さび と 義勇 関係。 【鬼滅の刃】錆兎と真菰とは?炭治郎や義勇との関係、錆兎の熱い名言もご紹介!

【鬼滅の刃】若き冨岡義勇を救った錆兎(さびと)、最終選抜で起こったことについて思うこと!

さび と 義勇 関係

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】真菰 まこも と錆兎 さびと どっちが先に最終選別を受けた? 手鬼が錆兎と真菰のことを同時に話していたので、てっきり2人同時に手鬼と戦ったと思っていました。 しかし、「義勇が錆兎と一緒に最終選別受けたこと」「その年の最終選別は錆兎以外全員受かった」と義勇が発言したことで、 別々の年に最終選別を受けたことが判明しました。 確かに錆兎と真菰が一緒に最終選別を受けたとは表現されていないので、読み手の勘違いということになります。 個人的には錆兎が先に最終選別を受けたと思っていますが、逆に「真菰が先に最終選別を受けた」という意見も多いです。 真菰と錆兎どっちが先に最終選別行ったんだろ 真菰かなあ — わらびどんまい waradoon 俺的には真菰が先で、冨岡義勇と錆兎が炭治郎のがなる前で最後の弟子って感じで考えてるんだけど 教えて水の呼吸の民 — フード FoodAct1018 ワニ先生がどっちが先かまでは設定していない可能性もありますが、鬼滅ファン的にはとても気になるところ。 一体どっちが先に最終選別を受けたのか・・・。 関連: 関連: 錆兎と真菰の面識 「最終選別はどっちが先か」について話をこじらせているのが、錆兎と真菰の面識の有無です。 錆兎も真菰もお互い面識のないまま最終選別を受けたという考察も多いですが、実は 2人とも同じ時期に鱗滝左近次の弟子として過ごしていたみたいですね。 アニメ公式サイトの真菰の紹介文には 「鱗滝のもとで錆兎とともに育てられた」と書いてあり、2人に面識があったことが分かります。 義勇の過去の振り返りでも真菰が一切登場していないのも、最終選別の時系列の考察を妨げる原因と言えます。 【鬼滅の刃】最終選別の時系列を関係・年齢から考察 面識がありつつも、一緒に最終選別を受けていないということは、 年齢の高いほうが先に最終選別を受けた可能性が高いです。 錆兎のセリフや口調が年上っぽい? 錆兎は真菰に対してちょいちょい上から目線というか命令口調の気がします。 兄弟ではないけど2人とも孤児だったということですので、もともと同じ孤児院から鱗滝さんのところに引き取られた可能性がありますが、 錆兎が真菰に「後は任せるぞ」とか「お前」とか言っているあたり、 錆兎のほうが兄貴分的な立場だった可能性は高そう。 そう仮定すると、 「年齢が上の錆兎が最初に最終選別に挑み、それ以降に真菰が最終選別を受けたのではないか?」 とも思えます。 義勇さん炭治郎に話した回想に真菰が出てこなかったのは、単純に「炭治郎が真菰のことを知っているはずがない」と思ったからかもしれませんね~。 そして、真菰が手鬼の印象に残るほど強かったのは、「 幽霊となった錆兎が炭治郎のときのように真菰を訓練した」と考えるのも面白いです。 そんな錆兎の幽霊に真菰は修行をほどこされた結果、大型の異形である手鬼の印象に残るくらい強くなったのかもしれません。 関連: 関連: 関連: 【鬼滅の刃】真菰と錆兎の最終選別の時系列についてのまとめ 真菰と錆兎は同時期に鱗滝さんの弟子として過ごしていたようなので、義勇さんも含め面識はあったことが分かります。 しかし一緒に最終選別を受けていないとなると、 年齢などの関係で真菰と錆兎の選別時期をずらしたとも考えられます。 仮のそうだとすると、錆兎のセリフや口調から錆兎の方が年上の気もしますから、 錆兎の方が最終選別を先に受けた可能性は高そうです。

