古賀 紗理 那。 古賀紗理那のカップ数が凄い!?かわいい私服についてもインスタから調査!

【比較画像】古賀紗理那の顔が変わったのは八重歯の抜歯や太ったのが原因?

古賀 紗理 那

スポンサードリンク 前回W杯で脚光、次世代エースに 氏名:古賀紗理那(こが・さりな) 愛称:さりな 生年月日:1996年5月21日(23歳) 出身地:佐賀県吉野ヶ里町(よしのがりまち) 家族:父・裕正(ひろまさ)さん(52歳)=会社員、母・博枝(ひろえ)さん(52歳)、姉・麗那(れいな)さん(25歳) 学歴:熊本県大津(おおづ)町立大津小学校卒業、町立大津中学校卒業、私立熊本信愛(しんあい)女学院高等学校(偏差値47~56)卒業 所属チーム:小学校時代は大津ジュニア、NECレッドロケッツ(2015~) 代表歴:2012年全日本ユース代表、2014年全日本ジュニア代表、2013年~全日本代表 ポジション:ウイングスパイカー(WS) 身長:180センチ 体重:66キロ 利き手:右 指高:235センチ スパイク到達点:305センチ ブロック到達点:290センチ 血液型:B型 目標とする選手:木村沙織 好きな場所:TDL バレーボールワールドカップ(バレーW杯)は、五輪、世界選手権と並ぶバレー世界三大大会の1つです。 4年に1回、五輪の前年に、日本で開催されます。 テレビ中継は、フジテレビが独占放送します。 古賀紗理那選手は前回、2015年W杯で、初めて世界三大大会デビューを果たしました。 当時19歳ながら、大会の得点(ベストスコアラー)ランキング5位、ベストサーバー4位、ベストレシーバー1位と華々しい活躍を見せました。 しかし、残念にも、リオ五輪代表には選出されませんでした。 古賀紗理那を外し、リオ五輪は屈辱の5位 2016年6月27日、京都市で発表されたリオ五輪代表12人に古賀紗理那選手の名前はなく、眞鍋政義監督(56歳)は、古賀紗理那選手の落選について、特別に言及しました。 「五輪世界最終予選で結果が出ず、最終的に入れなかった。 ディフェンスが、これからの課題」 古賀紗理那選手を外した女子バレー日本代表は、本番のリオ五輪で、3大会連続のメダルに手が届かず、5位に終わりました。 当時29歳だった日本のエース木村沙織(きむら・さおり)選手(33歳)は、すでに全盛期を過ぎていたとしか言い様がありません。 後知恵ですが、やはり日本は、若い古賀紗理那選手を連れてゆくべきでしたね。 「リオの直前でまったく調子が上がらなかったので、完全に気持ちも落ちちゃって。 もし選ばれたとしても、すごいチームに迷惑かけただろうなって。 逆に入んなくて良かったって思いました」 9月14日開幕のバレーW杯は、古賀紗理那選手が、日本のエースとして臨む初の三大大会になります。 小2、強豪相手に完敗、その場で移籍志願 そんな古賀紗理那選手は1996年、佐賀県吉野ヶ里町出身です。 6歳のとき、会社員の父・裕正さんの転勤で、熊本県に引っ越しました。 裕正さんは小中で野球部、母・博枝さんは中高でバレー部でした。 博枝さんはメジャーな大会に出場経験はないのですが、自分に娘ができたら、ぜひバレーボールをやらせてみたいと思っていました。 なので、博枝さんはママさんバレーを続けながら、練習場に2歳違いの姉・麗那さんと古賀紗理奈選手を連れてゆきました。 小学2年で、古賀紗理那選手は、バレーボールを本格的に始めました。 登校前の20分間、庭で毎朝、トス練習をするようになりました。 時には、博枝さんも付き合いました。 博枝さんから見て、古賀紗理奈選手は、パスやダッシュのフォームがきれいで、最初からさまになっていました。 親の欲目かもしれませんが、才能の片鱗(へんりん)を感じたと言います。 小2のとき、地元小のチームで、強豪の大津ジュニアバレーボールクラブと対戦しました。 1点も取れずに完敗すると、負けず嫌いの古賀紗理那選手は、その場で、大津ジュニアへの入部を願い出ました。 「私も、もっとうまくなりたい」 裕正さんいわく、古賀紗理那選手は物凄い負けず嫌いです。 空き時間は、全てバレーの練習に充てるようになりました。 小3の11月には、小6の子らと一緒に大会に出場するようになりました。 小5、小6で、全日本バレーボール小学生大会に出場。 帰宅しても、自主練を続けるため、なんと就寝は毎日午前0時頃。 この頃は毎月、1センチずつ成長し、小学校卒業時で身長は166センチありました。 地元の大津中に進むと、部活のバレー部に所属。 中3の8月、全日本中学校バレーボール選手権大会に、大津中の一員として出場。 優秀選手に選出されました。 さらに12月、JOCジュニアオリンピックカップ(全国都道府県対抗中学バレーボール大会)に熊本県代表として出場。 JVA・JOCカップ(最も将来を期待される選手、男女各1人)を受賞しました。 さん kba2202 がシェアした投稿 — 2019年 1月月5日午前6時32分PST 熊本信愛女学院高から、NECレッドロケッツ この頃になるともう、古賀紗理那選手の存在は、バレーボール関係者の間では有名でした。 