営業 フリーター。 フリーターから営業職はどうなのか?

【底辺からの脱出】飛び込み営業に転職したら年収1000万以上稼げるようになった実話

営業 フリーター

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の

フリーターから正社員就職できるおすすめ職種6選と職種探しの方法

営業 フリーター

専門的な技術、経験がない学生やフリーターにとって、それらを要しない営業職は最も正社員として就職しやすい職種の一つであると言えます。 営業職は一般的にキツイ、しんどいというイメージが強く避けられやすく、求人数も多いので入り口は広いので、内申書に自信のない学生や転職回数が多い人、長期的にフリーターをやっている人でも比較的採用されやすいんですよね。 その証拠にで紹介しているフリーター・第二新卒専門の人材紹介会社でも営業職に就いた人の割合は比較的多い傾向にあります。 ちなみに現在利用者の多いでは就職が決定した職種1位は営業職で、紹介している求人も営業職が多いです。 かくいう私も約5年間のフリーター生活を経て就職したのは営業職で、やはり営業職なら長期的にフリーターをしている人でも就職がしやすいということを実感しています。 しかし問題が一つ。 「営業職ってキツそう…」 ですよね。 躊躇われますよね。 実際どうなんでしょう… ということを今まさに経験している最中の私が書こうと思います。 営業職はキツイか 結構キツイです… って言うとそこで話が終わってしまいますが、まあ仕事って基本的に何をやってもしんどいもんはしんどいです。 ただ、営業職に関してはすごくキツイ職場もあれば人並み程度にしんどいなあくらいの職場もあれば、キツイと言われる営業職に関してはかなりましという職場もあります。 それはたとえ同じ職場でも働く人によって変わってきますし同じ営業職でも会社のスタイルによって向き、不向きが変わってくるので一概には言えない部分があります。 ただ、一つ言えることは 営業を使い捨てと思っている会社はキツく、長期的に使おうとしている会社は割りと働きやすいことが多いということです。 使い捨ての会社は本当にキツイ このタイプの会社は特に住宅営業や保険営業、自動車の営業等、 BtoC(個人への営業)の会社に多いです。 それらを売る会社は売り切りである(一度売れれば継続して取引が無い)場合が多いため新人に対してまず身内や友人に営業するように指導し、一件でも取れれば後は辞めてもらっても構わないくらいのスタンスでやっていることがあります。 特に住宅や保険は一件当たり数千万の世界なので初めの3ヶ月で1~2件売れれば儲けもんなんです。 だからとにかくキツイ。 離職率も非常に高いです。 車、住宅、保険の営業はほぼこの手のタイプの会社のことが多いので「ムリだ…」と思う人は避けましょう。 それ以外の営業の応募を検討する場合、就職支援サービス等を利用していれば離職率や社風、求人の募集頻度を聞いてみてください。 人の入れ代わりが激しい会社は要注意です。 法人営業は比較的働きやすい 私もなんですがBtoB、つまり 法人向けの営業は個人向けの営業に比べて働きやすい傾向にあると思っています。 というのも個人と法人では営業マンに対する対応が大きく違うからです。 例えば個人宅に飛び込み営業に行った時、恐らく10人のうち9人が非常に冷たい態度を取ることだと思います。 場合によっては怒鳴られて追い返されることも少なくないでしょう。 しかし法人の場合、たとえ新規営業でも必要以上にしつこくしない限り激しく追い返されることはほぼありません。 顧客が法人だと、取引する相手も仕事をしているわけですから営業マンの相手も仕事だと割り切ってくれるんですよね。 