ベトナム 新型 コロナ ウイルス。 ベトナムハノイ 新型コロナウイルス続報

続・新型コロナ対応の優等生「ベトナム・イスラエル・コスタリカ」:日経ビジネス電子版

ベトナム 新型 コロナ ウイルス

改めて新型コロナウイルスとは コロナウイルスが新しいウイルスで怖いものだとはみなさんご存知だと思いますいが、改めて新型コロナウイルスとはどういったウイルスで身体にどういう影響があるのか一緒に見てみましょう。 『ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。 風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。 冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験する。 多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。 HCoV-229E、HCoV-OC43が最初に発見されたのは1960年代であり、HCoV-NL63とHCoV-HKU1は2000年代に入って新たに発見された。 』 NID国立感染症研究所ーコロナウイルスとは より引用 コロナウイルス自体はありふれたウイルスでのようです。 しかし、今回世界的に大流行している新型コロナウイルスは名前の通り新型で、今まで人から人に移っていた一般的なコロナウイルスとは違い、動物から人に移ってきた新しいコロナウイルスです。 2002年に大流行したSARSもその一つです。 SARSはコウモリから人に移ったと言われています。 新型コロナウイルスの症状 新型コロナウイルスの症状は通常の風邪と同様に、発熱、倦怠感、咳のような症状が出るようです。 そのため、症状だけでは通常の風邪と区別がつきにくいので注意しないといけません。 感染力はインフルエンザ並 今回の新型コロナウイルスは感染力が強いことでも知られています。 その感染力はインフルエンザより拡大スピードが速そうです。 ですが、新型で有効な特効薬が確立されていないということから各国が感染拡大に厳しく対応しているので、現状インフルエンザ程の大流行は抑えられています。 新型コロナウイルスの感染源は飛沫感染と接触感染です。 ウイルスを持った人からの唾やくしゃみの飛沫、またはウイルスが付いたものの触れることでも移ってしまうそうです。 潜伏期間は一般的には14日間ですが、それ以上の例も報告されています。 その為、感染症状が出る前に人から人へ感染を広げてしまう恐れもあります。 ベトナムの新型コロナウイルスの感染状況 2020年2月25日現在日本の感染者数は159人、死者4人ですが(クルーズ船内の感染者含まない)、ベトナムでの感染者は16人です。 また、完治者は日本では22人ですが、ベトナムでは全員が既に完治しています。 ベトナムでは感染者が2月16日以降増えていません。 ベトナムの新型コロナウイルスへの対応 ではなぜ日本とベトナムではこんなに感染状況が違うのでしょうか? それは隔離処置の違いにあります。 ベトナムの対応 ・感染者が集中していたソンロイ村を完全封鎖し、全村民(1万人)を完全隔離 ・全国の学校を2月29日まで休校 ・中国人のビザ発給を停止、国境封鎖 ベトナムの感染者はビンフック省のソンロン村に集中していて、感染が全国に拡大する前にすぐに封鎖などの対応をとったので日本のように感染者が広がらなかったのだと思います。 また、日本とは違い現在は中国人や中国からの入国を停止しています。 そのお陰で新たな感染者の発生も防げているのだと思います。 日本人がベトナムに入国できない? 現時点では、ベトナム国内の空港で発熱、咳などの症状が確認された場合、帰国指示や14日間の隔離処置をとっているようです。 また、現在はまだ検討中ですが、感染者が多い日本や韓国から来た人(ベトナム人も含む)の隔離も検討しているようです。 ベトナムは徹底して発生源を排除する方針です。 このような状況が続けば本当に日本人がしばらくベトナムに入国できなくなるかもしれません。 多くの企業が中国からベトナムに避難!? 中国といえば世界の工場として多くの外資系企業が中国に生産拠点を置いていました。 そしてベトナムはチャイナプラスワンとして中国依存を避けるための回避先でしたが、ここに来てベトナムの人件費、地理的な魅力だけでなく、中国の新型コロナウイルスの影響もあり各企業の中国撤退に勢いがついているようです。 新型コロナウイルスの影響による対策で目先の経済損失はありましたが、長期的には良い結果になるかもしれません。

