ゲーム 麻雀 無料。 麻雀1000!|無料ゲーム

麻雀ゲームおすすめはどれ?2020年人気タイトル一覧

ゲーム 麻雀 無料

目次 Maru-Jan 個人的に一番手広くやっているイメージの無料で遊べるオンライン麻雀。 対応デバイスは画像の通り。 PCは勿論、iOSやAndroidといった携帯端末でもプレイ可能です。 更に、 優勝者には賞金総額1000万円が贈呈される全国大会が定期的に開かれているのも見逃せません。 旅館にありそうな古いグラフィックのゲームとは違い、比較的キレイな画面で本格的な麻雀が楽しめます。 実際の卓ではなく、PCや携帯端末といったデバイスを使って遊ぶ麻雀なので、自分の戦績やプレイ傾向といった実際なら自分で記録していく情報を自動で集積してくれるところも魅力的です。 公式サイトには麻雀に強くなるためのプロ雀士のコラムや情報発信をするラジオ等、豊富なサポートも充実しているので麻雀に興味がある初心者には特にオススメではないでしょうか。 皆さんも是非一度遊んでみて下さい。 真・雀龍門 画像からも分かる通り、比較的オタク好みなサービスが多いPC用のオンライン麻雀。 ゲーム内の プレイヤーボイスを映画やアニメでお馴染みの人気声優さんに設定出来る等、ゲームを盛り上げる要素が充実しています。 ただ、 場代という現実のお金を課金する仕様のため、遊ぶ場合は少なく無い投資が必要になってきます。 この場代は実際の麻雀を思わせるスリル感を助長するシステムで、勝ち負けで増減するゲーム内マネーになります。 つまり、麻雀に負ければ没収され、そのゲームで1位になる事が出来れば返還されるというワケです。 ゲーセンの格ゲーのように勝ち続ければ実質無料で楽しめるので良いか悪いかは実際にプレイして決めて下さい。 個人的な考えですが、お金を賭けるようなモノなので麻雀初心者がいきなり手を出すゲームでは無いと思っています。 そのため、それなりに場数を踏んだプレイヤーの方で無料で遊ぶオンライン麻雀に飽きた人にオススメしたいオンライン麻雀ですね。 大会も少なく遊びの部分が強いオンライン麻雀ですが、雀荘や友人間でやる賭け麻雀よりかはお金を使わずに済む場合が多いので、節約したいけど賭けのスリルは味わいたい麻ジャンキーさんは一度覗いてみると良いかもしれません。 天鳳 こちらも長年続いている人気オンライン麻雀。 PCは勿論、iOSとAndroidにも対応したプレイしやすい環境が整っています。 参加費として約1000円ほど課金が必要にはなりますが、大規模な大会が定期的に開かれており、 プロの雀士が実際にプレイしている卓を観戦する事が出来たりと魅力的なコンテンツが多数あります。 プレイ料金は月額約500円ほどなので、無料ではないものの比較的初心者がとっつきやすいオンライン麻雀だと思います。 接続人数やランキング・段位毎のプレイヤー数の内訳が公にされている稀有なオンライン麻雀なので、そういった点からも運営側の誠意が伝わってくるゲームだと思います。 実際に麻雀をするのが好きな方は勿論、プロ雀士の真剣勝負をリアルタイムで観戦したい方も楽しめるタイトルではないでしょうか。 麻雀4:ハンゲーム ハンゲームに登録するだけで遊べる無料のオンライン麻雀。 