ご冥福をお祈りします 英語。 「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方

「ご冥福をお祈り申し上げます」の意味と使い方・返信方法

ご冥福をお祈りします 英語

結論 「どの宗教かは気にしない。 弔電で使う」 お急ぎの方のためにまず結論から。 「ご冥福をお祈りします」は 「死後の幸福をお祈りします 」という意味です。 一部で言われている 「冥福」という言葉はキリスト教や浄土真宗で使ってはいけない、という「葬儀知識」ですが、 お葬式に参列される方は気にしなくても良いと思います。 しかし「ご冥福をお祈りします」は主に弔電の中で使われる言葉なので、 実際遺族に対する挨拶は「」を使う方が無難です。 以上が結論。 以下、詳しい解説です。 冥福の読み方は「めいふく」 冥福の読み方は「めいふく」です。 「ご宴福をお祈りします」 「ご幸福をお祈りします」 「ごしゅうふくをお祈りします」 「ごほうふくをお祈りします」 「ごえんふくをお祈りします」 全部間違いです。 「冥」の意味 葬儀の司会をやっていたある日、(お葬式のときに送る電報)を読んでいて、ふと思いました。 「故人の御冥福をお祈りします」 の「冥福(めいふく)」って何だ? 弔電の文章やテレビのニュースなどのよく使われる「冥福」という言葉ですが ふだん何となく使っていて何となく意味は分かるのですが、 ちゃんと調べたことはありませんでした。 「福」はなんとなくわかりますが「冥」という言葉の意味は? まず「冥」を広辞苑で引いてみます。 くらがり。 (えっ、お坊さんがそんなことするの、と思われた方もいると思いますが、書くのです。 で、冥加料っていうのは神仏の加護に対する御礼、 ってことで社寺へ納めるお金のことです。 一方で主人公を絶体絶命の状態に追い詰めた悪者が言うせりふ 「冥土のみやげに教えてやろう」 の冥土(または冥途)ですが 広辞苑によると 「死者の霊魂が迷い行く道。 また行き着いた暗黒の世界」 ということになります。 冥福の意味 さてここまで理解できたところで 「冥福」の意味です。 同じく広辞苑より 「冥福」・・・「みょうふく」とも読む。 ということになります。 というわけで 「御冥福をお祈りします」は 「(故人の)死後の幸福をお祈りします」という意味になります。 冥福という表現は宗教上問題ない さて、この冥福という単語は何か特定の宗教から生まれた言葉ではないので オールマイティに使えるはずなのですが、こういう意見もあります。 「冥」という字は(暗くぼんやりしてはっきりと分からない) 死後の世界を連想させる。 だから確実に神の国に逝けると考えている一部の キリスト教の場合や 阿弥陀如来の他力本願により極楽浄土に逝けると考えている 浄土真宗の場合は 使わない方が良いのでは、 という意見です。 この意見は結構見かけます。 これに対して私は 実際は、「冥福」という表現を使っても問題はない と考えています。 葬儀屋さんという仕事柄、キリスト教や浄土真宗のお葬式の最中に 「御冥福をお祈りいたします」 という文言の入った弔電をこれまで何百通も代読していますが 宗教者から指摘されたことはないです。 (仏教の葬儀の弔電に、キリスト教の言葉である「天国」の文字が入っているときは さすがにお坊さんの許可をもらいますが) それから横浜市の火葬場では、 遺族に渡す書類を入れる封筒に、ずっと前から 大きく「ご冥福をお祈りいたします」と印刷しています。 もし致命的な問題があるのなら、 上記の宗派の方が抗議をしてやめさせているはずです。 雑誌のネタとして、もしくはな一部の人たちの発言として 「冥福」 を使うべきではないという事が言われているだけなのではないでしょうか。 だから実際のところ 「御冥福をお祈りします」の使い方に関しては 特に気にしなくても良いと思います。 