次の

ベトナム、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

ベトナム 新型 コロナ ウイルス

出典: () 2020年1月23日、に居住する中国人男性およびその父親の感染が確認された。 父親は1月13日に武漢市からに入国し、で息子と合流した後、2人でやロンアン省を訪れた。 父親は17日から、息子は20日から発熱があったため、ホーチミン市内の病院で隔離された。 1月30日、ハノイとで、武漢市からに戻った3人の感染が確認された。 2月1日、で25歳のベトナム人女性の感染が確認された。 患者はで受付係として働き、仕事中に中国人の感染者と接触したとみられる。 2月2日、ホーチミン市で在米ベトナム人1人の感染が確認された。 患者は1月14日に米国を出発し、1月15日にで約2時間滞在し、16日にに到着し、27日に発症したという。 2月3日、感染者の3人と同じ飛行機でベトナムに帰国した29歳のベトナム人女性の感染が確認された。 2月4日、1月17日に武漢からベトナムに戻った30歳のベトナム人および感染者の家を訪れたことがある42歳ベトナム人女性の感染が確認された。 2月6日、感染者の家族2人の感染が新たに確認された。 2月7日、確定感染者5人と同じ訓練グループに所属した1人の感染が新たに確認された。 2月9日、新たに1人の感染が確認された。 2月11日、感染者の家族である3ヶ月齢の赤ちゃんの感染が新たに確認された。 2月13日、新たに1人の感染が確認された。 また、同日より、6人の感染者が出たは当局によりされ、20日間の出入りが禁止された。 3月6日、・・への旅行から帰国したハノイ在住の26歳女性の感染が確認された。 3月7日、前日に感染が確認された26歳女性の家族2人と、3月4日に韓国から入国した27歳若者の感染が確認された。 3月8日、26歳女性感染者の近所に住む61歳男性と、彼女と同じ飛行機で入国した7人、1人、人1人の感染が確認された。 3月9日、26歳女性感染者と同じ飛行機で入国した49歳イギリス人男性の感染が確認された。 3月10日、ホーチミン市でイギリスから帰国した24歳女性、ので58歳イギリス人観光客の感染が確認された。 いずれも26歳女性感染者と接触したことがある。 同日、で2月29日にから経由で帰国した51歳女性の感染も確認された。 3月11日、でイギリス人感染者2人と接触した29歳女性従業員、ビントゥアン省で前日に感染が確認された51歳女性のアシスタントである64歳女性、従業員である37歳女性、28歳の義理の娘の感染が確認された。 3月12日、ハノイでツアーガイドである25歳男性、ビントゥアン省で51歳女性感染者の親族4人と隣に住む12歳の男の子の感染が確認された。 3月13日、ハノイでロンドン - ハノイ間の航空便担当の2人と26歳女性感染者の家で働く43歳の感染が確認された。 3月14日、ホーチミン市で接触者である在住の31歳男性とからドーハ経由で入国した53歳、で感染者1人の夫である71歳英国人観光客、ハノイでから帰国した在住の50歳男性、ヨーロッパから帰国した留学生とから帰国した22歳女性の感染が確認された。 3月15日、ホーチミン市でから入国した後、も訪れた34歳男性、ハノイでから入国した35歳、入国後にも訪れた30歳イギリス人男性、で26歳女性感染者と同じ飛行機で入国した66歳英国人の感染が確認された。 3月16日、ハノイでフランスから帰国した26歳留学生女性、26歳女性感染者と同じ飛行機に乗った客室乗務員1人と入国後にも訪れた29歳、でマレーシアから帰国した42歳男性の感染が確認された。 3月17日、でイギリスから帰国したハノイ市在住の18歳1人、ハノイでイギリスから帰国した在住の女性1人、ホーチミン市でスイスからドバイ経由で帰国した在住の36歳女性、国内で感染者と接触した在住の28歳女性、米国から・台湾経由で帰国した在住の21歳女性の感染が確認された。 3月18日、ニントゥアン省でマレーシアから帰国した36歳男性、ダナンで41歳男性、ハノイでに滞在中の30歳ドイツ人男性、イギリスから帰国した学生2人、フランスから来た25歳フランス人女性、で11歳の男の子、で23歳男性、ホーチミン市でロンドンから帰国した2区在住の40歳女性とフランスから入国した52歳フランス人男性の感染が確認された。 3月19日、ハノイでイギリスから帰国した在住の25歳女性、在住の22歳男性、ドンダー区在住の21歳の男性、バディン区在住の20歳男性、ホーチミン市でロンドンからドバイ経由で帰国した在住の48歳と18歳の母子、在住の16歳女性、パリから帰国した在住の20歳男性、から入国した在住の50歳アメリカ人女性の感染が確認された。 