リサイクルカビゴン。 【必見育成論!】最強カビゴンの作り方!

カビゴン : 【新環境対応】のろいカビゴン in 7世代|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

リサイクルカビゴン

カビゴン Kabigon 英語名 Snorlax 143 225 - 113 230 - - 139 - - - 036 036 - - - 043 043 - - - 261 - - 分類 いねむりポケモン 2. 1m 460. 0kg 黒 キョダイマックス 35. kg 40サイクル• 第二世代: 10240歩• 第三世代: 10496歩• 第四世代: 10455歩• 第四世代以前: 154• 第五・第六世代: 189• 第七世代: 189• 第八世代: 189 1250000 性別 87. ポケモン徹底攻略• カビゴンとはのNo. 143のポケモンのこと。 初登場は。 状態 ではな状態 でレベルアップで ポケモンずかんの説明文 、、、 1にちに たべものを 400キロ たべないと きが すまない。 たべおわると ねむってしまう。 漢字 1にちに 食べ物を 400キロ 食べないと 気がすまない。 食べ終わると 眠ってしまう。 キョダイマックス キョダイマックス パワーで おなかに たべこぼした タネや からみついた こいし までも おおきくなったぞ。 漢字 キョダイマックス パワーで お腹に 食べこぼした 種や 絡みついた 小石 までも 大きくなったぞ。 、 ぐうたらで たべては ねるだけ。 だから どんどん ふとっていき ますます なまけてしまうらしい。 、、 たしょう カビが はえていても きにしないで たべまくる。 おなかを こわしたりもしない。 漢字 多少 カビが 生えていても 気にしないで 食べまくる。 お腹を 壊したりもしない。 、 なきごえ とおもっても じつは いびき だったり へった おなかが なりひびく おと だったりする。 、 いぶくろの しょうかえきは どんな どくも しょうか できる。 おちているものを たべても へいき。 、 がんじょうな いぶくろは カビの はえたものや くさったものを たべても こわれることはない。 漢字 頑丈な 胃袋は カビの 生えたものや 腐ったものを 食べても 壊れることはない。 キョダイマックス おそろしいほどの かいりきを もつ。 ゆうだいな そのすがたも ほとんど うごかざること やまの ごとしだ。 漢字 恐ろしいほどの 怪力を もつ。 雄大な その姿も ほとんど 動かざること 山の 如しだ。 ・、 たべて ねての くりかえしで 1にちが おわる。 おおきな おなかの うえを あそびばに している こどもたちも いるほど おとなしい ポケモンだ。 漢字 食べて 寝ての 繰り返しで 1日が 終わる。 大きな お腹の 上を 遊び場に している 子どもたちも いるほど 大人しい ポケモンだ。 ・ カビが はえていても くさっていても だいじょうぶ。 カビゴンの いぶくろは なんでも しょうかできるのだ。 漢字 カビが 生えていても 腐っていても 大丈夫。 カビゴンの 胃袋は なんでも 消化できるのだ。 ねむっているとき いがいは エサを たべつづける。 1にちに 400キロ たべないと まんぷくに ならない。 ・、 まんぷくになると ゆびすら うごかすのが めんどうに なるので おなかに のっても だいじょうぶ。 漢字 満腹になると 指すら 動かすのが 面倒に なるので お腹に 乗っても 大丈夫。 さいきょうの いぶくろを もつと いわれる。 の どくでさえ カビゴンの したには スパイスなのだ。 漢字 最強の 胃袋を 持つと いわれる。 ベトベトンの 毒でさえ カビゴンの 舌には スパイスなのだ。 まいにち 400キロの エサを くう。 くってるはじから いねむりを はじめ ねむったままでも くっている。 漢字 毎日 400キロの 餌を 喰う。 喰ってるはじから 居眠りを はじめ 眠ったままでも 喰っている。 くうか ねるかしか していないが なにかの きっかけで ほんきをだすと すごい パワーを はっきするらしい。 漢字 食うか 寝るかしか していないが なにかの きっかけで 本気を出すと 凄い パワーを 発揮するらしい。 たべること いがいに きょうみが ない。 ひるねちゅうに おなかのうえに のっかっても まるで きにしないぞ。 漢字 食べること 以外に 興味が ない。 昼寝中に お腹の上に 乗っかっても まるで 気にしないぞ。 種族値 第1世代 160 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 までの野生個体はいずれも固定シンボルとして出現し、各出現地点で1匹ずつしか入手できない。 HGSS以降は倒してしまっても殿堂入りすれば元の地点に復活する。 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 赤・緑・青・ピ Lv. 30 - - 金・銀・ク Lv. 43 でのからする。 XX を進化させる。 HG・SS Lv. XX を進化させる。 50 でルリ/テツと交換 Lv. 10 PDW X・Y Lv. 15 Lv. XX を進化させる。 10-13 岩の奥 Lv. XX を進化させる。 US・UM Lv. 11-14 Sw・Sw 固定シンボル Lv. XX を進化させる。 色違い:青• 道路を通せんぼうしているポケモンの先駆けであり、後に同じ立場のポケモンとしてとが登場した。 では、カビゴンが道を塞いでいた地点でを使うとを発見することができる。 では、にいる女性にカビゴンを見せることでが入手できる。 開発スタッフの(所属)が外見と名前のモチーフになっていると関連書籍で何度か触れられている。 のゲームフリークではカビゴンの話しをするスタッフがおり、西野がモデルと思われる。 のでは主人公と相棒が腹にしがみついた状態になって二足歩行で移動。 その際の移動速度は全ポケモンで一、二を争うほど遅い。 ピカブイのの発言によると、目が覚めて初めて見たものを食べ物と勘違いして襲ってくることがあるという。 ピカブイではポケモンのふえでカビゴンを起こすと、としては例外的に戦闘が行われ、その後捕獲が開始する、という流れになる。 大食いという設定のポケモンだが、ではを3口で食べ、食べる速度も特段速くはない。 の姿ではお腹に木が生えている。 アニメにおけるカビゴン• で初登場。 のポケモン。 でも、として登場。 でも、野生ポケモンとして登場。 では、のポケモンとして登場。 では、のポケモンとして登場。 では、のポケモンとして登場。 では、キョダイマックスのすがたの野生個体が登場。 マンガにおけるカビゴン ポケットモンスターSPECIALにおけるカビゴン• のポケモン。 のポケモン。 ポケモンカードにおけるカビゴン• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