高校進学に当たっては、県内外の7校以上から勧誘が殺到しました。 しかし、古賀紗理那選手は、姉・麗那さんの通う、地元の強豪、熊本信愛女学院高校でした。 ちなみに、女優・倉科(くらしな)カナさん(31歳)も熊本信愛女学院高校の出身ですね。 高1の2012年10月には、アジアユース選手権の日本代表に招集。 全日本の中心選手として、日本の4連覇に貢献しました。 翌2013年1月、春高バレーで熊本信愛女学院はベスト4入り、古賀紗理那選手は優秀選手賞を獲得しました。 高2の2013年4月、ついにシニア代表の全日本女子に招集。 6月、イタリアで行われた4カ国対抗で途中出場ながら、ついに試合デビュー。 7月のインターハイ、熊本信愛女学院高校は準優勝、自らも優秀選手賞。 10月、U23世界女子バレーボール選手権のジュニア代表に招集、日本の銅メダルに貢献。 シニア代表の後のジュニア代表選出です。 しかも、高2の17歳なのにU23(大学生以下)に招集。 もう古賀紗理那選手は、年代に関係なく、日本にとって必要な選手になってしまったんですね。 さん tirolmilky がシェアした投稿 — 2018年11月月17日午前5時18分PST 高3の2014年4月、古賀紗理那選手は、熊本信愛女学院高校のキャプテンに。 7月のインターハイで、熊本信愛女学院高校は、決勝まで進みました。 しかし、ナイジェリア人の父を持つ、当時1年生の宮部藍梨(みやべ・あいり)選手(21歳)の金蘭会(きんらんかい)高校(大阪市)に敗れ、優勝はなりませんでした。 高2にして全日本に選ばれた古賀紗理那選手にとって、高校時代にやり残した目標は全国制覇だけでした。 このため、2015年1月の春高バレーは、母校のチームを優先して、全日本の合宿を辞退して臨みました。 しかし、運命のいたずら、主力のチームメート4人がインフルエンザにかかり、出場できなくなりました。 2回戦で、信愛女学委高校は、2012年アジアユース選手権で同僚だったセッター白井美沙紀(しらい・みさき)選手(23歳)の神奈川県立大和南高と対戦して惜敗。 日本一はならず、古賀紗理那選手の高校生活は、終わりを迎えました。 「NECはチームの雰囲気もよく、チームワークに優れていると感じ、自分もそのようなチームでバレーボールを楽しみたいと思いました。 まずは身体づくりをしっかり行い、チームへ貢献したいと思います」 以来、古賀紗理那選手は5シーズン目を迎えていますが、中心選手として全21試合に出場し続けています。 古賀紗理那選手は背番号「2」を付けて、2人いる副キャプテンの1人としてチームを支えています。 歯を矯正、石川祐希と交際の噂も 全日本でも背番号「2」を背負う古賀紗理那選手ですが、バレーボールを離れると1人の23歳の女性。 私服が、可愛いと評判です。 古賀紗理那のかわいい画像まとめ 太もも、へそ、 私服画像がエロい?w 、 世界バレーボール スパイク 彼氏 インスタ 中田久美 長岡望悠 岩坂名奈 荒木絵里香 — エンタメスクランブル entamescramble とりわけ、2018年9月には、トレードマークだった八重歯を抜歯して、歯の矯正(きょうせい)を始めています。 ご承知の通り、歯の矯正は、健康保険が適用されません。 約100万円の治療費を自腹で、それも一括の前金で払わないと受けられません。 2015年4月にNECに入社して社会人となって3年、古賀紗理那選手も貯金ができたのでしょうね。 アスリートの場合、歯の噛み合わせがきちんとしていないと、瞬発力が出せません。 なので、古賀紗理那選手も、バレーボールのために歯の矯正に取り組んだのかもしれませんが……。 女子バレー界のエース、古賀紗理那ちゃんも矯正してるんよね〜👏ますます可愛くなっちゃう! — hanachan. これから日本を背負う存在になる 古賀紗理那さんと石川祐希さん。 背番号も年も同じですね! — 乗っ取られています。 女子の中で最も可愛い古賀紗理那選手とは、お似合いのカップルですよね。 しかも、同じファイティンというブランドのネックレスを着けて、プレーしています。 このファイティンのネックレスは賛否両論なのですが、ストレスの原因となる生体電気の乱れを整える効果があるとされています。 そんなネックレスがお揃いということで、噂になったみたいですが……。 実際に、2人が付き合っているのかどうかは、分かりません。 お互いチーム競技に没頭しているので、意識はし合っているでしょうが、一緒にいる時間は、あまりないでしょうね。 石川祐希選手は、中央大学に籍を置きながら、イタリアのプロリーグでプレーしています。 常識的に考えても、あまり2人の接点はないと思いますが。 しかし、だからと言って、交際できないわけではありませんしね。 古賀紗理那選手自身は、チーム紹介のインタビューで、好きな男性のタイプにこう答えています。 「面白い人」 石川祐希選手はカッコ良くても、あまり「面白い人」ではないと思うのですが(笑)。 まあ、2人とも23歳の独身なので、交際したって、全く問題ないですよね。 これからもウオッチし続けてゆきたいと思います。 スポンサードリンク.

