中国 自動車 道 事故。 【閲覧注意】見るに無残な交通事故現場 遺体の扱い方に仰天!

中国自動車道で衝突事故 2歳と1歳の兄妹が死亡 岡山:朝日新聞デジタル

中国 自動車 道 事故

事故に巻き込まれたのはフェラーリ8台、ランボルギーニ1台、ベンツ2台、国産車2台の計13台。 愛好家らが九州から広島方面にドライブ中だったとみられる。 最初に事故を起こした福岡県筑紫野市に住む男性(60)のフェラーリがスピードを出し過ぎた可能性もあるとみて、高速隊が原因を調べる。 13台とは別に対向車線を走っていたベンツ1台が飛んできた部品に当たったと届けた。 ほかに同様の被害を受けた車両が複数あるとみられる。 高速隊によると、フェラーリが緩い上り坂の左カーブでスリップし、中央分離帯にぶつかって停止。 後続車が接触したり追突したりし、現場には約400メートルにわたって部品などが散乱した。 当時、路面は前日の雨でぬれていた。 現場は小月インターチェンジ(IC)から約1キロ下関ジャンクション(JCT)寄り。 〔共同〕.

次の

<中国高速鉄道事故>「死者は35人どころではない」 中国政府、情報操作体質あらわに

中国 自動車 道 事故

乗客1072名。 定員は1299名)が、事故現場から32km南でを受け動力を失い 現段階で断定はできない 、事故現場となる双嶼近くの高架橋上のトンネル手前で停車していたところに 、現場北方から走行して来た発の行きのD301列車(、編成番号:CRH 2-139E。 乗客558名。 定員は630名)が追突した。 D301列車の先頭4両(最後尾のみ二等座車・その他は軟臥車)とD3115列車の15両目(一等座車)および16両目(一等座車・先頭車)が脱線、D301列車の先頭4両は、高さ20数メートルの高架から落下し 、その内のD301列車第4号車は高架脇から垂直に宙づりになった。 追突した車両と同型のCRH2E型 原因 [ ] 事故の調査で、LKD2-T1型制御システムに大きな欠陥があり、故障が発生したあと輸送指令の処理にミスがあったことが原因だったことが分かった。 当日、制御システムが落雷で故障し進行信号のまま区間が閉塞された。 そのため、20時21分、D3115が緊急ブレーキで停車。 また、落雷による故障で輸送指令とD3115の連絡が途切れ、現場の状況を把握できなかった。 20時24分、指令がD301を出発させ、20時26分閉塞区間に入ると目視走行するよう指示する。 停車から7分40秒経過した20時29分、D3115がようやく目視走行で動き出したが、その直後にD301がD3115に追突。 また当時(8時頃)、福建省発杭州駅行きの高速鉄道D3212列車に落雷し電気系統が故障して、D3212列車は事故現場から約5kmの場所で停車中であった。 首相 当時 は原因究明を図る必要性を強調している。 しかし、現地では既に事故車両の解体と埋め立てが進んでおり 、事故の重要情報は失われつつある。 事故発生から2日後の25日午前8時、運行を再開させた。 事故後 [ ] 事故発生から数日後、は事故の犠牲者1人の遺族に対し50万の賠償金の支払いを決定。 また、(CCTV)では、政府は賠償手続きに合意すれば「数万元の奨励金の追加」も行うと発表し、一部遺族は既に手続きを済ませて賠償金を受け取ったと報じた。 これに対し、遺族や中国のインターネット内では「安い」「高い」の双方で激しい批判が出ている。 また、事故に遭った車両は、7月27日時点で事故現場の高架下にすべて埋められ、残りの車両は中国鉄路の車両基地に搬送された。 