毎日一度だけ無料で補充できるコインを賭けて麻雀を遊べるので、疑似的に賭け麻雀のスリルを感じる事が出来ます。 勿論、補充できるコインが無くなれば課金しない限り、その日のプレイは不可能になるので、熱中しすぎないようにしなければなりません。 個人的にオススメしたい層としては、毎日の仕事が忙しく、短い時間しか遊べない 中年男性の方達。 他と比べて遊ぶまでの過程が容易に想像出来るハンゲーム内のゲームだという事と、止め時がコインの有る無しで決められる事が理由です。 熱中して仕事に差し支えるのが嫌で嫌厭してる方も、 コインという疑似通貨で比較的己をコントロールしやすいオンライン麻雀なので一度遊んでみると良いかもしれません。 セガNET麻雀 MJ セガNET麻雀 MJ Arcadeという名でゲームセンターでも展開されている人気オンライン麻雀。 かなり有名なタイトルなので恐らく男性なら一度は見た事のあるのではないでしょうか。 そんな有名なオンライン麻雀ではありますが、紹介しているオンライン麻雀の中では比較的ゲーム的な要素が強いタイトルなので、大会があるとはいっても賞金等はないあくまでゲームとして楽しむオンライン麻雀になります。 豊富なルールが選べる他、 プロ雀士と卓を囲める公式トーナメントが用意されている等、友人間では楽しめない変わった麻雀が体験出来るオンライン麻雀です。 無料で遊べるフリー対戦と、課金が必要になる公式対戦に住み分けがシッカリとされているので、プレイヤー毎の望む対戦がしやすい点も魅力的。 初心者も玄人も楽しめるよう工夫されているので、麻雀をゲームとして楽しみたい方は是非一度お試しください。 麻雀天聖 手軽に楽しめるインストール不要のブラウザで遊ぶ一人用麻雀ゲーム。 当たり前ですがプレイには一切お金が必要ありません。 上に書いたオンライン麻雀と違って一人用の麻雀ゲームなので、中身のないCPUと麻雀を楽しむことになります。 そのため、どちらかというと練習の意味で楽しんで欲しいゲームで、こ のゲームで基本的な麻雀のルールや流れを覚えて他のゲームに旅立っていく事をオススメします。 結構古いゲームなので、物足りない部分が多いかとは思いますが、麻雀初心者の方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか。 まとめ さて、今回はオンライン麻雀を中心に紹介してみました。 個人的にあまりプレイしないジャンルではありますが、今回実際に色々とプレイしてみて、ほんの一端でしかないのでしょうが楽しさが理解出来た気がしています。 私としてはギャンブルとしての側面でしか見ていなかったので今の心境を考えると驚きが強いです。 よく麻雀をする人が言う「知的遊戯」的な説明は眉唾に思っていましたが「まったくその通り」でした。 今まで馬鹿にしていた麻雀プレイヤーに全力で謝りたいと思います。 マジすいませんでした。 確かに最後には「運」がモノをいうゲームではありますが、そこには高度な心理戦や戦略が存在していたんですね(棒) これからは少しだけ尊敬の念を込めて麻雀プレイヤーを見ていこうと思います。 それにしても女性プロ雀士の美形率は一体なんなんでしょうね? それが今回、一番驚いた点かもしれません 笑 それではまた! 良きゲームライフを!.