次の

古賀紗理那のカップ数が凄い!?かわいい私服についてもインスタから調査!

古賀 紗理 那

その内定メンバー12名の中に、20歳の若きエース候補 「古賀紗理那(こがさりな)」選手の名前がありませんでした。 江畑幸子選手とともに古賀紗理那選手の代表落ちは、ファンの間で衝撃的でしたね。 去年のワールドカップでは、得点ランク5位に入るなど大ブレーク。 その後、調子を落とすも、前日まで行われていたワールドグランプリではまた調子を上げてきていました。 2020年に東京オリンピックを控える中、若きエース候補には、一度オリンピックの舞台に立たせておき、経験を積ませるべきかとも思っちゃいますね。 それでは、 「なぜ古賀紗理那はリオ五輪代表メンバーから外れることになったのか?」ということに注目して、その理由を色々と調べてみました。 すると、ちゃんとした理由があるのがよく分かりました。 Ads by Google 目次• リオ五輪メンバー12名 今回、日本バレーボール連盟より発表された「リオ五輪代表メンバー」12名はこちら。 1 山口舞(岡山) 2 荒木絵里香(上尾メディックス) 3 木村沙織(東レ) 4 迫田さおり(東レ) 5 佐藤あり紗(日立) 6 座安琴希(久光製薬) 7 田代佳奈美(東レ) 8 石井優希(久光製薬) 9 長岡望悠(久光製薬) 10 島村春世(NEC) 11 鍋谷友理枝(デンソー) 12 宮下遥(岡山) ご覧の通り、古賀紗理那選手の名前がありませんよね。 この選考内容について、ファンの間、さらにマスコミの報道では、江畑幸子選手の落選と同等、いやそれ以上に古賀紗理那選手の代表落ちは話題になっています。 目標としている選手は、日本代表のキャプテン木村沙織選手。 古賀紗理那の経歴 バレーボールを始めたのは、小学校2年生の時、母親の影響だそうです。 2011年、全日本中学校バレーボール選手権大会で優秀選手に選出。 さらに、JOCジュニアオリンピックカップでは、JOC・JVAカップ及びオリンピック有望選手に選出と、バレーボール選手としてエリートの道を歩んでいますね。 全国の高校からオファーが殺到した中、実の姉が通う春高バレーの強豪校・熊本信愛女学院高校に進学。 2012年、アジアユース選手権に出場し、日本の4連覇に大きく貢献。 大会MVPとベストスコアラーを獲得。 2013年、春高バレーでは熊本信愛女学院高校ベスト4進出に大きく貢献し、自らも優秀選手賞を獲得。 そして同年、全日本女子メンバーに初選出。 イタリア4か国対抗(ALASSIO CUP2013)で途中出場し、全日本代表デビュー。 インターハイでは熊本信愛女学院を準優勝に導き、自らもベスト6・優秀選手賞を獲得。 さらに、第1回世界U23女子バレーボール選手権のメンバーとして日本チームの銅メダル獲得に貢献。 2014年、東京オリンピックの強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出されます。 高校卒業後は、Vリーグ8チームによる争奪戦が繰り広げられた末、VプレミアリーグのNECレッドロケッツに入団。 2015年、ワールドカップで世界三大大会デビュー。 この大会にて、 ベストスコアラーランキング(得点ランク)5位、ベストサーバー部門4位、ベストレシーバー部門トップなど、素晴らしい成績を挙げ大ブレイク! 