カビゴン : 【イアリサイクル】くいしんぼうカビゴン|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

リサイクルカビゴン

の基本データと解説 高い 耐久力に加え、そこそこの 攻撃力と 積み技、補助技で幅広いを相手取ることができる、 受けと攻めの両立した。 HBにを割けばHBヤドランにやや劣るくらいの耐久力になり、物理特殊どちらもある程度殴り合うことができる。 7世代に入り混乱身が強化され、「くいしんぼう」と「混乱身」による回復ソースを手に入れレート環境でも使われるようになった。 これにプラスして「のろい」や「あくび、ふきとばし」による詰め性能、起点回避性能も高いので、受け駒としては珍しく崩しの起点になりにくい特徴もある。 しかし、特性の性質上、任意のタイミングで回復できるわけではないので HP管理が難しいのと、 毒耐性の無さ、 タイプ耐性の少なさによる 役割範囲の不明瞭さ、 はたきおとすで機能停止に追い込まれるなど、弱点も多い。 HPが5~6割のときは危ないので注意が必要。 ようするに 誤魔化し性能の高いでプレイヤーの腕に比例して強さを発揮できるってところですね。 型としては、受けにプラスして自身が詰め筋にもなれるのろい型と、場荒らしをするためのあくび吹き飛ばし型、タイマン性能の高いノーマルZ、有限などがレート環境で多い。 8%で木の実発動 残り66 お好きなところへ振ってください 1. 5%で2耐え 調整は明記されていませんでした。 もう少し良い調整があるかもしれません。 行動保証は必要なので、ABベースが最も動かせる範囲が広そうです。 テテフへの後出しを考えるのであればDに148のが最低でも必要になります(H4D148で乱数2発 94.

