カロリー ゼロ 砂糖。 カロリーゼロは糖尿病に良くない

カロリーゼロは糖尿病に良くない

カロリー ゼロ 砂糖

コーラのカロリーや糖質について カロリー kcal タンパク質 g 脂質 g 炭水化物 g 糖質 g コーラ 100ml 46 0. 1 0. 4 11. 2 0. 8 22. 4 0. 9 39. 0 0. 0 0. 0 0. 4gです。 意外に低いと感じる方もいますが、居酒屋でジョッキ一杯頼んだら 161kcal・糖質39. 9gと飲み物にしては高カロリー・高糖質になります。 栄養成分を見て分かる通り、 コーラの栄養はほぼ糖分です。 コーラの炭酸で爽快さがあり意識しにくいかもしれませんが、砂糖をゴクゴク飲んでいるとイメージしておくといいかもしれません。 コカ・コーラゼロは糖質などの栄養素はゼロ、もちろんカロリーもゼロです。 ゼロカロリーコーラについては後ほど詳しく解説します。 コカ・コーラやペプシのカロリー・糖質について 現在、コカ・コーラをはじめペプシやイオンのコーラなど、さまざまな種類が販売されています。 コーラの種類によってカロリーや糖質は異なるのか確認していきましょう。 コカ・コーラのカロリー・糖質 出典:• コカ・コーラ2000ml・・・900kcal・糖質226g• コカ・コーラ500ml・・・225kcal・糖質56. コカ・コーラ350ml・・・158kcal・糖質39. 6g 喉が渇いたとき、コカ・コーラ500mlを一気飲みしたことはありませんか?その 一瞬で225kcal・糖質56. 5gを飲み干していることになります。 ほんの数分で茶碗一杯の白ご飯を飲み干す・・・ダイエットや糖質制限中の方はゾっとしますよね。 コカ・コーラ一缶350mlでも糖質を39. 6g含み、クッキー7枚相当の糖分を飲んでいることになります。 ペプシコーラのカロリー・糖質 出典:• ペプシ1500ml・・・720kcal・糖質179g• ペプシ490ml・・・235kcal・糖質58. ペプシ340ml・・・163kcal・糖質40. 5g ペプシは日本人向けにつくられたコーラということなので、コカ・コーラよりも甘味が多いです。 内容量のラインナップが異なるので比較しにくいかもしれませんが、100mlあたり48kcal・糖質11. 9gとコカ・コーラよりも少しだけ高くなります。 大きな差ではないので好みの味で選べばいいかと思いますが、少しの差でも カロリー・糖質を少なくしたい方はコカ・コーラをおすすめします。 トップバリューのコーラのカロリー・糖質 出典:• トップバリューのコーラ1500ml・・・90kcal・糖質6. トップバリューのコーラ350ml・・・21kcal・糖質1. 4g イオングループブランドの トップバリューでは カロリーオフのコーラを販売しています。 100mlあたり6kcal・糖質0. 4gであり低カロリー・低糖質ですね。 糖質制限中の方にとってはありがたい商品ですが、 糖分の代わりに使用している人工甘味料はなかなかのクセモノ。 人工甘味料については後ほど解説しますので、良かったら参考にしてください。 ドクターペッパーのコーラのカロリー・糖質 出典:• ドクターペッパー500ml・・・220kcal・糖質55. ドクターペッパー350ml・・・154kcal・糖質38. 5g 古くからアメリカで愛されているドクターペッパー。 100mlあたり44kcal・糖質11. 0gと、コカ・コーラやペプシよりも少しだけカロリー・糖質が少ないです。 それでも 500ml飲めば55. 0gの糖質を摂ることになるのでダイエット中は飲み過ぎないように気をつけたですね。 ドクターペッパーはさまざまなフルーツの香りをミックスしているため、好みがわかれやすいコーラになります。 