イラン 韓国 フッ化水素。 もし韓国が、フッ化水素を北朝鮮やイランに横流ししていたこと...

韓国経済、【フッ化水素に続いて国産化ニダ】日本だけが生産していた「10倍高い」レンズ素材、これからは韓国でも生産│韓国経済危機&崩壊特集

イラン 韓国 フッ化水素

韓国がフッ化水素を北朝鮮とかイランに横流ししてるようです。 フッ化水素は核開発(ウラン濃縮)に使われます。 日本が韓国に輸出したフッ化水素。 ムンになってから30~40%がどこいったか不明みたいです。 ふつうは半導体メーカーはコスト意識が高くて、30%も歩留まり悪化させるなんか考えられない。 何度も韓国に使い道を質問するも回答を無視されてるそう。 そりゃホワイト国取り消すわ。 今回はいろんなものがつながってるので、過去の読書メモから以下の4つを。 ・なぜイランは世界中から制裁されるのか? ・北朝鮮はどうやって外貨獲得をしているのか?効かない経済制裁。 ・朝日新聞の国連安保理(北朝鮮捜査)に対する妨害行為 ・なぜマスコミは反日なのか? 目次• なぜイランは制裁されるのか? イランのアフマディネジャード元大統領は2005年に、イスラエルを地図上から抹殺するという公約を掲げた。 それを現実にするために核開発を行いミサイルを製造した。 イランのミサイルはノドン2号をコピーしたシャハブ3。 射程距離は2000キロ。 イスラエル全土を射程圏内に収めている。 イランのイスラム教徒はシーア派。 シーア派の中の12イマーム派。 12イマーム派の人はこの世の終わりに世界最終戦争が勃発してハルマゲドンになると考える人たちがいる。 アフマディネジャード元大統領とか。 12代目イマームは874年にお隠れになって、今日までずっと現れてない。 諜報の世界の常識では、イランが核兵器を持っていると確認されたら、パキスタンの核弾道をサウジに移動させると考えられている。 パキスタンの核開発のお金を出したのがサウジ。 オーナーの要求に応えざるをえない。 そしてサウジが核兵器を持てば、湾岸諸国、アラブ首長国連邦、カタール、オマーン次々に核兵器を持つ可能性が出てくる。 核の拡散で大変な緊張状態になる。 それを止めるために、イランの制裁を強化した。 イラン産の原油を誰も買わなければ、イランの外貨準備高は6カ月程度で枯渇する。 そうすればイランの核開発は阻止できる。 それができなければ、人類は核を全員が持つという新しい歴史の段階に進むことになる。 もしくは北朝鮮経由。 北朝鮮はどうやって外貨を獲得しているのか? 基本的に武器ビジネスで儲けている。 もちろん密輸で、中国やロシアを始め世界中に協力者がいる。 協力者は政治思想というより、カネのために北朝鮮に協力している。 たとえばシリアも北朝鮮の顧客。 サリンおよび運搬手段を開発・製造したのは北朝鮮の顧客、シリア科学調査研究センター。 もちろんフッ化水素はサリンの濃縮過程で必要。 ベトナム海軍やアンゴラも顧客。 オーストリアのシュワルツという会社は、北朝鮮の「青松連合」の委託を受け、製品や資機材をアメリカや欧州から調達する。 オーストリアからわざわざ中国経由でベトナムとアンゴラに輸送する。 制裁網をかいくぐる迂回ルート。 