花火エールプロジェクト。 エール花火打ち上げ、新型コロナ復興支援!6月1日始動・花火大会に行こう!

チャリティー応援ソングも制作!DOBERMAN INFINITY、「日本の花火『エール』プロジェクト」アンバサダーに就任(エムオンプレス)

花火エールプロジェクト

花火の打ち上げ場所 打ち上げ場所に関しては完全に非公開です。 今回は6月1日に行われた「 Cheer up!花火プロジェクト」から打ち上げ場所を予想していきます。 下記の点から開催場所を絞っていきます。 6月1日の「 Cheer up!花火プロジェクト」での打ち上げ場所• 「日本の花火「エール」プロジェクト」の発表時点での花火大会開催の状況• 「日本の花火「エール」プロジェクト」に参加表明している花火会社 6月1日の「Cheer up!花火プロジェクト」での打ち上げ場所 6月1日に打ち上げされた場所は以下の5箇所でした。 参考までに打ち上げを行った会社も記載します。 隅田川の桜橋上流• 調布市の多摩川• 府中市の大國魂神社 丸玉屋小勝煙火店 一度打ち上げされたという事は次回もこの地域で開催される可能性が高いと思われます。 これらをもとに現在の花火大会の開催状況をみていきましょう。 「日本の花火「エール」プロジェクト」の発表時点での花火大会開催の状況 ここでは「日本の花火「エール」プロジェクト」の企画発表時点で、中止になっていた花火大会をみていきます。 開催日程が未定なので、「日本の花火「エール」プロジェクト」と同じ場所で花火大会を行う事は現実的ではないと考えました。 勝手な見解ですが。 現時点で開催しない花火大会は下記です。 「日本の花火「エール」プロジェクト」に参加表明している花火会社 今回の企画には福島県から3社参加を表明しています。 ホソヤエンタープライズ• 丸玉屋• 丸玉屋小勝煙火店 この3社で6月1日も花火を打ち上げているのは、 丸玉屋小勝煙火店のみ確認出来ました。 楽天で購入 今回は花火会社が3社参加表明しているので 3箇所で打ち上げられるのほぼ間違いないです。 6月1日に中止が中止となる事が発表されています。 いずれも6月1日に「 Cheer up!花火プロジェクト」での打ち上げた場所です。 最後の一箇所ですが、 府中市内の花火が行える場所と予想します。 丸玉屋小勝煙火店が6月1日に調布の大國魂神社で打ち上げをしています。 丸玉屋小勝煙火店は府中市に会社があるので、遠くまで移動して花火を打ち上げる事はしないと思います。 大國魂神社が場所としては濃厚となってしまいますが、3密を避けるためにわざわざ場所を非公開にしているのが今回のシークレット花火です。 ひとつの場所に集まって密になりやすい神社は打ち上げ場所にならない可能性があります。 花火の打ち上げ日時 花火の打ち上げ日時ですが、こちらも非公開です。 開始時間はおそらく20時でしょう。 (6月1日の「日本の花火「エール」プロジェクト」は20時から打ち上げでした) 問題は日付です。 日付を予想していきたいところですが 全国で同じ日に花火をあげるので全く予想がつきません。 なんと言っても前回(6月1日)は月曜日だったので、仮説すらたてれません。 また月曜日なのかな。 まとめ 今回は【シークレット花火】福島県内の場所と日時を予想をしました。 予想結果としては、 場所• 調布花火 の場所である 調布市多摩川周辺• 有力な情報が出てきましたら追記していきます! 是非参考にしてみてくださいね。 それでは。