コーラとそのほか炭酸飲料のカロリー・糖質を比較 コーラはペットボトル1本飲むと糖質50. 0gを摂取することがわかりました。 白ご飯に近い糖質量ですが、ほかの炭酸飲料と比較するとどうなのかをみていきましょう。 コカ・コーラ500ml・・・225kcal・糖質56. ファンタオレンジ500ml・・・210kcal・糖質52. ファンタグレープ500ml・・・200kcal・糖質50. カルピスソーダ500ml・・・180kcal・糖質44. 三ツ矢サイダー500ml・・・210kcal・糖質55. ジンジャーエール500ml・・・180kcal・糖質45. 0g カルピスソーダとジンジャーエールを除き、 炭酸飲料はどれも似たようなカロリー・糖質量です。 ジンジャーエールは炭酸が強く甘さが控えめなので糖質が少なく、ともなってカロリーも減っています。 一方 カルピスソーダは人工甘味料を使用しているため、その分カロリー・糖質が低くなっています。 コーラといろいろな飲み物のカロリー・糖質を比較 つづいて炭酸飲料以外の飲料とコーラのカロリー・糖質を比較してみましょう。 ダイエット中に適している飲み物もよくわかっていただけるかと思います。 コカ・コーラ500ml・・・225kcal・糖質56. オレンジジュース500ml・・・220kcal・糖質55. カルピスウォーター500ml・・・225kcal・糖質55. 午後の紅茶 ミルクティー500ml・・・187kcal・糖質38. BOSS カフェオレ500ml・・・220kcal・糖質41. アイスコーヒーブラック500ml・・・15kcal・糖質2. 午後の紅茶 ストレートティー500ml・・・80kcal・糖質20. 伊右衛門 緑茶500ml・・・0kcal・糖質0. サントリー 烏龍茶500ml・・・0kcal・糖質0. 水500ml・・・0kcal・糖質0. 0g 実は ジュースも炭酸飲料と変わらない糖分が含まれています。 乳酸飲料のカルピスも身体に良いイメージがありますが、カロリー・糖質は高いです。 紅茶はストレートティーでも糖質が多いので飲み過ぎには気をつけてください。 カロリー・糖質をほとんど含まないお茶や水を常飲することが、ダイエット中の鉄則だと思ったほうがいいですね。 ゼロカロリーのコーラなら痩せるのは本当? コーラのカロリー・糖質がダイエットに不向きであれば、カロリー・糖質ゼロのコーラを飲もうと乗り換える方も多いです。 その一方で「 ゼロカロリーのコーラを飲んでいたら太った」という声も聞こえてきます。 本当にゼロカロリーのコーラであればダイエット中に飲んでも影響はないのか、一緒に考えてみましょう。 ゼロカロリーのコーラを紹介 出典:• コカコーラゼロ・・・0kcal・糖質0. ペプシコーラゼロ・・・0kal・糖質0. 0g カロリー・糖質が0のコーラはコカ・コーラやペプシで販売されていて、それぞれ 栄養成分表示ではエネルギー・糖質ともに0となっています。 つまり通常のコーラにたっぷり入っている糖分が含まれていないということです。 ですが、飲んだことがある方はお分かりの通り、 カロリーゼロのコーラはとても甘いですよね。 なぜ甘味の糖分がないのにこんなに甘いのか、その理由を説明します。 ゼロカロリーのコーラが甘い理由 ゼロカロリーのコーラが甘いのは人工甘味料によるものです。 コカ・コーラゼロ、ペプシコーラゼロには下記の人工甘味料が含まれています。 コカ・コーラゼロ・・・スクラロース、アスセルファムk• ペプシコーラゼロ・・・アステルパーム、Lフェニルアラニン化合物、アスセルファムk、スクラロース ペプシコーラには4種類もの人工甘味料が添加されています。 人工甘味料は身体に吸収されないため、 確かに0kcalです。 