は小学生までが参加対象であったが、3回大会からはその年齢制限がなくなった。 日本国外でのポケットモンスター 日本国外での展開 「ポケットモンスター」は1998年にに出展(一部のポケモンの名称が製品版と異なる)。 これを皮切りに、世界各国でテレビアニメの放送とゲームソフトの発売が開始された。 英語版YELLOW(和名 - )はゲームソフトにおけるの最短記録としてに掲載されている。 CDは初回出荷枚数100万枚を突破し、全米チャート8位を記録した。 』(『おやすみ子供たち』、『おやすみなさい、子供たち! 』、)のでの放送が打ち切られた際、日本では「ロシアの代表的子供番組が『ポケモン』に敗れた」という報道がされた。 の『』での「好きな日本アニメは? 」というアンケートで、アニメ版ポケットモンスターが2位にランクインした。 日本国外版のゲームソフト 英語版ではポケモン名・地名・人名などが国柄に合わせた形に英訳されている。 また民家のが「の像」に、道具の「」「」が「」「」に、である「」が「ポケ」になるなど日本的なものは一部差し替えられている。 なお英語版に続き各国で発売されたソフトは、英語名を元にしている部分が多々ある。 日本語版での『赤・緑』は、日本国外版ではの色と同じ『赤・青』として発売された。 ただし、『青』の内容は日本語版での『緑』と同じものである。 ゲーム内容はほぼ変化はないが、『金・銀』で一部ポケモンの出現種類が異なったり、『ポケモンコロシアム』ではボーナスディスクでの入手ポケモンが差し替えられている。 『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公の家やタマムシデパートにあるのグラフィックが異なっている。 また、DS版ではゲームコーナーの内容が変更になっているものもある。 ソフトである『金・銀』までは名前文字数の関係からか日本国外版との通信は正常に働かないが、になりデータ形式が一新された『ルビー・サファイア』からは日本国外版との通信が可能となっている。 一部の通信では一時的にすることが確認されているが問題はない。 DS版以降では異なる言語のソフトで手に入れたポケモンを通信で手に入れると、ポケモン図鑑にその言語での解説文が追加される(日本国外のGBA版で手に入れたポケモンでも可。 『ダイヤモンド・パール』では一部のポケモンに限る)。 ニンテンドーWi-Fiコネクション・ニンテンドーネットワークを利用した世界規模の通信が可能であることもゲーム内で示唆されている。 日本国内版においても『ルビー・サファイア』以降はこの英語表記を用いている。 発音は もしくは。 この他、英語圏(特にアメリカ)においては「ポケット」という単語にを連想させるニュアンスがあり、実際に南部の一部地方では"pocket monster"がとして通用する。 においては意訳が採用されており、では『神奇寶貝』(訳 - 不思議ベイビー)、では『寵物小精靈』(ペット妖精)である。 正式に翻訳される以前は『口袋怪物』等の直訳が用いられることもあった(口袋はポケットの意)。 2015年7月10日から中国では『精霊宝可夢』(宝可夢はポケモンの音訳)という正式作品名が採用された。 関連ニュース・話題 作品中の名前などの由来 各作品中の固有名詞は、『赤・緑』系、『金・銀』系では各街の名前が色の呼び名(特に)で統一されているなど、何らかのコンセプトに沿って命名されている。 なお、『赤・緑』系のスタート地点となる町「マサラタウン」は、「何色にも染まっていない汚れなき色」という意味で「まっさら」から付けられている。 また、多くの主要キャラクターの名前の由来は植物からとられている。 ポケモンの舞台となっている、、、、、、、は、それぞれ、--、、、、、、がモデルになっている。 バンダイのアンケート が1998年に実施した「好きなキャラクター」のアンケートで、『ポケットモンスター』が男児・女児共に第1位を獲得した。 支持率は男児27. ポケモンおじさん 2000年頃にかけてポケモン関連のテレビCMにレギュラー起用されていたは当時、ファンの間から「ポケモンおじさん」と呼ばれていた。 やにも多数出演している強面の綿引がポケモンゲームにはまっていく様子を愛嬌たっぷりに描いたCM群は、当時大きな話題を呼んだ。 『』TVCM(1998年末、綿引初登場) 『』TVCM(1999年春) この時の綿引を再起用したことにより、「ポケモンおじさん」というキャラクターが明確になっていく。 『ポケモンスタジアム金銀』のCMを最後に担当が替わり、以降は別のタレントが起用された。 多数のバグ ゲームシリーズ初期は、当時では複雑なシステムゆえに群を抜いてが多かった。 なお、出荷ごとにバグフィックスを行うなど、適切な企業努力は行われており、後期出荷のものはほとんどバグは発生しない。 