右 肋骨 下 押す と 痛い。 「ストレス」と肋骨の下の方の痛み

「ストレス」と肋骨の下の方の痛み

右 肋骨 下 押す と 痛い

特に心当たりがないのに、肋骨のあたりが痛むように感じたことのある人もいるのではないでしょうか。 特別問題のない場合もありますが、原因によっては何らかの対処が必要な場合もあります。 呼吸するたびに肋骨が痛んで苦しい• 体を動かすと肋骨のあたりが痛む• 時々、肋骨のあたりにピリッとした痛みが走る このような症状がみられたとき、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 病気による肋骨の痛み 肋骨とはいわゆるあばら骨のことです。 肋骨が痛いとき、肋骨そのものの病気である場合もあれば、もしくは内蔵の病気によって肋骨が痛むように感じている場合もあります。 肋骨の痛みを起こす肋骨そのものの病気 肋骨の痛みの原因となる肋骨やその周囲の病気には、主に次のようなものがあります。 肋間神経痛 ろっかんしんけいつう 左右どちらかの肋骨に沿って、突然鋭い痛みを感じる病気です。 痛みは数秒でおさまることもありますが、長いときには数分間続きます。 肋骨の間を通っている肋間神経という神経が刺激されて起こるいわゆるの一種です。 鋭い痛みを突然感じるため不安になることも多いですが、自体は特別治療を必要としないものであるとされています。 肋軟骨炎 胸骨と肋骨をつないでいる軟骨の炎症で、片側どちらかに痛みが出ることが特徴です。 子どもや思春期の若者に多い病気といわれています。 安静時にも痛むこともありますが、深呼吸をしたときなどに前の肋骨の痛みが強くなり、その部位を押さえても痛いことが特徴です。 肋骨骨折 肋骨の骨が折れた状態です。 肋骨は細く薄い骨のため、ちょっとしたや咳がつづくことなどで折れたりヒビが入ったりすることも珍しくありません。 肋骨の痛みを起こす内臓の病気 内蔵の病気によって肋骨の痛みが引き起こされることもあります。 気胸 何らかの原因によって肺に穴が空き、空気が漏れることで肺がつぶれた状態になる病気です。 肋骨や胸に突然痛みを感じ、呼吸のしにくさを伴うこともあります。 にはさまざまな原因がありますが、中でももっとも多いは背の高い痩せ型の若い男性やタバコを吸う男性に多いといわれています。 早期の治療を必要とする病気のため、当てはまる症状がある場合には早めに受診しましょう。

次の

右脇腹を押すと痛い!怖い病気かもしれません?