だから断る場合でも丁重に振舞う人が多いですし、横暴な振る舞いをする人も少ないです。 中にはそういう人もいますけど・・・ 更に法人の場合、長期的な付き合いがある顧客も多いため新規営業ばかりさせられる可能性が低いです(もちろん役割にもよりますよ)。 法人営業は数十年のベテランも多い世界なので比較的働きやすく楽しんで出来る人も多いようです。 ただもちろん法人営業には法人営業ならではのしんどいところもあります。 過去にという記事も書いているので興味のある方はご一読ください。 一度は経験しておくと将来楽になる 営業職は確かに結構きつい仕事です。 仕事を変えまくった私が数年続けられるくらいなので、もっとキツイ仕事はたくさんあると思いますが、それでもやはり楽な仕事とは言えないでしょう。 しかしこれだけは言いたい。 営業職は一度経験しておくと将来的にかなり楽になります。 営業経験は将来絶対役に立つ これはおそらく営業経験がある人なら誰もが激しく同意すると思うのですが、営業の仕事ほど仕事で役に立つ仕事は他にないと思います。 営業職は、どんな仕事にも欠かせない「自社の商品やサービスをお客さんに購入してもらう」という仕事です。 これができれば どんな会社で働いても即戦力としてやっていけます。 また、そこまで売るスキルがなくても、営業を経験しているだけで対人関係を円滑にするスキルが上がってきますし、立ち居振る舞いも変わってくるので第一印象も変わってきます。 また、対法人の営業はたくさんの会社の社長や役員と出会う機会が多いため、人脈も拡がります。 法人営業を2~3年程度経験すれば(今後営業をするしないに関わらず)転職する際に圧倒的に有利です。 活かせる経験もある フリーターや異業種から営業職に就く人が多い理由にはやはり活かせる経験があるという側面もあります。 フリーターをやっている人の多くは販売や飲食など接客業が中心だと思います。 私もフリーター時代職を転々としていましたがやはりコンビニやスーパー等の販売やゲームセンター、ネット回線の販促等のサービス業で接客の仕事ばかりしていました。 接客と営業は全く別の仕事ではありますがやはり商品やサービスを顧客に提供する点は同じなので接客の経験は営業に結構活かせます 全く接客をする仕事をした事がない人とたとえアルバイトでも経験のある人ではやはり人当たりに差が出てきますからね。 接客をしていて顧客と接することが苦じゃない人は営業職を目指しても良いと思います。 異業種からの就職ではその分野で働いた経験は大体営業に活かせます。 まとめ まとめると、まず 車や住宅等個人向けの営業は絶対キツイです。 法人向けの営業もキツイですが長く続けられる人も多いので会社によっては働きやすい場合もあります。 応募を検討する時は離職率や求人の募集頻度などを確認しましょう。 それでもやはりしんどいことって多いです。 が、楽しいこと、面白いことも経験できる可能性だってあります。 法人営業の場合、普通社員や関係やしか行けない場所に行けたりするわけですから。 私も過去にJRの関係者しか入れない場所や空港の管制塔でも作業をしたこともあります。 こういうところって関係者でもない限り映画やドラマでしか見られないんですよね。 というような経験が出来るかも… 正社員で働くってしんどいことも多いですが、その分面白いこともあるんですよ。 転職の場合は転職サービスで相談してみよう 「転職回数が多い」 「専門スキル、経験がない」 等の理由で転職、就職に悩んでいる人は就職支援サービスを利用することをお勧めします。 無料で利用できるのでまずは相談からしてみてください。