また健康被害が気になる方も多い人工甘味料ですが、害がない許容範囲内で各社で使用しているので気にしすぎる必要はありません。 しかし、 大量に常飲することでどのような影響が出るかは、まだまだ未知数なのが人工甘味料になります。 ゼロカロリーコーラは「0kcal」ではない コカ・コーラゼロ、ペプシコーラゼロはともに0kcal・糖質0. 0gとなっていますが、ここには落とし穴があります。 栄養成分を表記する際、 100mlあたり 5kcal・糖質0. 5g未満であれば0kcal・糖質0. 0gと表記していいと定められています。 つまり、ゼロカロリーの栄養成分が0kcal・糖質0. 0gでも真のカロリー・糖質は異なるケースがあるということです。 コーラの色素の元でもある カラメル色素もカロリーはありますので、ゼロカロリーのコーラも「完全なゼロ」ではないことを覚えておいてださい。 ゼロカロリーコーラでも飲み過ぎればむしろ太る 0kcalではないとはいえ、 ゼロカロリーコーラが通常のコーラに比べてカロリー・糖質がかなり少ないことは間違いないです。 ですが、カロリー・糖質を抑えるために使用している人工甘味料はかなり甘さが強いので感覚が鈍くなり、少しの甘みでは満足できなくなります。 その結果、 必要以上に甘いものを欲しがる身体になってしまう可能性があるのです。 実際、人工甘味料を使用しているカロリーオフ飲料を飲んでいる被験者の方が糖尿病になる確率が高いという報告もあります。 ゼロカロリーのコーラを飲んでカロリー・糖質オフを狙うのであれば、そのような影響が出る可能性を頭に入れておき、自分が当てはまらないように注意したいですね。 【豆知識】人工甘味料はインスリン分泌を促す可能性がある まだまだ未知数の人工甘味料ですが、日本ではゼロカロリーコーラをはじめさまざまなカロリーオフ商品に活用されています。 一方で、人工甘味料が糖代謝に与える影響を研究した論文も多く、甘味を感知した脳や腸がインスリンの分泌を促すことが指摘されています。 人工甘味料は糖分を含んでいないため血糖値をあげないのですが、強い甘味から「糖分が上昇した」と錯覚を起こし、血糖値を調整するインスリンが分泌されるという流れです。 インスリンは脂肪細胞への糖質蓄積を促す作用もあるので、 人工甘味料を日常的に摂取することで太りやすくなる可能性があります。 ダイエット中にコーラを飲むときの注意点 やっぱりコーラはそのものを飲みたい!という方に伝えたい注意点を3つお伝えします。 1.コーラのカロリー・糖質量もふまえて食事制限する コーラはコップ一杯で90kcal・糖質20gほどです。 ダイエット中にコーラを飲みたければその分食事で調整しましょう。 白ご飯をいつもより50gくらい減らす、食パン(6枚切り)は半量にするなど、 主食を少し減らすだけでクリアできます。 ただし、一食のご飯をコーラ1Lに置き換えるなど、過剰な調整は絶対にやめてくださいね。 さまざまな食材から いろいろな栄養素をとる500kcalと 単糖中心のコーラを500kcal飲むのとでは、質が全く異なります。 2.コーラはスイーツ同様、夜間に飲まない 何度も言いますが、 コーラは糖分が多い飲み物です。 エネルギー消費が減りやすい夜間に飲むと身体に蓄積されやすいので、 コーラは昼間に摂取することをおすすめします。 糖分が高いのは甘いお菓子やケーキにもあてはまりますね。 コーラもスイーツと同じように考えましょう。 コカ・コーラのカロリー・糖質は多いですが、きちんと消費できるのであれば太ることはありません。 自身の活動スタイルにあわせて飲むようにしてください。 3.コーラの量は控えめに、氷や炭酸水を入れてごまかす 毎日コーラを飲みたい方は、コップ一杯で我慢できるように氷を多めに入れてください。 ほかにも、甘みは薄くなってしまいますが、 無糖の炭酸水を足して量を増やす方法もお試しください。 コーラを毎日飲みたいほど好きな方が、完全にコーラを断ってしまうとストレスをため込んでしまいます。 ストレスはダイエットの敵です。 自分の体重に影響を与えない量を見つけて、その範囲内でコーラを楽しめるように工夫しましょう。

