コインランドリー開業。 コインランドリーのオーナーは儲かるのか|開業にかかる費用を解説「イエウール(家を売る)」

コインランドリー経営の開業資金はいくら?始めるのに必要なもの

コインランドリー開業

コインランドリー経営って? 街中にどんどん増え続けているコインランドリー。 なぜ増えているのでしょう? 女性の社会進出や、共働き世帯が増える中、「外でまとめてお洗濯」という選択肢があります。 夜に洗濯をするのは騒音も気になるもの。 週末に1週間分のお洗濯をまとめてでき、新たな家事の効率化ができるということでコインランドリーを使う女性が増えています。 清潔でオシャレで、居心地の良い。 今のニーズに合ったコインランドリーは増えていますが、まだまだ新しい形態といえます。 コインランドリーなら人件費もかからず、地域の人々に喜ばれるサービスを提供できます。 FEATURES 当社の特徴 当社では自社の勉強のため数店舗経営しておりますので、 実質的なアドバイスも可能でございます。 「こんなお店を作りたい」というあなたのご希望をお聞かせください! カタチにできるよう全力でサポートします!• FEATURES 01 創業40年以上の確かな実績 弊社は創業から40年以上、機械販売やメンテナンスを行ってきました。 温浴施設やクリーニング工場、老人ホーム、病院等の施設で豊富な実績があります。 FEATURES 02 お客様のご要望に合った最適のコインランドリーを提案 当社は特に他とは違ったオリジナルのデザインの店舗に力を入れており、お客様に大変好評です。 FEATURES 03 万全のサポート体制 お店作りは最初が肝心ですので、出店まで、出店してからの収益についてしっかりご説明し、出店後も様々な面からサポート致します。 FEATURES 04 加盟金、ロイヤリティは0(ゼロ)円です 当社のコインランドリー事業はフランチャイズではないので、加盟金、ロイヤリティなどは0(ゼロ)円です。 BENEFITS OF LAUNDROMAT コインランドリービジネスのメリット コインランドリーは基本的には無人経営なので、 人件費や商品仕入れはほとんど必要ありません。 また「洗濯」は日常生活にかかせないものであり、 景気に左右されにくいビジネスです。