次の

雀牌ソリティア(パズルゲーム)|プチゲーム

ゲーム 麻雀 無料

目次 Maru-Jan 個人的に一番手広くやっているイメージの無料で遊べるオンライン麻雀。 対応デバイスは画像の通り。 PCは勿論、iOSやAndroidといった携帯端末でもプレイ可能です。 更に、 優勝者には賞金総額1000万円が贈呈される全国大会が定期的に開かれているのも見逃せません。 旅館にありそうな古いグラフィックのゲームとは違い、比較的キレイな画面で本格的な麻雀が楽しめます。 実際の卓ではなく、PCや携帯端末といったデバイスを使って遊ぶ麻雀なので、自分の戦績やプレイ傾向といった実際なら自分で記録していく情報を自動で集積してくれるところも魅力的です。 公式サイトには麻雀に強くなるためのプロ雀士のコラムや情報発信をするラジオ等、豊富なサポートも充実しているので麻雀に興味がある初心者には特にオススメではないでしょうか。 皆さんも是非一度遊んでみて下さい。 真・雀龍門 画像からも分かる通り、比較的オタク好みなサービスが多いPC用のオンライン麻雀。 ゲーム内の プレイヤーボイスを映画やアニメでお馴染みの人気声優さんに設定出来る等、ゲームを盛り上げる要素が充実しています。 ただ、 場代という現実のお金を課金する仕様のため、遊ぶ場合は少なく無い投資が必要になってきます。 この場代は実際の麻雀を思わせるスリル感を助長するシステムで、勝ち負けで増減するゲーム内マネーになります。 つまり、麻雀に負ければ没収され、そのゲームで1位になる事が出来れば返還されるというワケです。 ゲーセンの格ゲーのように勝ち続ければ実質無料で楽しめるので良いか悪いかは実際にプレイして決めて下さい。 個人的な考えですが、お金を賭けるようなモノなので麻雀初心者がいきなり手を出すゲームでは無いと思っています。 そのため、それなりに場数を踏んだプレイヤーの方で無料で遊ぶオンライン麻雀に飽きた人にオススメしたいオンライン麻雀ですね。 大会も少なく遊びの部分が強いオンライン麻雀ですが、雀荘や友人間でやる賭け麻雀よりかはお金を使わずに済む場合が多いので、節約したいけど賭けのスリルは味わいたい麻ジャンキーさんは一度覗いてみると良いかもしれません。 天鳳 こちらも長年続いている人気オンライン麻雀。 PCは勿論、iOSとAndroidにも対応したプレイしやすい環境が整っています。 参加費として約1000円ほど課金が必要にはなりますが、大規模な大会が定期的に開かれており、 プロの雀士が実際にプレイしている卓を観戦する事が出来たりと魅力的なコンテンツが多数あります。 プレイ料金は月額約500円ほどなので、無料ではないものの比較的初心者がとっつきやすいオンライン麻雀だと思います。 接続人数やランキング・段位毎のプレイヤー数の内訳が公にされている稀有なオンライン麻雀なので、そういった点からも運営側の誠意が伝わってくるゲームだと思います。 実際に麻雀をするのが好きな方は勿論、プロ雀士の真剣勝負をリアルタイムで観戦したい方も楽しめるタイトルではないでしょうか。 麻雀4:ハンゲーム ハンゲームに登録するだけで遊べる無料のオンライン麻雀。 毎日一度だけ無料で補充できるコインを賭けて麻雀を遊べるので、疑似的に賭け麻雀のスリルを感じる事が出来ます。 勿論、補充できるコインが無くなれば課金しない限り、その日のプレイは不可能になるので、熱中しすぎないようにしなければなりません。 個人的にオススメしたい層としては、毎日の仕事が忙しく、短い時間しか遊べない 中年男性の方達。 他と比べて遊ぶまでの過程が容易に想像出来るハンゲーム内のゲームだという事と、止め時がコインの有る無しで決められる事が理由です。 熱中して仕事に差し支えるのが嫌で嫌厭してる方も、 コインという疑似通貨で比較的己をコントロールしやすいオンライン麻雀なので一度遊んでみると良いかもしれません。 セガNET麻雀 MJ セガNET麻雀 MJ Arcadeという名でゲームセンターでも展開されている人気オンライン麻雀。 かなり有名なタイトルなので恐らく男性なら一度は見た事のあるのではないでしょうか。 そんな有名なオンライン麻雀ではありますが、紹介しているオンライン麻雀の中では比較的ゲーム的な要素が強いタイトルなので、大会があるとはいっても賞金等はないあくまでゲームとして楽しむオンライン麻雀になります。 豊富なルールが選べる他、 プロ雀士と卓を囲める公式トーナメントが用意されている等、友人間では楽しめない変わった麻雀が体験出来るオンライン麻雀です。 無料で遊べるフリー対戦と、課金が必要になる公式対戦に住み分けがシッカリとされているので、プレイヤー毎の望む対戦がしやすい点も魅力的。 初心者も玄人も楽しめるよう工夫されているので、麻雀をゲームとして楽しみたい方は是非一度お試しください。 麻雀天聖 手軽に楽しめるインストール不要のブラウザで遊ぶ一人用麻雀ゲーム。 当たり前ですがプレイには一切お金が必要ありません。 上に書いたオンライン麻雀と違って一人用の麻雀ゲームなので、中身のないCPUと麻雀を楽しむことになります。 そのため、どちらかというと練習の意味で楽しんで欲しいゲームで、こ のゲームで基本的な麻雀のルールや流れを覚えて他のゲームに旅立っていく事をオススメします。 結構古いゲームなので、物足りない部分が多いかとは思いますが、麻雀初心者の方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか。 まとめ さて、今回はオンライン麻雀を中心に紹介してみました。 個人的にあまりプレイしないジャンルではありますが、今回実際に色々とプレイしてみて、ほんの一端でしかないのでしょうが楽しさが理解出来た気がしています。 私としてはギャンブルとしての側面でしか見ていなかったので今の心境を考えると驚きが強いです。 よく麻雀をする人が言う「知的遊戯」的な説明は眉唾に思っていましたが「まったくその通り」でした。 今まで馬鹿にしていた麻雀プレイヤーに全力で謝りたいと思います。 マジすいませんでした。 確かに最後には「運」がモノをいうゲームではありますが、そこには高度な心理戦や戦略が存在していたんですね(棒) これからは少しだけ尊敬の念を込めて麻雀プレイヤーを見ていこうと思います。 それにしても女性プロ雀士の美形率は一体なんなんでしょうね? それが今回、一番驚いた点かもしれません 笑 それではまた! 良きゲームライフを!.