3月20日、ハノイ市で34歳の女性看護師、54歳の医療関係者 とイギリスから帰国した在住の25歳女性、ホーチミン市でから日本経由で帰国した22歳女性、から経由で在住の21歳女性とロンドンから帰国した在住の43歳男性の感染が確認された。 3月21日、ハノイ市でから帰国した在住の20歳留学生女性、でチェコから帰国した在住の68歳女性の感染が確認された。 3月22日、新たに19人の感染が確認された。 3月23日、ハノイ市でからシンガポール経由で帰国した19歳留学生男性とにある病棟の29歳男性医師、バクザン市でチェコ在住の44歳女性 、ロンアン省でから帰国した30歳男性、での従業員である23歳女性 、ホーチミン市でインドネシアとタイを訪れていた29歳米国人男性とカナダから帰国した27歳人男性、米国から日本経由で帰国した58歳男性 、ダナンでタイからに帰国した24歳女性、でマレーシアのから帰国した17歳女性の感染が確認された。 7月31日、ダナンで入院していた患者の死亡が確認された。 ベトナムでは初の死亡となる。 予防策 [ ] 2020年3月16日、ベトナム政府は、公共の場所に行くときは、誰もが自分自身や他の人を守るためにフェイスマスクを着用するよう要請した。 患者数の増加は深刻な懸念を引き起こしていた。 ベトナムのグエン・スアンフック首相は、ウイルスのベトナムへの蔓延を防止およびその措置を命じ、ベトナム国民にクラスターが発生している地域への立ち入りを避けるよう警告した。 副大臣は、ベトナムは必要な対策として中国との国境を閉鎖することを検討していると述べた。 サイゴン・ツーリストは武漢へのすべてのツアーを中止したことを発表した。 2020年1月24日には、ベトナムの民間航空管理は武漢からのすべてのフライトと武漢へのすべてのフライトの取り消しを命じた。 2020年2月、ベトナムの教育訓練省は、ウイルスの拡散に対する検疫措置の一環として3月末まで全国のすべての学校活動を一時停止し、その後4月中旬までこれをさらに延長した。 また、旅行の際、14日間の検疫が必要となった。 中国の国民が広西からベトナムに逃げたという噂も広まり、それは中国の国民がコロナウイルスの大発生から逃げているかもしれないという混乱を引き起こした。 それは後にベトナムと中国政府によって誤解を招くものとして否定された。 影響と対応 [ ] 備蓄 [ ] ベトナム全土の店舗は、コロナウイルスの最初の症例が報告された後、マスクと消毒剤がすぐに売り切れた。 これは、他の多くのアジア諸国で発生したため、同様の傾向である。 保健大臣は、過度の緊急の買い物を避けるよう国民に要請した。 ベトナム当局はまた、流行を利用して利益を上げる人々を逮捕した。 経済 [ ] ベトナムは中国よりも被害が少ないと予想されているが、世界のほとんどの経済と同様に、ベトナムは民間および国内産業の減速、証券取引所の低迷、および外国からの観光客の減少に見舞われた。 スポーツ [ ] 流行により、2020年のは3月7日まで延期され、これは次のに向けたベトナム代表サッカーチームの準備に影響を与えた。 また、のは、追って発表があるまで延期された。 対応 [ ] COVID-19 中のベトナムの検疫キャンプ ベトナムは、2019年12月中旬頃に中国で最初の症例が発生したのと同じくらい早く流行に備えている。 首相代理は、16件の確定例、16件の回復、0件の死亡で、ウイルスとの戦いで「最初のラウンドに勝った」と述べた。 ベトナムの対応は賞賛を集めており、ベトナムが最初にをクリアした国となったときにSARSが発生した2003年のベトナムの迅速な対応と比較している。 ベトナム駐在米国大使のダニエル・クリテンブリンク氏は、発生に対する迅速な対応でベトナムを称賛していた。 米国代表団はまた、ベトナムの検疫活動を称賛し、米国のベトナム大使館と協力してきた。 しかし、ベトナムもその対応について批判を受けた。 ホーチミン市人民委員会の会長であるグエンタンフォン氏は、施設の不足を認め、都市が1000人を超える患者を受け入れなければならない場合、限界を超えると述べた。 海外のベトナム人は政府の受動的な反応と検閲を非難した。 人種差別と外国人恐怖症 [ ] アジア・タイムズは、「ベトナムのホテルやゲストハウスの多くは、中国人のゲストは歓迎しないという看板をドアに掲げていたが、多くのベトナム人は中国との国境検問所の閉鎖を要求するためにオンラインになっている」と報じた。 