鼻 風邪 を 早く 治す 方法。 風邪を早く治す方法は鼻水がポイント!?ビタミンCが効く理由とは?

副鼻腔炎の原因は疲れやストレス?早く治すための4つの方法

鼻 風邪 を 早く 治す 方法

鼻風邪はどうして発症するのか? まず、鼻風邪という病気はどうして発症してしまうのかを考えてみましょう。 鼻風邪というのは、他の風邪と同じように鼻の奥で風邪のウィルスが増殖し、炎症が起こる事で発症すると言われています。 この時に病院に行くと、病院では「風邪をひいたのでしょう」と 風邪の初期症状である事を教えてくれるはずです。 ちなみに鼻風邪の諸症状は次の通りです。 くしゃみ• 鼻づまり 通常はこの3つの症状がもれなくあらわれるのですが、どれもこれも免疫システムだから仕方が無いと、症状の改善を諦める必要はありません。 というのも実践したからといって明日完全に治るという事もありませんが、だからといって何もしなければ辛い症状を耐え抜かなくてはならないわけです。 だったら少しでも快適に過ごせるように、ちょっとだけ工夫や努力をしてみてもいいのではないでしょうか? そこで簡単ながら症状を改善する方法を見てみましょう。 ちなみに鼻風邪によって副鼻腔炎になる事がありますが、風邪が治れば自然と治ると言われていますが、中には風邪が治っても副鼻腔炎が残ってしまい(少数ですが)、癖になってしまう事もあるのだそうですね。 また、これらの鼻炎の症状を抑える方法というのは、副鼻腔炎の予防をしたりする事にも役立つかもしれません。 鼻風邪を早く治すには? 鼻風邪を早く治す方法はいくつかあるので、自分にもこれならできる! と思ったものを実践してみるといいかもしれませんね。 でもこれらの改善の方法を実践しても、全く効果がなくて辛いという場合には、 病院(耳鼻科)に行って鼻の奥の炎症を改善するお薬などを処方してもらうといいでしょう。 問題はその後ですので、病院以外の治す方法を自宅でぜひ実践してみてください。 免疫力を上げるための工夫 病院で必ず言われるのが「暖かくして寝なさい」という事ですよね? 実は、私たち 人間の体というのは温める事で免疫力が上がります。 なので体を温める事を考えて、暖かくなる食べ物や飲み物を用いて免疫力をアップしていきましょう。 この時免疫力を上げてくれるものもいいですが、殺菌作用のある食べ物や飲み物を取り入れるといいですよ! 例えば、生姜湯とかはちみつレモンなどですね。 そして、体を温めるだけではなく次の部分もぜひ温めてください。 鼻周辺を温める事 温める事によって鼻周辺の血管の緊張を和らげ、血流を改善する事ができるので、結果的に 鼻水や鼻づまりを改善する事ができるといいます。 蒸しタオルなどを使って鼻周辺を温めるといいですが、あまり熱くならないように気をつけながら温めるようにしてくださいね。 乾燥を防ぐと鼻づまりは解消する 部屋が乾燥している状態だと鼻づまりが起こりやすくなりますので、加湿を行う事で乾燥を防ぎましょう。 乾燥を防ぐと鼻の通りが良くなってくるので鼻水が出やすくなりますが、雑菌を排出するという意味があるのでできるだけ加湿しましょう。 それだけ鼻風邪の症状が少しでも改善していくという事になるわけですね。 また 小鼻の横にあるツボを刺激する事もいいのでぜひ試してみてください。 薬を飲んだら一番早いのでは? 確かにつらい症状があると疲れてしまいますから、できるだけ早く鼻水などの症状を改善したいと思うはずですよね。 ですが、鼻風邪は風邪の初期症状ですのでウィルスを排出しようとして症状が出るので、できるだけ最初の段階で薬にたよるのはお勧めできません。 そのためにも、 免疫力を高めて症状を改善するために部屋を加湿し、温めるなどをする事を第一に考えてみてはいかがでしょうか。 カテゴリー•