また、GBA版からは配信によるバグフィックスが行われている。 関連事件・批判 ポケモンが人気になる一方、様々な批判や衝突も起きている。 日本国外では、やの違いによるものも起きている。 1997年12月16日、アニメ版『』第38話「でんのうせんしポリゴン」中の演出効果に激しく画面が明滅するものがあり、これを原因として一部の視聴者がなどを発症、病院に搬送される事件が発生。 詳細についてはを参照。 1998年夏のにて、ポケモンのキャラクターを用いたあるが販売された。 任天堂は1999年1月5日に違反(侵害)で所轄のに被害届を提出しした。 同月13日に京都府警が容疑者である作家を九州地方の自宅で逮捕後、京都まで容疑者を護送した。 容疑者はされ、罰金10万円の略式命令が下されている。 日本国外• 日本国外版のテレビアニメにおいては、先述のポケモンショックの回以外にもとなったり、一部の国で未放送の回が存在する。 も参照。 第4話の「サムライしょうねんのちょうせん! 」はでは放送されていない。 日本文化であるが登場したため。 同様の理由で他にも17話がカットされている。 第18話の「アオプルコのきゅうじつ」は日本国外版(を除く)では欠番となっている。 やコジロウのなど一部キャラクターの描写が女性蔑視を助長するとされたため。 第26話の「エリカとクサイハナ」はサトシの女装シーンがあるため、諸国などでは放送されていない。 第35話の「ミニリュウのでんせつ」ではサトシたちが不適切にを突きつけられるシーンがあるため、日本国外版(台湾を除く)では欠番となっている。 第64話「ルージュラのクリスマス」、第251話「こおりのどうくつ! 」は日本国外版(台湾を除く)では欠番となっている。 この二話に登場しているひとがたポケモン「」の黒い皮膚や大きな唇が、を助長するという批判を受けたため。 また、この件を受けて『ファイアレッド・リーフグリーン』以降公式的にルージュラの肌の色はからに変更された(当該記事参照)。 エスパーポケモン「」に対し、がとして提訴。 スプーンを曲げる超能力系キャラとして、自分のイメージを勝手に使われたとして損害賠償を求めたが、「ユンゲラー」と称するキャラクターは日本のみで扱われている商品でありでの訴訟は要件を満たさず、敗訴となった。 アメリカのアニメ番組『』で本作を化した話「」が1999年に放送された。 強烈な諷刺が込められた話で、前述のポケモンショックをもネタに取り込んでいる。 アメリカのアニメ番組『』の第10シーズン第23エピソード「」でもポケモンショックのネタが登場する。 アメリカでは1999年までにポケモンカードを巡り、子供による脅迫、窃盗、強盗、傷害事件が各地で起こった。 また、多くの学校でポケモンカードを発端として、が禁止された。 でも2000年までにカードの流行によるいじめ、恐喝事件などが多発し、多数の学校でポケモンカードが禁止された。 アメリカで子供がモンスターボールを模ったラバー製の玩具で遊んでいた所、誤って飲み込み、喉を詰らせて窒息死した。 では2人の子供が自分のことを「ポケモン」と思い込み、バルコニーから飛び降りて足を骨折したため、一時的にアニメの放映が休止された。 イスラム諸国 2001年に、でイスラム宗教局 Department of Awqaf and Islamic Affairs がポケモンを(禁忌)であるとの(宗教見解)を発すると、でアニメの放送が禁止され、ポケモングッズが店頭から撤去された。 的な思想の色濃いやの法学者がこれを支持すると、サウジアラビアでも同様の禁止処置が取られ、にポケモンの可否をめぐる論争が飛び火した。 などでも、ポケモンが反イスラームではないかと保守派ムスリム法学者から疑われるようになった。 さらには一部で「ポケモンはの宣伝メディアであり、をに改宗させようとするたくらみの一環である」「『ポケモン』とは『私はである』の意味である」「『ピカチュウ』とは『ユダヤ人になれ』の意である」などと全く根拠のないまで広まった。 その後、ドバイなどイスラーム保守派に支配された諸国ではポケモンを反イスラーム的と認定し、ゲームやグッズの販売制限を行った。 サウジアラビアやカタールでは、ポケモン自体がハラームとされ全面禁止された。 サウジアラビアの法学者がポケモンをハラームとし、保守派ムスリムがそれに賛同している理由としては、「ポケモンの後天的形態変化は生物学では『』と呼ばれるものであるが、ポケモンではこれを『』と呼んでいる。 進化論は保守派イスラームからはの無謬性を汚すとしてハラーム扱いを受けている 」ということが挙げられる。 後にこれらの騒動は鎮静化した。 なおやではポケモンは禁止されていない。 