ポララミン 眠気。 花粉症薬ポララミンの特徴。眠気はあるが、安全性はとても高い

抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の使い分けと服薬指導|患者さんにどう説明する?

ポララミン 眠気

スポンサーリンク ポララミンは、昔から使われている第一世代の抗ヒスタミン剤 ポララミンは、第一世代と呼ばれる抗ヒスタミン剤。 抗ヒスタミン剤は、アレルギー反応による鼻水やくしゃみを抑える薬で、花粉症の治療に最もよく使われる薬です。 抗ヒスタミン剤は、開発された時期によって第一世代と第二世代に分けられ、ポララミンは第一世代。 つまり、 昔から使われている、歴史の長い薬ということですね。 第二世代の抗ヒスタミン剤は副作用が少ないという大きなメリットがありますが、新しい薬なだけに、まだまだ臨床データが少なく、安全性が確率されていないという欠点があります。 ポララミンは初期に開発された薬のため、眠気や口の乾きなどの副作用が強く出るのが難点ですが、世界中で広く長く処方されてきた実績があり、安全性が非常に高いのが特徴です。 スポンサーリンク ポララミンは妊婦や小児に処方される、安全性の高い花粉症薬 ポララミンはその安全性の高さから、妊婦や授乳中の女性に処方される、最もポピュラーな花粉症薬です。 ポララミンは花粉症への効果が弱く、副作用は強めという薬ですが、妊婦への処方実績が豊富な薬は他にそうありません。 優秀な新薬がたくさんあっても、さすがに妊娠中の妊婦に飲ませて安全性を実験するわけにはいきませんよね。 お腹の胎児に何かあれば一大事です。 そうした背景から、妊婦に対する新薬の安全性というのは、なかなか証明できません。 その点、 ポララミンは日本でも海外でも、妊婦の服用実績が多数ある貴重な薬。 効果や副作用の点では最近の薬には劣りますが、妊婦さんにとってはありがたい花粉症薬です。 妊娠中は胎児への影響を避けるため薬の服用はしないのが基本ですが、妊娠4ヶ月以降あるいは、薬の有益性がリスクを上回る場合には、妊婦であっても薬の処方が可能になります。 妊娠中だからといって、重症の花粉症にも関わらず薬を我慢していると、かえって母体の負担やストレスが大きくなり悪影響を及ぼすことも。 花粉症の症状がひどい場合は、かかりつけの産婦人科で相談してみましょう。 ポララミンはどこで処方してもらえるの?ポララミンの市販薬はある? ポララミンというのは製薬会社の商品名で、配合されている成分名は 「クロルフェニラミン」といいます。 クロルフェニラミンは、市販薬への使用も許可されている成分で、風邪薬や鼻炎薬に広く配合されています。 ただし、市販薬には複数の成分が配合されていたり、各成分の配合量も商品によって異なるため、 ポララミンそのものと同様の市販薬が売られているわけではありません。 妊婦の服用など安全性を優先すべきケースでは、安易に市販薬を飲むのは危険です。 自己判断せずに、必ず病院で相談しましょう。 ポララミンは、内科、耳鼻科のほか、産婦人科でも処方してもらえます。 妊婦の花粉症はよくあることなので、妊娠中の花粉症については、かかりつけの産婦人科で相談してみるのが安心です。 ひどい花粉症にお悩みのあなたへ。 白井田七茶を知っていますか? 「そういえば、今年はまだ花粉症の薬を飲んでいない」「ムズムズしない!」と、ヘビーな花粉症の人にも好評の白井田七茶。 子供も安心して飲める 完全無農薬&有機栽培の緑茶に、朝鮮人参以上に優れた薬効を持つという、漢方薬の田七人参をブレンドした話題のお茶です。 漢方配合といっても苦味や渋味はまったくなく、緑茶というより抹茶に近い、すっきりと上品な味わい。 白井田七茶を飲んでしばらくすると体がポカポカし、外に出ても 「あれ、今日は鼻水が出ない…!?」と、その即効性に驚かされます。 毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー… どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えてみませんか? 白井田七茶は1本ずつ個包装になっていて、カップに入れてお湯を注ぐだけのお手軽さ。 飲んだ後でも返品できる返金保証が付いているので、リスクなくお試しできますよ。

次の

眠気には要注意!ポララミンの効果と副作用について!