個々の製品は市販品で禁輸品目リストに該当しないもの。 摘発がむずかしいのは、カネと貨物の動きが違う事こと。 いかにアメリカが厳しい輸出管理や金融規制を敷いても、欧州や中国に「協力者」がいれば、北朝鮮は規制物資を調達できる。 また中東やアフリカを、北朝鮮の「旧式武器」が席巻している。 たとえばコンゴの反政府武装勢力は、北朝鮮製の兵器を使っている。 彼らはソ連製のかなり古い兵器を使う。 あまりにも古く部品の交換も修理もできない。 そこに救いの手を差し伸べたのが北朝鮮。 北朝鮮は技術者もセットで輸出する。 アフターケアもする。 コンゴは氷山の一角。 ちなみに以下は国連安保理北朝鮮制裁委員会調べ。 韓国以外にも協力者はめっちゃおる。 朝日新聞の国連安保理(北朝鮮捜査)に対する妨害行為 北朝鮮船や組織の捜査を計画する。 なぜかいつも日本の報道機関から情報が洩れる。 国連のオフィスは盗聴されているので、重要な情報は慎重に扱っているが、極秘の捜査情報が、朝日新聞から数回、共同通信やNHKからもスクープされる。 日本の報道機関が、なぜか国連の極秘捜査予定をスクープする。 北朝鮮は事前に捜査を知ることになり、証拠が隠滅される。 何度もそういうことが起きると、仲間からも「情報源」と疑われ、場合によっては、重要情報を教えてもらえなくなる。 今回もなんらかの動きが出るかも(伊藤詩織とか)。 軍事行動だけじゃなくて、こういうのはもう情報戦争状態だと思います。 なぜマスコミは反日なのか? 戦後GHQは日本に報道規制をした。 戦勝国批判は規制対象。 そこに朝鮮人と中国人批判も含めた。 戦後日本のメディアは朝鮮人、中国人批判はタブーだった。 絶対に報道できなかった。 GHQはあらゆる分野で三国人である朝鮮人を利用した。 報道新聞各社に在日朝鮮人をそれとなく潜り込ませ、スパイの役割をさせた。 現在では在日朝鮮人のマスメディア中枢への浸食は最終段階。 GHQは在日朝鮮人連盟を結成させ戦勝国とした。 「朝鮮人は日本の奴隷から解放された。 朝鮮人は連合国民であり戦勝国民だ」と発言。 GHQは在日朝鮮人連盟に対し、「奴隷扱いした日本人に仕返しするのが義務だ」と述べた。 在日朝鮮人はその言葉を妄信し、日本人に暴力を振るう。 連合国人に対し日本の警察は逮捕権を行使できず、司法も裁判権はなかった。 GHQによる連合国人への特権は、朝鮮人にも与えられた。 逮捕もできず、朝鮮人批判は報道規制でいっさい書くことができない。 全国で一斉に始まった朝鮮人による強姦、恐喝、誘拐、土地の略奪。 あらゆる極悪社会犯罪のほとんどに、在日朝鮮人が関与した。 GHQは日本人の居住区に、朝鮮人が縄を張って奪い住むことも容認した。 駅前の一等地のパチンコ店など朝鮮系企業が存在するのは、こういう背景がある。 こうして在日朝鮮人富裕層が生まれた。 朝鮮人は武装解除された日本軍の武器を盗んだ。 約3万人の朝鮮人が「朝鮮進駐軍」を名乗り、彼らは無差別に日本人を殺害した。 GHQの記録では4000人以上の日本人が殺された。 集団暴行、集団強姦、無銭飲食はあたり前。 GHQの検閲30項目にあったので、朝鮮人の犯罪はほとんど記録に残せなかった.