次の

雀牌ソリティア(パズルゲーム)|プチゲーム

ゲーム 麻雀 無料

目次 Maru-Jan 個人的に一番手広くやっているイメージの無料で遊べるオンライン麻雀。 対応デバイスは画像の通り。 PCは勿論、iOSやAndroidといった携帯端末でもプレイ可能です。 更に、 優勝者には賞金総額1000万円が贈呈される全国大会が定期的に開かれているのも見逃せません。 旅館にありそうな古いグラフィックのゲームとは違い、比較的キレイな画面で本格的な麻雀が楽しめます。 実際の卓ではなく、PCや携帯端末といったデバイスを使って遊ぶ麻雀なので、自分の戦績やプレイ傾向といった実際なら自分で記録していく情報を自動で集積してくれるところも魅力的です。 公式サイトには麻雀に強くなるためのプロ雀士のコラムや情報発信をするラジオ等、豊富なサポートも充実しているので麻雀に興味がある初心者には特にオススメではないでしょうか。 皆さんも是非一度遊んでみて下さい。 真・雀龍門 画像からも分かる通り、比較的オタク好みなサービスが多いPC用のオンライン麻雀。 ゲーム内の プレイヤーボイスを映画やアニメでお馴染みの人気声優さんに設定出来る等、ゲームを盛り上げる要素が充実しています。 ただ、 場代という現実のお金を課金する仕様のため、遊ぶ場合は少なく無い投資が必要になってきます。 この場代は実際の麻雀を思わせるスリル感を助長するシステムで、勝ち負けで増減するゲーム内マネーになります。 つまり、麻雀に負ければ没収され、そのゲームで1位になる事が出来れば返還されるというワケです。 ゲーセンの格ゲーのように勝ち続ければ実質無料で楽しめるので良いか悪いかは実際にプレイして決めて下さい。 個人的な考えですが、お金を賭けるようなモノなので麻雀初心者がいきなり手を出すゲームでは無いと思っています。 そのため、それなりに場数を踏んだプレイヤーの方で無料で遊ぶオンライン麻雀に飽きた人にオススメしたいオンライン麻雀ですね。 大会も少なく遊びの部分が強いオンライン麻雀ですが、雀荘や友人間でやる賭け麻雀よりかはお金を使わずに済む場合が多いので、節約したいけど賭けのスリルは味わいたい麻ジャンキーさんは一度覗いてみると良いかもしれません。 天鳳 こちらも長年続いている人気オンライン麻雀。 PCは勿論、iOSとAndroidにも対応したプレイしやすい環境が整っています。 参加費として約1000円ほど課金が必要にはなりますが、大規模な大会が定期的に開かれており、 プロの雀士が実際にプレイしている卓を観戦する事が出来たりと魅力的なコンテンツが多数あります。 プレイ料金は月額約500円ほどなので、無料ではないものの比較的初心者がとっつきやすいオンライン麻雀だと思います。 接続人数やランキング・段位毎のプレイヤー数の内訳が公にされている稀有なオンライン麻雀なので、そういった点からも運営側の誠意が伝わってくるゲームだと思います。 実際に麻雀をするのが好きな方は勿論、プロ雀士の真剣勝負をリアルタイムで観戦したい方も楽しめるタイトルではないでしょうか。 麻雀4:ハンゲーム ハンゲームに登録するだけで遊べる無料のオンライン麻雀。 毎日一度だけ無料で補充できるコインを賭けて麻雀を遊べるので、疑似的に賭け麻雀のスリルを感じる事が出来ます。 