みずきの知。 女刑事みずき〜京都洛西署物語〜

みずきの女子知韓宣言が更新停止したので・・・

みずきの知

このたび引っ越しを決めました。 過去にさんざん要望されたのに、ほったらかしにしてた「もっとちゃんとカテゴリ分けして!」は、します。 こっちではやりかけては面倒になって放り出し、やりかけては面倒になって放り出してたんですが。 ・機能やデザインについての要望 (できるかどうかわかりません。 今やる気まんまんなんですが、主に私の知識・技術的な理由で。 調べてるうちいらっとして投げ出すパターンが多くてさ…) ・コメント欄にNGワードをつけたほうがいいでしょうか?つけるとしたらどういう単語? (迷ってるんですよね。 「チョン死ね!!」みたいなことを書き込む人が後を絶たないので。 そういう発言はホントにモチベが下がるのでやめて欲しいねん。 私のような性格の女子が、コメント欄から逃げちゃうよ。 ) ・その他、私への質問等がありましたら。 (なんでもいいよ!ただ、答えるのは答えたくなった質問だけね。

次の

大出 瑞月 プロフィール詳細|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会

みずきの知

33 ID:V6hwf0lu. net みずきファンは不安よな。 ワイ、動きます。 後継ブログ作っといたで。 05 ID:guhGWrW8. net 竹島問題を巡る韓国・北朝鮮の「自爆行為」 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は8日、日本が「わが民族の領土である独島(竹島)を自国の領土であると強弁を張っている」と非難する論評を配信した。 実際のところ、防衛白書には、この論評が指摘したような「文言」は「明記」などされてない。 ではなぜ、KCNAの論評はこんな内容になっているのか。 執筆者はまず間違いなく、インターネットで誰でも見ることのできる防衛白書の閲覧を許されていない。 その代わりに、防衛白書の同じ部分について報道した韓国メディアの記事を読んだのだろう。 たとえば東亜日報(日本語版)は9月28日付で、「日本、独島上空での衝突時に戦闘機出撃の可能性示唆」と報じており、 他のメディアも同様の伝え方をしている。 「示唆」としているところが、KCNAと違って正確だ。 ちなみに韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長は8日の国政監査で、与党議員から「日本の戦闘機が独島(竹島)上空など韓国領空を侵犯した場合はどう対応するか」問われ、 「定められたマニュアルに従って断固たる立場を示す」と答えている。 39 ID:6zOaZoal. net だね。 net 確かカイカイの初期にみずきかカイカイ管理人のどちらかがメールでのやり取りを書いてたよ。 01 ID:JZFklFfa. 02 ID:sW9Fv8kNO ほかにも幾つものあっち関連ブログやようつべが、stopしたり、いやがらせをうけているみたいですね。 学園内序列一位 学園生活部の輝ける太陽にして革命的部員愛の最高化身。 英雄的先軍ラブライバー 朝鮮関係とアニメ。 阪神ファン Translate bio??? 「農心」の場合も「ハウス食品」や「味の素」「伊藤園」など日本企業との関係が深いのだが、その「農心」が今年、それまで恒例になっていたソウル日本人学校による秋の工場見学を断ってきた。 学校関係者の話によると、日韓関係悪化に伴う反日機運のせいだという。 「農心」見学は毎年、盛りだくさんのお土産もあって人気だったという。 89 ID:25X5vKhC. 10 ID:7Wo7dyav. net みずきさんはこんな形で途中で投げ出す人ではありません。 余程の脅迫でもされたか、もしや命を落とされたのでは、と心配しています。 