ウィリアム ヘンリー。 ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルト

ウィリアム王子とも仲直り? ヘンリー王子、ロサンゼルスには「友達がいない」

ウィリアム ヘンリー

ジョージ湖(2006年撮影) の、サー・と3,000から4,000にものぼる大陸軍はラック・サン・サクラマンLac St. Sacrementに野営し、その時ジョンソンは、時のイギリスの名にちなんで、この湖をジョージ湖と改名した。 一方、のは、野営地からジョージ湖をはさんで対岸にあるの地にフランス兵、にの予備兵を集結し、果敢にもに向けて進軍を始めたが、グレンフォールズ周辺に到着して、その時に「血ぬられた朝の斥候」The Bloody Morning Scoutが起き、それがジョージ湖の戦いへと発展し、この戦いでディスカウ率いるフランス軍は敗退した。 このことでイギリス軍は、この地が如何に重要であるかを悟り、ここに砦を建てることにした。 湖の対岸ではフランスがを建築中であった。 にあったフランスの攻撃の足がかりとなるこの砦は、からへの、重要な位置にある連水経路に沿った、一連の英仏の砦の一部で、また、ニューヨークとの境界の要となる位置をも占めていた。 砦の名は、国王の王子である、そしてジョージ2世の孫で、の弟であるにちなむ。 設計と建築は、イギリス軍のの監督に任された。 ウィリアム・ヘンリー砦は、変則的なの砦で、それぞれの隅に稜堡があった。 この設計は、インディアンの攻撃を撃退するものであったが、を持った敵相手には、必ずしも耐えられるものではなかった。 城塞は30メートルの厚さで、土塁の周りに丸太が巡らされていた。 内部には、2階建ての木造の兵舎が、練兵場の周囲にあった。 砦の三方は乾いた堀で、残りの一つは湖の方へと降っているため、砦への唯一の接近手段は、堀にかかる橋だった。 400人から500人の兵を収容するのが精一杯で、それ以上の部隊は、砦から750メートル南西に離れた、のある野営地に宿営した。 ここはジョージ湖の戦いの戦場から、さほど離れていなかった。 駐屯と包囲戦 [ ] 、ウィリアム・ヘンリー砦は未完成だったが、兵を駐屯させる準備は整っていた。 駐屯隊長にはエアが選ばれ、駐屯隊は彼が指揮する ()の小隊、及びロジャース・レンジャーズのいくつかの小隊から成っていた。 の春、駐屯隊長はとなった。 駐屯隊は主に ()と ()から選ばれた。 6月までに、とから民兵がやって来たため、駐屯兵の数は1,600にまで膨れ上がった。 この大勢の兵たちを宿営させるには砦は小さすぎ、多くの兵が、砦南西部の野営地に宿営することになった。 その年のの末、フランス軍がウィリアム・ヘンリー砦攻撃のために移動したと言う知らせが届いた時は、別の正規兵と民兵が1,000人到着しており、兵力は2,300人規模になっていた。 包囲戦 [ ] 詳細は「」を参照 降伏の後起こったことは、歴史的、そして一般的には虐殺とされている。 惨事が起こったにもかかわらず、殺された、もしくは負傷した兵たちは比較的冷静であった。 のイアン・スティールは200人以上もの兵(捕虜の約7. 5パーセント)が殺傷されたとは考えられないと述べている。 降伏条件として、イギリス軍と随行者はフランス軍の護衛の元、最高の栄誉を以てエドワード砦まで退却を許され、その代わり兵たちは参戦を1年半の間控えると言うものだった。 の携行は許されたが弾薬は認められず、1基を除いて大砲を持って行くことも許されなかった。 加えて、イギリス当局は、フランスの捕虜を3か月以内に解放しなければならなかった。 モンカルムは、この条件に同意する前に、インディアンたちがこのことを受け入れ得るかどうか、イギリス人捕虜の解放で、族長たちが彼らを抑えられるかを確認しようと考えた。 イギリスの駐屯兵たちは砦から引き揚げ、野営地に向かった。 マンロはフランス側の野営地にいた。 