次の

フリーターから営業職はどうなのか?

営業 フリーター

フリーターとしてこのまま生活を続けていくことに、将来不安を感じている方も多いのではないでしょうか。 厚生労働省の調べでも、『』という結果がありますが、お金の問題だけではなく、結婚をしたいと思った際もフリーターでは厳しい現実があります。 フリーターの末路を教えてください フリーターって最期は、苦しみながら誰にも助けられずに死んで行くんですか? 結婚しなくていいし、クルマもいらないし酒もいらないので死にたくないです 年金払ってますが、貰えないんですよね? フリーターの末路を教えてください 引用元: バイト人生が悪いという事ではもちろんありませんが、このままフリーター生活を続けていく事で正社員に比べ、もったいないことが多くあるのも事実です。 そこで、フリーター生活の末路としてどのようなことが考えられるのか、また、フリーターから正社員を目指す上でどのようなことをすれば良いのかを、解説していきます。 フリーターの末路とは|悲惨?幸せ?年収や今後の生活の未来図 2018年の1~3月期。 役員を除く雇用者約5,500万人のうち、フリーターの数は2,117万人で、前年の同期に比べて100万人の増加となっています。 2018年5月11日総務省発表 意外と多いフリーターという選択をした方々ですが、今後どうなる可能性があるのか、ご紹介します。 フリーターは正社員と比べて生涯年収に8,000万円以上の差 20代から30代のフリーターの年収は平均すると約200万円と言われていますが、もしこのまま フリーターとして65歳の定年まで働いたとすると、正社員と比べ生涯年収に約8,000万円の差が生まれる可能性があります。 下図は「独立行政法人労働政策研究・研修機構」が取った高卒・大卒別の正社員年収推移で、これによると約387万円となっています。 参考: また、正社員にはフリーターとは違いボーナス 賞与 もあるので、実質的には1億円以上も格差があるとみて良いかもしれません。 逆に考えれば正社員として働くことで、生涯年収が8,000万円以上得られる可能性が高いということでもあります。 フリーターには退職金もない フリーターは月々の収入が少ないだけでなく、退職金をもらえないのも特徴です。 退職金は正社員として働いているうちに少しずつ積み立てていくものですが、アルバイトにはそういったものがないため、退職したときにもらえるお金がありません。 フリーターは、そのような恩恵を受けることができないため、将来の保証がまったくない状態であるといえるでしょう。 30歳を過ぎると就職もしにくい フリーター生活を続けて30歳も過ぎると、正社員として就職することも難しくなります。 たとえばあなたが人事の担当者で、 30代のフリーターが応募してきたと想像してみましょう。 社会人経験もなく中途採用なのに対したスキルもない。 もし、年収アップや向上心を持って入社したいという30代がいたら、フリーターを採用しようとは思いませんよね? 【関連記事】 30歳を過ぎてフリーター実家暮らしを結婚対象とはしにくい 例えば結婚をしようと思ったタイミングで、自分がフリーターだった場合、相手からは選ばれにくい可能性が非常に高くなります。 人としてのステータスはそれぞれですが、お金に関してはかなりシビアと言っていいでしょう。 特に女性から見ればフリーターの方と結婚しようとはまず思いません。 結婚にはお金がかかる 正社員と比べて収入に深い格差のあるフリーターは、結婚式はもちろん子育てにかかる費用を想像しても、多大な影響を及ぼすのは容易に想像できます。 参考: 上図は結婚式場を運営するアニヴェセルが実施したアンケート結果ですが、『好きになったら年収は関係ない』という意見が3割はあるものの、やはり300万円〜500万円以上を希望する方が全体の6割を占めています。 30歳実家暮らしはどう見える? かっこよくはないでしょう。 フリーターの月収で家賃に7万円〜10万円前後が引かれるは苦しいと思いますので、実家暮らしを選択すること自体は悪ことではないと思います。 ただ、• 『30歳を過ぎた実家暮らしのフリーター』• 『30歳の一人暮らしの正社員』 字面で見るだけでも印象が全然違います。 また、結婚するとなるとどちらかの実家で暮らすわけにもいきません。 いずれは家を出て二人暮らしをすることになるかと思いますので、結婚する気があるなら、できれば今のうちに準備を進めておくことをおすすめします。 ある意味、社会からの孤立がおきる 残念ながらフリーターには様々な偏見の目があります。 多くは精神的なものですが、積み重なれば非常に辛いものがあります。 「勉強はできたのにフリーターなんだ・・・」• 「なにか問題を起こしたから正社員ではないんだ」• 「きっと何事も長く続かない人なんだ」 など フリーターという肩書きだけで周りは様々な憶測を始めます。 そして仲のよい高校や大学の同期達と比較され、正社員でバリバリ働いている友達に比べて自分は何をやっているんだろうという引け目から、疎遠になることも多いようです。 