将来のエース候補として期待されていました。 経歴を見れば分かりますが、まさにバレーボールのエリートです! リオ五輪日本代表落選の理由は? それでは、 「なぜ古賀紗理那選手はリオ五輪代表から落選してしまったのか?」について調べてみました。 将来を有望視されている若きエース候補は、なぜ落とされたのでしょうか。 それに関しては、女子日本代表・火の鳥NIPPONの指揮官である真鍋監督が、このように語られています。 「サイドアタッカーで外れたのは、古賀だけではありません。 また、我々は古賀のためだけにやっているのではない。 東京オリンピックの前に、まずリオオリンピックを戦うために、全力を尽くしたい。 」 「(先日まで行われていた)ワールドグランプリでは少し良くなったけれど、最終的にはこう(落選)なった。 ディフェンス力が彼女の大きな課題。 」 との事です。 そもそも今回の代表メンバー選出に関して真鍋監督は、 「我々の目標は、前回の銅メダル以上の成績をリオで獲得すること。 今回も平均身長は一番低いでしょうし、絶対的なエースも存在しないが、チームワークとディフェンス力を重要視して、目標を達成できるメンバーを選考した。 」 と、今回はあくまで前回のロンドン五輪での銅メダルを超える、銀メダル以上の獲得を目指しているわけです。 なので、彼女が東京オリンピックでの中心選手と期待されていようが指定強化選手だろうが、そんな事は選出理由にはならず、あくまで今回のリオ五輪での結果を優先すると、自然と古賀選手は代表落選となったようですね。 それが、真鍋監督の「我々は古賀のためだけにやっているのではない。 東京オリンピックの前に、まずリオオリンピックを戦うために、全力を尽くしたい。 」という発言に繋がるわけですね。 そこで、平均身長が低く、絶対的なエースがいない日本代表が勝ち抜くには、 チームワークとディフェンス力が何よりも大事で、古賀選手の守備力を考えると、代表メンバーにはふさわしくないとの判断でしょう。 佐藤あり紗選手と座安琴希選手というリベロ二人を選出するほどですから。 それだけ守備面を重視している訳です。 東京オリンピックのことを考えると、古賀選手を一度オリンピックの舞台に立たせ、経験させるのも大事ですが、それよりも監督としては2020年東京五輪ではなく、現状目の前の2016年リオ五輪が一番重要なのですから、この落選は仕方ないかもしれませんね。 我々ファンとしては、若くて素晴らしい選手の活躍を見て、将来を楽しみにしたいところですが、現場にはそんな余裕ありませんもん。 結果が全ての世界ですから、勝つための最善を選択した訳です。 このように、ちゃんとした理由があっての今回のメンバー選考だったと思います。 まとめ 古賀紗理那選手がリオ五輪代表メンバーから外れてショックですが、真鍋監督の発言から意図をくみ取ると、割と納得できますよね。 簡単にまとめると• オリンピックで勝つ為には仕方なかった• 守備力の問題• 東京オリンピックで中心選手として期待されていようが、今1番大事なのはリオ五輪で勝つこと という感じですかね。 彼女にはこの悔しさをバネに、2020年東京オリンピックでエースとして大活躍してもらいましょう! - , ,.