次の

糖質制限ダイエットで砂糖の代わりの甘味料を4つ紹介

カロリー ゼロ 砂糖

この記事の目次• 異性化糖は「主にブドウ糖からなるコーンシロップ(トウモロコシ)を酵素かアルカリによって異性化した果糖とブドウ糖とを主成分とする糖」(Wikipedia)という 天然甘味料です。 日本では、乳酸菌飲料、炭酸飲料、紅茶飲料によく使われています。 人工甘味料の甘さは砂糖の数百倍から数万倍 日本で認可されている主な人工甘味料は、 アセスルファムカリウム、アステルパーム、サッカリン、スクラロース、ネオテームです。 さてこれらの人工甘味料は 砂糖と比べるとどれくらい甘いのでしょうか? アセスルファムカリウムは200倍 アステルパームは160~220倍 サッカリンは200~700倍 スクラロースは600倍 ネオテームは7000~1万3000倍 恐ろしい数字ですね。 でも実際カロリーゼロ飲料を飲んでみると、そんなにも甘い感じはありませんよね? それもそのはず、これだけの甘さのゆえ、砂糖の使用量よりもずっと少ない使用量で済むのでかなり薄められているからです。 5㎉未満なら「カロリーゼロ」 それでは人工甘味料の「カロリーゼロ」とは、本当にカロリー無しなのでしょうか? 実は、日本の食品成分表示の基準においては、100ml当たり5㎉未満なら「カロリーゼロ」、「無」、「ノン」、「レス」、「フリー」と表示してもいいということです。 すなわち、 「カロリーゼロ」とはカロリーが無いということではありません。 ちなみにビールなどの「糖質ゼロ」とか「糖類ゼロ」という表示も同じことで、100ml当たり糖類が0. 5g未満なら「糖類ゼロ」と表示できるのです。 また、成分表示に「糖質」または「糖類」と書いてなくても、「炭水化物」が表示されていたら、「糖質」「糖類」が含まれているということです。 何で甘いのかを原材料でチェックしよう 人工甘味料は、ダイエットアルコール、ノンアルコール、ダイエットドリンク、スポーツドリンク、コーヒー飲料、乳酸菌飲料によく使われています。 異性化糖は、炭酸飲料、果汁飲料、乳酸菌飲料に使われています。 「カロリーゼロ」、「カロリーオフ」、「微糖」、「甘さ控えめ」、「ノンシュガー」などの表示があるのなら、人工甘味料や異性化糖が入っていると思っていいのですが、もっと確実に分かるのは商品の食品表示を見ることです。 原材料の中に、以下のような人工甘味料や異性化糖が入っているかどうかチェックしてみましょう。 人工甘味料は「甘味料」と表示されていて、 アセスルファムカリウム(アセスルファムK)、アステルパーム、スクラロースなどが使われています。 特にアセスルファムKは、「糖質ゼロ」、「カロリーゼロ」のアルコール飲料によく使われます。 異性化糖は、 ぶどう糖果糖液糖、果糖ぶどう糖液糖、 高フルクトース・コーンシロップなどと表示されています。 食品では、ダイエットスィーツ、シリアル、ジャム、パン、ヨーグルト、ケチャップなどに異性化糖が使われています。 カロリーゼロの甘い罠 甘くてもカロリーゼロのドリンクを水代わりに飲んでいるとか、食事時に甘い炭酸水を飲まなければ気が済まないというのなら、 あなたはかえって太ってしまうばかりではなく、健康も脅かされてしまうかもしれません。 ここでは人工甘味料入りの飲料や食品を過剰に摂るまたは毎日のように摂ることのリスクについてご説明します。 脂肪をためこむ 人工甘味料は砂糖よりカロリーが低くても、甘さは砂糖の数百倍ですから、糖分を大量に摂ったときと同様に、血液中に大量の糖が急激に送り込まれるので、 血糖値(血液中の糖の濃度)が急上昇してしまいます。 