タイム マシーン 歌詞。 【和訳/歌詞】Time Machine タイムマシーン Alicia Keys アリシア・キーズ~一度あなたの心を自由にしてみて全ての中に美しさがあるの

タイムマシンにおねがい サディスティック・ミカ・バンド 歌詞情報

タイム マシーン 歌詞

ド派手なメイクをしてた ロックスターでさえ 月日が経ってみりゃ ジェントルマン 時が苦痛ってのを 洗い流すなら タイムマシーンに乗って 未来にワープしたい 前略 宮沢賢治様 僕はいつでも 理想と現実があべこべです 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」 優しく強く 無欲な男 「ソウイウモノ」を目指してたのに 管理下の教室 コヤ で 教科書を広げ 平均的をこよなく愛し わずかにあるマネーで 誰かの猿真似 それが僕たちの世代です How do you feel? どうか教えておくれ この世に生まれた気分はどんなだい? How do you feel? 飽食の土地で 優雅に息する気分はどんなだい? 人生はアドベンチャー たとえ踏み外しても 結局楽しんだ人が 笑者です 前略 ルイ・アームストロング様 次の世代にも しゃがれた声で歌ってやってくれ 心を込めて「ワンダフルワールド」 恋の名の元に 少女は身を売り プライドを捨てブランドを纏った マスコミがあおりゃ 若さに媚売る 時代の着せ替え人形です How do you feel? どうか答えておくれ この地で死にゆく気分はどんなだい? How do you feel? 安定した暮らしに 老いてくだけの自分ならいらんのだ 侵略の罪を 敗戦の傷を アッハッハ 嘲笑うように 足並み揃えて 価値観は崩壊してる オットット こりゃまるでタイトロープダンシング 君に幸あれ きっと明日は晴れ 本心で言えるならいいですね How do you feel? どうか教えておくれ この世に生まれた気分はどんなだい? How do you feel? どうか水に流してくれ 愚かなるこのシンガーのぼやきを How do you feel? どうか教えておくれ この地で死にゆく気分はどんなだい?