日本国内でこんなことが起こるなんて、信じられないし許しがたいのですが。 ご無事を心から祈っています。 ご無事で自由でさえあれば必ず復帰されると思います。 いえ、復帰されなくてもかまいません、信条に従ってよい人生を送られることでしょう。 29 ID:imPXnDoC. net 事故や病気で入院したならとっくに戻ってくるだろう。 net もう楽韓Webさんしか見てないわ NewsU. 41 ID:sp7unsjV. net 住所特定可能を示唆するブログあげてたからなあ。 探偵使えば特定は不可能ではない。 net 勝手な思い込みだけどブログ見てたら誠実なイメージがあったので、急に止まってここまで来たら本当に亡くなったのでは 心配ですね。 カイカイとみずきさん両方見るのが好きだったのだけど、今ではそんなことより生存が気になります。 20 ID:9adbJ3XA. net 見やすいサイトがありました。 net ただネットで記事を載せているだけだが、社会問題っていうか運動だというように勘違いしたストカーのようなものが付く。 まあ、この手の輩には関わらないほうがいい。 net まあ、どこの世界でもある一定数コロナじゃないが自警団はいる。 これはどうしようもない。 歩留まりの問題。 52 ID:blHHbe0W. net みずきさんのサイト運営 ブログ運営? みずきさんへの文句、削除などなどはかなり運営からもあったと思われる。 みずきさん個人? としても移籍か引退かを考え中なのかもしれない。 大陸寄りポリシーがあったにせよ、 お隣りの翻訳ブログは少ないので拠点移動のシンシアリー氏と共に継続されたら嬉しいのだが 一年たってこのままなら閉鎖と考えていいと思う。 48 ID:RfzZGh1a. net >1614. 47 KB 名前: E-mail 省略可 :.

次の

みずきの女子知韓宣言というサイトが女子を騙る意味は何ですか?サイトの管理...

みずきの知

来歴 1年生時、友人に誘われたの機に陸上部へ所属。 中学卒業後の4月、に入学。 同高校時代にはでに出場、でも活躍した。 にワコールに入社したが翌、会社と対立した監督のが、ら少数の選手を連れて辞任すると、野口もこれに従った。 一時はの求職者給付を受けながら現役を続行した。 、監督らとともにグローバリーに入社。 この年の犬山ハーフマラソンに優勝したのをきっかけに、を中心に取り組むようになる。 1999年の()では、1時間9分12秒で当時女子マラソン世界記録保持者のに続く2位に入り銀メダルを獲得、ので優勝するなどその活躍はめざましく、「ハーフの女王」として知られた。 の仙台国際ハーフマラソンでの優勝まで、ハーフマラソンでは34戦21勝である。 7月の・女子の部では、同年9月開催の女子マラソン日本代表に選出されたと競り合った。 だが野口は終盤で遅れ、高橋が1時間9分10秒で優勝し、野口は1分26秒差の3位だった(野口と高橋が公式レースでの対決は、同ハーフマラソンが唯一である)。 のちに高橋はシドニー五輪女子マラソンで陸上競技界において、日本人女性初の五輪金メダルを獲得した事により、野口は「自分も高橋選手のようにの女子マラソンで優勝したい」と思うようになる。 、将来フルマラソンを走るためのスピード強化の一環として、の女子にエントリー。 自己記録を更新して3位に入り、同年8月に行われる大会の代表に選出。 その世界陸上女子10000mでは13位に終わったが、この成績から「世界一を狙うならマラソンしかない」との確信を持ち、翌のマラソン初挑戦へと繋がった。 2001年、()にグローバリー代表(地区)として出場。 野口は第4区(11. 2 km)を区間1位・34分50秒で走り、また同代表チームを総合初優勝に導いた。 同年12月の()への初出場も果たし、野口は第3区(10. 0 km)を区間3位・32分21秒で走ったが、同チームは総合5位に留まった。 