次の

「フッ化水素横流し疑惑」の韓国と、なぜ北朝鮮が怒るのか?⇒外貨獲得が無くなる

イラン 韓国 フッ化水素

高純度のフッ化水素を韓国がつくれない理由? 韓国も高純度のフッ化水素を生産する能力はありそうですが、 なぜ自国生産ができないのでしょうか? それには日本がフッ化水素を生産し管理してきた 歴史が関係しています。 国内で最初にフッ化水素酸の国産化を実現したのが 森田化学です。 フッ素の草分け的存在として、 1世紀にわたる 技術の研鑽(けんさん)と ノウハウの積み重ねを行ってきたのです。 実は、フッ化水素を生産し管理してきた歴史は 100年以上にもなるのです。 いわゆる老舗であるからできる技術やノウハウが存在しますので、 これを数年やそこらで構築するのは難しいのではないでしょうか? もちろん韓国も高純度フッ化水素の生産に取り組んだ時もありました。 2012年9月27日に慶尚北道亀尾市の化学薬品メーカー 「ヒューブグローバル」のしくじりで、燃料送出バルブが開き、ガス漏れが発生。 その現場にいた4人は全身に薬品による火傷を負い、その後病院で治療中に全員亡くなる…といった大事故を引き起こしてしまったのです。 さらに、韓国ではフッ酸(フッ化水素酸)の 分解スピードが極めて遅いことから 土壌と植物にも長期間、悪影響を与えるといった後味の悪い事故となってしまったのです。 従って、フッ化水素生産には高い技術力や管理能力などが要求されるため、 日本以外の国では適格に作れないのが今の状況です。 「サムスン電子」や 「SKハイニックス」という韓国を代表する半導体企業も事実上、 必要な量のほとんどを日本から輸入するしかない現況となっているのです。

