ウォルター オブライエン。 スーパー!ドラマTV 海外ドラマ:SCORPION/スコーピオン

Walter O'Brien

ウォルター オブライエン

シルヴェスターがミッション失敗までのタイムリミットを視聴者に提示するだけの装置になりがちでこいついっつも時間計算してんなと気付く。 土壇場でワガママ発揮して視聴者ポカーンなウォルター、ハードな環境に行く場合でもいつもスーツのケイブ、行動心理学者のスキルを発揮する事なく手伝いで終わるトビー、一番活躍するが数十分で現場で工具を作り上げるハッピー、タイムリミット通知とウォルター以上のワガママで視聴者をイラつかせるシルヴェスター。 まともなのはペイジだけでキャラクター設定と脚本が全体的に雑。 もう少し練ってほしい。 全体的に登場人物に全てを喋らせすぎている。 画面外で何も動かない。 全て画面内で進行し全てセリフで状況が説明される。 最初に挙げたパターンに沿ってストーリーが進行し、トラブルが起こるたびに一々セリフで状況の説明と事細かに解決策が説明される。 結果セリフ量が多いだけで薄っぺらいし中身が無い。 登場人物にセリフで全部説明させるのは下手くそって昔から言われてるから。 IQ700の天才集団のストーリーだが書いている脚本家は間違いなくIQ70の凡人以下だ。 ストーリー自体は面白いがかなり早い段階で粗に気付く作品。 CSでチャンネル変えてて偶然見る程度なら見れる内容だがシーズン単位で見るのはおすすめ出来ない。 なんでシーズン4まで続いたのか理解に苦しむ 地殻変動により太古の巨大蠍がよみがえる!。 「キングコング」のウィリスH. オブライエン特撮による1957年の巨大怪獣映画。 巨大蠍怪獣の群れが列車を襲撃、獲物をめぐって蠍たちが格闘を始めるシーンや残った一匹が軍隊と応戦するシーンなど迫力ある特撮場面がバンバン出てきます!。 この作品は本物の蠍を合成したりは一切無し、すべてモデルアニメーションによるものです 蠍怪獣の顔のアップは別の作り物ですが。 数ある海外の巨大昆虫系怪獣物 「Beginning ofthe End」、「Deadly Mantis」、 「Tarantula」、「Them! 」などなど の中では最もインパクトが強いのではないかと思います。 日本語字幕など無くても十分内容は理解できますし、巨大蠍たちもほぼ出ずっぱりの状態なので映像だけでも楽しめます。 また、国産怪獣映画ファンにもおすすめできます。 かつて日本公開されたときの邦題は「黒い蠍」。 原題「The Black Scorpion」と同じタイトルの映画がほかにありますがそれは全くの別物なので間違えないようにしましょう。 今までの僕の経験から1話の途中で飽きてしまうドラマはとても多い。 たぶん多くの皆もそうだと思う。 でもこのドラマは違った。 視聴する前からその大まかな設定だけで僕のツボに入った。 シーズン1の全22話を今観終わったところ。 さらにシーズン2. 4と続くのがなんだかとても嬉しく楽しみだ。 ざっと言い表わせば、天才集団「スコーピオン」がその頭脳を駆使して難事件を解決してゆくドラマだ。 それぞれのキャラクターが本当に生き生きしていていい。 1話目からのスピーディーな展開に身を乗り出してしまった。 国家的テロレベルの事件が毎回勃発するので本来は1話が40分たらずに凝縮できるストーリーではない。 どの1話をとってもリュック・ベッソン映画並みのスリリングが味わえる。 制作陣の編集技術と脚本がとても優れている証拠だと思う。 IQの高い天才集団が故にEQレベルは低く物事を合理的にだけ考えて人々の心情や感情を理解するのがとても苦手な集団だ。 そのためチーム内でも頭脳と頭脳のぶつかり合いでぎくしゃくとした関係になってしまう。 IQ197の天才が徐々に人間の心を理解してゆく様子や経過とともに形を変えてゆく恋物語もバックボーンとしてシーズンに渡って進展してゆくのでその行方もとても興味深い。 作品中に聞いたこともない科学の専門用語や偉人たちの名言が飛び交う。 その都度気になったワードをウィキ検索し勉強しながら観ている。 IQもEQもごく普通の僕の脳には後々まで役立つ知恵となるとは思えないが一時的でも好奇心をそそるそれらのワードがこのドラマにわんさか溢れているのも嬉しいポイントだ。 とにもかくにも、お金かかってます。 ので、ドラマの枠超えて、映画のスピードアクションみたいになってる。 そういう意味では見ごたえありますし、毎回よく、国家の危機とか捻り出すな。 と感心させられます。 …でも。 やっぱ続かなくて。 お金もアイディアも。 シーズン追うごとに、だんだんしょぼくなっていき、最終シーズンは間違いなく、シーズン1とは別物。 お金もたいしたアイディアも要らない、ほとんどギャグかホームドラマみたいになってます…。 それは置いといても、シーズン1はとにかくお金かかっるわ、ウォルターってば天才なのに、無謀なアクションこなすわ。 こんだけ無茶してたら、どっかで頭打って馬鹿になってない? なぐらいの活躍ぶり。 イギリスの俳優さんって、国籍とか外観あんま、アメリカほど差別ないのか。 白人じゃなくても別段たいして意識せず、変な劣等感とか卑屈さもなく、演技はきっちりしてると思います。 メインの彼がきっちり演じてるので、かろうじて嘘くささが、軽減されてるかな。 って思ったりして。 さすが、英国の俳優さん、魅せるところはちゃんと魅せてくれます。 ただ、ウォルターってば、ペイジ役の女優さんと、実際このドラマの間、付き合ってたみたいで。 くっついたり、離れたりしてたそうな。 ペイジってシーズン1だと高感度めちゃ高いんだけど。 歌とかやってて、私服とか結構ケバいし、父親ほどの年のプロデューサー? と後に結婚してるから…。 それ知ると、なんか興ざめしちゃいますね…。 やっぱ年取ってようが、金と権力持ってない相手じゃないと、ダメなの? みたいな…。 This is a review of the quality of the transfer to BluRay, not a review of the film. I have seen it several times before, so knew what to expect from the story and effects. I project onto a screen, so the quality, or lack of it, is more apparent. A few scenes are just about acceptable. Most of the stock footage - and there is quite a bit of it - is absolutely dreadful. In my collection, I have far better quality DVDs. The eruption of volcanoes is followed by the discovery of cars and a house wrecked by some mysterious beast. Before long there are giant scorpions coming out of a hidden cave deep below the ground to feed on the local people. This is without doubt a classic amongst the "giant mutated invertibrate" films. The scorpions are well-made and genuinely creepy stop-motion, and the film features cameos from a spider-like beast and a giant worm-like monster. These two models are the ones originally used in the missing King Kong "spider pit" sequence. The scenes underground give you a real idea of what the spider pit sequence must have been like. A first-class film, and it also comes with extras such as the stop-motion dinosaur sequence from "Animal World". Another Creature Feature -this time it's a salivating giant scorpion! If taken with the massive pinch of salt with most other 50s movies. It's for these lovers of the films that gave many people in the 50s nightmares but unlikely to do that nowadays. No blood ,no swearing Good fun but unfortunately only available on American import This old movie is a real pearl for any Sci-fi movie collection, the effects in the movie are expremly well made concidering how old the movie it self is, a lot of work have gone into the movie with restoring