ジキル バンド。 【楽天市場】ジキル+ハイド [輸入盤][CD] / ザック・ブラウン・バンド:CD&DVD NEOWING

Zi

ジキル バンド

TUSKはCRAZEの前に確かにTHE SLUT BANKSの活動をしていました。 YUKIHIROは室姫と一緒にOPTIC NERVEをやってましたので、こちらも?はいりませんよ。 因みに出したアルバムはABSTRACTIONです。 - 名無しさん 2005年06月04日 21時35分56秒• 赤字の「? 」は不確定を表すものではありません。 該当のページが存在しない事を示しています。 - kuwa 2005年06月05日 01時55分13秒• TUSKさんが板谷祐という本名で「新宿心音会」という活動をしているのをみました。 - 名無しさん 2006年05月25日 19時37分46秒• 反映しました。 - kuwa 2006年05月25日 20時00分41秒• MASAMIはジキルの前にAURAをやっていたそうです。 - 名無しさん 2006年06月24日 10時23分13秒• 反映しました。 - kuwa• 最後のドラマーEBYはHYPERMANIAというバンドでドラムをやっていて現在はGacktのサポートとして活躍してるみたいです。 - zi-killマニア 2007年09月04日 08時29分31秒• KENはいま何してんだろう?誰か教えて - じゅん 2007年11月03日 16時23分53秒• KENとEBYはスタジオミュージシャンやってるよ - zikillファン 2008年10月07日 16時42分00秒• タスクの七色ヴォイスonce more〜!!! - 名無しさん 2009年08月22日 15時26分42秒• TUSKがTHE SLUT BANKSやるようですね。 - 名無しさん 2009年08月26日 23時03分56秒• EBYさんは10年くらい前までTMレボリューションのバックでドラム叩いてましたよね。 - 忍 2010年11月20日 15時39分01秒• TUSKさんとyukihiroさんとは仲が悪かったんですか!?wikiには「コイツが居るなら俺が辞める」とTUSKさんが言ってたって書いていましたけど。 - 名無しさん 2011年01月23日 12時02分50秒• TUSKはもう反撃しようとしても後悔しても遅い。 でもまぁ唄う事自体だけは好きな様にすれば良い。 ただし、もう人に向けて感情出したり八つ当たりするのは良くないと思う。 これ以上どういう風に言えば良いのかわからないけどZi:KILLファンも脱退した全てのドラマーの事も真面目に考えた方が良いと思う。 - 名無しさん 2013年04月11日 23時20分03秒• KENさんは音楽業界から完全に引退をしてて、ただのサラリーマンになりましたとさ!! - 名無しさん 2014年08月09日 23時54分04秒• KENのフーアムアイは今でも好き。 和むしポカポカ日和に聞くのがお気に入り - 名無しさん 2014年08月30日 11時58分41秒• KENは自分が売れてると勘違いし、調子にのってソロしたが泣かず飛ばず。 よくみりゃブサメンだし。 ZIKILLで頑張っておけばよかったものを - 名無しさん 2014年09月26日 12時58分30秒• 新形式• 旧形式 お名前: コメント: ディスコグラフィー 以下の商品はAmazonでの検索結果です。 購入の際は商品をよくご確認ください。 他のサイトで「ZI:KILL」関連商品を探す• あえげ!メス豚• FLY• For me• I LOVE CAT• CALLING• ナニモイラナイ• Bad Man• PEOPLE PURPLE• I LOVE YOU• IN THE HOLE• TOUCH ME• kiss me good-bye• SLOW DOWN• CRACK EYE• NO MORE TO SAY• HEAVY DAMAGE• Market• DEAR JUNK• ROUND AND FATE• LONELY• DESERT TOWN• THIS TOWN DIE• 少年の詩• NIGHT CALL• 笑ってごらんよ• SUICIDE〜想い出なんて…• PARADISE• YOUR FACE• HERO• I 4 U• DON'T ASK ME! CRACK EYE• GHOST• WHAT'S• LAST THIS TIME• HIGH-SCHOOL-GAME• YOUR FACE• PLASTIC LIFE• FOR MY LIFE• TERO• DEAR JUNK• ROUND AND FATE• LONELY• DESERT TOWN• THIS TOWN DIE• 少年の詩• NIGHT CALL• 笑ってごらんよ• SUICIDE〜想い出なんて…• TERO• WHAT'S• SECRET ROMANCE• 14u• LAST THIS TIME• THE LAW• HYSTERIC• PLASTIC LIFE• BAD TASTE• HIGH SCHOOL GAME• GHOST• NONFICTION• REAL OF THE WORLD• LOST•