尚フリーター歴4年のワイ氏は両親共に疎遠な模様 — かずきLv. あとフリーターと社会人とか休日が合わなかったり些細なことですぐ崩壊する — あろたれ aroerina1 そうならないためにも、早め早めに動き出し状況を打破していかなければなりません。 親に養ってもう人生が続く可能性がある 社会からの孤立以上に最悪なのがこのパターン。 実家暮らしの話はしましたが、それもまだ親が働ける年齢であり、持ち家があるからこそできることです。 経済的に余裕がなくなれば、今度は親を養わなければいけないのはあなたの方です。 フリーターの我が子を家から追い出すような親は早々いないとは思いますが、せめて自分で独立した生活を送る意思がないと、いい歳して親に養ってもらうフリーターになっていまいます。 将来の夢も持てない 自分が何をやりたいのか、それは40歳を過ぎて、人生の半分を生きても簡単に答えを出せるものではありません。 ですが、やりたいことや夢は 自分の知識や経験したことの中からしか出てきません。 小学生男子の夢が大抵サッカー・野球選手、YouTuber ユーチューバー で、女子が看護師やパティシエ、美容師だったりするのは、 いま自分が好きなことであったり、知っている知識でしか語れないからです。 参考: それは社会人になっても一緒で、ブロックチューンエンジニアであったり、コンサルタント、人事労務、会計士、一般事務、広報などを目指すようになるのは、それまで知らなかった世界・業界のことを知ったからこそでしょう。 ネットの時代ですから、『人気の職業』と検索すれば多種多様な仕事がヒットしますが、それが本当にやりたいことかどうかは、少なくとも経験してみないとわかりません。 ただでさえ数少ない選択肢を、さらに狭くしているのが単純作業のアルバイト、フリーター生活と言えます。 このままではいけない、とりあえずなにか始めないと、と思う方は、下記も参考にしてみてください。 5ch. 確かに昨今の『』という社会問題を見れば、 アルバイトとしてフリーターでいた方が余計な責任などを負わされず、辞めたいときに辞められるというメリットはあるかもしれせん。 最終的に重荷を背負うのはアルバイトやフリーター ただ、正社員が苦しいと、その しわ寄せは末端のアルバイトに回ってきます。 例えばアルバイトの雇用が多い居酒屋チェーンやアパレル、コンビニなどを見てみましょう。 多くの場合、 店長は本店から売り上げ目標を課せられています。 客商売ですし、企業は利益を求める組織ですから、当たり前といえば当たり前ですね。 その店舗に派遣、任される方は正社員として勤務していますが、 実質的にその店舗を運営しているのはフリーターや学生アルバイトです。 シフトが埋まらなければ人手が足りず、店舗は回りませんし、売り上げも評判も落ちていくでしょう。 残業代などがきちんと支払われる可能性も少なくなる そうなると一人にかかる負担が大きくなりますので、最終的に重荷を背負わされるのはフリーターということになります。 極端な言い方かもしれませんが、 負担を強いられるアルバイト先であればすぐに辞められるのがフリーターです。 そうなると、辞めたアルバイトの保険料や残業代の計算をきちんとやって支払うという、何十連勤もしている店長に最後までできるでしょうか? 当然やらないと違法です。 ただ、残業代未払いの問題が度々ニュースになり、一向になくならないことはどうしてでしょう。 特に残業代や未払い賃金に関してはアルバイトよりも、正社員に対しての方がより慎重にみる傾向にありますから、 フリーターはあと回しにされる可能性もゼロではありません。 損をしないという評価軸でみればフリーターは悲惨と言える 正社員とフリーターにはお金という面でも待遇には雲泥の差がありますし、将来のビジョンを見据えた際にも、得になることは多くあります。 例えば、自分で何か事業を起こしたいと考えた場合、 企業に属して他の会社と関わっていたことで、その人との繋がりで事業をできたというケースはかなりあります。 音楽やデザインなど、アーティストとして生きたいという場合も全く一緒です。 今の時代、特定のスキルだけで生きていくという選択肢は過去のものです。 社会人として一定の収入を得ながら、自分の趣味やスキルを伸ばしていく、そのための勉強を会社にさせてもらえる環境を自分で作る方が、現代の生き方としてはおすすめです。 フリーターだとそれができないのか?と言われればそんなことはもちろんありません。 ただ、 会社の一員として『一定の信用』を得た状態で人と繋がるのと、『フリーターやってます。 』という人として会うのでは、 相手の受ける印象がまるで違います。 どちらが悪いということではなく、『 どちらが自分にとってメリットが大きいか』という観点で判断するのが、良いのではないでしょうか? フリーターから正社員に就職するために出来ること フリーターの正体的な不安を払拭するには、いまからでも正社員になるために動くのが一番かと思います。 20代後半や30代でも正社員になれるの? 「フリーターの経験しかない人を正社員として雇う会社はない。 」このようなことをよく聞くかもしれません。 たしかに、「アルバイトという責任の軽い仕事しかこなしてこなかった人は、いつか無責任な行動をとるだろう。 