フーコックのショップとダナンのレストランの前に中国の顧客が受け入れられないことを示唆する兆候が見られた。 イスラム恐怖症は、マレーシアから帰国したベトナムのイスラム教徒からの感染の増加により報告された。 ベトナムの有名人の間でさえ、依然としてホーチミン市でのイスラムのイベントに出席し、ムスリム人口を投獄することへの怒りと要求を引き起こしている。 脚注 [ ]• 2020年8月11日閲覧。 VnExpress 2020年1月23日. VnExpress International — Latest news, business, travel and analysis from Vietnam. 2020年1月23日閲覧。 VnExpress 2020年1月30日. Tin nhanh VnExpress. 2020年1月30日閲覧。 VnExpress. Tin nhanh VnExpress. 2020年2月1日閲覧。 VnExpress 2020年2月2日. vnexpress. net. 2020年2月2日閲覧。 VnExpress. vnexpress. net. 2020年2月3日閲覧。 VnExpress 2020年2月4日. vnexpress. net. 2020年2月4日閲覧。 VnExpress 2020年2月4日. vnexpress. net. 2020年2月4日閲覧。 VnExpress 2020年2月6日. vnexpress. net. 2020年2月6日閲覧。 VnExpress 2020年2月7日. vnexpress. net. 2020年2月9日閲覧。 VnExpress 2020年2月9日. vnexpress. net. 2020年2月10日閲覧。 VnExpress 2020年2月11日. vnexpress. net. 2020年2月12日閲覧。 News, VietNamNet 2020年2月13日. VietNamNet. 2020年2月13日閲覧。 時事ドットコム 2020年2月13日. 2020年2月14日閲覧。 News, VietNamNet 2020年3月6日. VietNamNet. 2020年3月7日閲覧。 Foundation, Thomson Reuters 2020年3月7日. news. trust. org. 2020年3月8日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月8日. Vietnam Insider. 2020年3月11日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月9日. Vietnam Insider. 2020年3月11日閲覧。 VnExpress 2020年3月10日. vnexpress. net. 2020年3月11日閲覧。 VnExpress 2020年3月10日. vnexpress. net. 2020年3月11日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月10日. Vietnam Insider. 2020年3月11日閲覧。 Huynh, Helen 2020年3月11日. Vietnam Insider. 2020年3月11日閲覧。 Huynh, Helen 2020年3月11日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 VnExpress 2020年3月12日. VnExpress International — Latest news, business, travel and analysis from Vietnam. 2020年3月23日閲覧。 Nguyen, Daisy 2020年3月13日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月13日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月14日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月14日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月14日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月15日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月15日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月17日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Times, Vietnam 2020年3月17日. Vietnam Times. 