次の

【鬼滅の刃】冨岡義勇は水柱じゃない!?錆兎にまつわる知られざる過去とは?【鬼滅の刃】

さび と 義勇 関係

鱗滝さんに課された最後の試練は、大岩を斬ること。 全くコツが掴めないまま半年が経過した頃、焦る炭治郎の前に狐の面を着けた少年が現れます。 この少年が、錆兎でした。 炭治郎と同じくらいの年頃ですね。 宍色という珍しい色の髪、お面をしているのでわかりにくいですが、頬から口元にかけて大きな傷のある少年です。 そして、優しそうな顔をした少年でもあります。 お面に隠れているので、分かりにくいですがね。 獣の様に軽い身のこなし。 鱗滝さんのもとで相当な鍛錬を積んでいるのでしょうね。 真剣を持っている炭治郎を、木刀で簡単に打ち負かしてしまう程の、優れた剣技の持ち主です。 「進め!男なら!男に生まれたなら進む以外の道などない!」 と云う彼の言葉の示す通り、強い信念を持ち、男気に溢れています。 錆兎と真菰の関係 同じくらいの年頃の2人でしたので私も読んでいて始めのうちは兄妹か何かだろうと思っていたのですが、そうでは無いみたいですね。 真菰によれば、2人は兄妹では無く、いずれも鱗滝さんに拾われた孤児でした。 元水柱の鱗滝さんが指導していたと云うことは、 錆兎も真菰も、炭治郎にとっては兄弟子ということになりますね。 そしてまた、炭治郎と同じく、身内を鬼に奪われた悲しい過去を持つのでしょう。 炭治郎と変わらない年頃に見える錆兎の男気も、可憐な見た目ながら的確な指摘が出来る真菰も、鬼を滅するという強い信念から来ているのだと思いました。 そんな兄弟子たち錆兎との手合わせと、真菰の指摘を受けて、全集中の呼吸と、鱗滝さんの修行の全てを骨身に叩き込む炭治郎。 半年を経て、ようやく錆兎に勝ち、大岩を斬ることができました。 この錆兎との最終対決に臨む際の、炭治郎の顔付きが、見違える程に勇ましくなっていたのは、読んでいてドキッとしましたね。 かくして、狐の面の少年少女の指導のお陰で、炭治郎は最終選別に挑むことを許されるのでした。 錆兎と真菰の正体 炭治郎は最終選別の最中、信じられない事実を知ります。 錆兎と真菰は、既に故人でした。 鱗滝さんが想いを籠めて彫ってくれた狐の面、厄除の面と呼ばれるそれを身に着けて最終選別に挑む炭治郎。 手には、鱗滝さんから借りたと思われる日輪刀が握られています。 最終選別の会場は、藤襲山と言う一年中藤の花が咲いている山でした。 参考記事… 鬼は藤の花を嫌うそうで、藤だらけのこの山は天然の牢獄の様になっていたんですね。 そこに、鬼殺隊が生け捕りにした弱い鬼が放たれており、この中で7日間生き延びられた者が合格、というのが最終選別の内容でした。 鬼と藤の花、これも色々と考える余地がありそうですよね。 手鬼が憎い! さて、最終選別が始まると、間もなく現れる鬼たち。 全集中・水の呼吸を使い、鬼の首を刎ねる炭治郎。 鍛錬は無駄では無かったと実感します。 同時に、日輪刀で斬られた鬼は跡形もなく消えてしまうことも実感します。 そこに現れたのが、本来この山には居ない筈の異形の鬼でした。 無数に生えた手が特徴的な、通称・手鬼ですね。 「俺が喰った鱗滝の弟子の数だよ アイツの弟子はみんな殺してやるって決めてるんだ」 この手鬼は、かつて隊士だった頃の鱗滝さんに捕らわれて藤襲山に連れて来られました。 そのことを根に持ち、厄除の面を着けた鱗滝さんの弟子たちを襲っていたのです。 厳しい手合わせをしてくれた錆兎も、悪い点を指摘してくれた真菰も、この手鬼に殺されていたのでした。 幽霊でありながら炭治郎を鍛えた? 