すい臓は人工甘味料の糖分によって急に上がった血糖値を急いで下げようと、 インスリンを大量に分泌し、血液中に大量に増えた糖を細胞内に送り込みます。 それによって血糖値は急激に下がるのですが、 細胞内には大量の糖が余った状態になってしまうのです。 この過剰になった糖が脂肪細胞の中に 中性脂肪として溜め込まれてしまう、つまり 太ってしまうということになるのです。 すなわち、カロリーゼロの飲料や食品を毎日のように摂っている、摂り過ぎているのなら、太ってしまうということになります。 味覚が鈍くなって食欲が増す 普通の砂糖なら太ることを警戒するので量を控えめにしたり、使わないという自制が働きますが、ダイエットシュガーだと安心して入れすぎたりしていませんか? しかも人工甘味料は普通の砂糖よりも甘いので、その甘みの濃さに慣れてしまうと、 甘みを感じる味覚が鈍くなっていくので、どんどん甘いものを食べたくなってしまいますから太ってしまいます。 また、胃腸やすい臓にも甘みを感じるセンサーがあり、人工甘味料入りの飲料や食べ物でも甘みセンサーが反応します。 胃が甘みを感知するとグレリンと言う食欲を促進するホルモンが分泌されますので、 食欲が増してしまい、肥満につながってしまうのです。 依存性がある 砂糖にはコカイン以上の依存性があると言われていますが、砂糖の数百倍も甘い人工甘味料はその依存度も砂糖より大きくなります。 水代わりにダイエット飲料を飲んでいるとか、食事のときにお茶ではなくダイエット・コーラを必ず飲むなどという方はすでに依存症になっているかもしれません。 糖尿病など健康に影響 日本人はアメリカのように超肥満体の人が少ないのに、 糖尿病にかかる人が年々ふえているそうです。 生活習慣などいろいろな要因で糖尿病にかかると思われますが、もしかしたらダイエットドリンクもその一因となっているのかもしれないのです。 人工甘味料入りダイエット飲料を飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて糖尿病にかかるリスクが1. 7倍もあるということなのです。 (出典:人工甘味料入りダイエット飲料の糖尿病発症リスクー週刊朝日2017年10月13日号より) さらに肥満傾向がある人や糖尿病にかかりやすい人はダイエット飲料を好んで飲む傾向があるらしいのです。 もしも「カロリーゼロ」なら血糖値が上がらないだろうと思ってダイエット飲料を飲んでいるのだとしたら、知らず知らずのうちに糖尿病になるリスクを大きくしていることになります。 腎機能が低下したり、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まるというデータもあります。 心の健康にも影響 人工甘味料入りの飲料、特にダイエット炭酸飲料が脳内神経伝達物質を減らし、 うつ病のリスクを高めてしまうというアメリカの調査結果があります。 つまり、人工甘味料のアステルパームが体内で代謝されたときに、神経伝達物質のセロトニンやドーパミンなどを作るためのチロシンやトリプトファンが脳へ送られるのを邪魔してしまうので、神経伝達物質が減ってしまい、うつ症状が現れるということです。 しかし、アメリカ人の肥満は今だに国民病ですし、医療費が国の予算をむしばんでいます。 つまり ダイエット炭酸飲料は全然ダイエットに役立っていないということではないでしょうか。 甘いものが欲しいのなら自然からとる果糖が一番 果物や野菜に含まれる果糖から糖分を摂ることが健康にもダイエットにも最良の方法です。 何故なら果物と野菜には 食物繊維が含まれているため、食物繊維の働きによって果物や野菜に含まれる果糖はゆっくりと吸収され、血糖値を急激に上げることがなく、太らないからです。 