右 肋骨 下 押す と 痛い

右脇腹を押すと痛い原因は? 便秘・胃腸の働きが弱っている場合 便秘で硬い便が詰まるのは左側の下行結腸側の事が多いのですが、胃腸の働きが弱まっていたり、過敏に反応してしまう時には、ガスがたまりやすく、脇腹、へそ周辺、下腹部などを押すと痛い事が多いです。 一般的な便秘症状であれば、便秘解消に役立つ対策で右脇腹を押すと痛い症状を解消する事が出来ます。 次の様な解消方法を試しても解消されない場合は、ほかの原因を疑って病院を受診しましょう。 便秘や胃腸の働きが原因の腹痛をやわらげるには?• 仰向けに寝て膝を立て、時計回りに手のひらで お腹をさする。 湯たんぽやカイロでおへそ周辺をあたためる。 気持ちをリラックスさせる。 上手く 便意がきたらタイミングを逃さない 右脇腹を押すと痛い、押さなくても腹痛を感じる場合には、まず上記の方法をで改善出来るか試して見ましょう。 みぞおちのあたりから痛みが移動してきた• 背中をたたいたり、立っていて かかとをすとんと落として痛みにひびく という場合には、 盲腸の疑いがあるので病院で診察を受けましょう。 筋肉痛が影響している場合 内臓に問題が無い場合でも、腹斜筋(ふくしゃきん)を傷めていると、脇腹を押すと痛みます。 体をひねったり、咳をしたときに脇腹が痛い• 痛みを感じる前に咳が続いていた• 全身運動で筋肉痛を感じている こんな場合には、消化器や内臓の病気ではなく、筋肉の痛みである事がほとんどです。 傷めた筋肉の回復をはかりましょう。 筋肉痛を早く回復させるには?• ビタミン、ミネラル、良質のたんぱく質を含む食事を摂って回復をはかる。 傷めた直後なら冷感湿布、インドメタシンジェルなどでマッサージする。 ビタミンやミネラルのバランスが崩れると、けいれんや筋肉がつりやすく、筋肉痛の回復も遅れてしまいます。 思い当たる運動をしていなくても、無理な姿勢が続いたり、咳が続いたときに脇腹の痛みが出る事があります。 さするようなやさしいマッサージや、ストレッチででリンパの流れを良くしてあげましょう。 それでも回復しない場合には、ほかの原因を疑って病院を受診しましょう。 スポンサーリンク 内臓の病気がかくれている場合 胆石症 押した時ばかりでなく、発作的に激しくいたむことがあります。 胆管は右寄りに位置しますから、 右脇腹や、右上腹部に異常を感じることが多いのです。 胆汁が何かの原因で固まって刺激を与えたり、胆汁の通り道を詰まらせることで痛みがでます。 放置すれば肝臓に悪影響を与え、危険が伴うので病院にかかって適切な治療を受ける必要があります。 太り気味の40代女性で好発する病気です。 予防のためには、適度な運動や食事の管理に気をつけましょう。 胆石症についての解説動画 肝臓の病気は大丈夫? 体の右側に寄って位置する臓器としては、肝臓の状態も気になるところです。 ただ、沈黙の臓器とよばれるほど、肝臓そのものに痛みを感じることがなく、自覚症状が出たときには肝硬変の状態が進んでいる事がほとんどです。 脇腹の痛みだけでなく、背中の右側から腰にかけての痛みがある• 倦怠感、だるさがひどい• 黄疸が出ている といった特徴があります。 肝硬変が進行すると、腎臓・胃炎・胃潰瘍などほかの内臓の病気を併発することが多く、注意が必要です。 内臓に問題があるときの症状 内臓に問題があるときには、 手術が必要になったり、 入院加療が必要になる状態に進行することが心配されます。 脇腹痛から、内臓の病気に気付くためのポイントをまとめてみましょう。 背中から腰にかけて痛む 臓器が炎症を起こしたり、異常があると周りの神経を刺激して背中や腰が痛む場合が多い。 排便で腹痛がラクにならない 便秘やガスだまりなら排便でラクになる感じがありますが、ほかの臓器に問題がある場合にはスッキリしません。 食べた後に痛みが出やすい 胆石などでは、食べた後に痛みがでやすく、油っぽいものを食べると特に痛みが出るのが特徴です。 倦怠感が強い 肝機能が低下すると、エネルギーを上手く作り出せないので、ひどいだるさを感じます。 白目が黄色いなど黄疸が出る 肝機能に問題があると、黄疸が出ます。 尿の色や臭いが・・・ 胆のうに異常があると、ウーロン茶の様な尿が出ることがあります。 ほかに腎臓や尿管、膀胱に異常があると血尿が出ることがあります。 発熱している 内臓に異常が起こると発熱を伴うことが多く、簡単に自己判断するのは危険。

次の

右脇腹を押すと痛い!怖い病気かもしれません?