次の

リサイクルカビゴンはゴンベから

リサイクルカビゴン

お知らせ:ウルトラサンムーンの教え技でリサイクルを習得したので、厳選が一気に楽になりました! --------------------- 2世代、および3世代において一世を風靡したのろいカビゴンが数世代ぶりに本気を出したようですぞ^^ ご存じのとおり。 ドサイドンを使ったことがある人だとこれがどのくらいの硬さか想像できるでしょう。 のろいを積んでない状態で、特化メガボーマンダのすてみタックルを52. イアの実の回復があるので、超火力のメガボーマンダですら、対面からなら余裕で起点にできます。 特化バシャーモの飛び膝を81. のろいを一回積んだ状態であれば、格闘ポケモンを返り討ちにすることもできます。 ASメガルカリオのインファイトを72. 現環境を圧巻する控えめスカーフカプ・テテフのサイキネを44. リサイクル連打でサイコフィールドを切らして回復や積みの起点にしていきましょう。 珠カプ・コケコの10万を42. 以上のように、単に積み技+高速回復を有しているだけでなく• 物理・特殊共にかなり安定した耐久値• 能動回復 リサイクル 以外にも、一回切りの体力50%オート回復の存在 などにより、起点にできる範囲が極めて広いことから、居座りアタッカーとして確固たる地位を占めるに至ったわけであります^^ のろいカビゴンの欠点 ここまで読んで、「のろいカビゴン最強じゃん!」と思ってくれた人へ。 こんなにスペックが高そうなポケモンなのに、カビゴンのレートでの使用率は全ポケモン79位と決して高くはなく、強化したにもかかわらず立ち位置は中堅で前作から変化なし。 これが意味するのは、こいつには色々と欠点があり、思考停止で使って最強!というポケモンではないということです。 この型の欠点について順に説明していきます。 毒と火傷に弱い 状態異常を搭載した耐久ポケを基本的に突破できません。 火力インフレの進みすぎで最近耐久ポケ自体がやや下火であることはむしろこいつにとっては追い風。 耐久ポケ入りのパーティに対しては、耐久ポケに強いポケモンとの同時選出が必須です。 耐久ポケ対策の例• 滅びメガゲンガーやゴチルゼル等でサイクルカットして倒す• カプ・レヒレのミストフィールドのサポートでカビゴン自身が耐久ポケをのろいの起点にできるようにする• テッカグヤに対し有効打に乏しい 攻撃範囲上の問題です。 宿り木持ちのテッカグヤを突破するのは基本的に困難と捉えておいたほうが良いです。 アンコール、ちょうはつ、トリック、はたきおとすに弱い アンコールに弱いのは居座りアタッカーの宿命ですね。 挑発持ちに関しては、ゴツメアローが激減したのがかなりの追い風。 今の挑発持ちはコケコ、レヒレ、ゲンガー辺りが多くまだこちらからの技が通りやすいです。 トリックも減少傾向。 メガストーンZストーンの搭載率考えると当然の流れでしょうか。 一番厄介なのははたきおとす。 これを食らってしまうと木の実を一切リサイクルできなくなります。 居座り命のこいつにとってこれは機能停止レベルです。 持っている相手も分かりにくく、霊獣ランドロス、マンムー辺りからの不意のはたきおとすには注意が必要です。 役割範囲が不明瞭+火力に乏しい=サイクル戦に向かない そもそもの性質の問題です。 はっきり言ってこのカビゴンはサイクル戦に向いていません。 いくら数値に恵まれているとはいっても耐性にあまりに乏しいため、後出しから役割を持てる範囲が狭いためです。 居座りやすくするために火力を犠牲にしている点がさらに拍車を掛けています。 組み合わせ例 以上の欠点を踏まえて、具体的にどのようなパーティで用いると強いかということについて考えていきます。 まだあまり発見できていないので随時追加していきます。 パターン1「毒菱パーティ」 例: 本育成論のカビゴン+• カビゴンは高火力技を受けると回復がギリギリで、急所等で押し切られてしまうことが多いのがネックですが、毒びしサポートがあると回復しているだけで相手にダメージを与えられるので、有利な状況に持っていきやすいです。 毒びしパではまもみが役 上の例ではボルトロス もエースという立ち位置なので、3体の選出の中に方向性の異なるエースを2枚持てることが動きやすさのポイントになってきます。 パターン2「レヒレカビ軸パーティ」 単体で見てカビゴンと比較的相性の良いポケモンの一つに カプ・レヒレがいます。 先述の通り、ミストフィールドのサポートによりカビゴンが耐久ポケに居座りやすくなる。 またレヒレ自身も耐久ポケへの遂行能力に秀でているため、耐久ポケに厚い組み合わせと言えます。 格闘に耐性があるのも魅力です。 レヒレは一般的な型でもいいですし、カビゴンへの補助を重視するならグランドコートを持たせたり、壁技を覚えさせるのもありかもしれません。 これの補完についてはまだ色々と試している段階です。 電気、草、テッカグヤが重いのでめざ炎メガフシギバナ等が挙がりますかね。 いよいよ型の考察に移ります。 おんがえし メインウエポン、確定。 のしかかりとからげんきは火力が大幅に落ちて打ち合いに弱くなり、すてみととっておきはデメリットが辛いので消去法でおんがえしです。 のろい 居座りエースとして活躍できる。 