次の

全国一斉に「エール花火」を打ち上げ!伝統文化を守るためにクラウドファンディングで支援募る |花火大会2020

花火エールプロジェクト

DOBERMAN INFINITY 「日本の花火『エール』プロジェクト」アンバサダーに就任! チャリティー応援ソングで日本の花火を支援!! 5人組ヒップホップグループ「DOBERMAN INFINITY」が日本の伝統文化・花火を応援する「日本の花火『エール』プロジェクト」のアンバサダーに就任し、応援ソングを制作することが1日、分かった。 楽曲はチャリティーソングとして配信予定(発売時期など未定)で、収益の一部を今回のプロジェクトを通じて花火業社および花火師向けの支援に役立てるという。 日本の夏の風物詩「花火」。 例年であれば全国の花火師たちは今、最も忙しい夏への準備で多忙を極める時期だ。 しかし、新型コロナウイルスの影響により、日本三大花火大会として知られる秋田・大仙市の全国花火競技大会「大曲の花火」や、新潟・長岡の「長岡まつり大花火大会」が中止を発表するなど、全国各地の花火大会が中止や延期を強いられている。 イベントの中止による経済的打撃はもちろんのこと、披露する機会を失って倉庫に眠る大量の花火玉により、新たな花火の製造もままならない状態が続くなど、全国の花火業者は未曾有の危機に直面している。 全国の花火師たちはそんな苦境に立たされながらも、悪疫退散祈願や人々に希望や元気を届けることを目的に、無告知のサプライズ花火を自己負担で打ち上げるなど、多くの人々に感動を与えている。 これまで多くの人々を楽しませ、感動を与えてくれた花火師の職人技を守るため、今度は花火を見る側が花火師たちを支援しエールを送るために、NPO法人大曲花火倶楽部や日本花火鑑賞士会など、花火愛好家で結成された「日本の花火を愛する会」がこのほど発足し、同プロジェクトを始動。 クラウドファンディングで寄付金を募り、行き場を失った花火玉の打ち上げを依頼することで、花火業界を支援する形だ。 今企画に参加を表明した花火業者は、全国29都県81社に及ぶ。 感染症対策のため、打ち上げ日時や開催場所は非公開だが、メンバーのSWAYは「ワクワクドキドキ感を一緒に感じてもらえれば」と呼びかけた。 プロジェクト関係者は「若い世代に人気があり、元気で前向きになる曲を歌っているDOBERMAN INFINITYを通じて、少しでも多くの若者に、今のこの苦境を知っていただきたい」と起用理由を説明。 大役に任命され、SWAYは「大好きな花火が打ち上がるだけでなく、自分たちがアンバサダーとして盛り上げさせていただけるということが何より光栄です」と喜びを語り、P-CHOも「名誉あるお話をいただけて凄く嬉しかった。 花火が打ち上がるワクワクを楽しみながら、全力で盛り上げていきたい」と意気込んでいる。 さらに応援ソングを制作し、収益の一部をチャリティーとして寄付するなど、楽曲でも花火師らを支援する。 運営サイドによると「エール花火」の打ち上げと連動した楽曲の使用も検討しているとのこと。 P-CHOは「花火が打ち上がっている瞬間のように、楽曲を聴いていただいている間は何もかも忘れることができて、純粋に楽しい気持ちになってもらえるような楽曲になれば」と語ると、SWAYも「聴くだけで夏の素晴らしさを感じられるような楽曲をお届けできるように、全力で取り組ませていただきます!」と力を込めた。 新型コロナにより大きな打撃を受けたのは、エンタテインメント業界も同じだ。 DOBERMAN INFINITYが所属するLDHでも、年間300万人以上の動員を予定していた「LDH PERFECT YEAR 2020」の168公演にも及ぶライブが中止に。 DOBERMAN INFINITYも、3月7日から開催を予定していた47都道府県ツアーが中止となっている。 【DOBERMAN INFINITYコメント】 【SWAY】 今年は花火という夏の最大の風物詩が見られないと思っており、個人的にも残念な気持ちでしたが、素敵な企画のお話をいただき、大好きな花火が上がるだけでなく、まさか自分達がアンバサダーとなって盛り上げさせていただけるということが、何より光栄です! みんなでワイワイ騒いだりパーティーしたり、そんなことが当たり前なはずだった夏という季節。 今まで通りとはいかなくとも、皆さんが頭の中で想像して、聴くだけで夏の素晴らしさを感じられるような応援ソングをお届けできればと思っております! 僕達も制作しながら、正直今年は諦めかけてた夏の楽しみをもう一度感じる事ができとても嬉しく思っています。 音楽というコンテンツを通して、皆様にも同じように感じていただけたらなによりです!そして、そう感じていただけるよう全力取り組ませていただきます! (思い出に残ってる花火) 僕らの夏フェス「D. 夏の風物詩である花火大会は凄く楽しみな行事の1つですが、今年はその花火を見ることができないかもと思っていた時に、このような名誉あるお話をいただき凄く嬉しかったです。 自分自身も、花火が打ち上がるワクワクを楽しみながらアンバサダーとして全力で盛り上げていきたいと思います。 応援ソングは、聴いてもらった皆さんの心の中でエネルギーや元気という力強いものが打ち上がる様な楽曲にしたいと思っております。 