右 肋骨 下 押す と 痛い

右肋骨の下に痛みを感じる原因 深呼吸をすると痛みを感じる場合 肋間神経痛• 深呼吸• しゃっくり• 大声を出す などをしたときに右肋骨の下あたりに痛みを感じる場合は肋間神経痛である可能性が高いです。 肋間神経痛とは、背骨から出ている肋間神経という神経が刺激されることによって痛みを感じます。 肋間神経の近くにある筋肉や骨などに圧迫されたときに痛みを感じると言われているのです。 このような肋間神経痛が起こる原因はさまざまあるのですが、• ストレスや疲労• 猫背 が一番よくある原因としてあげられます。 日ごろからストレスがたまっていると、無意識的に体が緊張していることが多いです。 例えば、ストレスがたまっていたり、イライラしていると貧乏ゆすりをしてしまうことがありますよね。 緊張して体がこわばってしまうと、肋間神経の圧迫につながり肋間神経痛が起こりやすくなってしまうのです。 また、デスクワークなどをしているときにいつも背中が曲がっていたり、普段から猫背気味の方は肋間神経痛を起こしやすいと言われています。 背中が曲がっている猫背の状態は肋間神経を圧迫しやすい状態になっているのです。 この結果、深呼吸や咳などの刺激で右肋骨の下あたりに痛みを感じることがあるのです。 また、肋間神経痛では押しても痛みを感じることがあります。 肋間神経痛の場合は、慢性的に痛みが続くことはありませんので1~2日できるだけ安静にしていると気づいたら治っていることが多いです。 ただ、肋骨の痛みには他の重篤な病気が隠れている可能性もありますので、痛みが強かったり、痛みがずっとひかない場合は必ず内科などに受診するようにしましょう。 押すと痛みを感じる場合 ひび・骨折・打撲 右側の胸あたりを押したときに痛みを感じる場合は、肋骨にひびが入っていたり、骨が折れていたり、あるいは打撲になっていることが考えられます。 また、笑ったり、寝返りをしたときに痛みを感じる場合も肋骨にひびが入っている可能性があります。 他にもひびや骨折である場合は、押したときだけでなく咳などの突然の刺激でも痛みを感じることが多いです。 肋骨のひびは他の部位の骨がひび入っているときより痛みが少なく分かりにくいことが多いので注意しなければなりません。 こちらで症状や治療などについて詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 筋肉痛 単純に、右肋骨あたりの筋肉痛ということも考えられます。 日ごろから運動をしている方は、なにか過剰な運動をしていない限り右胸が筋肉痛になることは考えにくいですが、運動不足の方だと少しの負荷で筋肉痛になってしまうことも考えられます。 例えば、何か重い荷物を抱えて持ったりしただけで翌日筋肉痛になってしまっていることもあるのです。 何もしなくても痛みを感じる場合 帯状疱疹 帯状疱疹とは、 体に赤い湿疹や水ぶくれが出ることが特徴的です。 このような皮膚にあらわれる症状の他にも体の片側に神経痛が出るという特徴があります。 このチクチクとした神経痛は湿疹が現れる前に起こります。 なので、右肋骨が痛くなった後に湿疹などが体に現れた場合は帯状疱疹である可能性が高いです。 帯状疱疹の初期症状についてはこちらの記事でお伝えしていますのでぜひチェックしておきましょう。 参考: 内臓の病気 右側のあばら骨の下には、肝臓や胆のうといった臓器が存在します。 特に肝臓は臓器の中で一番大きいですが、「静かなる臓器」といわれ肝臓が悪くても症状がかなり表れにくいのです。 他にも胃の痛みが右肋骨の下あたりの痛みとして感じることもあります。 このように肝臓の下あたりにズキズキとした鈍い痛みがある場合は、どこか内臓に異常がある可能性もありますので内科などで診察してもらうことをおすすめします。 まとめ 右側の肋骨の下あたりに痛みを感じる原因についてお伝えしました。 症状別に分けるとさまざまな原因が考えられ、内臓も近くにあるので重篤な病気の前兆である可能性もゼロではありません。 痛みの原因としては肋間神経痛である場合が一番多いと感じますが、少しでも「なんかおかしいな」と感じたら病院に行くなど柔軟な対応をしていきたいです。 また、左側の肋骨あたりに痛みを感じる場合についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考:.

次の