なお、グローバリー代表として同女子駅伝大会の出場は、この2001年が最初で最後となった。 初マラソン・アテネ五輪金メダル 2002年、初のフルマラソンとなったでは、中盤の25km過ぎで2位の、3位のらを引き離して独走し、初優勝を飾る。 しかし気温が20度近くと高かったため、記録は2時間25分台に留まり、当時の持つ初マラソン世界最高記録(2時間23分11秒)には届かなかった。 翌1月にはへ2回目のフルマラソンに出走。 途中で給水を2回取り損ねる失敗が有りながらも快走し、前年優勝者のらを相手に快速ペースの展開で次々と有力選手を先頭集団から振り落とし、当時日本歴代2位の2時間21分18秒で優勝。 2位の、3位のとともに、上位3人が2時間21分台と国内最高記録をマークした。 同年のパリ大会では、中盤までにピッタリとマークされ、何度も手足がぶつかるアクシデントに見舞われた。 レース後半30km過ぎにがスパートすると、野口を含め日本女子選手達は全くついていけず、徐々に引き離された。 ゴール直前では野口が少しずつ追い上げたが、19秒差で届かずヌデレバが優勝。 しかし野口が日本女子トップの2位に入り銀メダルを獲得したため、翌のアテネ五輪の代表に内定した。 千葉は3位に入り銅メダル獲得、坂本は4位入賞。 奇しくも同年1月の大阪国際女子マラソンの上位3選手が、そのまま2・3・4位となった。 2004年(日本時間23日)、の女子マラソンは、気温30度を超える酷暑の中でのレースとなった。 25km付近で野口がロングスパートを仕掛けると、優勝候補の世界記録保持者やヌデレバらの強豪選手達が遅れ始めた。 28km過ぎではただ一人ついていたもついていけずに後退し、野口の独走となった。 後半の32km辺りからゴールまで約10km続く下り坂に入ると、一旦遅れたヌデレバが追い上げて2位に上がり、ゴールに向け野口との距離を詰めるが、12秒の差で野口が逃げ切って優勝。 シドニー五輪の高橋尚子に続き、日本に2大会連続のオリンピック女子マラソン金メダルをもたらした。 記録は2時間26分20秒(は5位、坂本直子も7位で、日本勢は3選手とも入賞を果たした)。 日本記録更新・2大会連続五輪出場 開催のでは、2時間19分12秒の大会新記録を出して優勝(獲得賞金7万・約945万円)。 そして、この記録はが持っていたアジア記録、が前2004年のベルリンマラソンで出していた日本記録をともに更新し、当時のラドクリフ、ヌデレバの記録に次ぐ世界第3位であった(2019年時点では世界歴代12位)。 この記録は「走った距離は裏切らない」という言葉を胸に、毎日約40kmのランニング練習をこなしている成果である。 所属するグローバリーの不祥事により陸上部が廃部されたため、2005年付でに移籍した。 移籍後初の大会となったの第60回では、自己の日本記録を上回るタイムを出しながらも、に敗れて2位。 同年の札幌国際ハーフマラソンでは、中盤までとデッドヒートを繰り広げたが、その後引き離して終盤は独走、大会新記録で優勝を果たしている。 の女子マラソン代表選考レースである、開催のにエントリー、2年2か月ぶりのフルマラソン出走となった。 野口と同期生で前日本記録保持者の渋井陽子や、有力選手のとの優勝争いが予想されたが、レース後半の30km手前で渋井を引き離し、35kmで粘るコスゲイもスパートで競り落とし、35kmから40kmまで続く5kmの急な上り坂を過去最速となる初の16分台のラップタイム(16分55秒)で通過するなど、圧倒的な強さでこの難コースを完璧に攻略。 東京国際女子マラソンとしても大会新記録・大会初優勝を飾った。 また、この優勝により、日本選手として史上初めて東京・大阪・名古屋の国内三大女子マラソンを完全制覇した(海外選手では先にが国内三大女子マラソンを制覇している)。 