しかし、鉄道省の事故原因の報告以降、事故原因の究明は一切されていない。 埋め立て作業開始となる生存者捜索打ち切り時に救助隊員の1人が反対し、1人で捜索を行い、事故から20時間後に2歳の女の子が救出されたと報じられたため、「埋め立ては早すぎる」「他に生存者がいるはずだ」「現代の」という各方面からの批判が寄せられたが、結局捜索は打ち切られ、埋め立て作業に入ってしまった。 なおこの時、はで「埋め立て処理した原因は、救助現場となっている高架橋の下が泥沼で、複雑な環境であり、救助をより良く行うためであって、あなた方が信じるか信じないかは勝手だが、私はこの説明を信じている」「このような大事故が中に知られた以上、鉄道事故そのものを隠蔽できるわけがない」と述べた。 埋め立て作業が完了した後に立ち入り禁止が解除され、直後に地元の警察や遺族、事故現場付近の住民らが現場跡に向かった。 その後、遺族らは政府や鉄道省に対して刑事訴訟を起こす構えを見せている。 しかし、2011年7月26日には一度埋められた車両が再び掘り出され搬送された。 これは当局が証拠隠滅と非難されたために行ったことであり、一部のメディアや評論家は「国内外の批難を速やかに収束させたいからおこなったのでは?」と評した。 2011年7月28日には、が自ら事故現場を視察すると共に、病院で負傷者の見舞いを行った。 温家宝首相は事故現場でを行い、「断固とした事故原因の真相究明」を約束した上で、「安全こそが第一に優先される」と安全問題に真摯に取り組むことを表明した。 同月25日、遺族約40人が温州市政府庁舎前で抗議活動を行った。 2011年12月28日、は事故調査報告書を公表、関係者の処分を決めた。 翌8月1日には、中国共産党の広報部門が、「新聞などのメディアが、脱線事故に関する報道をしてはならないとの命令を下した」と報道された。 この事故に関して、「否定的な意見」が広まるのを、鉄道部や政府が恐れているからではないか?と示唆されている。 脚注 [ ] []• asahi. com 2011年7月30日. 2011年12月25日時点のよりアーカイブ。 2011年7月30日閲覧。 日本経済新聞 2011年7月26日. 2011年7月27日閲覧。 時事ドットコム. 2011年7月24日. 2011年7月24日閲覧。 [ ]• - 時事ドットコム 2011年7月24日• [ ]• - サーチナ 2011年7月24日• 毎日新聞. 2011年7月25日. 2011年7月27日閲覧。 [ ]• 毎日新聞. 2011年7月25日. 2011年7月27日閲覧。 [ ]• 毎日新聞. 2011年7月25日. 2011年7月27日閲覧。 [ ]• - サーチナ 2011年7月25日• - MSN産経ニュース 2011年7月28日(2011年10月27日時点の)• - MSN産経ニュース 2011年7月26日(2012年4月19日時点の)• - MSN産経ニュース 2011年7月28日。 2011年7月29日閲覧。 [ ]• MSN産経ニュース. 2011年7月25日. 2011年7月25日閲覧。 [ ]• 産経新聞. 2011年8月2日. の2011年9月25日時点におけるアーカイブ。 2011年8月2日閲覧。 Reuter. 2011年8月1日. 2011年8月1日閲覧。 J-castニュース. 2011年8月1日. 2011年8月1日閲覧。 関連項目 [ ]• (和諧号)• (和諧号)• この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