次の

タイムマシーンにのっての歌詞・楽曲情報

タイム マシーン 歌詞

簡単に経緯を説明すると、 ・人種差別に抗議するために試合前の国歌斉唱中の起立を拒否した、元NFLのスター選手のコリン・キャパニック ・コリン・キャパニックはその後、抗議行動が問題となり、リーグから追放される。 ・ナイキは、そんなコリン・キャパニックをブランドのタレントとして打ち出し、広告を掲出する。 ・政治的なイデオロギーが絡む問題から、ナイキに対して不買運動が行われる ・しかし、ナイキの姿勢を評価し、支持する人たちが多く声を上げ、ナイキのブランドイメージが向上した というお話。 この、ナイキの事例から今、世界中で 「ブランドには一気通貫した信念(パーパス)が必要である」という流れが生まれている。 自分の中に信念を持ち、すべてを失ったコリン・キャパニック。 彼の行動を称賛することによって、批判を浴びるものの、 途中で変えることなく貫いたナイキ。 この姿に、生活者は心を打たれたのだ。 信念(パーパス)を貫くこと、 それは、批判を浴びるとしても、変えてはいけないもの。 この流れを受けて、 「そのブランドが信じていて、実現しようとする未来は何か」を設計することが、今の時代のコミュニケーション・プランニングに求められている…とかそういうお話です。 僕の理解では。 === 最近、タイムマシーン3号のしくじり先生を見た。 DVD特典での映像らしいが、このしくじり先生は素晴らしかった。 マーケティング関連のお仕事をしている人で、 お笑いが好きで、 特に爆笑オンエアバトルが好きだった人なら、 必ず見るべきだと思う。 そんなクラスターがこの世の中にどれだけいるのかは分からないけど。 タイムマシーン3号とは、2人組の漫才コンビ。 テンポの良い漫才とキャラクター性で数々の賞レースで結果を残してきた。 例えば、 ・M-1ファイナリスト(2005年7位、2015年4位) ・キングオブコントファイナリスト(2016年4位) ・爆笑オンエアバトル チャンピオン 売れっ子芸人、という訳ではないものの、 見たことある人が多くいるはずだ。 (え、そうだよね。。。 ) 賞レースでの輝かしい成果を誇る彼らだが、 彼らは芸人仲間から 「タイムマシーン3号みたいにだけはなりたくない」と言われる始末。 それはなぜなのか? 彼らのしくじり。 それは 「客に媚びすぎた」という問題だった。 客受けを最優先し、 誰でも笑えるキャラクターと嫌みのないネタで輝かしい功績を残してきた彼らは、自身のことを 「媚びるマシーン3号」とまで卑下する。 媚びることの問題は何なのか? そもそも芸人において、媚びるとは何なのか。 彼らは「媚びる」という言葉を、 「客受けを最優先にする、客から印象の良いイメージを持ってもらうため戦略的になる」という意味で使っているように見受けられた。 顧客第一主義で、顧客の笑いを最優先し、 また愛されるためのキャラクターづくりをする。 一見すると、何も問題が無いようにも思える。 しかし、番組中で彼らは、媚びることによる弊害をこんな風に紹介していた。 今、ウケるものを抽出してネタを作ることで、ネタに一貫性がなくなる。 自分たちの姿を客観的にみて、客受けだけを取るピエロのように感じた。 爆笑オンエアバトルという、客受けを定量化できる番組が存在することによって、彼らは「客受け」というKPIを元に、自身のネタを、言動を、改善していくのだった。 ここで平成ノブシコブシ吉村がこんな発言をする 「売れるためには 『客』『同業者』『業界人(メディア)』の3つのうち、2つから好かれる必要がある。 このお話は、非常に示唆深いなと感じた。 === また冒頭のマーケティング的な話も戻したい。 企業のブランドの世界の中でも、 タイムマシーン3号と同じような現象が存在する。 マーケティング担当者が顧客第一主義を掲げて アンケートなどの定量調査、インタビューによる定性調査を通して、顧客の声を集める。 それらの声を分析し、客観的にブランドの立ち位置や課題を抽出し、解決策を考え、実行する。 まさに、 「ブランドの媚びるマシーン3号状態」だ。 お笑い界での『客』『同業者』『業界人(メディア)』と同じように、 マーケティングでも抑えなければいけない要素があるのだと思う。 (短期的な購買欲求を刺激できているか、中長期的なブランドポジションはどうなるのか、的な視点) 見なければいけないKPIを単純化してしまうと、愛されるブランドになることができないのだ。 === 客に媚びずに、信念(パーパス)を持ってコミュニケーションをすること。 それは、決して、客の声を無視しろという話ではない。 客の声を吸収して、反映させることは大切である。 ただ、大切なのは、 「真ん中に自分が信じられるモノがあるのか」という問題だと思う。 どんな絵を描いたって、どんな文章を書いたって、どんなビジネスをしたって、どんなネタをしたって。 真ん中に「絶対に自分が信じられるモノがあるか」芸人も、タレントも、ブランドも、人も、パーパスが重要だ。 パーパスがないと、そう 「みんなに好かれようとしてみんなに嫌われる」という状態に陥るのだ。 今回のタイムマシーン3号を見て、僕は強く感じた。 ==== 爆笑オンエアバトルは、僕が子供の頃、一番好きな番組だった。 この番組で活躍する、タイムマシーン3号、磁石、三拍子といったメンバーが、M-1といったお笑いイベントで全く活躍できなかったことがずっとずっと、謎だったし 、正直言えば、不満だった。 なんでいつもお客さんから人気で爆笑を取っている彼らが、決勝の舞台に上がれないのだろう。 その当時はまだ全然売れていなかった千鳥の癖のある漫才がファイナリストに選ばれる理由が分からなかった。 そして、爆笑オンエアバトルを毛嫌いしているダウンタウンの松本を始めとした芸人たちの声が、理解できていなかった。 だけど、今になって、彼らが言っていたことや、 千鳥の漫才がM-1予選の審査員に評価されていたこと、 その意味が分かるようになった。 欲しいと思っているものを提供するだけではダメなこと。 本当に新しいものを見ると、誰も反応できないということ。 最初は理解されなかったとしても、 真ん中の信じることだけはブラさずに持っているということ。 逆に言うと、真ん中以外はブラしまくってよいということ。 あまりにタイムマシーン3号が面白かったので、 つらつらと書いてしまいました.