コンセプトにつき確定。 リサイクル 高速回復を可能にする。 コンセプトにつき確定。 サブウエポン• じしん サブウエポン筆頭候補。 基本的にはこれ。 ゲンガー、ギルガルド、メガルカリオ、ドリュウズ、バンギラス、バシャーモ、Aガラガラ等打ちたい相手が非常に多い。 唯一の欠点はテッカグヤに通らないこと。 ほのおのパンチ テッカグヤ・ナットレイ・ハッサムに通る技。 過去作の教え技限定なので、近いうちに使えなくなる点にくれぐれも注意。 ワイルドボルト、ヘビーボンバー、かみくだくは範囲が狭すぎるため候補外。 調整例 H244A28B236 わんぱく 266-134-126- -130-50• メガボーマンダは2段階上げてから攻撃が基本。 7 特化メガボーマンダのすてみタックル:52. 0 ASメガグロスのアームハンマー:57. 4 ASガブリアスの逆鱗:37. 9 特化鉢巻カイリューの逆鱗:62. 3 特化メガガルの捨て身:49. 0 特化リザXのフレドラ:52. 0 特化アロガラのフレドラ:58. 1 特化ドリュウズのZ地震:62. 3 AS珠ゲッコウガのけたぐり:77. 3 バシャーモの飛び膝耐えを必須ラインとして、さらに物理耐久を高めた感じです。 襷フェローチェの飛び膝の乱数ができるだけ良い値となるよう調整。 急所に注意• 2 17. 1 CSメガルカリオの波動弾:67. 6 CSおくびょう霊獣ボルトロスのZ気合玉:81. Aは地震の火力で調整しているため、炎のパンチを採用する場合は変えてもいいかもしれません。 メイン技の火力が落ちるとタイマン性能がすごく怪しくなるのでできればおんがえしの方を勧めたいですね... 現環境鬼火を撃ってくる相手はORASの頃よりは多少減っている気がしますし アロー、水ロトム、スイクンがいないため 、撃ってくるとしてもガラガラやゲンガーなどからげんきの通らない相手が多いので。 どくどくは氾濫していますね。 からげんきにももちろん良いところはあるので、一応考察しておくに越したことはないですかね。 コメントありがとうございます。 しかしこれ、中々育成難易度高いですね。 だから王冠使いたいがためにゴンベをカビゴンに進化させてリゾートにレベ上げ放置させたら自動技覚えでリサイクルが消え、カビゴン状態だとウロコで思い出させることができないことが発覚し、ゴンベ状態でリゾート放置すればいいことに気づきませんでした。 投稿者さんはショーダウンで使用したのでしょうか? それとも実際のレートで使用できるようにすごい特訓までして育成したのでしょうか? それならば育成お疲れ様です。 次回の育成論も楽しみにしております。 情報量少なくて申し訳なかったです。 実は、この育成論を書いた時はshowdownだったのですが、その後実機でも作りました。 自分は個体値妥協しました。 かなり内容を変えたのでよければ見てください。 コメント現在S5です。 非常に詰ませ性能が高く、自分は両刀メガマンダ、どくみがドランと組ませて使用しています。 非常に使いやすく、のろいでメガルカ、メガバシャを見れたりメガボーマンダに対しても後出しできるなどかなり強力です。 これからも使わせていただきます。 毒守ドラン・マンダとの組み合わせなかなか相性良さそうですね。 ちなみに、バシャを選出しない場合でも鈍足型として使うこともできます。 さらに言えばバシャに対してポリ2やカグヤは出しにくいですし、バシャの苦手なレヒレやアシレーヌが後出しされやすいのでその後にカビゴンに交換することで受けも可能です。 確かにカビゴンは補完として優れている点も多く、バトンバシャの繋ぎ先の一つとして有力候補に挙がるかもしれませんね。 この型は大活躍してくれたから沢山の人に使ってほしいので。 HPが偶数なのは木の実を発動させやすくするためです。 どちらも普通に読んでればわかることです。 ちゃんと論を読んでからコメントしましょう。 なのでAはその余りであり、特に積極的な調整先がいないのではないでしょうか。 憶測ですが、この振り方に有意義な意味があればそれこそ記載されているでしょうし まあ余りなら余りでそう書くべきと言われればその通りではありますが… 偶数調整について、記述こそされていませんが、さすがに論の肝である「くいしんぼう」の特性くらいは初心者と言えど対戦をする身なのでしょうから自分で調べるべきだと思います。 特性の欄から解説に飛べますし くいしんぼうの効果を見た上でまだ偶数にする意味がわからないとの声が多ければ記載するべきでしょうね。 ここのサイトはよく初心者が〜などという要望がよく散見されますが、それは論を書き直すのは投稿者であることを配慮してのコメントなのでしょうか? 初心者の意見を代弁したつもりで言っているのかもしれませんが、初心者の方が本当に必要な情報ならばご自身で要望を出されるでしょうし、必要以上に配慮した結果本文が冗長になっては閲覧者にとっても読みづらくなり、何より投稿者への負担にもなり得ます。 本当にそれらは初心者が必要とする情報なのか?ということを投稿者側への配慮と擦り合わせてから要望を出すべきだと私は思います。 もしかしたら荒れてしまうかもしれないので、これ以降私からのコメントは控えさせていただきます。 長文失礼しました。

次の