勿論、補充できるコインが無くなれば課金しない限り、その日のプレイは不可能になるので、熱中しすぎないようにしなければなりません。 個人的にオススメしたい層としては、毎日の仕事が忙しく、短い時間しか遊べない 中年男性の方達。 他と比べて遊ぶまでの過程が容易に想像出来るハンゲーム内のゲームだという事と、止め時がコインの有る無しで決められる事が理由です。 熱中して仕事に差し支えるのが嫌で嫌厭してる方も、 コインという疑似通貨で比較的己をコントロールしやすいオンライン麻雀なので一度遊んでみると良いかもしれません。 セガNET麻雀 MJ セガNET麻雀 MJ Arcadeという名でゲームセンターでも展開されている人気オンライン麻雀。 かなり有名なタイトルなので恐らく男性なら一度は見た事のあるのではないでしょうか。 そんな有名なオンライン麻雀ではありますが、紹介しているオンライン麻雀の中では比較的ゲーム的な要素が強いタイトルなので、大会があるとはいっても賞金等はないあくまでゲームとして楽しむオンライン麻雀になります。 豊富なルールが選べる他、 プロ雀士と卓を囲める公式トーナメントが用意されている等、友人間では楽しめない変わった麻雀が体験出来るオンライン麻雀です。 無料で遊べるフリー対戦と、課金が必要になる公式対戦に住み分けがシッカリとされているので、プレイヤー毎の望む対戦がしやすい点も魅力的。 初心者も玄人も楽しめるよう工夫されているので、麻雀をゲームとして楽しみたい方は是非一度お試しください。 麻雀天聖 手軽に楽しめるインストール不要のブラウザで遊ぶ一人用麻雀ゲーム。 当たり前ですがプレイには一切お金が必要ありません。 上に書いたオンライン麻雀と違って一人用の麻雀ゲームなので、中身のないCPUと麻雀を楽しむことになります。 そのため、どちらかというと練習の意味で楽しんで欲しいゲームで、こ のゲームで基本的な麻雀のルールや流れを覚えて他のゲームに旅立っていく事をオススメします。 結構古いゲームなので、物足りない部分が多いかとは思いますが、麻雀初心者の方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか。 まとめ さて、今回はオンライン麻雀を中心に紹介してみました。 個人的にあまりプレイしないジャンルではありますが、今回実際に色々とプレイしてみて、ほんの一端でしかないのでしょうが楽しさが理解出来た気がしています。 私としてはギャンブルとしての側面でしか見ていなかったので今の心境を考えると驚きが強いです。 よく麻雀をする人が言う「知的遊戯」的な説明は眉唾に思っていましたが「まったくその通り」でした。 今まで馬鹿にしていた麻雀プレイヤーに全力で謝りたいと思います。 マジすいませんでした。 確かに最後には「運」がモノをいうゲームではありますが、そこには高度な心理戦や戦略が存在していたんですね(棒) これからは少しだけ尊敬の念を込めて麻雀プレイヤーを見ていこうと思います。 それにしても女性プロ雀士の美形率は一体なんなんでしょうね? それが今回、一番驚いた点かもしれません 笑 それではまた! 良きゲームライフを!.

次の