次の

ZI:KILL

ジキル バンド

あれから10年、レーベルを移籍した彼らは入魂のスタジオ・アルバムを完成させた。 Zac Brown Band: 2002年、ジョージア州アトランタ出身のZac Brownが結成したカントリー・ミュージック・バンド。 メンバー交代を経ながら活動を続け、現在まで3枚のスタジオ・アルバム、2枚のライヴ・アルバム、1枚のベスト盤をリリース。 ラインナップ: Zac Brown Lead Vo G 、Jimmy De Martini Fiddle Back Vo 、John Driskell Hopkins G Baritone G Ukulele Upright B Banjo 、Coy Bowles Hammond organ Wurlitzer electric piano Clavinet 、Chris Fryar Ds Perc 、Clay Cook Hammond organ Wurlitzer electric piano Clavinet G Pedal steel G Back Vo 、Daniel De Los Reyes Perc 、Matt Mangano B の8名。 権威ある賞は獲得済み: グラミー賞 3度 、Academy of Country Music 2度 、Country Music Association Award 1度 、ファン投票で決まるCMT Music Awards 2度! 本作: Republic移籍第1弾、約2年9ヶ月振りとなる通算4作目のスタジオ・アルバム。 <収録曲>• Beautiful Drug• Loving You Easy• Remedy• Homegrown• Mango Tree feat. Sara Bareilles• Heavy Is The Head feat. Chris Cornell• Bittersweet• Castaway• Tomorrow Never Comes• One Day• Dress Blues• Young And Wild• Junkyard• Wildfire• Tomorrow Never Comes Acoustic Version <アーティスト/キャスト> <この商品は「輸入盤」です> この商品は輸入盤です。 国内盤とのお間違いにご注意ください。 弊社サイト上に掲載している商品仕様やジャケット図柄、デザイン等は、事前の予告なく変更となる場合がございます。 また、流通の都合上、ご注文時の入荷予定よりもお時間を要する場合がございます。 この場合、最新情報が入り次第、随時、情報の更新をし、入荷状況をご案内をいたします。 何卒ご了承ください。 あわせて、弊社Neowingからも自動送信にて、 メール件名「Neowing 注文確認 楽天市場でのご注文 」のご注文確認メールが送信されます。 楽天市場と弊社Neowingから、 都合2通の自動応答による「ご注文確認メール」が送信されます。 時間をおいても、いずれも届かない、どちらか1通しか届かなかった場合、メールアドレスの不備や、お使いのメールサービスにて「迷惑メール自動振り分け」などが行われている場合があります。 「迷惑メール自動振り分け」や「迷惑メール自動削除」などは、ご自身の設定如何によらず、メールサービス側で設定されている場合がございます。 弊社Neowingからのメールをご確認いただけないと、後の納期確認、出荷確認のご案内等がご確認いただけなくなります。 「 rakuten. jp 」および「 neowing. jp 」を受信拒否しないようご注文前にご確認ください。 jp 」と「 info3 neowing. そのため、予約商品やお取り寄せ商品であっても絞り込み結果として表示されます。 掲載商品の中には、弊社にて在庫を保有しておらず、ご注文受付後メーカーから取り寄せとなる商品もございます。 ご注文前に各商品ページに設けてあります「初回盤・在庫確認」にて、最新状況をご確認ください。 なお、お取り寄せの商品に関しては、メーカー在庫切れで次回生産が未定の場合や、廃盤、製造中止などの理由により、商品の確保が難しくキャンセルとさせていただくく場合がございます。 商品情報は随時更新しておりますが、メーカー発注後に生産未定や廃盤、製造中止と判明する商品もございます。 掲載商品が全てお届けを確約できるものではございませんので、あらかじめご了承ください。 また、ご注文のキャンセルや、商品の一部キャンセルにより楽天市場主催キャンペーン(お買い物マラソンなど)の適用条件を満たさなくなった場合、キャンペーンの適用外となります。 配送方法は ・ 宅配便(ゆうパック) ・ ゆうメール の2種類より、お選びいただけます。 「代金引換」と「ゆうメール」の組み合わせを選択された場合、ご注文を自動的にキャンセルさせていただきます。 日時指定も不可となります。 【ご注意】 ・ご注文商品の配送は、一括発送となります。 2つ以上の商品を同一注文番号にてご注文いただいた場合、すべての商品が揃ってからの発送となります。 ・ご注文後の商品追加、異なる注文番号との同梱配送はお受けできません。

