木村拓也 捕手。 木村拓也

木村拓也コーチ死去…「タクヤーッ!」原監督絶叫、号泣― スポニチ Sponichi Annex 野球

木村拓也 捕手

来歴 高校時代は遠投120メートル、HR35本の強肩強打の捕手として鳴らした。 その後、1990年にドラフト外でに入団し、に見初められて1994年オフにトレードで広島に移籍すると、スイッチヒッターに転向して、なおかつ内外野全て守れる便利屋として活躍する。 このまま広島で現役を終えると思いきや、2006年シーズン中に突如トレードで放出されに移籍。 最初は出番が無いと自分でも思っていたらしいが、すっかり参っていた巨人を二塁手として支え、後の巨人の三連覇にも貢献した。 上述のとおり内外野の全ての守備を可能とし、元々は捕手であったことから2009年9月4日には延長戦で負傷退場し、捕手登録枠が無くなったところで10年ぶりにマスクをかぶり、豊田、藤田、野間口とバッテリーを組み、その回を三振二つと外野フライで無失点に抑えた。 捕手経験者ではもいたが、木村以上にブランクが長いうえ、膝に不安があったので、実質木村しかいなかった。 また、2004年のアテネ五輪の時に代表選手に選ばれていたが、その際にブルペンキャッチャーを駆って出ているため、実質的には5年ぶりということになる。 なお、高校時代には投手も経験している。 普段から捕手、一塁手、内野手、外野手と4種類のグラブを持ち歩いている。 本人いわく、センターラインから左方向の守備は苦手らしい。 名前がのと同姓同名で、さらに同い年でもあり、テレビ番組で対談するなどお互い面識もあった。 なお、その日の対巨人戦でからホームランを打っている。 引退~突然の死 2009年現役を引退しコーチに転進。 しかし、指導者の道を歩み始めた矢先であった、遠征先ので試合前の練習中にを発症して倒れ、その5日後である、入院先の病院にて37歳の若さで死去した。 新人研修での講義 2010. 04 より 自分は「こういう選手になろう」と思ってここまで来た選手じゃない。 こうやるしか思いつかなかった。 それが「ユーティリティープレーヤー」、「何でも屋」で、それでもこの世界で食っていける。 「レギュラーになる、エースになる」だけではない。

次の

一生懸命―木村拓也 決してあなたを忘れない

木村拓也 捕手

「仕事人」「いぶし銀」「泥臭い」「愚直」 玄人好みされる野球選手を言い表す言葉は色々あります。 「一生懸命」 「ユーティリティプレーヤー」 ピッチャー以外のポジションを すべて守った故木村さんのために用意された言葉としか思えません。 プロ野球選手として決して恵まれているとは言えない体格がゆえに、 自分の居場所を必死に探し求めた結果、それが己を生かすだけでなく、チームのために繋がっていく。 野球選手は皆、並大抵の努力ではやっていけないと思う。 でも彼は、自分の体格や能力をわかった上で、最大限の努力をしたのだと思った。 決してチームの主役ではなかったのだから…。 私は巨人ファンだけど、彼は広島にいた頃から好きな選手の一人だった。 巨人に移籍してテレビなどによく出るようになり、もっと好きになった。 この本に寄稿された大道選手や、縁のある方々のお話も大変貴重だ。 特に原監督の弔辞は、何度読み返しても涙が溢れそうになる。 文章のことを言ってしまえば、正直上手いとは言えない。 作家ではないのだから。 でもそれが、由美子夫人のありのままの気持ちなのだろうから良いと思う。 家族にとっては主役でヒーロー。 凄く素敵。 きっと私はこれからも読み返すことがあると思う。 由美子夫人の「残したい」気持ちは、他人の私にもわかるから…。 7月10日発売の本書を11日に手に入れ一気に読み切りました。 私は原監督と同世代のジャイアンツファンです。 4月に彼が倒れ、亡くなるまでの彼自身の病床での闘い。 そして力尽きた日の原監督の涙のコメント、全球団が半旗を掲げ、元同僚がチームを問わず喪章をつけて戦った日のことを忘れません。 特にお別れの会での原監督の弔辞と、新人研修での木村コーチの映像はTVでも見ましたが、こうして本になって残ったことで木村コーチの人生が語り継がれていくと思います。 それが惜しくも37歳の若さで亡くなった彼に対する弔いであり、また多くの人に愛された彼の生きてきた証になると思います。 キムタクの生きた証を本という形で実現してくれた木村由美子さん、出版社の方に巨人ファンとして感謝したいと思います。 私も彼のことを一生忘れません。 由美子さん、悲しみが癒えることはないと思いますが、子どもたちと一緒に「一生懸命」頑張ってください。 木村拓也コーチが亡くなられたのが確かもう少しで中学生になるという頃でした。 「木村拓也コーチが意識不明」というニュースを耳にしてもなんとも思わず、「木村拓也コーチが亡くなられた」というニュースを耳にしてもなんとも思いませんでした。 「あっ木村拓也コーチがなくなったんだな」と思ったのは、お別れ会が開催されたとの報道を耳にした時でした。 原監督が弔辞を涙を堪えながらも最後まで読まれたのがとても印象的だったのを覚えています。 ここ最近になって、木村拓也コーチの奥さんが著書を出されたという事を知って購入しました。 読んでの感想は「凄い」の一言。 選手時代はもちろんコーチになってからも常に"一生懸命" 途中で諦めるという事をせず、最後までやり抜く精神力は本当に凄いとしか言いようがありません.

