とうもろこし おいしい ゆで 方。 ジューシーなとうもろこしの茹で方と茹で時間:白ごはん.com

簡単美味しい!とうもろこし茹で方!人気はレンジ?水からお湯から?

とうもろこし おいしい ゆで 方

Contents• とうもろこしの選び方と保存方法 まず、皮の緑色が濃くて、重く、粒がそろっているものを選びます。 ヒデは濃い茶色になっていると熟している証拠です。 とうもろこしの粒がびっしりとついているものが良品となります。 そして、とうもろこしにはヒゲがあると思いますが、実は、実一個に一本のヒゲがついています。 つまり、ヒデがふさふさしているほうが、実がぎっしりとしている証拠になりますので、そういったものを選びましょう。 また、とうももろこしは鮮度が落ちるのが早いので、調理するまでは、皮付きのまま保存指定おいてください。 それでも、買ったその日に調理するのがポイントです。 ゆでたら一本ずつラップします。 冷蔵庫であれば、2~3日くらいは保存できます。 また、横にしてしまうとストレスを感じてうまみ成分が逃げてしまうので、立てた状態で保存してください。 スポンサードリンク 美味しい茹で方1位と噂の「ためしてガッテン流」の方法 それでは、さっそく、とうもろこしの美味しい茹で方1位のガッテン流をご紹介します。 1.とうもろこしの皮をむいてヒゲをとる このときまで、皮はむかずに置いておくことが大切です。 調理の直前に皮をむきましょう。 2.鍋にとうもろこしと水を入れる 火をつける前の水の状態からとうもろこしを入れておくことが大切です。 大きな鍋を使って、とうもろこしが浸るくらいの水の量を入れます。 水の状態からとうもろこしを浸しておくことで、一粒一粒がよりジューシーになるのです。 よって、ここがポイントですよ! 3.水が沸騰してから3~5分ゆでる とうもろこしによって多少ゆで時間がかわるので調整します。 ゆでている間は、ゆでむらができないように時々ひっくり返します。 茹ですぎると旨味がが逃げてしまうので注意してくださいね。 4.火を止める 5.塩を1Lに対して塩30g(大さじ2杯)いれて4分ほど絡める 必ず、火を止めてから塩をしれてください。 6.ザルに上げて水気を拭きとる 水がついたままだと旨味が逃げてしまいますのですばやくふき取りましょう。 ちなみに、水の状態からとうもろこしを入れるとジューシーに仕上がりますが、沸騰した後にとうもろこしを入れるとしゃっきりとした食感になりますので、お好みで選んでください。 まとめ 以上、とうもろこしの茹で方1位のためしてガッテン流の茹で方をご紹介しました。 賛否両論はあると思いますが、ネット上では、このゆで方が1位だと思っている方が多いので、是非試してみてくださいね。 スポンサードリンク.

次の

激甘なとうもろこし「甘々娘(かんかんむすめ)」を食べてみた

とうもろこし おいしい ゆで 方

シャキシャキ食感を残したい場合は2〜3分。 シャキッと感は残し、甘さを出したいときは加圧5分がお勧めです。 ちなみに、私が使っている電気圧力鍋はこちら。 筆者撮影 ナンプラーさえあれば、あとはお家にある調味料だけで作れます。 お砂糖ではなく、はちみつを使うことで、よりコクがでておいしく仕上がりますので、ぜひ、この分量で作ってみていただきたいです。 あとはお好みでパクチー、チリソースなどの材料がでてきますが、あってもなくてもOKです。 今回は煮たり焼いたりするので、ナンプラーの味がそこまで強く感じません。 エスニック料理があまり得意でない方でも美味しくいただける仕上がりです。 それでもちょっと…という方はナンプラーを醤油に変更していただいても美味しく作れます。 ソロキャンプでも対応できるように、1人前でレシピをご紹介しております。 ちょい足しレシピ 辛いのがお好きな方は、Aに唐辛子を1本入れて煮る、またはチリパウダーなどを加えていただくと、ピリ辛に仕上がります。 ちなみに、ナンプラーが苦手な方は、すべて醤油に変えていただいてもOKです。 パクチーが苦手な方は、いんげんやシシトウなどを添えていただいても。 今回かき揚げと煮物で使ったフライパンが、北陸アルミのセンレンキャストテフロン加工フライパン(ガス火専用)です。 とっても軽くて、持ちやすく、深みもあるので、炒め物や焼き物以外にも、煮物や揚げ物にもおすすめのフライパンです。 1〜2人分なら、この18cmは特に使いやすいです。 ナンプラーととうもろこしの相性は抜群 今夏はエスニック風とうもろこしを味わおう! 今回ご紹介した3つのとうもろこしレシピ。 とうもろこしの甘さとちょっとクセのあるナンプラーの相性は抜群です。 生で食べるようなタレやドレッシングだとダイレクトにナンプラーの味が感じますが、煮たり焼いたりする事で、香りが和らぎ、エスニック嫌いな我が家の旦那さんでも食べているので、大丈夫だと思います。