思えば、初めて錆兎に対峙した時に、炭治郎は 「においがしなかった」と独白していますし、最終選別に向かう炭治郎を見送る鱗滝さんが 「なぜお前が死んだあの子達の名前を知っている?」 と訝しむシーンもありましたね。 この場面で初めて炭治郎は、その事実を知る訳です。 呼吸が乱れて、鬼に投げ飛ばされてしまう炭治郎でしたが、全集中の呼吸を使うことに成功し、見事、鬼の首を刎ねました。 この手鬼の告白で明らかになった事実は、読んでいて辛かったですね。 鱗滝さんの弟子たちを思う気持ちが裏目に出ているというのも、鱗滝さんの気持ちが分かるだけに辛いですね。 狐の面を掘ったのは無事を願っての行為だったのに、そのお面が反対に彼らを死に追いやる結果につながっていたのですから、あんまりです。 錆兎と真菰の最期も、なかなか凄絶で文字に起こすのが躊躇われるほどなのですが、気になる方は、是非、コミック1巻をお読みになってみて下さい。 一般隊士の強化と柱の痣発現の鍛錬を描く柱稽古編。 ここでは、柱・冨岡義勇の過去が描かれます。 「俺は水柱じゃない」 実は、錆兎と義勇さんは鱗滝さんの元で修行をしていた同期であり、一緒に最終選別に挑んでいました。 しかしながら、その選別は、義勇さんだけでなく 同期全員を鬼から助けながら戦った錆兎だけが命を落とすという、壮絶なものでした。 助けられただけの自分が柱を名乗る訳にはいかない。 義勇さんと他の柱達の間に、距離が感じられていたのは、この一件が影響していたんですね。 よく見れば、義勇さんの羽織は錆兎の着物と同じ模様ですし、忘れたいけれど忘れてはいけない、辛く悲しく腹立たしくどうにも出来ない思いを抱いたまま、生きてきた義勇さんが悲しく思えました。 炭治郎の言葉に、錆兎との約束を思い出した義勇さんは、稽古を付けてくれることになります。 錆兎と真菰が現れた理由 改めまして、なぜ錆兎と真菰が炭治郎を指導してくれたのか。 そもそも炭治郎を鱗滝さんに紹介してくれたのは義勇さんでしたね。 錆兎と義勇さん達の代以後、鱗滝さんの元で修行を積んだ者が居たのかは作中では言及されていません。 ですが、義勇さんの最終選別前後での変わり様から見るに、長いこと修行はしていなかったのでは無いでしょうか。 そこへ久し振りに、それも義勇さんの紹介で現れたのが炭治郎だったのだと思います。 しかも鬼の妹を連れて、です。 錆兎と真菰が炭治郎の状況を把握していたかは定かではありませんが、真菰が言っていましたよね。 「子どもたちは他にもまだいるんだよ いつも炭治郎を見ているよ」 この子どもたちと言うのは、最終選別で命を落とした子どもたちの事ですよね。 そして、 「わたしたち鱗滝さんが大好きなんだ」 とも言っていましたよね。 わたしたちとは、錆兎と真菰だけでなく、姿を現せないものの、鱗滝さんの元で修行をしてきた仲間たちを指していますよね。 炭治郎を指導した理由 故人でありながら、炭治郎を指導した理由。 鱗滝さんの元で修行してきた仲間たちの仇を討って欲しかったから。 同時に、大好きな鱗滝さんを悲しませたく無かったから。 恐らく、これらが理由だと考えています。 錆兎や真菰の願いは叶い、炭治郎は異形の鬼を倒し、みんなの仇を討てました。 帰りを出迎えてくれた鱗滝さんは涙を流していましたが、錆兎や真菰を失った時とは違う、無事に帰ってきてくれたという安堵の涙でした。 魂だけになっても、大好きな鱗滝さんの元へ帰った様ですね。 この場面以後、錆兎も真菰も登場していませんが、 願いが叶い未練がなくなったので成仏出来た、と考えています。 或いは、三途の川の向こうで誰かを待っているのかも知れませんね。 まとめ 炭治郎の前に現れた、錆兎と真菰は、.