」 と言ったなら、なんとなく 違和感を覚えるはずです。 なぜなら 「御冥福をお祈りいたします」というのは 「哀悼の意を表します」や「お悔やみ申し上げます」と一緒で 口語体(会話で使われる言葉)ではなく、 弔電の中で使われるのがふさわしい言葉(弔電用文語体)だからです。 「御冥福をお祈りいたします」自体がお葬式という「非日常」な状況で使われるうえに、 さらに「文語体」を口にすることになるので、 実際葬儀のときの挨拶として使われるのを耳にすると 少し不自然というか窮屈(きゅうくつ)な印象をうけます。 もちろん 言う方も言われる方も、 お葬式という状況に慣れていなくて気持ちにも余裕がないので はっきりとおかしいって、感じることはないのですが。 ただ、できれば、遺族に対するお葬式の挨拶の際は 「この度はご愁傷様でございます」 を口にするのが一番しっくりくるのではないでしょうか。 シチュエーション別に見ると、 実際、お悔やみの言葉は下記のような使い分けをされます。 「哀悼の意を表します」・・・ 弔電の文中のみで使います。 くわしくはこの記事()を参照。 「ご冥福をお祈りします」・・・ 弔電の文中で使うのが好ましい。 くわしくはこの記事()を参照• 「ご愁傷様でございます」・・・ 遺族との会話のみで使います。 詳しくはこの記事()を参照• 「お悔やみ申し上げます」・・・弔電の文中や、遺族との会話の 両方で使えます。 詳しくはこの記事()を参照 ご冥福論争とは? ネット上で定期的に発生する「ご冥福論争」について解説しておきます。 このブログのアクセス記録を見ていると ときおりこのページに普段の10倍近いアクセスが集まるときがあります。 「うわっ炎上したのか?」とドキッとするのですが 原因をたどっていくとツィッターでこのページが取り上げられて アクセスが集まっているようです。 リンクをたどってみると下記の現象が起きています。 ご冥福を使用禁止にするのは無理がある 聞きかじっただけので使うなと言っている人は置いといて 自分の信仰する宗教の教義と合わないので、冥福を使われるのは不愉快、 と実際におっしゃっている人がどれくらいいらっしゃるのかというのは私には分りません。 一例としてご冥福禁止論者の論理構造を挙げるとこんな感じでしょうか。 なぜなら 「冥福」という言葉が教義(もしくは教団)の内部ではなく、外部にある言葉だからです。 確かに一般論としては その教団の教義の内部から生まれた言葉が外部でも使われるようになってしまい そのうち意味が変容してしまう、 それに対してそもそもこの言葉の意味はこうだよ、と諭(さと)す というのは当然のことだと思います。 たとえば 神学論争(決着の着かない空論) 他力本願(人頼み) というように、世間で本来の意味とは異なる使われ方をされるようになったことに対して それぞれの教団の宗教家が抗議するのはよく分かるのです。 でも冥福って言葉は、そもそも特定の教義の内部の言葉ではなく、 最初から世間で使われていた普遍的な言葉ですよね。 外部にあった言葉の意味に対して、 その言葉の定義はうちの教義に合わないから使うな ということを世間一般に求めるのは ちょっと無理があるように思うのです。 (前述したように実際そんな主張をしている人がどれくらいいるかはよく分からないのですが) もちろん、合わないって主張するぶんには別にいいのですよ。 でもそれが世間に受け入れられるかっていうと難しいと思うのです。 上記の論理をどうしても通すとなると そもそも前述した論理構造の A教義では極楽浄土OR天国に行けるとされている が真実であることの「客観的な」証明が必要になってしまうのではないでしょうか。 そんなわけで やっぱり他人が冥福を使うことを差し止めようとするのは、ちょっと無理があるかな というのが私の結論です。 関連ページ:.