次の

「韓国はイランにフッ化水素を横流ししていた?」韓国の反応も

イラン 韓国 フッ化水素

なぜ,韓国はホワイト国(Aグループ)に戻れないのか 安室憲一 (兵庫県立大学 名誉教授・大阪商業大学 名誉教授) 2020. 13 2018年5月3日,安倍首相ご夫妻のイスラエル訪問で,ある不可解な出来事があった。 ネタニヤフ首相が主催する夕食晩餐会の最後に,靴の形をした容器に詰められたチョコレート菓子が提供された(グーグルで「靴の形をしたデザートの意味は? 」で検索」,解説文と写真が掲載されている)。 シェフは有名な創造的料理人で,ネタニヤフ氏は芸術作品と手放しで称賛していたそうだが,これはユダヤ独特のブラックユーモアだろう。 これは,どう見ても侮蔑である。 彼は日本の首相に何を警告したかったのだろうか。 これは筆者の推測だが,イランが核開発を再開したとき,手に入るはずのない高純度のフッ化水素が使用され,その出どころが日本(製)だったからではないか。 イスラエルの諜報機関は,日本が密輸でイランを幇助していると誤解した。 それが,「靴のデザート事件」の真意ではないか。 2018年11月5日,米国政府はイラン制裁を再開した。 問題は,北朝鮮よりもイランだったのである。 ところが,不思議な取引協定がイランと韓国の間で締結されている。 2018年12月2日,イランと韓国の間で「物々交換」での取引が合意されたそうだ。 イランは原油,韓国はイランが国際市場では手に入らない「物質」を提供する。 つまり,韓国は「物々交換」により,アメリカのイラン制裁の裏をかこうとしたと解釈できる。 その直後の2018年12月20日に瀬取り監視に赴いた自衛隊哨戒機に韓国の駆逐艦がレーザービーム照射をする事件が起きた。 この映像が世界中で放映され,日本の無実が証明された。 この時点で勝負はついたのである。 韓国は国を上げて瀬取り(密輸)に従事していたわけで,瀬取りで渡された物質は高純度フッ化水素であろう。 というのは,当時韓国内でもなぜ日本からの高純度フッ化水素の輸入が急増したのか。 どう使用されたのか,が話題になっていたようである。 韓国政府の説明は,品質不良のため日本に返品した(数十万トンという説もある,2018年だけでも約3300トンが行方不明になっている)という。 しかし,現実には一つも日本に戻っていない(ただし,120キログラムの返品があったという説もある)。 日本海を渡る間に消えてしまった。 つまり「瀬取り」で消えたと考えられる。 あくまでも推測にすぎないが,これが韓国とイランの間の「物々交換」協定の目的ではなかったか。 この情勢を受けて,2019年3月中旬に,フランスや英国が北朝鮮や韓国の瀬取り監視に乗り出すことになる。 つまり,イランの核開発と北朝鮮が支援するミサイル技術の移転に,EUとイスラエルが危機意識を高め,アメリカを突き動かしたことがわかる。 おそらく,アメリカの圧力を受けた経済産業省は,2019年7月1日,半導体材料3品目(レジスト,高純度フッ化水素,フッ化ポリイミド)について包括的輸出許可から個別輸出許可へ切り替えると発表した。 国際的な韓国包囲網から見れば,遅いくらいの対応である。 これも,韓国側がきちんとした輸出管理体制と法律を整備したら,「Aグループ」に戻す可能性もある,という甘いものだった。 最後のとどめは,2019年7月15日,イスラエルのリブリン大統領が韓国を訪問し,黒塗りのタルムート(古代のユダヤ法典のうち刑法部分)を文在寅氏に贈呈したことである(グーグルで「イスラエル大統領が文在寅氏に黒塗りのタルムートを贈呈した理由」で検索,写真と解説文が見られる)。 これは明らかに「あなたは有罪だ,いずれ刑罰がくだされる」という意味だろう。 これは安倍氏の靴よりもわかりやすい。 しかし,受け取った文在寅氏は「稀少本」を貰って嬉しい程度の意識しかなかったろう。 つまり,文在寅氏に対する世界の有罪宣告は,この時点で下されたと見ることができる。 この流れを受けて,2019年8月28日,安倍政権は韓国をホワイト国から除外する。 翌月の9月7日,イランはウラン濃縮度の引き上げを見送る。 韓国に対する規制強化が「成果」をもたらしたのであろう。 不思議なことに,ホワイト国からの排除に対して猛烈に反発したのが,文在寅大統領と大統領官邸(青瓦台)である。 先進国並みの輸出管理制度を作れば,詳細なデータなどが残り,「瀬取り」などの不法な輸出はできなくなる。 韓国の輸出管理体制は現状のザル状態がいいのである。 そこで,ありとあらゆる「反日材料」を動員して,日本に圧力をかけ始めた。 つまり,ホワイト国復帰を自助努力で達成するのでなく,労使交渉のような「協議」の場で,力ずくで復帰を飲ませようとした。 しかも,日本の韓国ホワイト国除外の不当性を国際機関で訴え,アメリカに働きかけて日本を説得するよう要求した。 アメリカが動かないとわかると,今度はアメリカを脅すために「GSOMIA破棄」を宣告した。 滑稽の極みと言わざるを得ない。 アメリカの「GSOMIA破棄宣言」に対するプレッシャーは尋常ではなかった。 それに,韓国側はトランプ氏がユダヤ教に改宗していたことも見落としていた。 世界各国の首脳は,文在寅氏が,イスラエルの大統領から黒塗りのタルムートを渡されたことの意味を知っている。 知らないのは本人だけである。 もし仮に,日本が韓国側に譲歩して輸出管理を緩めたら,今度はアメリカやEU,イスラエルが黙っていない。 激しく安倍首相に圧力をかけるだろう。 日本としては,1センチたりとも退くことはできないのである。 その代わり,世界の指導者が安倍首相をバックアップしてくれる。 中韓日の3カ国協議でも安倍首相が毅然とした態度で,香港や新疆ウイグル地区の人権問題の懸念を述べられたのは,日本の背後にはアメリカ,EU,イスラエル等の支援があるからである。 他方,世界の孤児になった文在寅氏はなんの発言力も残っていなかった。 彼にとって「人権」とは韓国人に限られ,世界普遍の概念ではないのだろう。 最後に一言。 2019年12月12日,ついにイランは韓国に原油代金の支払いを強く要求した。 その金額は7兆ウォンと言われている。 このニュースを見て,「ああ文在寅氏は,この金額を踏み倒すつもりだったな」と合点がいった。

次の