次の

【鬼滅の刃】錆兎(さびと)やたらかっこいい!狐面かぶっているからかな?

さび と 義勇 関係

《この記事は以下の人向けです》• 『鬼滅の刃』が好きな人• 冨岡義勇の過去を知りたい人 どうもー、シンヤです! 今回のこの記事では、 『【鬼滅の刃】水柱・富岡義勇の悲惨な過去』について書いていきます。 【鬼滅の刃】の鬼殺隊に入隊している人たちの中にはなんらかの壮絶な過去を送ってきている人が多くいます。 この記事では、鬼殺隊のトップである柱。 9人の柱たちの中の水柱・冨岡義勇の過去についてまとめていきたいと思います。 冨岡義勇がどうして鬼殺隊に入隊したのかということから錆兎というキャラクターとの関係性などまでまとめていくので、既に原作のマンガを読んで知っているという人も復習のために読んでみてください。 富岡には昔、お姉さんがいました。 家族と幸せに暮らしていましたが、お姉さんが祝言をあげる前日に鬼に襲われ、お姉さんを鬼に食われてしまいます。 富岡は 実の姉を目の前で鬼に食べられたという悲惨な過去を持っているんですね。 家族を鬼に襲われ、孤独となってしまった富岡は鱗滝左近次に拾われ、そこで鬼殺隊の存在を知ります。 富岡は姉が目の前で殺されているのに自分は何もできなかったという劣等感から鬼殺隊に入る決意をするのです。 そして、その最終戦別で事件は起こってしまいます。 錆兎の剣の腕は相当なもので、山にいた鬼のほとんどを倒してしまうのですが、富岡は鬼からの攻撃を受けて傷を負ってしまい、試験の途中で気絶してしまいます。 次に富岡が目を覚ました時には最終戦別は既に終わってしまっていて、 富岡は1匹の鬼も殺せずに選別に合格してしまっていました。 そして、選別終了時に親友である錆兎の姿はありませんでした。 錆兎は炭治郎が最終戦別で倒した以下の鬼に勝つことができず、亡くなってしまったのです。 その結果を聞き、自分が錆兎に助けられて、合格しただけだと思い、弱く、何もできなかった自分のことを激しく攻め立てます。 そして、そこから富岡は怒涛の日々を送ることになります。 最終戦別で1匹の鬼も倒すことなく合格し、鬼殺隊に入ることになってしまった富岡は錆兎に少しでも近づくために必死に努力を続け、成長を遂げて、現在の水柱の地位を得ることになるのです。 そんな物凄い努力によって柱の一角となった富岡ですが、富岡は「鬼を1匹も倒さずに生き残った者が果たして最終戦別に合格したと言えるのか……」と思っており、「おそらく錆兎がいなければ、自分は最終戦別で鬼にやられて鬼殺隊にすら入れていなかった」という考えから自分は他の柱たちとは違うと思っています。 富岡は自分ではなく、自分よりもはるかに才能があった錆兎が最終戦別に合格して、水柱になるべきだったと過去を悔やんでいるんですね。 富岡がこの半々羽織を着ているのは、おそらく自分がみじめで非力だった頃のことを忘れないように自分の戒めにしているんでしょうね。 雪山で「鬼になった禰豆子を殺さないでくれ」と頭を下げて懇願した炭治郎に向かって言い放った 「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」や 「みじめったらしくうずくまるのはやめろ!」などの言葉もきっとこれまで弱い自分に言い聞かせてきた戒めの言葉なのでしょう。 錆兎のことを思い出しながら、日々努力し続けた結果が今の水柱という地位なのでしょうね。 富岡義勇の過去について描かれている原作マンガの巻 水柱・富岡義勇の過去については原作マンガの15巻に描かれています。 動画見放題 14000本! 動画レンタル(ポイント作品) 30000本! 書籍・漫画・ラノベ 合計520000冊以上! 雑誌読み放題 70誌以上! 《U-NEXT》ならアニメやドラマ、映画などの動画作品から漫画、ライトノベル、雑誌までラインナップがかなり充実しており、エンタメをひたすらに楽しむことができます。 【鬼滅の刃】ならアニメ、原作マンガともに見られます! 《U-NEXT》は、 『ないエンタメがない。 』 を売り文句にしているだけあって本当にない作品がありません。 月額1,990円と他の動画配信サービスよりも少し高めの料金ではありますが、中途半端な作品数しかないサービスに登録するよりもお得だとは思いませんか? 最短1分で登録することが出来るので、以下のボタンから早速エンタメ作品を楽しめます!.

次の