次の

板谷祐

ジキル バンド

ビジュアル系の元祖(音的) もう長いこと日本のロック界には「 ビジュアル系」が存在し続け、もはや世界的にも日本独自のジャンルという扱いになっています。 ファッション的にはもちろんなのですが、音楽的にもV系には日本独自の音楽性があると思います。 もちろん時代が進むにつれその音楽性も多種多様化していますが、やはりV系らしい「音」というのは大きなカテゴリーで見てもあると思います。 そのすぐ後に、 LUNA SEAといった流れでした。 当時高校生だった自分の時代では、ビジュアル系という言葉はまだそんなにガッチリしてなくて、ジャンルを 外見というよりも 音楽性で判断する部分も大きかったと思います。 こっち系の音の系譜といいますか。 そしてメンバー達も今よりもっと男っぽいというかゴリゴリの不良が多かった印象です。 そういった意味で、 ZI:KILLは 音的な元祖と言えるのではと思います。 ZI:KILLの経歴 ZI:KILLは1987年にギターの KENとベースの SEIICHIから始まります。 翌年にボーカルの TUSK(タスク)が入り本格的な活動開始。 そしてあのX JAPANの hideに気に入られエクスタシーレコードに引き抜かれます。 1989年に1stアルバム「 真世界〜REAL OF THE WORLD〜」をリリースし、翌年1990に2stアルバム「 CLOSE DANCE」をリリース。 この作品がインディースながらメジャーチャートに入り一気に話題となります。 その勢いで一気に東芝EMIと契約しメジャーデビューしました。 メジャー初シングルは「LONELY」で初アルバムは「」。 この「 DESERT TOWN」がまた とんでもない良アルバムで、メンバーたちも「 今後10年はアルバム出さなくても良いほど出来が良い」と語っていたのを覚えています。 私もDESERT TOWNは何度も何度も聴きました。 その後、事務所のトラブルでしばらく活動休止しましたが、1992年にキングレコードと契約し再復帰。 アルバム「IN THE HOLE」と「ROCKET」を発売しました。 キングレコード時はアルバムも5位にランクインし、日本武道館ライブを2度も成功させています。 しかし1994年の5月に惜しまれつつも解散してしまいました。 有名ドラマーが在籍 ZI:KILLはドラムが定着しないバンドでしたが、過去に在籍していたドラマーは怪物級です。 あのラルクの yukihiroと 菊地哲(TETSU)がいたこともありました。 二人とも質は違いますがとんでもない技術とセンスを持った日本ロック界屈指のドラマーです。 好きなドラマーといえば、菊地哲じゃね? D'ERLANGER、ZI:KILL、BODY、CRAZE、どの時代もカッコイイで? ちょうどアルバム「DESERT TOWN」の頃に菊地哲が叩いていましたがTETSUがライブで叩く「DESERT TOWN」の曲群は鬼でしたね(笑) その後、TETSUが脱退し、当時確かプロデューサーの仕事をしていた EBY(海老名淳)がドラムで加入。 彼も音楽的素養が高くZI:KILL解散後も河村隆一やTMレボさん、GACKTなど多くのミュージシャンのプロデュースを行っています。 キレッキレなZI:KILLメンバー達とその個性が出ている曲を紹介 ZI:KILLはメンバーそれぞれが 個性的で高いスキルを持ち、技術的にも音楽的にも尖りまくってキレッキレなバンドでした。 ボーカル TUSK(板谷 祐) ボーカルの TUSK(板谷 祐)は、様々な声質を使い分け、独特の荒廃した世界観を歌詞で表現しZI:KILLの世界観を一番作っていたと思います(私は実は声質が最初少し苦手でしたが)???? TUSKさん(ZI:KILL)お誕生日おめでとうございます???? 少年の詩はアコギの弾き語り風でZI:KILLっぽくないといえばないのですが、実に TUSKらしい世界観というか何度もリピートして聴きましたね。 名盤「DESERT TOWN」に収録されています。 名曲ですので、是非聴いてみてください! あのhideともイメージビデオを作っていましたね。 ベース SEIICHI(飯田成一) ベースの SEIICHIは、音抜けの良いきっちりくっきりしたベースを正確無比なリズムで刻むといった印象です。 スタイルもよくイケメン。 SEIICHIのベーススタイルに憧れたバンドマンもかなり多くいたと思います。 ちなみに、SAW(ソウ)が当時朝から晩までSHOXXを熟読して選びぬいたベスト・ルッキングV系男子はZi:killのSeiichi(Ba)でした。 いい写真がネットに落ちてないけど、ロン毛分け目の真ん中から金と黒のツートンにしてるのがカッコよかった(笑) — SAW ソウ MACHINE STUDIO holyworks 個人的なSEIICHIらしさが最も出ているZI:KILLの楽曲は、やっぱり「 FLY」。 このベースリフは滅茶苦茶カッコいいです!!!!! 作曲に半分クレジットされていたので、このベースリフは間違いなくSEIICHIが作ったものでしょう。 