2020年3月23日閲覧。 www. thestar. com. my 2020年3月18日. 2020年3月23日閲覧。 Nguyen, Daisy 2020年3月18日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月18日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月19日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Huynh, Helen 2020年3月20日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 Insider, Vietnam 2020年3月20日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 vietnamnews. vn 2020年3月21日. 2020年3月23日閲覧。 Reuters. 2020年3月22日. 2020年3月23日閲覧。 Tuoi Tre News, 2020-03-23. Insider, Vietnam 2020年3月23日. Vietnam Insider. 2020年3月23日閲覧。 unb. com. bd 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 hanoitimes. vn 2020年3月24日. 2020年3月24日閲覧。 VnExpress 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 日経新聞. 2020年8月3日閲覧。 The Star 2020年3月16日. 2020年3月21日閲覧。 2020年2月8日閲覧。 2020年1月23日閲覧。 2020年1月23日閲覧。 Zing. 2020年1月23日閲覧。 2020年1月24日閲覧。 2020年1月24日閲覧。 2020年2月25日閲覧。 AFP 2020年2月13日. 2020年2月25日閲覧。 AFP Hong Kong 2020年2月21日. 2020年2月25日閲覧。 Time 2020年1月24日. 2020年2月26日閲覧。 Nga, Le 2020年2月6日. VnExpress. 2020年3月9日閲覧。 2020年3月9日閲覧。 2020年2月26日閲覧。 Zing. 2020年3月15日閲覧。 Ninh, Trung 2020年2月24日. ] Vietnamese. 2020年3月9日閲覧。 www. formula1. com. 2020年3月28日閲覧。 CNA. 2020年3月28日閲覧。 Nga, Le 2020年2月25日. VnExpress. 2020年3月9日閲覧。 Nga, Le 2020年2月25日. VnExpress. 2020年3月9日閲覧。 PhoBolsaTV 19 February 2020. [ US Ambassador Daniel Kritenbrink: "Impressed with the level of cooperation and transparency of the Vietnamese government"] video 07:14 Vietnamese. YouTubeより 2020年3月9日閲覧。 2020年3月9日閲覧。 Tin nhanh VnExpress. 2020年3月30日閲覧。 ] Vietnamese. 2020年3月9日閲覧。 Asia Times. 2020年1月30日. 2020年3月1日閲覧。 New York Post. 2020年2月16日閲覧。 2020年3月30日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (SARS-CoV-2) - のウイルスについて解説。 (COVID-19) - 感染症について解説。 (SARS)• (MERS)• 外部リンク [ ]•