そこにインディアンたちが来て砦に侵入し、略奪を始め、砦に残っていた負傷兵や病人の一部を惨殺した。 野営地に配属されていたフランスのは、インディアン兵を連れ出そうとしたがうまく行かず、彼らがイギリス兵のを剥ぐのを止めさせるために、かなりの労力を払った。 モンカルムとマンロは、当初はその翌朝、捕虜たちを砦の南に沿って進軍させようとしていたが、この惨殺が起こったため、その夜に進軍させることにした。 しかし、捕虜が解放されると知ったインディアンたちが、野営地の周辺に群がっており、両軍の首脳はこの手段を取り消さざるを得なくなった。 翌朝、エドワード砦に向けてイギリス軍が態勢を整えるかなり前から、インディアンたちは、無防備なイギリス軍に新たな攻撃を仕掛けてきた。 午前5時、インディアンたちは砦の、フランス人の治療を受けているイギリス兵の部屋に入りこみ、彼らを殺して頭皮を剥いだ。 マンロは、降伏条件の本質的な部分が踏みにじられてしまったことに不満を述べたが、彼の部隊が進軍を進めるためには、多少の邪魔が入るのには目をつぶらざるを得なかった。 また、イギリス兵たちは、隙を窺ったインディアンからやをひったくられ、抵抗しようとする者たちは女であれ子供であれ、黒人の下働きであれ、力ずくで引き離した。 最後の兵が野営地を離れたその瞬間、インディアンたちの鬨の声が上がり、隊列の後方にいた兵たちを捕えた。 戦いの150年後に行われた再演 モンカルムとフランスのたちは、それ以上の攻撃をやめさせようとしたが、彼らを除くフランス人士官たちは止めに入ることはせず、イギリス兵をそれ以上護衛するのをはっきり拒否した。 この時点で隊列は崩れ、ある者はインディアンの猛攻撃から逃れようとし、一方ある者は積極的に彼らと戦おうとした。 民兵のであるは、着ていた軍服の大部分をはぎ取られ、何度も脅されて森に逃げ込み、3日後のになってエドワード砦に辿り着いた。 虜囚者・戦死傷者の数に関しては諸説ある。 イアン・スティールは200人から1,500人の間であるとまとめている。 スティールが細部まで検証した分では、この時の惨事と、その後での最終的な行方不明者と死者は69人から184人で、これは降伏した兵2,308人中、多くても7. 砦の中の傷病兵殺害をも含むこの虐殺が、如何に非道であるかについては、包囲戦中にケガや病気で亡くなった兵の墓を暴いて、さらなる戦利品を求めたという証言もある。 その結果、この墓暴きに参加した多くのインディアンがにかかり、それを自らの集落に持ち込むことになった。 一方フランス軍は、戦いの後、カリヨン砦に帰る前に、この砦を組織的に破壊した。 脚注 [ ]• Anderson, Fred 2000 , Crucible of War: The Seven Years' War and the Fate of Empire in British North America, 1754 to 1766, New York: Vintage Books• Brooks, Victor 1999 , The Boston Campaign, Conshohocken, PA: Combined Publishing, ,• Chidsey, Donald Barr 1966 , The Siege of Boston, Boston, MA: Crown,• Dodge, Edward J 1998 , Relief is greatly wanted: the battle of Fort William Henry, Heritage Books,• Nester, William R 2000 , The first global war: Britain, France, and the fate of North America, 1756—1775, Greenwood Publishing Group,• Starbuck, David 2002 , Massacre at Fort William Henry, UPNE,•

