年賀状 文例 上司。 年賀状一言メッセージ文例!気の利いた一言を上司親戚友人に!

年賀状で上司に一言添えるなら?おすすめの文例やマナーを紹介

年賀状 文例 上司

当たり前ですが、会社の社長に年賀状を送るときには、元旦到着が必須です。 2日や3日に届くのは、大変なマナー違反になりますので気をつけましょう! 元旦に到着させるためには郵便局が指定する日(12月25日が一般的)までにポストや郵便局に年賀状を投函する必要があります。 12月は仕事やプライベートなど何かと忙しくあっという間時間が過ぎてしまいます。 また、忘年会も多くなかなか時間を取れず年賀状作りが進まないことも十分に考えられますので、年賀状はできるだけ早めに用意するのがおすすめです。 万が一、年賀状を出すのが遅くなってしまった場合は、その地域の集配拠点になっている郵便局まで持って行くと、元旦に届けてくれる場合もありますので、一度問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。 もちろん「あけおめ」などの略語ではないですよ。 新春になるとに街などでよく見かける、 「迎春」「慶春」「賀正」「賀春」は、 省略した挨拶、つまり「略語」になりますので、目上の方に出す年賀状の挨拶として使うのは避けるのがマナーです。 ですので、上司や社長など目上の方への年賀状の挨拶は、 「謹賀新年」や 「謹んで新春のお慶びを申し上げます。 」など畏まった文言を使うのが基本です。 また、「新年あけましておめでとうございます」という書き方はNGなので注意しましょう。 「新年」と「あけまして」は 同じ意味の重複表現となります。 実は書き方以前に日本語として間違っていますので、社長に限らず、年賀状でこのような書き方はしないようにしましょう。 まだまだ未熟で何かと至らないことも多々ありますが本年もよろしくお願いいたします。 など、今年お世話になったことや、来年の抱負などを一言添えるとグッと親しみのある年賀状になります。

次の

年賀状 上司や社長に出す場合の文例は?失礼のないマナーもご紹介!

年賀状 文例 上司

年賀状(年賀はがき)を職場の上司に送る際にも、忘れてはいけないビジネスマナーがあります。 職場の人に出す場合は、年賀状においてもビジネスパーソンとして良識のある内容にすることを心がけてください。 最近ではさまざまなデザインの年賀状がありますから、自分の個性を出すために少し奇抜なデザインやかわいい年賀状を使いたいと考える方もいるかもしれません。 しかし、個性的過ぎる年賀状を職場の上司に出すのは避けましょう。 職場の上司に送る年賀状は、できるだけ無難なデザインなものを選ぶのがベターです。 年賀状に書く文章は、後程ご紹介する文例を参考にしてください。 職場の上司に子供や家族の写真入り年賀状を送るのは避ける よく勘違いされている人も多いと思いますが、職場の上司や目上の方への年賀状で、子供や家族の写真入り年賀状を送るのは避けましょう。 少し手間がかかるとは思いますが、職場の上司用に別バージョンの年賀状を用意してください。 特に、職場の上司や目上の方でビジネス上での付き合いしかない人に年賀状を送る場合、この点には十分に気をつけておきましょう。 ただし、家族付き合いをしている職場の上司や目上の方のご家庭に出す場合だったり、出産祝いを頂いた上司や目上の方の場合などは、子供や家族写真を入れて年賀状を出すことはいいので、ここもおさえておきましょう。 職場の上司に送る年賀状の書き方とは 職場の上司に年賀状を送る際に気をつけておきたい事があります。 それは年賀状を書く時の文言です。 年賀状の言葉遣いには、間違った認識を持っている人も多いと思いますので、是非注意して確認しておきましょう。 「迎春」「賀正」などの賀詞は目下の人に対する表現 「迎春」「賀正」などの漢字1~2文字の賀詞を使う場合には十分に気をつけておきましょう。 この賀詞は、目上の人から目下の人宛の言葉です。 職場の上司や目上の人にあてた年賀状に書くと、失礼にあたりますので使わないようにしましょう。 「迎春」や「賀正」は、デザインとして取り入れられていることが多いですよね。 職場の上司や目上の人に送る年賀状として、これらの言葉がデザインされたものは選ばないようにしましょう。 もちろん、これらの言葉を年賀状に書くことも避けるべきです。 四字熟語の表現は便利 年賀状に使える言葉遣いで特に便利なのが、「謹賀新年」という四字熟語での表現です。 この謹賀新年は、「謹んで新年のお祝いを申し上げます」という意味があります。 誰にでも使える表現ですから、是非職場の上司や目上の方へ出す年賀状では、四字熟語を使ってみてください。 職場の上司に送る年賀状に使える便利な四字熟語を紹介 【年賀状に使える便利な四字熟語】 ・謹賀新年 ・謹賀新春 ・恭賀新年 ・恭賀新春 職場の上司に送る年賀状では、以上の四文字の賀詞を使うのが一般的です。 「謹(つつし)んで」や「恭(うやうや)しい」の言葉が入っているので、目上の方への賀詞として最適です。 職場の上司に送る年賀状の文章には是非この四文字熟語を使いましょう。 最後に、職場の上司に送る年賀状の文例をご紹介しますので、参考にしてください。 昨年は公私ともにお世話になりまして 心より感謝申し上げます 本年も、ご指導のほど 何卒よろしくお願い申し上げます。 お願い申し上げます。 職場の上司に出す年賀状は文例を参考にビジネスマナーと言葉遣いに注意しよう! 職場の上司に年賀状を送る時の書き方の注意点と文例をご紹介しました。 プライベートで送る年賀状と、上司に送る年賀状は全く別のものと考えるように考えるように心がけてください。 年賀状ひとつとってみても、そこにビジネスマナーがありますので、しっかりこの機会に覚えておきましょう。 書き方に悩んだら、年賀状の文例を参考にすることをおすすめします。 また、こういった文化の風習を大事にして上司に年賀状を送ることは、今後の仕事にも生きてきますので、是非送る気持ちがあるのであれば出しておきましょう。 とくに目上の人や取引先などに出す年賀状は、喜ばれたりします。