次の

基本情報

ベトナム 新型 コロナ ウイルス

2020年ベトナムにおける新型コロナウイルスのパンデミック状況 2020年4月19日 SARS-CoV-2ウイルスによる新型コロナウイルスは、2020年1月23日にベトナムで初めて確認されました。 4月19日現在、ベトナムでは268人の陽性患者が確認されており、そのうち202人が退院し、未だに死亡者は出ていません。 ハノイは現在、112人の患者が確認されており、ベトナム内で最も被害を受けた都市となっています。 今回の新型コロナウイルスの感染拡大において、ベトナムは世界で最も伝染病のコントロールにおいて優秀な対策を取った国として挙げられています。 ベトナムは、流行地域から人々を隔離、監視、制限し、国境を閉鎖すると共に、医療的緊急事態宣言の実施を展開するための措置を実施しています。 混雑を制限し、多くの場所では、体温の測定、消毒剤を配備し、公共の場所では無料でマスクを配布するなどの措置を取り、コントロールを強化しています。 国内旅行や貿易も制限されています。 ベトナムは、世界のほとんどの流行国と同様に、社会的・経済的に大きな影響を受けています。 ステージ1には、新型コロナウイルスの最初の16例が含まれています。 最初に確認されたのは武漢市からハノイへ家族と面会するために渡航し、ホーチミン市のチョー・レイ病院に入院した66歳の中国人男性(症例番号1)と、前述の中国人男性とニャチャンで出会った際に父親から感染したとみられる28歳の息子(症例番号2)の2人。 2月1日、カーンホア省で25歳の女性(症例番号6)が新型コロナウイルス感染者と確認されました。 彼女はとある受付嬢と接触したが、この受付嬢も中国人の父子2人と濃厚接触していたことが後に発覚した(症例 1と 2)。 特筆すべきは、これがベトナム国内での初の感染例であり、グエン・スアン・フック首相がベトナム国内での初の感染例であることを発表し、国境線の引き締めを決定するに至った出来事でもあります。 2月25日に、症例番号16は新型コロナウイルスから回復し、退院しました。 これは、ベトナムでの最初の16例のケースが退院した最後のケースでもあります。 新型コロナウイルスの最初の16例では、乳幼児や高齢者、多くの基礎疾患を持つ人など、多岐にわたる人々が感染していました。 病院は相談会を組織し、各患者に最適な治療を提供し、基礎疾患をコントロール、新型コロナウイルスの治療を成功させるための環境作りを徹底的に行いました。 また、ウイルスの早期発見のための分離・検査法も治療の成功に貢献しています。 ステージ2には、海外からの渡航例も含まれています。 3月6日夜、ハノイ市は26歳の女性が新型コロナウイルスの陽性となった最初の症例を発表しました。 ベトナムでの感染例(#17)はこれで17例目となります。 症例番号17との間で、多くの濃厚接触例や隔離例が報告されていますが、ベトナムでは新たな陽性患者が報告されることなく、22日間陽性患者の報告がない日が続きました。 3月19日夜には、全国の患者数は85人に増加しました。 地域コミュニティでの感染拡大の危険性もあるステージ3では、 3月20日、保健省は、新型コロナウイルスの患者2人、症例番号86、87は、バッハマイ病院の女性看護師2人で、いずれも新型コロナウイルスの患者と接触しておらず、感染経路が不明ということを発表しました。 3月21日には、ベトナムは22日0:00からすべての外国人の入国を一時的に停止し、入国したすべての人々については14日間の集中隔離を行うことを発表。 ベトナムは4月1日0:00から15日間の全国範囲における自主隔離を実施しました。 同日、グエン・スアン・フック首相は、これまでの2020年2月1日の感染病流行宣言に代わり、新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を発表しました。 新型コロナウイルスのパンデミックのため、ベトナムでは感染拡大を制限するために全ての教育機関が休校となっています。 私自身も、学校には行っていませんが、インターネットを介してオンラインで学生に教えることができます。 ベトナムでは、ウイルスの拡散を制限するために自主隔離を実施。 その間、政府は公共交通機関の運行を禁止し、ショッピングモールや飲食店を閉鎖し、集会を避け(スーパーは開いている)、外国人の入国を禁止し、国内の渡航を最小限に抑えています。 また、外出や集会を制限し(食料を買うなど絶対に必要なときだけ外出し、テレワークを推奨)、マスクを着用する、石鹸でこまめに手を洗う、異物に触れるときは手指消毒剤を使用するなどの厳重な注意を出しています。 違反した場合は政府の制裁の対象となります。 以上のことは、病気の蔓延を抑えるために必要な対策です。

次の