次の

ウィリアム王子の気になる学歴・どんな学校を出ているのか

ウィリアム ヘンリー

生涯 [ ] ヘンリーは ()のもとで見習いをし、後にマンチェスター病院にてジョン・フェリア : John Ferriar やジョン・ユイット : John Huit と働いた。 1795年からはで医学を学び、に学位を取得した。 しかし病気がち のためとしての経験を積むことが出来ず、その間の時間を主に化学の研究、特に気体関係の研究に充てた。 ヘンリーの最も知られている論文 、1803年出版 では、異なる温度や気圧下において水に吸収される気体の量についての実験が記述されていた。 この結果は今日ではとして知られている。 ヘンリーのその他の論文では気体分析、 ()、、・の組成、尿路結石やその他病的な結石、熱による殺菌能力といった話題について扱っていた。 ヘンリーの著した『Elements of Experimental Chemistry』 1799年 は当時相当な人気を博し、30年のうちに30刷に達した。 本書は、ドイツ語訳、オランダ語訳を通して日本にも伝わり、からにかけてによって『』として出版された。 ヘンリーは後の ()である ()の創設者の一人であった。 1808年には栄誉あるを受賞し、1809年2月にに選出された。 1836年にヘンリーはマンチェスター近郊の ()という町に所有していた私的礼拝堂で銃により自殺した。 脚注 [ ]• この記事には内で次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. 1911. 13 11th ed. Cambridge University Press. 302. 注釈 [ ]• Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. 2011年7月18日閲覧。 要購読、または• The Book of Manchester and Salford; for the British Medical Association. 34-35• 367日誕生日大事典『』 - 、2017年7月18日閲覧。 Henry, William 1 January 1803. Philosophical Transactions of the Royal Society London 93: 29—274. Royal Society. 2010年11月18日閲覧。 発展資料 [ ]• Elwood, Willis J. 1984 Some Manchester Doctors: a biographical collection to mark the 150th anniversary of the Manchester Medical Society, 1834-1984. Manchester: Manchester University Press• Henry, William Charles 1837 A Biographical Account of the late Dr Henry. Manchester: F. Looney Dr William Charles Henry, also known as Dr Charles Henry, was a son of William Henry; he donated the first collection of scientific books to the Library in 1851. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に に関するのテキストがあります。 , ed. 1891. London:. Thornber, Craig. 2017年7月18日閲覧。

次の

ウィリアム王子とも仲直り? ヘンリー王子、ロサンゼルスには「友達がいない」

ウィリアム ヘンリー

写真 10月出版予定の暴露本で兄弟の確執が明らかに…(画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2019年9月15日付Instagram「Wishing a very happy birthday to The Duke of Sussex today! 英王室ウィリアム王子とヘンリー王子の確執を描いた暴露本が、今年10月に出版される予定であることが分かった。 執筆を手がけたのは、英国の歴史研究家にして伝記作家、またNetflixの人気ドラマ『ザ・クラウン』で時代考証や監修を務めるロバート・レーシー氏だ。 エリザベス女王の半生を描いた『Majesty』やダイアナ妃の伝記本『Princess』、そして女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーについて綴った『Grace』など数々の著書を手がけてきたベテラン作家である。 そんなレーシー氏が今回手がけたのは、かねてから噂になっているウィリアム王子とヘンリー王子兄弟の確執について綴った『バトル・オブ・ブラザーズ:ウィリアム&ハリー 友情と確執(仮)』(原題:『Battle of Brothers: William and Harry — the Friendship and the Feuds』)で、氏はプレスリリースのなかで 「執筆リサーチを通じて発見した新たな事実の数々に、驚嘆し励まされ、時に涙することもありました。 」 「兄弟をよく知る人物らの記憶を通じてよみがえる数々のドラマは私の心を虜にすると同時に、胸が締め付けられる思いでした。 」 と明かしている。 さらにレーシー氏は、ウィリアム王子とヘンリー王子の不仲はエドワード8世(1894年〜1972年)が愛する人のために王位を捨てた時に匹敵するほどのインパクトであり、王家兄弟の確執は珍しいことではないにしろ、2人のその実態は近年稀に見る深刻さだと語った。 ヘンリー王子は昨年10月に出演したドキュメンタリー番組『Harry&Meghan: An African Journey』のなかで兄弟間の関係について言及しており、 「(兄弟としての関係が)良好な日も、そうでない日もありますよ。 」 「現在はお互いに別々の道を歩んでいますが、私はいつだって兄の力になりますし、兄も私をサポートしてくれるはずです。 多忙のため昔のようによく会うことはなくなりましたが、私は兄を心から愛しています。 」 「私たちはいつだって兄弟ですから。 」 と兄ウィリアム王子への変わらぬ愛情をアピールしていた。 また今年1月には兄弟が連名で声明を発表し「ヘンリー王子・メーガン妃はウィリアム王子によるいじめとも取れる行為により、王室を追い払われたと感じている」、「兄弟の不仲の原因はウィリアム王子がメーガンを好ましく思っていなかったため」などと書かれた記事をフェイクニュースであると批判していたが、10月に出版される『バトル・オブ・ブラザーズ:ウィリアム&ハリー 友情と確執(仮)』では、レーシー氏がその辺りの内容をどのように綴っているのかが大変気になるところだ。 画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2019年9月15日付Instagram「Wishing a very happy birthday to The Duke of Sussex today! 」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 c. emma).

次の