さらに、野菜と果物にはビタミン、ミネラル、抗酸化物質など栄養が豊富ですし、生で食べることによって胃腸に余計な負担をかけることなく消化吸収されますからダイエットにも健康にも良いのです。 やっぱり、既成の甘いドリンクはやめて、自家製の野菜・果物ジュースを飲んで甘味を摂るのが一番です。 ダイエットスィーツでなく果物を食べましょう。 ドライフルーツでもOKですが、市販のものにありがちなのは砂糖が混入されているので砂糖や甘味料を添加しないものを選びましょう。 料理の味付けにはみりんやメイプルシロップを使うことをおススメします。 まとめ やっぱり甘いものを楽しみながらダイエットをしようとするのは、「甘い」ということでしたね。 健康のためにも今日から安易に甘味料入りの飲料と食品を摂るのはやめてください。 そのかわり、自然の甘味にあふれていても低カロリーの新鮮な果物や野菜をたくさん食べることでお腹を満たし豊富な栄養を摂るダイエットをしてくださいね。 freepik. htm ご訪問ありがとうございます。 「ファイナルダイエット」の運営者の冨田日出子です。 「ファイナルダイエット」は、リバウンドを繰り返す一過性のダイエットはもう終わりにしたい、今度こそ人生最後のダイエットにしたいと願う人のためのサイトです。 ダイエットなどしなくてもスリムで健康なカラダになれる健康理論を紹介しています。 しかもそれはエネルギーを使わず、CO2も出さない、ゴミは食物のクズ(有機ゴミ)だけという地球にやさしい食べ方です。 私は健康や美容の専門家ではありませんが、今までやってきたいろいろなダイエットの体験談を失敗談も含めてお話ししますね。 皆さんがいくつになってもスリムで健康な体を保ち、イキイキと人生を楽しむためにこのサイトが少しでもお役に立てるようになることを願っております。 最近の記事• 2020年3月19日• 2020年2月17日• 2020年2月10日• 2020年2月5日• 2019年12月3日 アーカイブ アーカイブ.

次の

コーラの砂糖の量がヤバい?!子供にカロリーゼロの人工甘味料は危険か

カロリー ゼロ 砂糖

この記事の目次• 異性化糖は「主にブドウ糖からなるコーンシロップ(トウモロコシ)を酵素かアルカリによって異性化した果糖とブドウ糖とを主成分とする糖」(Wikipedia)という 天然甘味料です。 日本では、乳酸菌飲料、炭酸飲料、紅茶飲料によく使われています。 人工甘味料の甘さは砂糖の数百倍から数万倍 日本で認可されている主な人工甘味料は、 アセスルファムカリウム、アステルパーム、サッカリン、スクラロース、ネオテームです。 さてこれらの人工甘味料は 砂糖と比べるとどれくらい甘いのでしょうか? アセスルファムカリウムは200倍 アステルパームは160~220倍 サッカリンは200~700倍 スクラロースは600倍 ネオテームは7000~1万3000倍 恐ろしい数字ですね。 でも実際カロリーゼロ飲料を飲んでみると、そんなにも甘い感じはありませんよね? それもそのはず、これだけの甘さのゆえ、砂糖の使用量よりもずっと少ない使用量で済むのでかなり薄められているからです。 5㎉未満なら「カロリーゼロ」 それでは人工甘味料の「カロリーゼロ」とは、本当にカロリー無しなのでしょうか? 実は、日本の食品成分表示の基準においては、100ml当たり5㎉未満なら「カロリーゼロ」、「無」、「ノン」、「レス」、「フリー」と表示してもいいということです。 すなわち、 「カロリーゼロ」とはカロリーが無いということではありません。 ちなみにビールなどの「糖質ゼロ」とか「糖類ゼロ」という表示も同じことで、100ml当たり糖類が0. 5g未満なら「糖類ゼロ」と表示できるのです。 