次の

木村拓也 全力プレー精神がヤバい!緊急捕手、動画はこちら

木村拓也 捕手

元巨人、現栃木ゴールデンブレーブス・寺内崇幸監督が10年前を回想、インタビュー後編 巨人で12年プレーし、現在はルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスを指揮する寺内崇幸監督は現役時代、ユーティリティプレーヤーとして活躍した。 本職は遊撃手だが、二塁手としても多くの試合に出場。 セカンドで自信を持ってプレーできるようになったのは、巨人の1軍内野守備走塁コーチだった木村拓也さんから教えてもらった一言だった。 4月7日。 木村さんが亡くなって10年が経過した。 桜の季節が来ると、あの優しい笑顔がよみがえってくる。 当時、プロ4年目だった若者は、気が付けば指導者になっていた。 学んだことは今でも生かされている。 木村さんの現役最終年だった2009年。 主に遊撃を守っていた寺内監督はセカンドの守備の難しさを感じていた。 「僕はほとんどショートしかやっていなかったので、動き方がちょっとぎこちないというか、難しいなと思っていたんです。 でも、キムタクさんに『セカンドって、ショートの間逆だよ』と言われたときに、ピースがはまったというか、すべての動きを反対にすればいいんだ!というように解釈しました。 すごくやりやすくなりましたし、セカンドの動きが身に付きました」 併殺の取り方や、送球の部分で新しい発見があった。 聞いたことに関して、全てを答えてくれた。 とにかく優しかった。 一緒に食事を何度もさせてもらった。 「僕にとってすごく勉強になる時間」だった。 当時、まだ若手だった寺内監督の目に映る木村さんは「献身的」の一言に尽きる、尊敬の念を抱いていた。 ベテランでも大きな声を出す姿、率先して動く姿は全員のお手本だった。 あの緊急捕手誕生の瞬間もそうだった。 緊急マスクがチームを救う、木村拓也さんがヒーローになった日をG党は忘れない 2009年9月4日のヤクルト戦(東京ドーム)の延長11回、途中出場していた加藤健捕手(現・3軍コーチ)が頭部死球を受けて、交代。 残りの捕手はベンチにいなかった。 「加藤健さんが死球を受けて、気が付いたらキムタクさんはもうベンチにいなかったです」 入団当初は捕手だった木村さんはすぐにブルペンに行って、次のイニングで守る準備をしていた。 延長12回、二塁から捕手にまわり、野間口貴彦投手とバッテリーを組み、チームの危機を救った。 「僕がいた頃のジャイアンツは、レギュラー陣以外の人たち一人一人が本当にチームのために何をするかを考えていました。 原監督の考えがどうなんだろうと、読みながら野球をしていた気がします。 僕はまだ若かったので、先輩たちを見るよりも自分のことで精一杯。 すごいところにいたんだなと今、思います。 だから、やっぱり優勝ができたのかなと感じます」 07〜09年、第2次原政権は3連覇し、09年は日本一になった。 木村さんが示したような献身的な姿勢は確実に受け継がれていた。 防具を付けて、練習をした。 「僕なんか(緊急捕手を)やったうちに入らないです。 チームが必要とするのであればという感じです。 僕が捕手をやることで、キャッチャーの方が1人(ベンチから)外れるという思いもあったので、申し訳ないというか、葛藤はありました。 ですが、チームでやれと言うのであれば僕はNO(ノー)と言いたくなかった」 それは木村さんが残していったものなのかもしれない。 「自分の思いというよりも、チームに対してという思いの方が強かったですね。 僕もそういう人たちを見てきているからだと思うんです。 キムタクさんを見ていた人なら、自分もと思いますよ」 優しい笑顔も忘れないが、今でもそのハートもずっと心の中で生きている。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の