ポララミン 眠気

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した 再審査対象外。 重大な副作用 頻度不明• ショック:ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、チアノーゼ、呼吸困難、胸内苦悶、血圧低下等の症状が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 痙攣、錯乱:痙攣、錯乱が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が現れた場合には、減量又は休薬等適切な処置を行う。 再生不良性貧血、無顆粒球症:再生不良性貧血、無顆粒球症が現れることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止する。 その他の副作用• 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分又は類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者。 閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難、尿閉等が現れ、症状が増悪することがある]。 低出生体重児・新生児。 慎重投与• 開放隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 眼内圧亢進のある患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し、症状が増悪する恐れがある]。 甲状腺機能亢進症のある患者[抗コリン作用により症状が増悪する恐れがある]。 狭窄性消化性潰瘍、幽門十二指腸通過障害のある患者[抗コリン作用により平滑筋の運動抑制、緊張低下が起こり、症状が増悪する恐れがある]。 循環器系疾患のある患者[抗コリン作用による心血管系への作用により、症状が増悪する恐れがある]。 高血圧症のある患者[抗コリン作用により血管拡張が抑制され、血圧が上昇する恐れがある]。 重要な基本的注意 眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意する。 相互作用 併用注意:• 中枢神経抑制剤、アルコール[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する 本剤の中枢抑制作用により、作用が増強される ]。 MAO阻害剤[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する 本剤の解毒機構に干渉し、作用を遷延化し増強することがある ]。 抗コリン作用を有する薬剤[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合には、減量するなど慎重に投与する]。 ドロキシドパ、ノルアドレナリン[併用により血圧の異常上昇を来す恐れがある 本剤はヒスタミンによる毛細血管拡張を抑制する ]。 高齢者への投与 一般に高齢者では、生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 小児等への投与 低出生体重児、新生児には投与しない[中枢神経系興奮等の抗コリン作用に対する感受性が高いため、痙攣等の重篤な反応が現れる恐れがある]。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 保管上の注意 遮光した気密容器。

次の

抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の使い分けと服薬指導|患者さんにどう説明する?

ポララミン 眠気

スポンサーリンク ポララミンの市販薬はないの? ポララミンとは製薬会社の商品名で、配合成分の名前は d-クロルフェニラミンマレイン酸。 市販の総合風邪薬や鼻炎薬にも配合されている成分です。 ただし、先ほど説明したように、ポララミンには解熱作用などはないので、 市販薬ではd-クロルフェニラミンマレイン酸の他にも複数の有効成分を配合しています。 病院で処方されるポララミン錠と同様の市販薬はありません。 ポララミンは眠気が強い。 ただし処方実績が多く安全性は高い ポララミンは抗ヒスタミン剤という種類の薬ですが、この抗ヒスタミン剤は開発時期によって第一世代と第二世代に分けられます。 ポララミンは、昔から使われている第一世代。 開発時期の古い薬ですので、 眠気や倦怠感、口の乾きなどの副作用は強く出ます。 一方、新しい第二世代の抗ヒスタミン剤は眠気の副作用が少ないため、通常の花粉症や鼻炎であれば、第二世代の薬を使うのが主流。 でも、新しい薬はまだ処方実績数が少なく、安全性を裏付けるデータは多くありません。 その点、 ポララミンは世界中に豊富な使用実績があり、重篤な副作用がないことが確認されている薬です。 そのため、 妊娠の可能性がある人、妊婦、授乳中の人、子供など、副作用よりも安全性を優先すべき患者には、ポララミンが処方されます。 ポララミンと市販の風邪薬を一緒に飲んでも大丈夫? 市販の総合感冒薬などの風邪薬には、鼻水を止める成分として、ポララミンの成分と同じd-クロルフェニラミンマレイン酸や、同様の効果を持つ諸成分が配合されています。 似たような効果を持つ成分を一緒に飲むと、副作用も重複。 ポララミンの場合は、他の風邪薬と一緒に飲むと異常な眠気やのどの乾き、排尿トラブルなどが起こる可能性があります。 いくら安全性が高いといっても、薬の飲み合わせには相性もあり、ポララミンと他の薬を自己判断で一緒に飲むのは危険です。 今飲んでいる薬が効かない場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

次の