the picture to remove scratches and other such annying things, and the sound has been cleaned up as well. The movie itself was excellent. The video transfer great. My only quibble is the exact same extras were on the dvd release of the film and no new extras were made for the Bluray release. It would have been nice to have had a commentary tract done for this release. Regarding special effects however Black Scorpion is superior. Several scenes of scorpions on the rampage are genuinely frightening and caused me to lose sleep when I saw it in theaters as a child. BLU-RAY:The Blu-ray transfer is very good overall but it is not perfect. You see almost no flaws such as dirt, specks, lines, etc. It is very clean but the picture is not perfect. There are many places where the picture is very soft or slightly blurry and other places where it is very sharp. Generally a lot of the closeups, especially indoors, are very sharp. The outside shots are another matter. This might have to do with how the movie was shot or it might be the quality of the source materials. I don't really know. I'd have to say that most people will be very happy with the picture. I am. Perfectionists will find things to gripe about. Unless this movie gets a complete overhaul, which would be costly, I doubt it will be looking any better anytime soon. EXTRA'S:You get a few interesting extra's but no commentary track. The extra's are: -Stop-Motion Masters with Ray Harryhausen -Footage of the Las Vegas Monster and Beetleman - This is some test footage shot by assistant animator, Pete Peterson. -Animated footage from the dinosaur sequence of 'The Animal World. ' This was shot by both Ray Harryhausen and Willis O'Brien working together in the 50's. It would be the last time those two animation giants would work together. They are staying in a town called San Lorenzo. In the area they find some wreckage that just doesn't look like the type of damage that a volcano would do. At one house they pass, they find an abandoned baby. They also find a police car with a body. In town, the geologist's are told that there have been many disappearances of both livestock and people. The locals hear eerie cries in the night. Soon afterward, giant black scorpion's start showing up and attacking. Yes, that is plural! There are many scorpions, not just one. In any event, I gave you the setup. The rest of the movie is spent trying to stop these giant scorpion's. The army is called in as bullets are useless to stop them. Along the way, we get the typical kid who get's into trouble and eventually the Scorpion's make their way to Mexico City for a showdown with the Mexican army. -This movie obviously borrowed very heavily from the very successful 'Them! -I think this movie is quite good. There are some genuine moments of tension that reminded me a bit of 'Them! -The stop-motion effects by Willis O'Brien are excellent. I thought the scorpions looked and moved just like the real thing. -Unfortunately due to budget constraints, there are a few scenes where the scorpions are rendered as just shadowed. I felt like they probably could have just eliminated these scenes and saved the criticism because what is shown on the screen is very good. -In an interesting side note. Some of the creatures used in the cave scene were the very same creatures intended for the original 'King Kong'. These creatures were supposed to be in the legendary missing 'pit sequence'. -The special effects used for the Scorpion closeup have been heavily criticized. I think the face looks creepy but the problem here is that they don't really look like that. They certainly don't drool! -The plot while nothing special, is not bad. It's pretty much standard stuff but it works. I think this movie has a poor reputation because of the budgetary problems that caused the special effects to not be completed. Of course, this is a very good reason! I'd like to give it 5 stars but I don't like to give that rating unless a release is truly worthy. Either the movie itself or the presentation, which includes picture quality and extra's, needs to be top notch. We get some nice extra's here but no commentary track. So 4 stars for the extra's. The plot is a little