2008年の理事会において、北京五輪女子マラソンへ正式に代表入りを果たし、2大会連続の五輪出場を決めていた(他代表選手は土佐礼子、)。 2008年の(三重県代表・9区10km)以来の公式戦(原因不明のにより2レースを欠場)となった、同年の仙台国際ハーフマラソンは、昨年の大会の自己記録を29秒上回るタイムで2連覇を達成した。 しかし本レース以降は2年以上にわたり、公式レースから遠ざかることとなった。 北京五輪欠場 野口はアテネ五輪以降、ケガの闘いにも苦しむようになる。 2006年のベルリンマラソンへ出場を予定していたが、練習中左足首の故障のために断念。 その後、翌2007年4月のにも出場予定だったが、左足首(アキレス腱)の故障が再発し、又もマラソンを回避。 2004年アテネ五輪後から2008年北京五輪前のフルマラソン出走は2005年9月のベルリンと、2007年11月の東京国際女子の2レースのみであった。 北京五輪女子マラソン本番前の2008年、合宿先の・から緊急帰国。 診断の結果、左足太股のを起こしている事が判明。 数日間様子を見たが痛みが引かないため、同年本番の北京オリンピック女子マラソンへは、レース前のに出場辞退を表明。 オリンピックで史上初となる、女子マラソン種目での五輪2連覇の夢は潰える事となった(代表だったも故障により欠場)。 野口が欠場した北京五輪女子マラソン日本代表の他2選手の成績は、中村友梨香がひとり完走するも13位、土佐礼子は途中棄権に終わる惨敗だった。 五輪女子マラソンで日本代表がメダル・入賞ゼロは、以来20年ぶりであった。 2008年の世界ハーフマラソン選手権()も欠場。 その後、怪我の回復が遅れて練習を積めず、レース復帰の目処の立たない日々が続き、また4月には監督の藤田から「勧告」を受けていたという報道もなされていた。 、2年5か月ぶりの公式レース復帰となる、(・)にシスメックス代表(関西地区)として出走。 第3区(10. 5 km)を区間5位・34分15秒で走り、同代表チームは総合3位に入る。 さらに、同年12月の全日本実業団対抗女子駅伝競走大会への出場権も獲得した(シスメックス代表では初出場だが、野口自身は2001年にグローバリー代表で出走して以来9年ぶり)。 しかし、全日本実業団女子駅伝の本番レースでの野口は第3区(10. 0 km)を担当するも、39度のと左足首のによる体調不良が響いて区間20位・34分00秒も掛かってしまい、結局同チームは総合14位に終わった。 以降は再び故障の治療に専念していたが、10か月ぶりに開催の実業団女子駅伝西日本大会に出場。 第3区(10. 5 km)で区間1位・32分25秒と久々に快走、チーム総合2位の成績に貢献した。 同駅伝大会のレース後、女子マラソン代表選考会である、翌開催予定の大阪国際女子マラソンに出場する意向を明らかにした。 3年7か月ぶりのハーフマラソン出場となった、2011年のではスタート直後から先頭に立ったが、9Km地点を過ぎて優勝したらについていけず失速、結局5位に留まった。 その後・でを積んでいたが、日本帰国直前の2012年、再び左足に違和感を覚えて帰国後検査を受けた所、左太股裏の軽度の炎症と診断。 結果大阪国際女子マラソンへの欠場を表明、同年開催で国内最終選考会・への出場で、ロンドン五輪を目指す事となった。 4年4か月振りのフルマラソン出走となった2012年の名古屋ウィメンズマラソンでは、一時敢えての前に出る積極性を見せるも、17Km付近で「左膝が抜けるような感じ」ので先頭集団から脱落し、一時30秒近く離された。 しかしそこから驚異的に追い上げ、29Km過ぎで集団に追いつき先頭を引っ張るシーンも見せたが、34Kmでついに力尽き優勝争いから脱落。 奇跡の復活は起こらず6位に留まり、ロンドン五輪日本代表入りは絶望となったが 、「まだやれる」と実感した野口は感激の涙を流しながらのゴールインとなった。 