坐骨 神経痛 手術。 専門医が語る坐骨神経痛―手術して治すのではなく、治る患者さんを手術する

坐骨神経痛は、治らないのでしょうか?主人が、行ってる整形外科では、...

坐骨 神経痛 手術

坐骨神経痛とは、坐骨神経沿いに痛みやしびれなど、何らかの症状が現れている「現象」(病名ではない)を意味します。 坐骨神経とは人体における最大の神経で、腹部にある大腿神経に端を発し、枝分かれして足底にまで至ります。 その坐骨神経の通り道において、何らかの症状が認められる場合、坐骨神経痛と言われることがあるわけです。 坐骨神経痛は病名ではない 坐骨神経痛は病名ではありません。 極端なことを言うと、整形外科で坐骨神経痛とだけ言われた場合、何も診断されていないのとあまり変わりません。 坐骨神経痛にともなう症状 坐骨神経痛が病名ではないことに驚かれた方もいらっしゃると思いますが、一般的に、以下のような症状が出ている場合、坐骨神経痛と言われるケースが多いようです。 腰痛 腰痛を訴えて病院や整形外科を受診し、レントゲンやMRIを撮っても特に異常が見られない場合、坐骨神経痛と言われるケースが多いようです。 臀部から下肢にかけての痛み 坐骨神経痛の症状としてよく知られているのが、臀部(お尻の周辺)から下肢にかけての痛みです。 やはりレントゲンやMRIでは異常が見られないのに、お尻のあたりが痛んだり、ふくらはぎが痛んだりします。 足のしびれ 足のしびれも坐骨神経痛にともなう典型的な症状の1つです。 どちらかというと、太ももの裏側からふくらはぎにかけてしびれるケースが多いようです。 整形外科的に見た坐骨神経痛の原因 坐骨神経痛は病名ではないということですが、整形外科的には坐骨神経痛の原因をどこに求めているのでしょうか。 腰椎椎間板ヘルニア 坐骨神経痛の原因としては、腰椎椎間板ヘルニアがよくあげられます。 腰の骨と骨との間には椎間板と言われるクッションの役割を果たす組織があり、そこから髄核が飛び出して神経を圧迫することで、痛みやしびれが出ると説明されています。 脊柱管狭窄症 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、どちらかというと高齢者によくみられる疾患です。 脳から出た神経は脊髄の中を通っていますが、その通り道が何らかの原因で狭くなることによって、腰痛や下肢のしびれが現れます。 脊柱管狭窄症の特徴的な症状が間欠跛行(かんけつはこう)です。 歩き始めて10分ほどすると痛みやしびれのために歩くのが困難になりますが、しばらく休むとまた歩けるようになるといったことを繰り返します。 梨状筋症候群 臀部には梨状筋(りじょうきん)という筋肉がありますが、梨状筋と上双子筋(じょうそうしきん)の間から坐骨神経が出ており、これらの筋肉が緊張することで、坐骨神経痛が現れるとされています。 その他大部分の腰痛に関しては、「原因不明」とされます。 なぜそのようなことが起こるかについては後程詳しく解説しますが、簡単に言うと画像診断では骨や神経「しか」見ていないからです。 実際、腰椎椎間板ヘルニアの手術を繰り返す人もいますし、脊柱管狭窄症の手術をしても、痛みやしびれが取れないケースもあります。 そのことが、骨や神経が原因ではないことの裏返しとなっています。 手術をするかどうかの判断基準 腰痛や足のしびれにともなって手術をするかどうかの判断基準の1つが、日常生活に著しい支障を来しているかどうかです。 痛みのために日常生活もままならない場合や、しびれのために全く歩くことができない場合、手術を検討することもあるでしょう。 また、足に力が入らないとか、排便・排尿障害がみられるような場合、本当の意味での神経圧迫が起こっていることも考えられます。 そのような場合は、速やかに専門医を頼るとよいでしょう。 手術をするかどうかのもう1つの判断基準は、その他の治療をおこなっても、どうやっても改善できない場合です。 メスを入れることはやはり身体にとって負担となるので、 手術は最後の手段と考えたほうが良いと思います。 坐骨神経痛の本当の原因とは 先ほど、画像診断には限界があると説明しましたが、違った観点で坐骨神経痛を見てみると、意外な原因が浮かび上がってきます。 筋肉や筋膜の緊張 坐骨神経痛を発症している人のほとんど、筋肉や筋膜の緊張が見られます。 筋肉や筋膜の緊張によって坐骨神経が圧迫され、痛みやしびれが生じるというわけです。 血行不良 血行不良も坐骨神経痛を引き起こす原因の1つです。 正座をした後に足がしびれるように、血行不良が起こっていると、しびれが出やすくなるのです。 骨盤のゆがみ 坐骨神経痛の原因としては骨盤のゆがみもあげられます。 実際、一部の整形外科は骨盤(特に仙腸関節)のゆがみに着目した「AKA(エーケーエー)」という治療をおこなっています。 仙腸関節は古くから整骨院や整体院、カイロプラクティック院が注目していた場所でもあるのですが、仙腸関節の機能障害を改善することで、坐骨神経痛をはじめとした多くの腰部疾患を改善することが期待されています。 不良姿勢 不良姿勢も坐骨神経痛の原因となります。 特にデスクワークなどで長時間にわたって同じ姿勢をしていると、坐骨神経の大本である大腿神経が圧迫され、痛みやしびれを生じやすくなります。 坐骨神経痛の改善法 病院や整形外科で坐骨神経痛と言われた場合、多くのケースで痛み止めやシップ、血行を良くする薬などが出されます。 薬の服用や手術を避けたい場合は整骨院で以下のような方法で改善が期待できます。 筋膜リリース 筋膜は全身をボディスーツのように覆っており、「第2の骨格」とも言われています。 例えば腰痛や臀部痛が見られる場合、おなかの筋膜や太ももの筋膜が患部を引っ張っているケースが多々あります。 そのため、おなかの筋膜や太ももの筋膜に筋膜リリースを施すことによって、患部(腰部や臀部)への負担を軽減し、症状を根本から改善することが期待できます。 温熱療法 整骨院では罨法(あんぽう)と呼ばれる施術によって、患部を適切に温めたり冷やしたりすることで血流をコントロールしています。 それによって急性期の炎症を鎮めたり、安定期の症状回復を早めたりすることが可能となります。 全身のバランス調整 坐骨神経痛を発症している人の多くに、全身のアンバランスが見られます。 その結果、患部への負担が増しているので、ぷらす鍼灸整骨院ではお体のバランスを確認させていただき、必要な方には全身のバランス調整もさせていただいております。 腰痛や足のしびれが治らない方はぷらす鍼灸整骨院まで! 腰痛や足のしびれの多くは、ヘルニアや脊柱管狭窄症とは無関係です。 どこに行っても症状が改善しないという方は、ぜひ一度、ぷらす鍼灸整骨院の施術をお試しください。 まとめ 坐骨神経痛の症状や原因と対策方法について紹介しました。