レバノンでは、の高位法学者、大アーヤットゥッラーが「ポケモンは合法である」とのファトワー(宗教的見解)も出している。 また、政権下のではポケモン問題調査委員会が設置され、「宗教を利用した反動的なファトワーを出すことは間違いである」「知的な根拠のあるファトワーを出すことが、宗教者の義務である」として、早々に解禁された。 関連書籍• とみさわ, 昭仁『ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団』、東京、2000年。 畠山, けんじ、久保雅一『ポケモンストーリー』日経BP出版センター、東京、2000年。 宮昌, 太郎、田尻智『田尻智 ポケモンを創った男』、東京、2004年。 中沢, 新一『ポケットの中の野生』、東京、1997年。 ポケモンビジネス研究『ポケモンの秘密』文庫、東京、1998年。 脚注 []• 株式会社ポケモン 2019年3月31日. 2019年8月28日閲覧。 マイナビ 2016年3月17日. 2019年1月1日閲覧。 ただし、『サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』ではスタンプに変更されている。 (2016年7月31日閲覧)• 対応の機能あり。 当初は限定販売。 一般販売は1999年10月10日から。 2017年6月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年6月7日閲覧。 2018年2月8日閲覧。 対応の機能あり。 さん(ゲームフリーク)VSさん(クリーチャーズ)対談 前編 - 任天堂オンラインマガジン2000年7月号。 『ポケモン・ストーリー』(畠山けんじ, 久保雅一、pp. 99)• 1995 Nintendo, 1995 Creatures Inc, 1995 GAME FREAK Incと書かれているのは、これの名残である。 『』1996年2月号とじ込み付録「スーパーソフト・ホット・インフォメーション」には「発売日が1995年12月21日から1996年2月27日に延期された」という記述がある。 『マイコンBASICマガジン』1996年2月号208頁(付録30頁)。 『ポケモン・ストーリー』(畠山けんじ, 久保雅一、pp. 154)• The Magic Box. 2019年1月6日閲覧。 少女漫画誌『』でのコミカライズも始まったのもこの頃である。 また、『クリスタル』からは女の子の主人公を選択できるようになった。 その後は等のと合併してとなったが、ポケモンの分野に関してはKADOKAWAではなくメディアファクトリーの一部の社員が独立して設立したが引き継いでいる。 2013年4月2日• com 2014年7月11日. 2017年8月15日閲覧。 2015年08月09日 11時30分. 2017年8月15日閲覧。 ポケモン公式 2016年6月9日. 2017年8月15日閲覧。 ポケモン公式. 2017年8月15日閲覧。 、、2001年8月29日。 2004. 2004年8月6日• ロケットニュース24 ソシオコーポレーション. 2009年9月12日. の2017年2月2日時点におけるアーカイブ。 2017年1月26日閲覧。 (中国語)• 朝日新聞1999年1月14日朝刊第3社会面• 当初は地上波局であるSBSが放送しており、局内の審議規定に抵触しないよう削除された。 しかし削除エピソードが多くなった結果、半年単位と定められている放映権との整合性に問題が出たため、更に262話から276話がカットされ、最終的に無印編では合計34話放送されなかった。 AG編以降の韓国語版の放送は放映期間や内容に関して制限の少ないケーブルテレビ局が担うことになったため、未放送回は総集編などに留まっている。 [ ] 1999年11月24日• [ ] 1999年11月10日 セントピーターズバーグ・タイムズ• (ポケモンカードは「子供達を食い物にする」)2000年4月25日• ポケモンボールで窒息死した男の子の両親が告訴 1999年11月13日• 2014年4月11日 - (トルコはポケモンの番組に断固たる処置)、highbeam. com(、2000年12月13日の記事より)• 2007年8月28日時点のよりアーカイブ。 2007年11月5日閲覧。 2015年1月9日時点のよりアーカイブ。 2015年6月22日閲覧。 2005年2月23日時点のよりアーカイブ。 2007年11月5日閲覧。 2008年5月25日時点のよりアーカイブ。 2016年2月5日閲覧。 保坂修司、国際日本文化研究センター, 2007. 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - チャンネル• pokemon -.