また、成分表示に「糖質」または「糖類」と書いてなくても、「炭水化物」が表示されていたら、「糖質」「糖類」が含まれているということです。 何で甘いのかを原材料でチェックしよう 人工甘味料は、ダイエットアルコール、ノンアルコール、ダイエットドリンク、スポーツドリンク、コーヒー飲料、乳酸菌飲料によく使われています。 異性化糖は、炭酸飲料、果汁飲料、乳酸菌飲料に使われています。 「カロリーゼロ」、「カロリーオフ」、「微糖」、「甘さ控えめ」、「ノンシュガー」などの表示があるのなら、人工甘味料や異性化糖が入っていると思っていいのですが、もっと確実に分かるのは商品の食品表示を見ることです。 原材料の中に、以下のような人工甘味料や異性化糖が入っているかどうかチェックしてみましょう。 人工甘味料は「甘味料」と表示されていて、 アセスルファムカリウム(アセスルファムK)、アステルパーム、スクラロースなどが使われています。 特にアセスルファムKは、「糖質ゼロ」、「カロリーゼロ」のアルコール飲料によく使われます。 異性化糖は、 ぶどう糖果糖液糖、果糖ぶどう糖液糖、 高フルクトース・コーンシロップなどと表示されています。 食品では、ダイエットスィーツ、シリアル、ジャム、パン、ヨーグルト、ケチャップなどに異性化糖が使われています。 カロリーゼロの甘い罠 甘くてもカロリーゼロのドリンクを水代わりに飲んでいるとか、食事時に甘い炭酸水を飲まなければ気が済まないというのなら、 あなたはかえって太ってしまうばかりではなく、健康も脅かされてしまうかもしれません。 ここでは人工甘味料入りの飲料や食品を過剰に摂るまたは毎日のように摂ることのリスクについてご説明します。 脂肪をためこむ 人工甘味料は砂糖よりカロリーが低くても、甘さは砂糖の数百倍ですから、糖分を大量に摂ったときと同様に、血液中に大量の糖が急激に送り込まれるので、 血糖値(血液中の糖の濃度)が急上昇してしまいます。 すい臓は人工甘味料の糖分によって急に上がった血糖値を急いで下げようと、 インスリンを大量に分泌し、血液中に大量に増えた糖を細胞内に送り込みます。 それによって血糖値は急激に下がるのですが、 細胞内には大量の糖が余った状態になってしまうのです。 この過剰になった糖が脂肪細胞の中に 中性脂肪として溜め込まれてしまう、つまり 太ってしまうということになるのです。 すなわち、カロリーゼロの飲料や食品を毎日のように摂っている、摂り過ぎているのなら、太ってしまうということになります。 味覚が鈍くなって食欲が増す 普通の砂糖なら太ることを警戒するので量を控えめにしたり、使わないという自制が働きますが、ダイエットシュガーだと安心して入れすぎたりしていませんか? しかも人工甘味料は普通の砂糖よりも甘いので、その甘みの濃さに慣れてしまうと、 甘みを感じる味覚が鈍くなっていくので、どんどん甘いものを食べたくなってしまいますから太ってしまいます。 また、胃腸やすい臓にも甘みを感じるセンサーがあり、人工甘味料入りの飲料や食べ物でも甘みセンサーが反応します。 胃が甘みを感知するとグレリンと言う食欲を促進するホルモンが分泌されますので、 食欲が増してしまい、肥満につながってしまうのです。 依存性がある 砂糖にはコカイン以上の依存性があると言われていますが、砂糖の数百倍も甘い人工甘味料はその依存度も砂糖より大きくなります。 水代わりにダイエット飲料を飲んでいるとか、食事のときにお茶ではなくダイエット・コーラを必ず飲むなどという方はすでに依存症になっているかもしれません。 糖尿病など健康に影響 日本人はアメリカのように超肥満体の人が少ないのに、 糖尿病にかかる人が年々ふえているそうです。 生活習慣などいろいろな要因で糖尿病にかかると思われますが、もしかしたらダイエットドリンクもその一因となっているのかもしれないのです。 