次の

コインランドリー開業・経営支援|ビクター商事株式会社

コインランドリー開業

なので、どちらかと言えば「家賃」や毎月の「借入金返済額」である固定費に意識がいきがちです。 しかし、この固定費の上に変動費が乗っかってきて、コインランドリーの売上から経費として出ていくので、売上によっては赤字になってしまうのです。 また実績記事でもある様に、変動費の売上に対する比率も低めに設定されている場合もあるので要注意です。 最初に変動費を抑えた分だけ、あなたの利益が増えるので変動費と言えども徹底的に交渉してからスタートしてください。 変動費の中で最も大きなガス料金 今回は変動費の中でも支出も変動幅も大きいガス代のお話をさせていただきます。 私のガス料金の売上に対する比率は 1年目 13. 8% 669,843円(総売上4,843,700円) 2年目 15. 5% 938,763円(総売上6,051,200円) となっています。 比率もそうですが、金額も大きいですよね。 それもそのはず! コインランドリーの稼ぎ頭である乾燥機の稼働に伴って、ガスも使用される為コインランドリー全体の売上が上がれば上がる程、ガス料金が経費としてしっかり発生してくるのです。 また私の2年目の実績を見るとガス料金の最小32,724円と最大137,835円と4倍以上の変動幅があります。 なので売上が増えてもガス料金の請求に怯えるというジレンマがコインランドリー経営者の悩みの種となっています。 私の店舗はプロパンガスで乾燥機の温風を発生させて、衣類を乾かしているのでガスの供給はコインランドリー経営の生命線と言っても良いかもしれませんね。 家庭用だとあまり気にならないかもしれませんが、コインランドリーの様に大量にガスを使用する場合、この単価の違いで支出が大きく変わってくるので可能な限りガス会社と価格を詰めなければいけません。 しかし、産まれたての雛鳥の様に初めてコインランドリー事業に関わる私は、メーカーの勧めるがまま開業してしまい、ガス料金を詰める事も無く後から気付いて手遅れという状況に陥ってしまうのでした。 開店してから赤字が続いていた1年目の私は 経費などの支出を削れないか? 最初の計画からズレはないのか? 実際の数字と事業計画書の数字を比較して改善出来る点はないか? と数字とにらめっこしていました。 そこで発見してしまったのです。 な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…— アイン コインランドリー大家 ainecoinlaundry これはウケ狙いのジョジョネタでは無くノンフィクションです。 事業計画書では単価210円のガス料金で変動費が算出されていました。 しかしガス会社と契約した単価は270円だったのです。 それくらい契約時に気付けよ!と言いたくなりますが 性善説が服を着て歩いている様な私はメーカーの事業計画書を信じ そのつもりで事業計画を勧めて工事も着工した後にメーカーが紹介してくれたガス会社とガス供給の契約をしました。 その時は単価のところは全く気にしていませんでしたね・・・ 事業計画を提案してきたメーカーが手配したガス会社なので単価の打合せもした上での計画だと勝手に思い込んでいたのです。 よく分からない契約書の注意事項を詳細まで読まずにハンコを押してしまう人間っているじゃないですか。 当時の私も、自分は大丈夫だと思っていた人間でした。 しかし、その自信はビジネスの世界では地雷要素でしか無いんですよね。 時すでに遅し・・・ プロパンガス会社との契約は交渉の幅が賃貸経営でも大きいです。 契約更新時やガス会社の切替時にアパートの設備を新しくしてもらったりと、大家さん界隈でも役立つガス会社さんとの付き合い方情報を見かけます。 なので、契約前に私もしっかりとガス会社と直接交渉をしておくべきでした。 当時はメーカー手配の一社独占状態で契約し、ガス周りの設備を負担してくれるという条件で契約しました。 この時の私はガス関係の内装費が浮いてラッキー!ウッキー!と単純に喜ぶお猿さんだったのですが、これが後々首を絞めてきます。 契約書には 「設備をガス会社で負担したから、早期で途中で解約する場合は相応の設備負担金を請求しますよ。 (要約)」 とあり、ガス料金の交渉テクである相見積を出来ない状態になってしまったのです。 (自業自得ですが) なので残るは直球勝負で値下げ交渉しかありません。 (何か良い案あれば募集中です) 一度ガス会社の担当の方に値下げをお願いしたのですが、 「今の単価でも厳しいので、ホントは値上げをお願いしようとしてたところでした。 現状維持で頑張ってみます。 」 と上手くかわされてしまい、交渉失敗となりました。 本当はここから他社を引き合いに出して交渉したいところですが、ガス周りの設備を負担してくれているので、強くも言えません。 なので、ガス料金について単価や設備負担をお願いするタイミングは全て 契約前にしっかり詰める! という事が必要不可欠だと事後に判明したのでした。 全ては詰めの甘さが原因である 念の為にお伝えしますが、今回のお話はガス会社に非は全くありません。 ガス単価は今のご時世だと頑張ってくれている方らしいです。 (Twitter調べ) 全ては事業計画書が絵空事だった事と、それを信頼して特に裏付け等をしなかった詰めの甘さにあります。 コインランドリーに限らず、これから事業を始めるなら契約前の行動が超重要です。 事前に事業の全体像を把握せずに動き出してしまうと、後から爆弾がどんどん発見される!なんて事になりかねません。 今の世の中、情報はありふれていますし、無ければ実際に自分が開業予定の事業を行なっている経営者に話を聞きにいきましょう。 数百万円、数千万円の投資を行うのであればリスクヘッジはどれだけやっても損はしませんよ。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 このブログでは、ネットでもあまり見かけない詳細なコインランドリー投資の失敗談を私の経験から独断と偏見でお伝えしていきます。 私のコインランドリー経営は赤字ですが、コインランドリー経営の全てが悪いという訳ではありません。 中には、綿密に事業計画を立てて、利益をちゃんと上げている企業や経営者は沢山います。 このブログは「コインランドリー投資を私と同じ様な内容で失敗する人を減らしたい」という想いで情報発信していきますので この情報が役に立ったと感じていただけたら、是非拡散をお願い致します。