次の

一刻も早く鼻風邪を完治させるための8つの方法

鼻 風邪 を 早く 治す 方法

風邪を早く治す方法は? 風邪を早く治すに有効な方法は色々あります。 ですが風邪の種類によっては治し方を変えなければ効果がないものもあります。 まず先に、どの風邪にも言えるものだけお伝えします。 それは 絶対に安静にしている事です。 咳一つでも体力は消耗していきます。 ずっと横になって暇だからと言ってテレビや携帯を見続けも体力消費はしているので程々にしましょう。 そして二つ目には 体を温める事です。 風邪の原因は、 ほとんどがウィルス感染で冷えを好むからです。 夏は暑いからと何もしないのは風邪を長引かせる原因となってしまいます。 薄い羽織りをする等などの工夫をするとより早く治す事になります。 そして 三つ目に飲み物にも注意する事。 体が熱いからと冷たい飲み物ばかりを飲むと余計に体が冷えてしまいます。 なるべく温かい飲み物、お茶やしょうが湯などを取り入れてひいた時風邪を治していきましょう。 そして最後にどんな時にでもマスクをする事です。 ウィルスを寄せつけないだけでなく、マスクを付ける事で自分自身の息が加湿変わりになります。 のどの風邪を治す方法は? 喉風邪の時には喋らないのが一番いいと言われいます。 喉が痛い時に長く喋ってしまうと咽頭にウィルスが付着し、より喉を痛めてしまうからです。 じゃあ、ひそひそと話した方がいいの?と思われるるかも知れませんが、これは普段話しをする時に比べエネルギーを使うものなんです。 普段生活するなかで喋らない、喋れないのは苦痛かも知れませんが、暫くの我慢です。 その他にのど飴を舐める方法もあります。 喉の風邪の一番の天敵は、口の乾燥なので飴を舐める常に潤いを与えると良いとされてます。 また首を冷やさないのも重要です。 タオルやマフラー、ネックウォーマなど季節によって使いわけ首元を温めて喉の回復をしていきましょう。 その他に耳鼻科行って受診をすることも早く治すための方法です。 専門の先生なら自分がどのような喉の風邪なのか詳しく教えてもらう事が出来るからです。 喉の風邪と言っても種類は豊富で、私達が判断出来きにくいものもあったりするので素人判断ではなく、きちんと状態を知るうえで早く治す事に専念出来ます。 鼻水の場合は? 鼻水の風邪は風邪の中でも一番厄介です。 鼻水は詰まっていても苦しいし、逆に滝のように溢れ止まる事はなくても息が出来なくて苦しい…嫌な事ばかりです。 鼻が詰まっている場合は、温かいタオルで覆います。 すると血流が流れが良くなり溜まっていた鼻水が落ちてくるようになります。 鼻水が止まない場合は、全部出し切る事です。 辛いといってまたすすってしまうとちくのう症などの原因になってしまいます。 また喉の風邪同様にこちらも耳鼻科に受診すると早く治す事が出来ると言えます。 鼻の奥までは自分自身でどうしても見られないですし、 鼻水を吸ってもらう事も出来ますし、症状によってはネプライザーの処置もしてくれます。 病院へ行く時間もないという方には、 鼻うがいや鼻腔拡張テープなどの方法もあります。 鼻うがいは水、またはお湯に食塩を混ぜる事で痛みが和らぎ、鼻の通りがよくなります。 とても参考になる鼻うがい動画はコレ! やったことのない方は是非参考にしてみてください。 スポンサーリンク お風呂はどうする? 一昔前は風邪を引いたら入るなと言われていました。 余計に風邪を引く、長引く、風習だからと未だに信じる人も多くいるそうですが、それは昔の家の造りだったり、銭湯通いだった時の話です。 今はお風呂に入っても大丈夫です。 お医者さんでも注意はされません。 ただし37. これに当てはまらなければお風呂に入っても大丈夫です。 お風呂に入ってリラックスするのも必要な事です。 ぬるま湯の長湯は風邪を長引かせる原因になります。 あとは湯冷めにも注意です。 冬場には脱衣場にファンヒーターを置くなどして温度差に気をつけて下さい。 栄養ドリンクの効果は? 栄養ドリンの効能効果には、滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労、病中後、食欲不振、栄養と書かれている物が多くあるので飲んでも大丈夫だと思いがちです。 ですが薬を服用する際には注意が必要です。 栄養ドリンクにも風邪薬にも『カフェイン』が含まれているからです。 栄養ドリンクには目を覚ます効果に『カフェイン』が、風邪薬には『鎮痛補助剤』とてして含まれていて、寝る前に飲むと寝れないなどの悩みも出て来てしまいます。 また栄養ドリンクにはアルコールの入った物も多く存在します。 風邪薬を一飲んだ場合には肝臓機能も低下し、風邪薬の効果もなくしてしまいます。 風邪薬を服用する場合はノンカフェイン、ノンアルコールの物を選ぶといいでしょう。 不安なら薬局には薬剤師がいるので相談して症状にあった栄養ドリンクを選んでくれます。 あくまでも体力改善と留めて飲むなら栄養ドリンクはより効果的です。 おすすめの食べ物は? ビタミンCが含まれている食材がいいとされています。 ビタミンCには、活性炭素を分解する働きがあり、これにより免疫を高めます。 緑黄色野菜ピーマンやブロッコリー、柑橘類のフルーツはビタミンCを多く含みます。 鼻の風邪にはビタミンAが有効です。 ビタミンAには鼻腔の粘膜を強くする働きがあり、豚肉や鶏肉、または南瓜や人参など緑黄色野菜に多く含まれます。 その他にどくだみ茶や甜茶なども効果的です。 どくだみ茶には毒素の排出、便秘解消、甜茶には抗アレルギー作用があります。 またねぎ、しょうが、ニラなど癖の強い薬味は抗菌作用があるので、どの風邪にも積極的に取り入れて体の回復していきましょう。 夏風邪を早く治すには? 夏風邪は普通の風邪と違いよく長引くと言われています。 主に、 クーラーのあたり過ぎや、室内、屋外の温度差、そして暑くて寝れない寝不足などがあげられます。 その原因は普通の風邪とは違うウィルスが関係しています。 夏風邪のウィルスは高温多湿を好み、アデノウィルス、エンテロウィルスとその名の通り、喉や弱った胃腸の粘膜に付着するのが特徴で、プール病、手足口病、ヘルパンギーナがあげられます。 どれも子供に発症されやすいとされていますが、 このうち手足口病は大人がかかると重症化してしまうので注意が必要です。 夏風邪も普通の風邪と同様で体を休めたり、栄養をとる事が早く治す方法だといえますが、水分補給にはスポーツドリンクを用いるなどして特に気をつけて下さい。 風邪を早く治す方法はコレ!【栄養ドリンクや食べ物は?】 風邪をひかないように予防することが一番効果的ですが、ひいてしまったらすぐに治したいものです。 じっと寝ていることは大切ですが、栄養もしっかりと摂ることがポイントです。 スポンサーリンク.