人工甘味料入りダイエット飲料を飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて糖尿病にかかるリスクが1. 7倍もあるということなのです。 (出典:人工甘味料入りダイエット飲料の糖尿病発症リスクー週刊朝日2017年10月13日号より) さらに肥満傾向がある人や糖尿病にかかりやすい人はダイエット飲料を好んで飲む傾向があるらしいのです。 もしも「カロリーゼロ」なら血糖値が上がらないだろうと思ってダイエット飲料を飲んでいるのだとしたら、知らず知らずのうちに糖尿病になるリスクを大きくしていることになります。 腎機能が低下したり、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まるというデータもあります。 心の健康にも影響 人工甘味料入りの飲料、特にダイエット炭酸飲料が脳内神経伝達物質を減らし、 うつ病のリスクを高めてしまうというアメリカの調査結果があります。 つまり、人工甘味料のアステルパームが体内で代謝されたときに、神経伝達物質のセロトニンやドーパミンなどを作るためのチロシンやトリプトファンが脳へ送られるのを邪魔してしまうので、神経伝達物質が減ってしまい、うつ症状が現れるということです。 しかし、アメリカ人の肥満は今だに国民病ですし、医療費が国の予算をむしばんでいます。 つまり ダイエット炭酸飲料は全然ダイエットに役立っていないということではないでしょうか。 甘いものが欲しいのなら自然からとる果糖が一番 果物や野菜に含まれる果糖から糖分を摂ることが健康にもダイエットにも最良の方法です。 何故なら果物と野菜には 食物繊維が含まれているため、食物繊維の働きによって果物や野菜に含まれる果糖はゆっくりと吸収され、血糖値を急激に上げることがなく、太らないからです。 さらに、野菜と果物にはビタミン、ミネラル、抗酸化物質など栄養が豊富ですし、生で食べることによって胃腸に余計な負担をかけることなく消化吸収されますからダイエットにも健康にも良いのです。 やっぱり、既成の甘いドリンクはやめて、自家製の野菜・果物ジュースを飲んで甘味を摂るのが一番です。 ダイエットスィーツでなく果物を食べましょう。 ドライフルーツでもOKですが、市販のものにありがちなのは砂糖が混入されているので砂糖や甘味料を添加しないものを選びましょう。 料理の味付けにはみりんやメイプルシロップを使うことをおススメします。 まとめ やっぱり甘いものを楽しみながらダイエットをしようとするのは、「甘い」ということでしたね。 健康のためにも今日から安易に甘味料入りの飲料と食品を摂るのはやめてください。 そのかわり、自然の甘味にあふれていても低カロリーの新鮮な果物や野菜をたくさん食べることでお腹を満たし豊富な栄養を摂るダイエットをしてくださいね。 freepik. htm ご訪問ありがとうございます。 「ファイナルダイエット」の運営者の冨田日出子です。 「ファイナルダイエット」は、リバウンドを繰り返す一過性のダイエットはもう終わりにしたい、今度こそ人生最後のダイエットにしたいと願う人のためのサイトです。 ダイエットなどしなくてもスリムで健康なカラダになれる健康理論を紹介しています。 しかもそれはエネルギーを使わず、CO2も出さない、ゴミは食物のクズ(有機ゴミ)だけという地球にやさしい食べ方です。 私は健康や美容の専門家ではありませんが、今までやってきたいろいろなダイエットの体験談を失敗談も含めてお話ししますね。 皆さんがいくつになってもスリムで健康な体を保ち、イキイキと人生を楽しむためにこのサイトが少しでもお役に立てるようになることを願っております。 最近の記事• 2020年3月19日• 2020年2月17日• 2020年2月10日• 2020年2月5日• 2019年12月3日 アーカイブ アーカイブ.

次の