次の

祈りを英語で表現すると?あの名言も祈りだった!

ご冥福をお祈りします 英語

ご愁傷様です 「愁傷」とは嘆き悲しむことを指します。 「ご愁傷様です」は、意味を辞典で調べると 不幸のあった人に対する挨拶の言葉。 お気の毒さまの意。 〔人の失敗などを皮肉ったりからかったりするときに使われることもある。 「-、私はそんなデマにはひっかかりませんよ」〕 (出典|三省堂大辞林 第三版) と表記されている通り、冗談や皮肉を言うときにも使われます。 書き言葉・話し言葉どちらでも使えますが、相手に誤解されないよう注意しましょう。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ」 人が亡くなったことへ対する残念な気持ち。 または、弔問の際に遺族に対してかける慰めの言葉。 「この度は心からお悔やみ申し上げます」などのように言うことが多い。 (出典|実用日本語表現辞典) 「お悔やみ申し上げます」は、話し言葉・書き言葉どちらでも使えます。 胸中(心中)お察しいたします 「胸中お察しいたします」とは、「相手の胸中(心の中・気持ち)を考えて気の毒に思う」という意味です。 「心中お察しいたします」も同じ意味で使われますが、事故などの不幸で亡くなった場合に対してより多く使われます。 こちらも書き言葉・話し言葉どちらでも使えます。 哀悼の意を表します 「哀悼(あいとう)」 人の死を悲しみ悼む(いたむ)こと。 「哀悼の意を表する」「友の夭折(ようせつ)を哀悼する」 (出典|デジタル大辞泉) 「哀悼の意を表します」は書き言葉です。 メールや手紙、弔電などでお悔やみの言葉を伝える場合は使えますが、口頭では使えないので注意しましょう。 ご冥福の英語表現 「ご冥福をお祈りいたします」と似たような意味を持つ英語表現として、.

次の

「ご冥福をお祈り申し上げます」の意味と使い方・返信方法

ご冥福をお祈りします 英語

目次はこちら• 祈りとは 祈りとは神や人知を超える存在に対して、何かの実現を願う事です。 あらゆる宗教で信者たちの宗教生活に欠かせない行為ですが、例えば黙祷など無宗教でも行う場合があります。 一般的に祈りとは宗教によって意味合いが変わってきますが、祈りは宗教の専売特許ではなく古来よりあった民間信仰の1つで、 人間の根本的な欲求を満たす行為です。 例えば、日本で言えば神社での二礼拍手一礼(神道)やお寺での合掌(仏教)、教会での十字を切る(キリスト教)などでしょう。 国際的には、サジダと呼ばれる土下座(イスラム教)が有名な祈りの合図で祈りを捧げる信徒たちを見かけた事もあるでしょう。 そのため、外国人は日本でどんな祈りをしているのか興味を持っている人は少なくありません。 祈りを英語で 祈りは英語で prayer です。 祈りという意味の他に祈る人という意味もあります。 祈りに似たような英語(player)もあるため、発音に迷う事もあります。 実はこの英語、意味によってネイティブは発音を変えるのが通例となっています。 prayer をそのままプレイヤーと呼んでしまうと、文脈から通じない訳ではありませんが英語を聞き取って貰えない事も少なくありません。 祈りではなく、祈るを英語で表現する場合は pray となり、pray to や pray for といったように使います。 祈りに関して参考になる英語の例文をいくつか紹介しておきます。 Prayers are everything to my religion. (私の宗教にとって祈りが全てです)• Pray to God for help. (救いを求め、神に祈りましょう)• I want to pray for my family. (家族のために祈りたいんだ) 英語で有名な祈りに関する名言トップ3 日本語ではあまり馴染みがなくても英語にすると、なんだか聞いた事がある名言がいくつかあります。 日本語ではしっくりこなくても英語だとなんだかしっくり来るのはやはり英語生まれの名言だからでしょう。 英語から 日本語にすると、なんだか要約されているのがよくわかります。 やはり名言の真意を掴むには英語から。 普通の人々はお祈りしない。 ただ、お願いするだけだ。 ジョージ・バーナード・ショー Most people do not pray; they only beg. George Bernard Shaw 心からの祈りによって成し遂げられないものは、この世に無い。 マハトマ・ガンジー Prayer from the heart can achieve what nothing else can in the world. Mahatma Gandhi 祈りたいと思うこと、それ自体が祈りなのだ。 ジョルジュ・ベルナノス The wish to pray is a prayer in itself. Georges Bernanos まとめ.

次の