better than average but doesn't quite make it to very good. This movie does not receive a lot of love but I am a big fan of it. I think it is much better than it is given credit for. Calling a movie underrated is very common but to me, this movie is underrated. Highly recommended for 'big bug' or 'big insect' fans. Highly recommended for fans of stop-motion animation. Highly recommended for fans of Willis O'Brien and Ray Harryhausen movies. Highly recommended for fans of 50's science fiction movies. Thanks to Warner for providing this classic stop-motion sci-fi classic with a nice clean print for fans of the genre. One was Hammer's X THE UNKNOWN. the second was Gramercy's THE VAMPIRE and the third was this one. I can't believe it took me this long to post a review for BLACK SCORPION as I have had the original DVD since 2006. The fact that there are so many other reviews tells you just how fondly remembered this title is for many people. A lot of it has to do with the stop motion animation of the title monsters which was done primarily by Danish animator Pete Peterson not Ray Harryhausen as several reviews claim under the watchful eye and with the assistance of legendary KING KONG animator Willis O'Brien. The story is classic 1950s B sci-fi stuff with one main exception. The giant scorpions are not the result of radiation but of natural phenomena, a combination of a volcanic eruption and an earthquake. Their first appearance is an attack on a Mexican telephone crew and it was this scene along with the sound effects that really got me as a kid. An attack on a train was just as disturbing and remains so today. Richard Denning before becoming the Governor on HAWAII FIVE-O and Mara Corday make for a suitable 1950s couple. The rest of the cast is Mexican as the film was primarily financed and shot there. This gives the scenes of the villages and of the villagers a genuine reality that adds to the viewing experience. Much has been said about how uneven the special effects are. While that cannot be denied, when they do work, they are extremely effective. Scorpions do not roar and they do not drool but you have to admit it really makes the ones in this film among the meanest and nastiest of 1950s monsters. Watching it again as an adult, it still delivers a shiver down the spine especially in this excellent DVD and now Blu-Ray transfer. Well, who doesn't like bug-eyed monster movies from the 50s???? This fun flick in an excellent widescreen copy features effects from the great Obie... Willis O'Brien, effects master of the original King Kong. Good enough performances from all involved bringing just the right amount of seriousness to the roles and fun for the audience. An extra featurette is the stop frame dinosaur animation from Irwin Allens "Animal World". Good fun all around. Certainly recommended. WARNER ARCHIVES 2018 BLU-RAY This transfer has excellent sound and video quality. No fleeting flecks or scratches. Clean and crisp. As for the story itself, it was pretty good for a '50s sci-fi. The acting was good. The cast. was likeable. Reasonable directing. Nothing special about the cinematography. But the story flowed, and kept a good pace. CREEPIEST SCENE: That had to be when the hoard of scorpions converged on the derailed train cars, and began snapping up fleeing victims. Yikes! My rating is for the stop-motion animation, itself. The price was outrageous for a movie with a broken spindle-hub, inside one of those ANCIENT----cardboard and plastic clip-on---- non-standard, DVD case. I repackaged it in a standard, wrap a- round [21st century] DVD case. The, substantial, video bonuses w-e-r-e EXCEPTIONALLY generous. IF you can afford the DVD, it IS worth the "collector" price! A new BLU-RAY has been announced. I', gonna double-dip it and keep the DVD in the BLU-RAY case. From 1957 we get this really cool entry of the old stop action science fiction movie in the realm of the old genre, like Them. You know what you are going to expect from this movie and you will love it so much, I did. The acting is what you expect from the time period. The story is the usual too. But it is nonetheless very enjoyable. I recommend this movie to all my fellow enthusiasts.