花火が打ち上がっている瞬間の様に、この楽曲を聴いていただいている間は何もかも忘れることができて、ただただ純粋に楽しい気持ちになってもらえる様な楽曲になればと思っております。 今回のこの企画は、これまでの人生や今後の人生の中でも最高の思い出となる花火になると思いますので、僕達は音楽を通して花火に最強のお力添えができるように全力で楽曲を届けたいと思います。 今年は新型コロナウイルスの影響で、僕たちの予定していたライブも中止になってしまいました。 残念な気持ちでいっぱいですが、DOBERMAN INFINITYらしく音楽でエールを届けられる様に、気持ちは常に明るい未来に向かっていたいと思います。 (思い出に残ってる花火について) 2019年に開催した「D. 今年の夏は「このままだと花火が消えてしまう」と言われてます。 こんな今だからこそ、花火から計り知れないエネルギーとパワーを一人でも多くの方々に届くように、日本各地で一斉に花火を打ち上げるという企画です。 密を避けるために、開催場所や日時は非公開になりますが、「ワクワクドキドキ感」を一緒に感じて楽しんでもらえればと思っております。 僕たちも、明日への希望と楽しみを取り戻すための「エール」花火を応援していきたいと思いますので、ぜひ皆さんも日本の花火「エール」プロジェクトを一緒に盛り上げていただけたら嬉しいです。 そのような状況について大人たちは分かっていても、今の若い世代の人達にはなかなかうまく伝わっていないのではないかと考えています。 少しでも多くの若者に、今のこの苦境を知っていただきたい。 そのような思いから若い世代に人気があり、そして元気で前向きになる曲を歌っているDOBERMAN INFINITYに声をかけさせていただきました。 【日本の花火「エール」プロジェクト概要】 <開催趣旨> 「日本の花火を愛する会」では、秋田・大仙市をはじめ日本各地で、新型コロナウイルス感染の影響で閉塞感漂う社会、新型コロナウイルスという見えない悪疫の退散、そして「しあわせ」を提供してくれる煙火業者などに向けたエール花火を打ち上げます。 新型コロナウイルスにより、数多くの花火大会が中止を余儀なくされ、その影響は煙火業者にとっても大きく、花火玉の製造や打ち上げを担う煙火業者が苦境に立たされています。 これから迎える夏の季節は煙火業者にとってハイシーズンであり、この夏の打ち上げを逃すと、来年の夏まで収入は皆無の状態です。 また、倉庫には行き場を失った花火玉でいっぱいで、新たに花火を製造できない状態です。 打ち上げや製造機会の喪失は、連綿と培ってきた職人技、日本の伝統文化を失う危険性もはらんでいます。 危機的状況にある煙火業者を支援するとともに、感染症で亡くなった方々への鎮魂と慰霊、閉塞感漂う現在の空気の打破、現状に堪え忍んでいる人々や献身的な従事を続けている医療関係者など、全ての方々に明日への希望と誇りを取り戻すための「エール」花火を打ち上げ、その資金をクラウドファンディングでなどで集めます。 <実施背景> 「毎月花火が打ち上がるまち」秋田・大仙市では、日本最大級の規模と100年を超える歴史、そして最も権威ある内閣総理大臣賞が授与される全国花火競技大会「大曲の花火」が開催されています。 「大曲の花火」の今があるのは、主催者だけでなく参加煙火業者の努力の上に成り立っています。 そして、NPO法人大曲花火倶楽部は花火のチカラでたくさんの勇気や希望を煙火業者からいただいてきました。 相次ぐイベントの中止により危機的状況の中にも関わらず、6月1日に開催した「Cheer up!! 花火プロジェクト」に代表される無告知のサプライズ花火など、煙火業者は私たちに勇気や元気、明日への希望を届けてくれました。 いまこそ恩返しのとき。 今度は花火に助けられてきた私たちが代金を支払い、花火を打ち上げます。 全国の日本の花火を愛する多くの方々と、NPO法人大曲花火倶楽部の活動実績や築き上げてきたネットワークにより、日本全国そして大曲の花火にかかわる煙火業者に支援の手を「花火のまち」から発信したいと考えます。 (7月1日現在) 【FAN AKITA】「日本の花火『エール』プロジェクト」クラウドファンディングサイト <支援者へのリターン> 各地域で打ち上げられたエール花火の模様を集めた動画を後日配信 <NPO法人大曲花火倶楽部とは> 大曲花火クラブは、平成3年に花火をこよなく愛する有志により設立。 日本の伝統的・総合的な芸術である「花火」への理解を深め、市民レベルでの花火に関する事業を通じて、大仙市のイメージアップや活性化を図ることを会の基本方針に掲げています。 平成14年には、花火を通してまちづくりを進める団体としては日本で初めてNPO法人の認証を受けています。 <日本花火鑑賞士会とは> 当会は、「花火鑑賞士認定試験」を合格した「花火鑑賞士」の中から、会員同士の日頃の交流を通じ「花火の発展に寄与する」という趣旨に賛同したメンバーにより平成20年5月に設立。 会員相互の花火知識の向上と花火鑑賞に関する情報交換を図る場として、交流会や花火鑑賞会を開催するほか、花火鑑賞の楽しさを会員以外の方々に広めるための「花火セミナー」を各地の花火大会開催地や主要都市で実施。 また、各地の花火大会運営でのボランティア活動など、花火大会を支える活動も実施。 日本の伝統芸術である花火を応援する活動を行う団体。