世界陸上モスクワ大会 ロンドン五輪落選後も現役続行を宣言した野口だったが、2012年の仙台国際ハーフマラソンは体調不良のため欠場。 同年、で開催のハーフマラソン大会に出場、4位に終わるも「後半にアクシデントもあったが、まずまずの手応え」と納得のコメントだった。 今後は翌女子マラソン代表選出を目指す意向を表明した。 しかし、2013年の同世界陸上の選考レースだった大阪国際女子マラソンは、急性の回復が遅れ2年連続でスタートラインに立てなかった。 2013年、世界陸上の国内最終選考会である名古屋ウィメンズマラソンで1年ぶりにフルマラソンに出場。 前半から集団を引っ張るなどの積極的なレースをするものの、35. 5kmで・のロングスパートに対応できず徐々に離された(木崎が優勝し世界陸上即内定)が、最後まで粘り切り2時間24分05秒の好タイムで3位入賞。 同世界陸上の代表が自動的に決まる2時間23分台以内には届かなかったが有力候補の一人となり、ゴール後の会見では「全盛期と同じように強気な走りができた」と笑顔でコメント。 同年、世界陸上のモスクワ大会マラソン代表が発表。 女子マラソンは「最近の不振への引き締め」(陸連)と代表派遣が3人のみ絞られた(最大5枠)が、木崎良子・福士加代子と共に、自身10年ぶりの世界陸上選手権女子マラソン代表に選ばれた。 その後同年には、前年欠場した仙台国際ハーフマラソンに出場。 9km過ぎにを引き離し、2位に1分近くの差をつけて、ハーフマラソンで約5年ぶりとなる優勝を果たした。 レース後の野口は「優勝は出来ましたが、目標の1時間8分台・9分台のタイムが出せず悔しいです。 気持ちを切り替えて世界選手権に向けて頑張りたい。 完全復活にも少し近づけたと思います。 」と述べていた。 同年8月10日に開催された世界陸上モスクワ大会・女子マラソンに出場。 気温30度を超える過酷な気象条件の中、レース序盤は福士加代子らと先頭集団についていたが、10Km手前で集団から遅れ始める。 12Km過ぎでは木崎良子にも抜かれ、8・9位付近でレースを続けるも、30Km手前で太ももに痛みが走り、止まってしまう。 その後レースを再開し、走行と歩行を繰り返していたが、33Km付近で・日本陸連男子マラソン部長に走るのを制止され、無念の途中棄権に終わった(救急車で医務室へ運ばれ、軽いと診断される。 福士は3位入賞・銅メダル獲得、木崎は4位入賞)。 リオ五輪代表落選 2014年、女子マラソンの選考レースだった大阪国際女子マラソンは、右大腿部疲労骨折の診断により、同大会3年連続でエントリーしながらも結局は欠場。 その後も怪我の影響などで満足にトレーニング出来ない日々が続く中、「8月の出場を目指す」と公言するも、女子マラソンの国内選考会は、名古屋ウィメンズマラソン等を含め全て回避、リオ五輪へは翌度の国内選考会で勝負する事を表明した。 2016年、大阪国際女子マラソンと同時開催の・女子の部に出場するも、リオ五輪女子マラソン日本代表内定者で、女子優勝のに3分以上遅れの6位でゴール。 その後野口自ら「私がオリンピックを目指すのはリオが最後。 名古屋(ウィメンズマラソン)でダメならこれで引退かも知れない」と涙ながらにコメントした。 リオ五輪へのラストチャンスを賭けて、2016年の名古屋ウィメンズマラソンに出場したが、序盤の5Km過ぎで早々先頭集団から脱落。 その後もペースは上がる事無く優勝争いに加われないまま、結果2時間33分台の23位と記録・順位共ワーストに終わり、リオ五輪女子マラソン日本代表選出はならなかった。 それでもゴール後の野口は「30Km過ぎから走っている人から沿道まで私をずっと応援してくれて、花道のようだった。 愛されていたんだな、としみじみ感じていた」と涙ぐみながらも笑顔でインタビューに応えつつ 、「今後は分からないが、悔いの残らないレースができた。 モスクワで棄権した事が心に残っていたので、ゴール出来て良かった」と完全燃焼出来た事を強調していた。 