【5分でわかる】複雑な中国の自動車メーカー事情

中国 自動車 道 事故

以下の内容は、主として「中華人民共和国道路交通事故統計年報(2013)」(以下「交通事故統計年報」とします。 )から抜粋したものです。 このページでは、「交通事故統計年報」に基づき、自動車事故の状況の概要を紹介します。 中国の自動車事故の現状を把握することができます。 中国での事故防止の取り組み状況、成果や課題については「交通事故統計年報」巻頭の概要説明に記載されています。 しています 中国に事業所を持つ企業には必携のWORDファイルです。 中文と和訳をWordファイルにしてあります。 ご入金確認後、メールにて送付させていただきます。 詳しくはをご覧ください。 自動車台数の増加と事故件数や死亡者数の推移 中国はモータリゼーションの急速な進展途上にあり、自動車台数は著しい右肩上がりで増加しています。 2013年の保有台数は5年前の約2. 7倍であり、10年前と比較すると約5. 7倍になっています。 そうしたなかで、自動車事故件数も増加し、2001年には死者数(事故後1週間以内に死亡した者も含まれます。 )が10万人を超え、2002年の109,381人がピークとなっています。 2003年以降公安当局が交通違反を減らす取り組みを強化するとともに2004年に道路交通安全法が施行されたことなどから、自動車台数は依然として急増するなかで、その後は事故件数や死傷者数は下降傾向にあります。 なお、グラフには事故件数は載せていませんが、事故件数の年度別推移は死亡者数と同様の推移を示しています。 詳しくはグラフ下の表をご覧ください。 年度 事故 件数 (件) 死亡者数 (人) 自動車 保有台数 含む二輪等 万台 1990 250,297 49,271 1,476. 26 1991 228,278 53,292 1,657. 66 1992 242,343 58,729 1,945. 03 1993 253,537 63,508 2,331. 64 1994 271,843 66,362 2,735. 60 1995 287,685 71,494 3,179. 78 1996 304,217 73,655 3,609. 65 1997 346,129 73,861 4,209. 32 1998 412,860 78,067 4,507. 70 1999 616,971 83,529 5,404. 73 2000 754,919 93,853 6,000. 49 年度 事故 件数 (件) 死亡者数 (人) 自動車 保有台数 含む二輪等 万台 2001 773,137 105,930 6,851. 88 2002 667,507 109,381 7,975. 68 2003 517,889 104,372 9,649. 96 2004 450,254 107,077 10,783. 44 2005 378,781 98,738 13,039. 45 2006 327,209 89,455 14,522. 90 2007 265,204 81,649 15,977. 76 2008 238,351 73,484 16,988. 77 2009 238,351 67,759 18,658. 07 2010 219,521 65,225 20,706. 13 2011 210,812 62,387 22,478. 86 2012 204,196 59,997 23,988. 96 2013 198,394 58,539 25,013. 82 先進国との比較 とは言え、先進各国と自動車事故状況を比較すると、特に台数1万台あたりの交通事故死者数では、中国はかなりの高水準にあることがわかります。 ただ、台数1万台あたりの死亡者数では、2011年では0. 18人の差(中国2. 78人、韓国2. 6人)があった韓国の水準に2012年で並びました。 中国の万車死亡率は2013年には2. 34人に低下しているので、2013年で韓国を逆転しているかもしれません。 なお、中国の公安当局が交通事故の中でも重大な交通事故の減少に重きを置いていることなどから、中国では事故件数の捕捉が十分でない状況にあるので、そうした点も勘案してデータを見る必要はあります。 2012年交通事故状況 「交通事故統計年報」から引用 事故件数 千件 死亡者数 人 死亡者数/万台 死亡者数/10万人 韓国 不明 5,392 2. 5 10. 8 中国 204 59,997 2. 5 4. 4 アメリカ 5,615 33,561 1. 26 10. 7 フランス 60 3,653 0. 9 5. 6 イタリア 187 3,653 0. 7 6. 2 スペイン 83 1,903 0. 6 4. 1 日本 665 4,411 0. 53 3. 3 イギリス 151 1,802 0. 51 2. 8 免許3年未満のドライバーが3分の1以上の事故を起こしている モータリゼーションの急速な進展は、免許証保有者の増加という現象も生み出します。 新人ドライバーの増加が自動車事故の増加につながるとの認識から、中国政府では運転免許取得が厳格にしてきています。 各企業において自動車事故防止の取り組みを展開していくにあたっては、このような運転歴の浅いドライバーの事故をどのように防止するかが、重要なポイントの一つになります。 保有者数 事故件数 死亡人数 負傷人数 数 構成比 数 構成比 数 構成比 数 構成比 合計 45,149 100. 中国の道路交通安全を考えるとき最も大切なことは、法律違反をさせないことであることがわかります。 自動車違反の中では、スピード違反や優先走行・歩行妨害の比率が高いことが目立ちます。 事故件数 件 死亡人数 人 負傷者数 人 数 構成比 数 構成比 数 構成比 小計 176,432 88. 事故件数の補足が十分ではないことの一端が車両単独事故の割合が低くなっている点に見受けられます。 事故件数 死亡人数 数 構成比 数 構成比 運 行 中 の 車 輌 と の 衝 突 小計 127,345 64. この分類で自動車事故件数や死亡者数を見てみると、下の表になります。 ここから分かることは、高速道路、一級道路や二級道路と言われる制限速度が高い道路における死亡者が多いということです。 具体的には高速道路から二級道路までの「高等級道路」では、事故件数の構成比は約3分の1に過ぎないのですが、死亡者数の構成比は半分弱となっていることです。 既に見てきた事故形態の特徴と併せて考えれば、こうしたスピードの出る道における事故は、死亡者を出す確率が高く、特に、正面衝突や横転、転落といった事故を防止するための取組みが求められる状況が窺えます。 単に、ドライバーの意識や技能といった点ばかりでなく、自動車の整備面の課題もクローズアップされてきます。 事故件数 死亡者数 負傷者数 数 構成比 数 構成比 数 構成比 合計 198,394 100. なお、に記載しています。 しています 中国に事業所を持つ企業には必携のWORDファイルです。 中文と和訳をWordファイルにしてあります。 ご入金確認後、メールにて送付させていただきます。 詳しくはをご覧ください。

次の