次の

コインランドリー経営の開業資金はいくら?始めるのに必要なもの

コインランドリー開業

コインランドリー 業種別開業ガイド コインランドリー• 2019年 10月 4日 トレンド (1)コインランドリーの市場規模 コインランドリー機器メーカーで売上高トップのアクア(株)によると、日本の洗濯労働市場約5. 2兆円のうち約2%、1,000億円規模がコインランドリー市場であると推計されている。 また、コインランドリーの店舗数は2001年の12,502店舗から、2013年には16,693店舗に増加(出典:「コインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査」厚生労働省)している。 以降の店舗数について国の調査は行われていないが、「ランドリービジネスマガジン」(ゼンドラ(株)発刊)によると、2017年には約2万店舗と発表している。 このように店舗数の推移をみると市場は拡大傾向にあり、この背景としては、女性の社会進出増加に伴い家事時間がなくなりまとめ洗い需要が増加したことや、広い駐車場を完備した郊外型店舗が増えたことが挙げられる。 (2)他業態店舗との併設 近年、コインランドリーは、他業態の店舗と併設されて開業されるケースがよく見られる。 カー用品店や食品スーパーなどの駐車場を有する店舗の一角に設けられるケースのほか、コンビニエンスストアと併設されるケース等もある。 このように併設して開業される理由には、コインランドリー利用時の「待ち時間」の間に、併設されている店舗を利用できるなど、併設する店舗にもメリットが見込まれることがある。 また、子供連れの主婦層をターゲットにしたランドリーでは、待ち時間を楽しんでもらうための遊具コーナーや、水槽を設置して「ミニ水族館」コーナーを設けているケースもある。 (3)家事代行サービスとしてのコインランドリー 従来のように利用者が、店舗へ洗濯物を持ち込むだけではなく、インターネットでの申し込み後、宅配便を利用して洗濯物を事業者に郵送し、洗濯を代行してもらう業態も登場している。 洗濯終了後は、事業者が、ランドリーバッグに洗濯物を入れて利用者に届けている。 ビジネスの特徴 コインランドリーの経営には、以下にあげるようなメリットがある。 (ア)粗利率が高く収入が安定している、(イ)出店後は運営が容易で維持管理の手間がかからない、(ウ)変形地や狭い土地でも運営が可能である。 このようなメリットを活かして、遊休地や空き店舗を利用して事業を始めるケースが多い。 また、コインランドリーは洗濯という日常生活に欠かせないサービスであり、景気にあまり左右されず、一度顧客を獲得すればリピーターを見込みやすい業種でもある。 なお、洗濯機や乾燥機を多数設置するため、洗濯機の騒音や振動、乾燥機からの排熱などの発生は避けられない。 コインランドリーは、商圏が狭く地域に密着したビジネスであるだけに、騒音・振動・排熱によって近隣住民に迷惑がかかることが無いよう、当初から配慮して出店することが求められる。 特に、コインランドリーの利用が多い20代男女や主婦層となる30代から40代の女性に好意的に受け止めてもらうことが重要である。 開業タイプ (1)独立型 出店場所やランドリー機器の選定などに手間を要するものの、高収益が期待できる。 (2)FC型 独立型に比べ開業準備は比較的容易であるが、FC本部の選定がポイントになる。 一般的には、FC加盟のための加盟金やロイヤリティーなどがかかる。 なお、コインランドリーの場合、ロイヤリティーに関しては徴収していないFC本部もある。 立地は、アパート・寮などの密集地帯が望ましい。 また、都市部では、駅から徒歩10分圏内の商店街やコンビニエンスストアなどが適性立地となる。 一方、徒歩10分超の立地や郊外であれば駐車場が必須となる。 特に最近では、洗濯機では対応が難しい、掛け布団や毛布を洗うニーズがみられる。 そのため、駅前立地でない限りは布団対応の大型の装置と、駐車場の設置を検討すべきである。 (2)必要な手続き コインランドリーはクリーニング業法の規制対象ではないため誰でも開業できるが、「コインオペレーションクリーニング営業施設」として各自治体の保健所に申請し「検査済証」の取得を求める自治体があるので、出店予定地の最寄りとなる保健所に確認する必要がある。 必要なスキル 出店場所の調査、開店後の巡回や清掃、集金を地道に続ける必要がある。 なお、自らが対応困難な業務がある場合は、FC型での開業を検討したい。 開店後の業務も受託するFC本部も存在するためである。 出典は、東京商工リサーチ「TSR中小企業経営指標」。 収益化の視点 コインランドリーは、洗濯機・乾燥機などの機器により収益を生み出す装置産業である。 一方、機器の高性能化に伴い、洗濯・乾燥という基本的な機能では差を見出しにくくなっている。 したがって、考慮するのは「サービス面でいかに差別化を図るか」ということである。 (1)清潔であること 店内は、女性の利用を想定した店舗の清潔さは特に重要である。 具体的には照明や内装は明るく、採光性が高い大きな窓、定期的な清掃が欠かせない。 かつての独身男性を対象としたコインランドリーは減少傾向にあり、女性目線で見た明るく清潔な店舗でなければ、主婦層に利用してもらえないからである。 (2)治安・風紀への対応 コンビニエンスストアのように外から店内が見渡せることや、防犯カメラなどの設備の導入も考えられる。 無人店舗であれば、付近の住民と見回りの契約を結んでいるコインランドリーなどもある。 FC型であれば、委託による巡回を請け負っているところもある。 また、緊急連絡先を店内に掲示するほか、「衣類の盗難や取り違えには責任を負えない」旨、明示しておく必要もある。 (3)売り逃し(機会損失)の予防 機械の利用方法や故障の際の連絡先などを掲示する配慮が必要である。 また、機械の故障、洗剤販売機の品切れ、両替機のコイン切れなどに注意する。 初夏・初秋の雨季は乾燥機だけを利用したいというニーズが非常に高くなり、稼働率が高くなる半面、空き待ちを嫌がる顧客の売り逃しの発生が避けられない。 そこで、新聞・雑誌、イスとテーブルなどを置くほか、電源、無線LANの設置や飲料などの自動販売機を設置するのもよい。 また、最近ではランドリーの機器もIT化が進んできており、終了時刻をスマートフォンで通知する機能を提供する機器メーカーもある。 これらを活用して、顧客の待ち時間を苦にさせない配慮があると競合コインランドリーとの差別化につながる。 さらに集客力・収益力を高めるには、容量の大きい大型の機器を導入することも必要である。 大型機器を導入することは、布団洗いができるというPRポイントになるほか、単価アップも見込める。 ドライクリーナー、スニーカー専用洗濯乾燥機を併設しているコインランドリーもある。 (本シリーズのレポートは作成時点における情報を元にした一般的な内容のものであるため、開業を検討される際には別途、専門家にも相談されることをお勧めします。

次の