現役引退後 2016年、現役引退する意思を明らかにしたことが報道され 、翌に所属チームの本拠地がある神戸市で引退記者会見を行った。 その席で野口は「ワコールに入社した時『足が壊れるまで走りたい』と言った。 本当に自分が納得する迄走り切れた。 すがすがしい気持ち」「2年前から心と体のバランスが悪くなった。 思うようにトレーニングが出来ず、その辺りから引退が頭の中にあった」と、安堵の笑みを浮かべながらコメント。 但し引退後の指導者転向は否定、また所属先のシスメックスを退社し「出来る範囲内で陸上に携われば。 陸上界に恩返しがしたい」と今後についてのビジョンを語っていた。 尚、野口が引退する迄指導し続けた総監督も、付でシスメックスを退社している。 同年、3日前のに野口の故郷・三重県伊勢市で、一般男性と結婚式を挙げた事を公表した。 その後、夫が・に仕事の都合で転勤になったことから、野口自身もの上海市に移住した。 、にある内に開業したランニングステーション「tonarino(トナリノ)」のに就任した。 、かつてワコール・グローバリー所属の先輩選手だった真木(のち山岡)和が、により49歳の若さで死去。 野口は翌10月19日、真木の自宅・へ弔問に訪れ、「昔の仲間と一緒に、最後のお別れをしました。 2017年の秋、岩谷産業の寮の内覧会でお会いした時は元気でしたが」とショックを隠せず、「真木先輩に憧れ、苦楽を共にして。 大事な試合でも合宿でコーチングして貰いました。 気持ちが強い先輩なので(病気の事は)表には出されていませんでした」と、追悼のコメントを述べていた。 2019年現在は大阪に在住し、のアドバイザーとして、広瀬監督のもと不定期で指導している。 、の聖火リレーにおいて日本人最初の聖火ランナーとしてのを走る。 主なレースデータ マラソン女子日本記録• 2時間19分12秒: 5 km 10 km 15 km 20 km ハーフ 25 km 30 km 35 km 40 km ゴール タイム 16:24 32:53 49:22 1:05:43 1:09:19 1:22:13 1:38:49 1:55:26 2:11:53 2:19:12 スプリット 16:24 16:29 16:29 16:21 16:30 16:36 16:37 16:27 7:19 フルマラソン 年月 大会 順位 記録 備考 2002年03月 優勝 2時間25分35秒 初マラソン 2003年01月 優勝 2時間21分18秒 大会記録、日本国内最高記録 2003年08月 2位 2時間24分14秒 アテネ五輪内定 2004年08月 優勝 2時間26分20秒 日本選手二人目の五輪女子マラソン優勝 2005年09月 優勝 2時間19分12秒 世界歴代3位 当時 、大会記録 当時 、アジア最高記録、日本最高記録 2007年11月 優勝 2時間21分37秒 大会記録 2008年08月 記録なし 故障により欠場 2012年03月 6位 2時間25分33秒 2013年03月 名古屋ウィメンズマラソン 3位 2時間24分05秒 2013年08月 記録なし 軽い熱中症により33Km付近でリタイア 2016年03月 名古屋ウィメンズマラソン 23位 2時間33分54秒 現役ラストラン フルマラソン以外 年月 大会 順位 記録 備考 02月 優勝 1時間10分16秒 1999年03月 2位 1時間11分56秒 ハーフマラソン 1999年07月 2位 1時間10分01秒 ハーフマラソン 1999年08月 3位 1時間15分19秒 ハーフマラソン 1999年10月 2位 1時間09分12秒 ハーフマラソン、・(開催地) 1999年11月 優勝 1時間08分30秒 ハーフマラソン 07月 札幌国際ハーフマラソン 3位 1時間10分36秒 ハーフマラソン 2000年08月 士別ハーフマラソン 優勝 