食べてすぐ寝る 癌。 どうして食べた後すぐ寝てはいけないの?

なぜ食後すぐに寝てはいけないのか

食べてすぐ寝る 癌

それは、「食後2時間ぐらいで空腹感を感じる」場合です。 晩御飯を沢山いただいたのに、夜寝る前にお腹が空いてしまい、またお腹いっぱいに食べてしまったなんてことありませんか?普段の健康診断で問題が見当たらなくても、食後2時間くらいでお腹が空く場合は、糖化の危険信号だと思って注意をしましょう。 血糖が下がった時、まず最初に体に起きる兆候は「空腹感」です。 低血糖は生体にとっての危険信号ですから、何か食べないといけないぞ、というサインを送っているのです。 では、満腹感を感じたにもかかわらずなぜ2時間後くらいにすぐ空腹感を感じるほど血糖が下がってしまうのでしょうか? 下にわかりやすい図を出しました。 Aは常に糖と炭水化物が多い食事をしている場合の血糖値の推移モデルです。 一方Bは野菜が豊富でゆっくりよく噛んで食べる食事をしている場合の血糖値の推移モデルです。 インスリンの大量分泌をもたらすような食事のあり方を示しています。 食後30分ほど経過すると次第に血糖値が上がり始め、インスリンが分泌されますが、このパターンだとインスリンが少し遅れて分泌され、しかも過剰に分泌されてしまい、その結果、血糖値が急に下がり始めて低血糖となって空腹感が刺激されてしまうのです。 空腹で血糖値が低いときほど、体は栄養を吸収しようと待ち構えています。 ここで甘いお菓子や、手軽にさっと食べられるからと菓子パンやハンバーガーとフライドポテトなどのジャンクフードなどに手を出せば、血糖値は急上昇します。 すると、体内のブドウ糖を代謝するためにインスリンが大量に分泌されて、一挙に処理します。 その結果、インスリンの作用によって体は再び低血糖、空腹の状態に逆戻り。 これを繰り返すことによって、図のように高血糖と低血糖を乱高下して、糖化を促進する最悪の状態になるのです。 これはインスリンを生成している膵臓にあるランゲルハンス島のなかにあるベータ細胞が破壊されてしまうからです。 このインスリンが効かない状態を「インスリン抵抗性」と言い、糖尿病をはじめさまざまな病気を引き起こすのです。 ですから、糖化リスクを減らすためには、食物繊維の豊富な食事を朝昼晩にゆっくりよく噛んで食べ、血糖値の上昇を緩やかにしてあげることが大切なのです。 逆に食事をしたのにすぐお腹が空いてしまう、これは糖や炭水化物の多い食生活によってもたらされる糖化リスクなのです。

次の

みょうがを食べ過ぎるとバカになる。どんな由来でそうなったか。

食べてすぐ寝る 癌

夕食を取るタイミングが、発がんリスクに影響を与えるという少し意外な研究成績が報告された。 スペインの研究グループは、早めに夕食を取る、または、夕食から就寝まで2時間以上空けることが、乳がんと前立腺がんの発症リスク低下に関連すると、 で発表した。 夕食から就寝まで2時間以上空けると、発がんリスクが20%低下 これまでがんと食事の関係についての研究では、肉や野菜など「何を食べるか」に焦点が当てられることが多く、「いつ食べるか」ということはあまり注目されてこなかった。 そこで、今回発表された研究は、食事を取るタイミングが発がんリスクにどう影響するかを見ることを目的とし、2008~13年にスペインで実施された。 前立腺がん患者621人、乳がん患者1,205人、対照として男性872人、女性1,321人を対象に、食事を取るタイミング、睡眠習慣、クロノタイプ(朝型・夜型)、食習慣などが調べられた。 その結果、夕食後2時間以上経過して就寝する人は、夕食後すぐに就寝する人に比べ、乳がんと前立腺がんいずれの発がんリスクも20%低かった。 また、午後9時までに夕食を取った人と、午後10時以降に取った人とを比べても同様の結果となった。 以上より、1日の最後の食事と、就寝までの時間が長いほど、発がんリスクが下がる可能性が示された。 がんを予防するためには、「何を食べるか」だけでなく、「いつ食べるか」にも注意し、寝る直前に食事を取ることはなるべく控えるべきかもしれない。 (あなたの健康百科編集部).

次の

どうして食べた後すぐ寝てはいけないの?

食べてすぐ寝る 癌

食べてすぐ寝ると.. 過剰睡眠 b. 不眠(過少睡眠) c. 断眠 がある. 青春時代には,起こされなければ朝飯も昼飯も食わずに寝続けられる (a. もしも本当でなかったら,下記連絡先へご一報下さい.深謝,訂正致します. E-mail : numoto ma4. justnet. 糖尿病性網膜症 = 視力障害,失明 (毎年,失明者 3,000 人) b. 糖尿病性腎症 = 高血圧,腎不全 (毎年,透析者 8,000 人) c. 糖尿病性神経症 = しびれ,痛み,インポ d. この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、まで電子メールでお送りください。

次の