次の

簡単美味しい!とうもろこし茹で方!人気はレンジ?水からお湯から?

とうもろこし おいしい ゆで 方

皮付きとうもろこしをレンチンする方法 ラップはどうする? 何もせずそのままで茹でていいのですが、 茎(下の方?)がちょっと邪魔なので、 私は実が見えるくらいまで切り落としてからチンしています。 皮付きの場合、ラップをかけてもいいですし、 かけなくてそのままでも大丈夫。 もし皮なしのとうもろこしであれば、 少し水を振ってから、ラップで包みましょう。 チンする時間は何分? とうもろこしをコロンと電子レンジの中に入れて、 1本につき約5分ほどチン。 2本であれば9分ほど(600W)チンすると、ちょうどいい感じにできあがります。 何本まで一度にチンして大丈夫? 電子レンジはたくさん入れると加熱ムラができてしまいますので、 一度に加熱するのは2本までにしておいた方が失敗は少ないと思います。 3本以上の時は、数回に分けてチンしてくださいね。 レンチンしたあとの皮のむき方 レンジでチンした後のとうもろこしは、 当たり前ですが、すごく熱いので注意が必要。 私はそのまましばらく放置して、 粗熱が取れてから皮をむくようにしています。 切り落としておいた下の方の皮をちょっとむいて・・・ あとは、穂先を持ってぐっと引っ張れば、するん!と皮がむけます。 下の方からむいちゃうと、 とうもろこしのひげがピロピロと残ってしまうのですが、 上から引っぱると、きれいになくなります。 ・・・多少残るのは仕方ない。 笑 とうもろこしを電子レンジで茹でるメリット とうもろこしを茹でる方法としては、お湯を使うか、レンジを使うかですが、 電子レンジを使ってゆでる方法のメリットは、 とにかく簡単だということです。 お湯を沸かすお鍋やフライパンも必要ありませんし、 お湯が沸く時間を待つ必要もありませんし、 コンロを使わないので、夏でも暑くないですし。 スイッチオン!で後は忘れてしまってても、 茹ですぎになっちゃう心配もありません。 とうもろこしの皮って結構かさばるんだけど、 皮付きのまま電子レンジにかけると、 皮もしんなりして、ゴミとしても小さくなるんです。 簡単さ、便利さだけでなく、 お湯に栄養素が逃げ出さないため、 とうもろこしの栄養分もしっかり摂ることができるんですよ。 甘みやうま味も凝縮されるから、 スーパーで買った普通のとうもろこしも、 めちゃ甘い!! このまま何もつけずに食べてもすごくおいしくて、 おやつにばくばく食べちゃいます。 とうもろこしのおいしい時期です。 皮付きのとうもろこしを見つけたら、ぜひ試してみてくださいね。 先日、スーパーで「ホワイトコーンも混じってます」と書かれた、 皮付きのとうもろこしが山積みで売られていました。 白いとうもろこしは食べたことが無かったし、 甘くておいしいと聞いていたので、 イケナイことだとは思いつつ・・・探しました。 ちょっと皮をむいて確認。 チガウ。 こっちもちょっとむいて・・・ コレモチガウ。 何本やっても見つからないし、長男(運転手)は待ってるし、 「もういいやー!!!」と適当に2本ひっつかんで帰ったのですが・・・ チンしてむいてみると、2本とも白。 運がいいんだか、悪いんだか。 欲しい!と思うと手に入りにくいけど、 どうでもいいや、と諦めたらすんなり手に入る。 2本の白いとうもろこしを前に、 「人生だね・・・」と納得するママ。 「運、使い果たしたんちゃうー!!」と大笑いの長男でした。

次の