次の

apps.axisphilly.org: ポケモンストア: おもちゃ: フィギュア, ぬいぐるみ, おもちゃ, 生活雑貨, 文房具, ポケモンカードゲーム など

ポケモン 販売

2020年07月16日 本日SR縛り福袋を販売致します! 1点のみのご用意となります。 内容や販売時刻等はヒミツなので是非探してみてください! ポケカ日替わり1円くじ本日分販売開始です! 本日は【エネルギー】です!お買い物ついでにいかがでしょうか? 大当たりはユニットエネルギー雷超鋼!• 2020年07月15日 【入荷情報】 只今高騰中の 入荷致しました!• 2020年07月14日 【入荷情報】 入荷しております!• 2020年07月13日 ポケカ日替わり1円くじ本日分販売開始です! 本日は【エネルギー】です!お買い物ついでにいかがでしょうか? 大当たりはユニットエネルギー雷超鋼!• 2020年07月12日 本日19時より ポケモンカードゲーム福袋を販売致します! 時間になりましたら販売開始となりますのでぜひご覧ください! 一例はtwitterにて公開中!• 2020年07月11日 ポケカ日替わり1円くじ本日分販売開始です! 本日は【鋼】です!お買い物ついでにいかがでしょうか? 大当たりはルカリオ&メルメタル!• 2020年07月10日 ,在庫補充と価格調整を行っております! 売り切れていた商品も再入荷中です!ぜひご覧ください!• 2020年07月08日 今週の売上ランキング! 1 2 3• 2020年07月07日 ポケカ日替わり1円くじ本日分販売開始です! 本日は【雷】です!お買い物ついでにいかがでしょうか? 大当たりはモルペコ!• クレジットカード VISA MASTERCARD Diners JCB アメリカン・エキスプレス• コンビニ決済 決済完了後、メールにて支払いに必要な番号等が送信されます。 それらの支払い情報を元に、全国のコンビニにてお支払いいただけます。 決済手数料220円で送料は別途発生します• 代金引換 決済手数料 330円(加算)を別途加算させて頂きます。 商品到着時に配達員にお支払い頂く方法です。 尚、お支払方法は現金のみとなります。 銀行振込 「楽天銀行」「ゆうちょ銀行」 手数料はご負担下さいませ。 キャリア決済 商品購入代金を、携帯料金とまとめてお支払できる決済方法です。 各キャリアの画面にて4桁の暗証番号入力だけで簡単に決済ができます。 Amazon Pay Amazonアカウントでログインするだけで、Amazonに登録済みの 住所やクレジットカード情報で注文できます。 paidy決済 1ヶ月分のご利用料金を、まとめて翌月10日までに、 お支払いいただくサービスです。 詳細につきましては、「」ページをご確認ください。 ポイントは1P=1円としてご利用いただけます。 [古物商許可証] 愛知県公安委員会 第541221202700号取得 株式会社フルアヘッド• 在庫管理は行っておりますが、他モールと在庫共有をしており販売等で商品が稀に欠品する恐れがございます。 その際の対応(お取引のキャンセル等)はメールにてご案内させて頂きます。 配送手続きや入金確認作業等は営業時間内に行っております。 予めご了承くださいませ。 万が一、遅れる場合は改めてご連絡させていただきます。 重ねてご了承くださいませ。 メールの届かない場合は、お手数をお掛け致しますがご連絡をお願いいたします。

次の