次の

鼻風邪を早く治すために!即効性のある解消法7選!

鼻 風邪 を 早く 治す 方法

鼻は顔の中心にあるため、ニキビが1つでもできると目立ってしまいますよね。 そんな鼻ニキビを素早く治すためには、原因を踏まえたうえでニキビケアをすることが大切です。 では、鼻ニキビができる原因と、効果的な治し方・予防法を詳しく見ていきましょう。 痛くて目立つ「鼻ニキビ」ができる原因とは ・ホルモンバランスの乱れ ストレスや睡眠不足などでホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが増えて皮脂の分泌が活発になります。 もともと鼻は皮脂分泌が多いパーツですが、さらに皮脂が増えることで毛穴が詰まり、ニキビができやすくなるのです。 ・雑菌の付着 無意識のクセで、鼻を手で直接つまんだり、こすったりしていませんか? 手には意外とたくさんの雑菌が付着しているため、鼻に不必要に触ると菌が毛穴に侵入し、炎症ニキビができやすくなります。 ・間違ったスキンケア 実は皮膚の乾燥も、鼻ニキビができる原因になります。 洗顔をしすぎていたり保湿ケアを怠っていると、角質が硬くなって毛穴が塞がれ、ニキビができやすくなるのです。 またそれとは逆に、皮脂を適切に取り除けていない場合も、鼻の毛穴が皮脂で詰まってニキビができてしまいます。 美鼻をつくる鼻ニキビの治し方・予防法 ・正しく洗顔する 鼻ニキビを治すためには、まず洗顔方法を見直すことが大切です。 まずはしっかりと泡を立てて顔全体にのせ、ゴシゴシと強く洗わずに洗顔料の泡を肌の上に転がすように、優しく洗いましょう。 指で直接刺激を与えずに、泡に皮脂や汚れを吸着させることがポイントです。 洗い流す際は、肌に刺激を与えない人肌程度のぬるま湯を使用してくださいね。 ・化粧水で水分量を増やす 洗顔後は、化粧水をつけて肌の水分量を増やしましょう。 皮脂による油分と、化粧水による水分のバランスが整うことで、ニキビが治りやすくなります。 化粧水の後は、手のひらで温めた保湿クリームや乳液をつけて水分の蒸発を防ぎましょう。 ・厚塗りメイクは避ける 鼻にニキビができている時は、できるだけメイクするのを避けましょう。 メイクは毛穴を詰まらせるため、ニキビが治りにくくなる原因になってしまいます。 どうしてもメイクをしたい場合は薄塗りにし、その後はきちんとクレンジングをして落としましょう。 ・食生活を見直す 糖質や脂質の多い食事は、皮脂の分泌量を増やす原因になります。 スナック菓子やチョコレートなどは控えめにして、ビタミン・ミネラル・タンパク質豊富な食事を心がけましょう。 野菜、大豆類、青魚をメインに食べると肌質改善につながりますよ。 ・鼻に触らない 鼻に触るクセがある人は、普段から意識して治すことが大切です。 また、鼻に接触するマスクは鼻ニキビ完治の妨げになる場合も。 ニキビがある場合は一時的に使用を中止するか、鼻にマスクの生地がこすれないように工夫しましょう。 目に付く部位であり、メイクの際にもポイントになる鼻。 つるりとしたニキビ知らずの鼻をキープするためにも、労わりケアを始めていきましょう!.

次の