FLYは音楽性ががらりと変わってきたZI:KILL後期の楽曲ですが、個人的にZI:KILLトップ3に入る好きな一曲です。 今聴いても十分すぎるほどカッコいい。 是非聴いてみてください。 (スマホだとベースの音は聴こえにくいのでイヤホンかPCがオススメ) 天才ギタリスト KEN そしてギタリストの KENです。 ギタリストでKENといえばラルクのKENが有名かもしれませんが、自分の中ではZI:KILLのKENだし当時はラルクもまだ売れてなかったので、KENといえば彼でした。 ZI:KILLを結成した中心メンバーのKEN氏。 初期V系を語る上で外せない天才ギタリストの一人だと思います。 技術的にも優れていますがそれよりも彼は発想力、工夫、という部分で他とは別格だった気がします。 ZI:KILLの再結成を望むファンは多いと思いますが絶対無理なんですよね…絶対 — ギャラクシー2525 govat66 本名は松平健というのも凄いですが、 KENは間違いなく天才だったと思います。 この記事ではKENだけ少し特別扱いですが、他のメンバー達が今も音楽活動を続けている中、 KENだけが消息不明なのもありましてそこはご容赦ください。 KENはZI:KILLの楽曲のほとんどを作曲しています。 そしてそのトリッキーな楽曲や音のセンスはKENによるものが非常に大きく、ZI:KILLの心臓は間違いなくKENでした。 しかもくっそイケメン。 異次元の音を出すギタリスト 少年の頃に読んだ記憶のあるGIGSをヤフオクで落札しました。 表紙ZI:KILLのKENです。 かっこいいー。 — 死んだ僕の石川 shindaishikawa KENのギターの演奏技術は 際立って高いというわけではなかったと思います。 しかし 音が異次元で通常ならあまり考えられないエフェクトの使い方や演奏法で、KENの作り出す音の世界に自分は随分魅了されました。 有名な割に意外と使われにくいフランジャーというエフェクトを駆使しまくったり、フレーズとフレーズの一瞬の間だけ、フェイザー(うねるエフェクト)を挟んだり、作る楽曲も「なんじゃこりゃ〜」という曲が多かったです。 あの ホッピー神山もめちゃ褒めてましたね。 個人的に最もKENらしさが出ている楽曲は「 ROUND AND FATE」ですね。 このギターリフのカッティングは鬼のようにカッコいいです!!! ソリッドが効いた実にKENらしいリフでコーラスもカッコいいし何度も聴きました。 もう聴いてるだけでは我慢できず自分もギターでコピーしましたね(笑) ZI:KILLの中で 個人的には一番好きな曲です。 メジャー初シングルカットも「LONELY」ではなく「ROUND AND FATE」にすれば良かったのに。。 さすがに尖りすぎてて無理か。。。 ここではこの曲だけやけに推しましたが(笑)他にもKENらしさが出まくっているカッコいい曲は山ほどありますので、もし興味を持ってくれた方はYouTubeなどで探してみてください。 ソロデビュー ZI:KILLの活動後半でKENはソロデビューもしました。 JOKE(ジョーク)というアルバムで、本気で売ろうという感じではなく半分良い意味で遊びというか実験音楽的な感じで出していました。 KEN自身もインタビューで 「10年かかって10万枚とか売れたらいいかもね」 と語っていたのを覚えています。 自分ももちろん購入しましたがZI:KILLとはまた全然違う世界観で、歌もうまいしやっぱりセンスの塊のような男だなと思いましたね。 Crybabyは、ボーカルの宮城芙実さんは歌唱力が非常に高いと思いますし、編曲に佐久間正英を迎えたり技術的には何も問題なかったと思いますが、やっぱり普通すぎたのかなぁ・・・ 普通のPOP音楽での勝負となるとまた別次元というか、難易度は逆に上がるのではないかと思います。 TUSKやSEIICHIはその後も音楽活動は続け CRAZEに加入したり、今でも活動は続いていますが KENだけはすっぱりと辞めてしまいました。 すっぱり辞めてしまうという生き様もKENらしくてまた良いのかもしれませんね。 後半の成熟してきたZI:KILL〜そして解散 後半と言っても最後の一枚のアルバムの「 ROCKET」だけですが、ここでガラリと音楽性が変わります。 それまではソリッドの効いたスピーディーな楽曲が多かったZI:KILLが、16ビートを取り入れたりギターもテレキャス系の音からゴリゴリのレスポールの音へと変化し、プロデューサーにホッピー神山を迎え、それまでのファンからは賛否両論となったアルバムでした。 ですがチャート的には今までで一番上位の5位に入り、音楽的にもとても成熟してきたアルバムだったかと思います。 ROCKETの中での 一つの完成形の楽曲はやはり、 「 Bad Man」ですね。 メンバーのスキルもそれぞれ成熟してきて、音からMVから何から何まで滅茶苦茶カッコいいです。 MVのファッションとか動きもクソカッコいい。 名前のとおり悪げな音。 1993年でこれは少し先鋭的すぎたかもしれません。

次の