次の

古賀紗理那の経歴!可愛い姉も同じ高校?髪型と私服も紹介【画像】

古賀 紗理 那

名前:古賀麗那(こがれいな) 生年月日:1994年5月31日(現在24歳) 出身高校:熊本信愛女学院高校 出身大学:佐賀大学 古賀選手のお姉さんの麗那さんは現在、 24歳。 麗那さんも小さい頃からバレーをやっていて、なんと高校時代は妹の古賀紗理那選手と同じ高校で ツインタワーとして活躍しました。 古賀姉妹が同じチームって相当強力なコンビですよね。 当時、姉の古賀麗那さんの身長は 175センチで、妹の古賀紗理那さんは身長 181センチ。 相手チームにとっては高くて嫌な壁だったでしょうね。 古賀紗理那選手ってかわいい雰囲気ですが、身長181センチもあるってことは近くで見たら相当な迫力なのかも。 高校時代、古賀姉妹で出場した春高バレーでは姉妹で活躍し ベスト4という結果を残しました。 その後、古賀麗那さんは大学に 佐賀大学に進学。 佐賀大学に進学後もバレーを続けています。 佐賀大学バレー部の選手一覧などがありませんので詳しいことはわかりませんが、こちらの画像を見ると、4番をつけてプレーをしていたようですね。 現在は、24歳ということなので大学も卒業されていると思います。 その後、Vリーグのチームに所属したとう話もないので、もしかしたら普通に就職されたのしれませんね。 プロとしてバレーをしてはいないようですが、今も地元のチームや社会人チームなどでバレーはやられているのかなと想像します。 父親:古賀裕正(こがひろまさ)さん 母親:古賀博枝(こがひろえ)さん 父親の裕正さん、母親の博枝さんとも 佐賀県出身。 お二人とも同い年の1967年生まれで、2018年現在51歳。 裕正さんの詳しい職業はわかりませんが、 会社員だそうです。 お二人の画像はこちらです。 特にお母さんは古賀選手とそっくりですね! お父さんは中高、野球部に所属。 お母さんは中高時代バレー部に所属していたそうです。 母親の博枝さんは 「女の子が生まれたらバレーをさせたかった」 出典: と思っていたんだとか。 麗那さんと紗理奈さんが小さい頃から地元のママさんバレーに行き、練習してきたんだとか。 小さい頃から才能を見せていた古賀姉妹。 さらに、紗理奈さんは練習の虫で少しの間でも黙々とトスの自主練習をしていたそうです。 父親の裕正さんは、バレー経験はありませんが、 「人のせいにしないこと」 出典: をモットーに子育てをしてきたそうです。 技術面だけでなく、心もしっかり成長した古賀姉妹はツインタワーとして高校で活躍し、 紗理奈さんは全日本でも活躍するほどの選手になったんですね。 紗理奈選手は、2020東京オリンピックでも活躍が来されます。 古賀紗理那選手のお姉さんは古賀麗那さんで、2018年現在24歳です。 佐賀大学のバレー部で活躍されていましたが、大学卒業後はバレー選手ではなく就職されたのかなと思います。 きっと姉妹2人で切磋琢磨してきたからこそ、紗理奈選手が全日本に選抜されるほどの選手になったんじゃないかなと思います。 2020東京オリンピックでは古賀紗理那選手の力強いスパイクで、女子バレーにメダルをもたらしてくれることを期待しています!.

次の