」と考えて、正社員経験のない人の雇用を避ける会社もあるでしょう。 20代のうちに正社員を目指すのがベター 企業は基本的に若い人材を確保して育てることで、長く働いてほしいという思惑がありますので、できれば20代のうちに正社員を目指すのが良いのです。 『まだ20代前半だから安心』ではなく、『20代後半になる前に実績がないと危ない』という感覚で臨んでいただくのが良いでしょう。 フリーター向け就職支援サービスの利用 しかし、そうではない会社もあります。 たとえば既卒・フリーターの正社員就職支援を行なっている『ジェイック』という会社がありますが、そういったフリーター向けの支援を無料で行なっている機関に行くことで、正社員への近道になります。 JAIC ジェイック はどんな人でも就職できる?来て欲しい層を聞いてみた 担当者:いわゆる弱者支援というイメージはあるかなと思っていて、ユーザーからみたポジションは変わりつつあるんですけど、、、 例えば最近でいるとDODAさんとかちょっと打ち出し方を変えてきていますが、あえていうと、最も就職が難しい方々を救ってきたのがJAIC ジェイック なので、コミュニケーションが難しいかたとかでも、JAIC ジェイック ならなんとかしてくれるんじゃないか? そう思って、きていただく方は多いです。 実際なんとかさせて頂きますからね。 ==JAIC ジェイック さんのところにはどんな人が来て欲しいですか? 担当者:そうですね。 うちの研修は先ほどもお伝えしましたが、いまの時代になくてもいいかもしれませんが、『あったら幸せになるサービス』なのは間違いなく言えるので、今までだったら弱者支援のイメージが強かったんですが、サービスのコンセプトを変えていきたいと思っています。 だれが来てもプラスアルファになるんですよね。 うちが就職カレッジという名称に変わるいいタイミングで、サービスとしてのコンセプトは『社会人としての期間が長くなるにつれて、20代というキャリアとしてのベースをいかに素晴らしく過ごせるか、より素晴らしくものにしてあげられる』のがJAIC ジェイック です。 引用元: どんな職種であれ一度正社員になった実績を作ることが大事 フリーターを続け、その間に色々な職業を経験したとしても、肩書き『フリーター』であることに変わりはありませんし、世間の目は思っている以上に冷たいです。 どんな職種、業界でも良いので、一度正社員になることで履歴書に正社員雇用と書けますので、『転職』をする際に成功率は高まります。 ただし、入社から半年や1年足らずで辞めてしまうのはおすすめできません。 それこそ経歴を汚すだけではなく、早期退職者というレッテルが貼られることになりますので、少なくとも2年以上は在籍し、できる限りのスキルや知識を吸収し、今後に活かす努力をすべきでしょう。 フリーターから正社員になりやすい職種は営業職 営業職をおすすめする理由はいくつかありますが、最も推す理由は人間性が一番活かされる職種だからです。 企業サイドも人格形成がしっかりされた方を営業職として採用したいと思っていますし、営業には特別な知識といったものも最初は必要ありません。 また、これからAI技術が普及していくなかで、人間の仕事が奪われる傾向は避けられません。 そうなると、最終的に残る最後の仕事は、機械 AI が一番苦手にしている『対人コミュニケーション領域』です。 これから定年まで仕事をする過程で、50歳で職を失うようなことになっては元も子もありません。 そうならない人材、最後に勝ち残れる人材は営業職の人間だと考えています。 最初に正社員としてのベースを営業職に置き、『人と向き合って仕事をする』働き方を根幹においておけば、必ず他の職種に映ったとしても、活躍できる人材になれるでしょう。 【関連記事】 転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。 厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。 (出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)• 残業代が支払われない• 正当な理由なく解雇を言い渡された など もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると 着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。 弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。 そんな方々を守るために生まれたのが 弁護士費用保険メルシーです。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、この先 ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。 なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の