1時間13分26秒 ハーフマラソン 2000年11月 世界ハーフマラソン選手権 4位 1時間11分11秒 ハーフマラソン、・(開催地) 2000年12月 優勝 1時間09分44秒 ハーフマラソン 03月 優勝 1時間08分45秒 ハーフマラソン 2001年05月 優勝 1時間11分18秒 ハーフマラソン 2001年06月 3位 31分51秒13 2001年07月 札幌国際ハーフマラソン 2位 1時間09分51秒 ハーフマラソン 2001年08月 大会 13位 32分19秒94 10000m 2001年10月 世界ハーフマラソン選手権 4位 1時間08分23秒 ハーフマラソン、 (開催地) 2001年11月 名古屋ハーフマラソン 優勝 1時間08分28秒 ハーフマラソン、大会記録 01月 優勝 1時間08分22秒 ハーフマラソン 2002年05月 世界ハーフマラソン選手権 9位 1時間09分43秒 ハーフマラソン、 (開催地) 2002年08月 優勝 1時間09分49秒 ハーフマラソン、大会記録 2002年09月 2位 1時間10分06秒 ハーフマラソン、イギリス (開催地) 2003年03月 全日本実業団ハーフマラソン 優勝 1時間08分29秒 ハーフマラソン 2003年11月 優勝 1時間09分52秒 ハーフマラソン 2003年12月 山陽女子ロードレース 優勝 1時間10分04秒 ハーフマラソン 01月 宮崎女子ロードレース 優勝 1時間07分47秒 ハーフマラソン、大会記録 2004年02月 優勝 1時間39分09秒 30 km、日本最高記録 2004年04月 大会 4位 31分21秒03 10000m、自己最高記録・日本歴代8位(当時) 02月 1時間13分07秒 ハーフマラソン、ゲストランの為、順位なし 2005年07月 札幌国際ハーフマラソン 3位 1時間09分46秒 ハーフマラソン 02月 香川丸亀ハーフマラソン 2位 1時間07分43秒 ハーフマラソン、自己最高記録・日本歴代2位 2006年03月 全日本実業団ハーフマラソン 優勝 1時間08分49秒 ハーフマラソン 2006年07月 札幌国際ハーフマラソン 優勝 1時間08分14秒 ハーフマラソン、大会記録 2006年11月 優勝 1時間09分03秒 ハーフマラソン、大会記録 01月 宮崎女子ロードレース 優勝 1時間08分30秒 ハーフマラソン 2007年05月 優勝 1時間08分54秒 ハーフマラソン 2007年07月 札幌国際ハーフマラソン 優勝 1時間08分22秒 ハーフマラソン 05月 仙台国際ハーフマラソン 優勝 1時間08分25秒 ハーフマラソン 12月 山陽女子ロードレース 5位 1時間10分48秒 ハーフマラソン 09月 ロックンロール・・ハーフマラソン 4位 1時間12分20秒 ハーフマラソン、ポルトガル (開催地) 05月 仙台国際ハーフマラソン 優勝 1時間10分36秒 ハーフマラソン 3月 リスボン・ハーフマラソン 15位 1時間19分07秒 ハーフマラソン 1月 6位 1時間13分28秒 ハーフマラソン エピソード・その他• (女子10000m)と(女子マラソン)の日本代表選手だった、(現姓:山岡)が所属するワコールに入社。 現在の真木は現役引退後、結婚して一児の母となったが、時折野口の出走するレースの応援に駆けつける事があった。 アテネオリンピックの優勝決定の後、野口は右足のマラソンシューズを脱ぎ、右にをしていた。 それは野口のシューズを製作した、当時所属のに対するお礼と感謝の意味だった、と野口自ら説明している。 それでもその靴にキスをしたシーンは、「靴の中の匂いを嗅いでいたのか? 」とされる事も多かったという。 しかしその直後野口は、気温35度前後の猛暑と五輪史上最難関コースの呼び声の高い、アテネ五輪の女子マラソンを戦ったダメージからか、軽いと症状により、医務室へ運ばれた(ほか銀メダルのヌデレバをはじめ、医務室へ運ばれた選手が多く出た)。 