次の

【坐骨神経痛の期間】坐骨神経痛が治るまでの期間はどれくらい?

坐骨 神経痛 手術

坐骨神経痛の症状がだんだんと悪化してきてしまい、日常生活にも支障がでるほどになってしまうこともあります。 こうなってしまうと、自己流の治し方では対応できなくなってしまいますよね。 そこで、病院に行って治療を行っていく必要がでてくるのですが、このとき、手術による治療が必要となることもあります。 スポンサーリンク ここで心配なものの一つとして、手術の入院期間があります。 特にも、お仕事をされている方にとっては、長期間にわたって入院となってしまうと仕事に穴が開いてしまったり、同僚に迷惑をかけてしまったりなどと、困ってしまうことが多いですよね。 坐骨神経痛の手術ではどれくらいの入院期間が必要になってくるものなのでしょうか? この入院期間については、なんの手術を行ったのかによって変わってくるようです。 例えば、レーザーによる治療を行う場合には、入院する必要がなく、日帰りで施術を終えることができるようです。 これであれば、仕事などの日常に対する負担も少なくて済みますね。 ただし、保険適用にならず、自己負担の金額が高くなってしまうというデメリットがあります。 スポンサーリンク 比較的負担の少ない手術の方法として、MEDなどの方法もあります。 しかし、こちらの場合ではレーザー治療とは異なり入院が必要となってきてしまうもので、1週間ほどは入院の必要が出てくるようです。 坐骨神経痛の治療でよく用いられている方法なのですが、これを行う際には全身麻酔を行ってから手術が行われます。 そのため、どうしても入院が必要になってきてしまうのですね。 手術にかかる時間自体はそれほど長くないのですが、やはり、前後の準備なども含めると、どうしても手術の入院期間が1週間ほどとある程度の期間が必要になってきてしまうのです。 このように方法によっても治療期間・入院期間が変わってくるものになりますので、事前に担当のお医者さんとよく話し合って、メリット・デメリットをきちんと把握したうえで行っていくようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

専門医が語る坐骨神経痛―手術して治すのではなく、治る患者さんを手術する

坐骨 神経痛 手術

坐骨神経痛の症状が重い場合には、手術をすることになる場合もあります。 しかし、直接命にかかわるような疾患ではないため、ただちに手術が 選択されることはありません。 体への負担が大きいことも、手術が直ちに選択されないことの理由のひとつです。 まず最初に保存療法が行われ、それで効果が上がらなかった場合で、 なおかつ坐骨神経痛や間欠跛行のために日常生活に支障が出るような場合は 手術が検討されます。 それ以外にも、高齢の場合に筋肉の衰えが激しいとき、筋力の衰退から歩行が 困難になった場合、坐骨神経痛の症状が重く排泄が困難となっている場合などにも 手術が選択されることがあります。 ただし、ほかの病気との合併症が出ている場合は手術ができないことがあります。 坐骨神経痛の手術には、以下のような種類があります。 内視鏡手術 主に椎間板ヘルニアのときに用いられる手法です。 施術としては、小さな穴を開けて黄色靭帯を切除し、神経根への圧迫を取り除くというものです。 体にメスを入れなくてすむので、体への負担が少なくて済むという大きなメリットがあります。 椎弓切除術 腰部の狭窄を取り除くことを目的とした手術です。 この手術は坐骨神経痛以外にも、神経の障害によって排泄に障害がある場合、間欠跛行が顕著、 脚部の痛みがひどい、足を動かしたり、力を入れたりすることが難しい場合などの病態があるときにも 用いられます。 開窓術 坐骨神経痛や腰部脊椎管狭窄症が重度のものである場合に行われるもので、頻繁に行われるタイプの 手術ではありません。 また、非常に高度な技術を要する手術でもあります。 やり方としては、椎弓切除術が椎弓全体を削り取るのに対し、坐骨神経痛などの症状を引き起こす 神経を圧迫している部分のみを削り取り、それ以外のところをできるだけ残すというものです。 私が治った体験談 【必読】 【必読】 【必読】•

次の