次の

ドラマ“スコーピオン”を見て気になった。IQが一番高い、天才って誰?

ウォルター オブライエン

ウォルター・オブライエンって誰? ではまず、今回の主役「ウォルター・オブライエン」って誰やねん?って質問に対しての答え。 ウォルター・オブライエンは、1975年2月24日にアイルランドに生まれた人物で、現在は 事業家や IT技師、はたまたちょっとした セレブとして知られる人物。 とにかく、話が本当かどうかは良く分かりませんが、ポジティブな意味で良いキャラで、個人的には結構好きな有名人です! 天才?ウォルター・オブライエンの生い立ちを確認しとく 天才(?)であるウォルター・オブライエンは、幼少期より抜群の頭の良さを誇っていたそう。 ここからは、そんなウォルター・オブライエンが主張する、神童としての幼少期について見ていきたいと思います。 幼少期にIQ197のスコアを叩き出した!? ウォルター・オブライエンは、父モーリスと、母アン・オブライエン夫妻の子供として、1975年にアイルランドのウェックスフォード州にあるクロンロッシュに生まれます。 家族は農業を営んでいたため、13歳の頃に家族で引っ越すまで、ウォルター少年は他の4人の兄弟達と一緒に農場で過ごしていたそう。 そんな少年時代にある日、 小学校の先生がIQテストを行ったところ、 ウォルター・オブライエン曰く、「IQ197」の高数値を叩き出したんだとか。 ただし、オブライエンの話では、 そのIQ197の数値が記載されたテスト用紙は保存していないらしいですが・・・。 事実ならターニングポイントとなる13歳時代 神童(?)ウォルター・オブライエンは、早くからコンピューターに興味を持ち始めたらしく、小学校の授業でコンピューターの授業が始まると、コンピューター自体やプログラミングに夢中になっていったらしいです。 そのウォルター少年のPC熱を表す一つのエピソードが、次のようなもの。 ウォルター・オブライエンの父親は農場の手伝いをすると、 「 家畜」をお小遣い代わりとして子供に与えていました。 そしてウォルター少年は、その「 貯めた家畜」を売ってお金に変え、1984年頃、彼が9歳の時に、Amstrad製のパソコンを購入したと言います。 一方、12歳の時に両親にコンピューターを買ってもらってから興味が湧いたとする話もあるので、その時期は不確かですが、ウォルター・オブライエンは幼少期からすでにコンピューターに興味を持ち、実際に触っていたのは確かそうです。 そんなウォルター少年は13歳になると、IQ197らしい次の2つの出来事を起こしたと言われます (本に曰く)。 トップクラスのセキュリティの網をくぐり抜け、スペースシャトル計画に関する情報を盗み出すなど、世界を驚愕させる頭の良さを見せつけたんだとか。 しかしハッキングをした結果、後に NSA (アメリカ国家安全保障局)がインターポールを通じて、アイルランドの彼の自宅を訪問したよう。 そこでウォルター少年はNSA職員に対し、ネットワークの脆弱性に関するアドバイスをする代わりに、ハッキング犯罪を犯したことは不問に付して欲しいと言って事を収めたらしいです。 スコーピオン・コンピューター・サービスは、セキリュティおよびリスクマネジメントを主軸としたシンクタンクのようなITサービスへ業務を拡大していったようで、ウォルター・オブライエン自身はスコーピオン・コンピューター・サービスのことを、「 IQの高い個人向けのシンクタンク」と表現しています。 また、このスコーピオン・コンピューター・サービスは、大学を卒業してオブライエンがアメリカへ移住する時に、会社としての登記も移した(?)みたいです (ウォルター・オブライエンは、イギリスのサセックス大学で コンピューター科学と人工知能の学士号を取得して卒業している)。 ちなみに、オブライエンによると、このスコーピオン・コンピューター・サービスを設立したのは、「 ハッキングに関する犯罪捜査に協力するため」というのが理由らしく、それによって、 ハッキングをしたことで自分が刑務所に入れられてしまうのを避けようとしたみたいです。 ウォルター・オブライエンの神童話に対する反論 見てきたように、ウォルター・オブライエンはIQ197というだけあって、まさに「神童」にぴったりな逸話を持っているわけですが、 この話は基本的にオブライエン自身の発言によるものをベースにしていて、その話の真偽についての批判もあるので紹介しておきます。 IQ197に対する批判 まず、IQ197の真偽に関して。 オンラインで閲覧できる「top IQ」のリストの中に、 オブライエンという名前が含まれる人物名は1つもなかったという話があり、そこまで高いIQのスコアを叩き出したにも関わらず、第三者による記録がないのはおかしいと批判されています。 NASAのハッキングに対する批判 NASAのハッキングに関しても、いくつかの疑惑が浮上しているよう。 まず、そのハッキングの出来事自体に関しての信ぴょう性に関してで、アイリッシュ・デイリー・メール紙は、その 出来事があったという確認は出来なかったと主張、また、フランスのタブロイド紙テレスターも、 オブライエンによるNASAへのハッキングに関する記録は無かったと報道しています。 また、ハッキング後にNSA職員がオブライエンの自宅へ訪問したという点について、オブライエンは当時の書類を持っていると主張していますが、 秘密保持契約による守秘義務によって、詳しく説明することは出来ないとしているらしく、これもまた疑問を呼んでいます。 ウォルター・オブライエンが人気者になったドラマ「スコーピオン」! とにもかくにも、オブライエンの神童話について真偽が不確かな部分はありますが、ウォルター・オブライエンが有名人で愛されキャラなのは間違いなし! そんなオブライエンを世界的にも有名にしたのが、2014年にアメリカで放送されたドラマ「スコーピオン」なんです。 自身の会社「スコーピオン・コンピューター・サービス」を宣伝するにはどうしたら良いか思案している中で、「 だったらTV番組にしちゃえばいいじゃん!」と閃いたんだとか (これに関してはさすがです!)。 ちなみに、ドラマ「スコーピオン」は、シーズン1で2600万人もの視聴者を引きつけて人気に火がついたため、シーズン4までの約3年半続いた人気テレビドラマとなりました。 合わせて読みたい世界雑学記事• ウォルターオブライエン|スコーピンオンのドラマや高IQで有名な人のまとめ ウォルター・オブライエンについて見てきました。 高いIQやNASAをハッキングした話など、色々と不確かなこともありますが、ウォルター・オブライエンは間違いなくいいキャラを出している有名人です! By.