次の

CHARA タイムマシーン LYRICS

タイム マシーン 歌詞

簡単に経緯を説明すると、 ・人種差別に抗議するために試合前の国歌斉唱中の起立を拒否した、元NFLのスター選手のコリン・キャパニック ・コリン・キャパニックはその後、抗議行動が問題となり、リーグから追放される。 ・ナイキは、そんなコリン・キャパニックをブランドのタレントとして打ち出し、広告を掲出する。 ・政治的なイデオロギーが絡む問題から、ナイキに対して不買運動が行われる ・しかし、ナイキの姿勢を評価し、支持する人たちが多く声を上げ、ナイキのブランドイメージが向上した というお話。 この、ナイキの事例から今、世界中で 「ブランドには一気通貫した信念(パーパス)が必要である」という流れが生まれている。 自分の中に信念を持ち、すべてを失ったコリン・キャパニック。 彼の行動を称賛することによって、批判を浴びるものの、 途中で変えることなく貫いたナイキ。 この姿に、生活者は心を打たれたのだ。 信念(パーパス)を貫くこと、 それは、批判を浴びるとしても、変えてはいけないもの。 この流れを受けて、 「そのブランドが信じていて、実現しようとする未来は何か」を設計することが、今の時代のコミュニケーション・プランニングに求められている…とかそういうお話です。 僕の理解では。 === 最近、タイムマシーン3号のしくじり先生を見た。 DVD特典での映像らしいが、このしくじり先生は素晴らしかった。 マーケティング関連のお仕事をしている人で、 お笑いが好きで、 特に爆笑オンエアバトルが好きだった人なら、 必ず見るべきだと思う。 そんなクラスターがこの世の中にどれだけいるのかは分からないけど。 タイムマシーン3号とは、2人組の漫才コンビ。 テンポの良い漫才とキャラクター性で数々の賞レースで結果を残してきた。 例えば、 ・M-1ファイナリスト(2005年7位、2015年4位) ・キングオブコントファイナリスト(2016年4位) ・爆笑オンエアバトル チャンピオン 売れっ子芸人、という訳ではないものの、 見たことある人が多くいるはずだ。 (え、そうだよね。。。 ) 賞レースでの輝かしい成果を誇る彼らだが、 彼らは芸人仲間から 「タイムマシーン3号みたいにだけはなりたくない」と言われる始末。 それはなぜなのか? 彼らのしくじり。 それは 「客に媚びすぎた」という問題だった。 客受けを最優先し、 誰でも笑えるキャラクターと嫌みのないネタで輝かしい功績を残してきた彼らは、自身のことを 「媚びるマシーン3号」とまで卑下する。 媚びることの問題は何なのか? そもそも芸人において、媚びるとは何なのか。 彼らは「媚びる」という言葉を、 「客受けを最優先にする、客から印象の良いイメージを持ってもらうため戦略的になる」という意味で使っているように見受けられた。 顧客第一主義で、顧客の笑いを最優先し、 また愛されるためのキャラクターづくりをする。 一見すると、何も問題が無いようにも思える。 しかし、番組中で彼らは、媚びることによる弊害をこんな風に紹介していた。 今、ウケるものを抽出してネタを作ることで、ネタに一貫性がなくなる。 自分たちの姿を客観的にみて、客受けだけを取るピエロのように感じた。 爆笑オンエアバトルという、客受けを定量化できる番組が存在することによって、彼らは「客受け」というKPIを元に、自身のネタを、言動を、改善していくのだった。 ここで平成ノブシコブシ吉村がこんな発言をする 「売れるためには 『客』『同業者』『業界人(メディア)』の3つのうち、2つから好かれる必要がある。 このお話は、非常に示唆深いなと感じた。 === また冒頭のマーケティング的な話も戻したい。 企業のブランドの世界の中でも、 タイムマシーン3号と同じような現象が存在する。 マーケティング担当者が顧客第一主義を掲げて アンケートなどの定量調査、インタビューによる定性調査を通して、顧客の声を集める。 それらの声を分析し、客観的にブランドの立ち位置や課題を抽出し、解決策を考え、実行する。 まさに、 「ブランドの媚びるマシーン3号状態」だ。 お笑い界での『客』『同業者』『業界人(メディア)』と同じように、 マーケティングでも抑えなければいけない要素があるのだと思う。 (短期的な購買欲求を刺激できているか、中長期的なブランドポジションはどうなるのか、的な視点) 見なければいけないKPIを単純化してしまうと、愛されるブランドになることができないのだ。 === 客に媚びずに、信念(パーパス)を持ってコミュニケーションをすること。 それは、決して、客の声を無視しろという話ではない。 客の声を吸収して、反映させることは大切である。 ただ、大切なのは、 「真ん中に自分が信じられるモノがあるのか」という問題だと思う。 どんな絵を描いたって、どんな文章を書いたって、どんなビジネスをしたって、どんなネタをしたって。 真ん中に「絶対に自分が信じられるモノがあるか」芸人も、タレントも、ブランドも、人も、パーパスが重要だ。 パーパスがないと、そう 「みんなに好かれようとしてみんなに嫌われる」という状態に陥るのだ。 今回のタイムマシーン3号を見て、僕は強く感じた。 ==== 爆笑オンエアバトルは、僕が子供の頃、一番好きな番組だった。 この番組で活躍する、タイムマシーン3号、磁石、三拍子といったメンバーが、M-1といったお笑いイベントで全く活躍できなかったことがずっとずっと、謎だったし 、正直言えば、不満だった。 なんでいつもお客さんから人気で爆笑を取っている彼らが、決勝の舞台に上がれないのだろう。 その当時はまだ全然売れていなかった千鳥の癖のある漫才がファイナリストに選ばれる理由が分からなかった。 そして、爆笑オンエアバトルを毛嫌いしているダウンタウンの松本を始めとした芸人たちの声が、理解できていなかった。 だけど、今になって、彼らが言っていたことや、 千鳥の漫才がM-1予選の審査員に評価されていたこと、 その意味が分かるようになった。 欲しいと思っているものを提供するだけではダメなこと。 本当に新しいものを見ると、誰も反応できないということ。 最初は理解されなかったとしても、 真ん中の信じることだけはブラさずに持っているということ。 逆に言うと、真ん中以外はブラしまくってよいということ。 あまりにタイムマシーン3号が面白かったので、 つらつらと書いてしまいました.

次の