次の

DOBERMAN INFINITY、【日本の花火『エール』プロジェクト】アンバサダーに就任&応援ソングも | ガジェット通信 GetNews

花火エールプロジェクト

皆様のおかげで Cheer up!花火無事終了することが出来ました。 これからも油断できない日々は続くかもしれません。 公式ページでは触れられていないようで、当ブログでもこの件に関しては書かない方がいいのかなと思っていたのですが、1日打ち上げ後の密着ドキュメントで花火の資金について触れられていましたので情報解禁? この部分が明確でないと との違いが曖昧になってしまいますので、情報が公開されて良かったと思っています。 ということで「Cheer up花火 チアアップ花火 プロジェクト」は 花火業者から全国の皆様への応援メッセージとして上げられた花火です。 は、皆様の資金援助によって花火御者に花火を打ち上げて貰おうという企画ですので、全国で花火を上げるという点では一緒ですが、こちらは 皆様から花火業者へエールを伝えようという内容となります。 【今度は見る側から「エール」を届けよう】 各地でのサプライズ花火は花火業者から私たちへのエール 危機的状況の中、自己負担で届けるメッセージ、今度は私たちが花火業者に玉代を支払って花火打ち上げ、エールを届ける番 それを実現できるのがエールプロジェクトです— 日本の花火「エール」プロジェクト YellHanabi2020 クラウドファンディングが で用意されていますので、皆様の力を合わせて花火業者・花火師に少しだけ元気を分けて頂ければ幸いです。 2020年6月3日12時43分 追記分 なお、この は 大曲花火倶楽部などが主催する企画で大曲の花火に関係のある方々への支援であり、全国区ではありますが 一部の花火業者に限定されたものになります。 その他の 地域・地方、 花火を愛する方々による クラウドファンディングの企画が興され支援の募集が始まるかと思いますので、その際もエールプロジェクト同等のご支援をよろしくお願いいたします。 追記分、ここまで おまけ 良い例えがないかなぁと、5月31日のプライベート花火の帰りの車の中で考えていたのですが、最初は ドラゴンボールの元気玉を思いつきました。 エールプロジェクトは全国の皆様からということで合っていますが、花火師からの元気玉というと元の参加者が特定の職業という分違うかなと、そこで思いついたのが、花火師側を 「進撃の巨人の 巨人で例える」でしたが「いやいやそれだと 大惨事だ」ということで、考え直している間に「そもそも花火大会で例えると?」という中で思いついたのが、 「Cheer Up! 花火プロジェクト」と「日本の花火『エール』プロジェクト」の違いを花火大会で例えると、打ち上げ後のエールの交換で、 発煙筒を振る花火師「Cheer Up! 花火プロジェクト」 ペンライトを振るお客様「日本の花火『エール』プロジェクト」 と考えて頂ければと思います。 — ハナビジャパン技術部 hanabijapantech です。 これだと資金の話もぼやかせるのでちょうど良い!!って感じで1日の朝に書いておきました。

次の