それから数分後回復してからの五輪優勝では、前回シドニー五輪金メダリストの高橋尚子は「凄く楽しい42キロでした」と笑顔で締め括ったが、野口は対照的に時折声を詰まらせながら「もう…幸せです…有り難う御座います…」と、嬉し涙を流しながらコメントしていた。 名前の由来は落葉高木の「」から。 2004年年末恒例ののでは特別審査員として出演(が『』を歌う際、紅組司会のアナウンサーは曲紹介で、野口の名前の由来である事については一言も述べなかったが、間奏部分では画面に野口のアップが映された)。 に長野市で行われた、日本におけるリレーの最終走者をつとめた。 北京オリンピック後の2008年、でトークショーに出席した(公の場に登場したのは北京五輪前のにスイス合宿への出発以来3か月ぶり)。 トークショーの司会者は北京五輪の話題を避けようとしたが、その後野口自らあえて五輪欠場の話題を口にする。 その席で野口は「北京五輪を故障で欠場してしまい、申し訳無い気持ちで一杯です。 藤田監督と広瀬(永和)コーチが批判されていたが、それでも私を守ってくれました。 故障の原因はやっぱり自分だったので…」と語ると、思わず涙で言葉を詰まらせた。 それでも最後は笑顔で「次の大きな目標は2012年のロンドンオリンピックですが、今は早く故障を治して、次のレースで元気な姿を見せられるように頑張ります」と気丈に語っていた。 2016年3月の名古屋ウィメンズマラソンで23位で完走した野口は、ゴール後に同大会のゲスト解説者だった高橋尚子と対面。 高橋が涙しながら野口を「よく最後まで頑張ったね」と称えつつ抱擁した際に、野口からは「今まで言えなかったんですけど、私ずっと高橋さんが憧れでした。 金メダルを獲れたのも日本記録を出せたのも、ずっと追いつけない存在があったから。 今の私があるのは高橋さんのおかげです」等と高橋に対し全ての思いを明かし、二人で号泣したという。 それから1か月後の同年4月、野口が現役引退表明した後の高橋は「お疲れ様でした。 常に全力で走り続ける姿は、多くの人達に刺激や感動を与えてくれました。 長い間マラソン界を率いてくれて有難う。 マラソン界に刻まれた功績は輝き続けるでしょうし、みずきちゃんの今後の人生も金メダル同様輝く事を願っています」と労いの言葉を贈っていた。 大の好きとして知られる(のマグロ業者より1年分のマグロをプレゼントされた)。 座右の銘 「 走った距離は裏切らない」• - (アテネ五輪特集・陸上)• - スポニチ• - デイリースポーツ• - 河北新報• - スポニチ• - 毎日新聞2013年3月10日• スポーツナビ 世界陸上:女子マラソン 2013年8月11日閲覧• 産経WEST 大阪国際女子マラソン 2014年1月16日閲覧• スポニチ デイリーフォト一覧(スポーツ) 2015年2月7日閲覧• スポニチ 2016年2月1日閲覧• スポーツナビ 2016年3月13日記事• 日刊スポーツ 2016年3月14日記事• スポニチ 2016年3月13日閲覧• スポニチ 2016年3月14日閲覧• Sponichi ANNEX. 2016年4月14日. 2016年4月14日閲覧。 スポニチ 2016年4月16日記事• スポニチ 2016年6月1日記事• シスメックス女子陸上競技部 2016年7月7日記事• スポーツ報知. 2016年11月19日. 2016年11月19日閲覧。 日刊スポーツ 2017年4月27日. 2017年4月27日閲覧。 日刊スポーツ 2018年10月25日記事• - Sportnavi• - スポニチ• - デイリースポーツ• - デイリースポーツ• - 上田市ホームページ• - 関連項目• 外部リンク• - 野口みずき所属• - のプロフィール (英語)• - の選手名鑑•

次の