次の

ウォルターオブライエン|スコーピンオンのドラマや高IQで有名な人

ウォルター オブライエン

ウォルター・オブライエンのIQを超えた。 確率で(笑)。 Mon, 11 Dec 2017 12:24:45 ウォルター・オブライエンのIQを超えた。 確率で(笑)。 ドラマ『 』の主役ウォルター・オブライエンは一応実在の人物がモデルだとされている。 彼のIQは197。 「世界第4位のIQの持ち主」というキャッチコピーだ。 標準偏差15でIQ 197だと199億6241万分の1の確率だからナイ。 標準偏差16なら15億3148万分の1の確率だから、「4位」というと多分コレだろう。 73億人の人口的に。 ビネー系と思われ、知能検査を受けたのは9才の時らしいので、精神年齢考慮型だ。 標準偏差16でIQ 197の出現確率は0. 2択の31回連続アタリ(?)の確率は0. 出現率から単純にに当てはめると111相当。 というわけで昨日の(ビットコイン)でウォルター・オブライエンを 確率で超えていた(笑)。 要はIQも偏差値も、ソレが 存在する確率なので、コインでもサイコロでも相場でも同じだ。 知能検査よりも被験者(参加者)が圧倒的に多い相場の2択の方が信頼性が高いと言ってもイイんじゃなかろうか。 検査やテストと違って、相場はどれだけ練習しようと、どれだけ情報収集しようと、誰かに相談しようと、成功者の真似をしようと、何度やってみようと構わない。 私の代表的な特技の1つとなった。 と、自分で自分を盛り上げプレッシャーをかけていかないと集中力が途絶えてしまうので、ウォルター・オブライエンを引っ張り出してきた次第(笑)。 『』 より。 デジタルフォレンジックのみならず、ヒューミントも得意とするプログラマー。

次の