次の

上司へ出す年賀状の書き方と例文|賀詞の迎春や賀正は失礼なので要注意

年賀状 文例 上司

上司に年賀状を送るメリット 社会人になると、毎年ビジネス関係で年賀状を出す人もいらっしゃるでしょう。 年賀状は、新年の挨拶をすると共に、旧年中の感謝と新たな年においても変わらぬ厚情をお願いする気持ちを表すもの。 一つのビジネスマナーとも言えるでしょう。 しかしビジネス関係と一言でいっても、どこまで年賀状を出せば良いのか判断が難しいところ。 特に上司に年賀状を送るべきかについて悩むという話をよく聞きます。 「仕事始めの日に口頭で新年の挨拶をするので年賀状は出さなくても良い」という人もいるかもしれませんが、元日に届く年賀状は誰にとってもうれしいものです。 上司にとって日常的に顔を合わせている部下は身近な存在なので、きちんと年賀状を出せば関係性が良くなり、コミュニケーションがスムーズになるかもしれません。 誰にも年賀状を出していないという人もいるでしょうが、社会人として、会社の一員として、最低限お世話になっている上司には年賀状を出しておくのがベターです。 ただ、社内で年賀状を出すことを禁止している会社もあるので、年賀状に関する社内ルールは事前に確認しておきましょう。 上司に年賀状を送る際のマナー 上司に年賀状を出す際のマナーを確認していきましょう。 基本的には通常の年賀状のマナーと同じですが、上司は目上の相手。 より厳格にマナーを守る必要があります。 敬称は「様」を使い、家族ぐるみの付き合いなら、家族を連名にして問題ありません。 その際、一人ひとりに敬称を付けるのを忘れないように。 賀詞は「謹賀新年」などの4文字にする 年賀状の文頭に書く新年のお祝いの言葉を「賀詞」と言いますが、上司に年賀状を送る際の賀詞は「謹賀新年」や「恭賀新年」など、4文字のものから選びましょう。 1文字(寿、賀など)や2文字(迎春、賀正など)の賀詞は、目上の人が目下の人に送る際に使用するもので、上司への年賀状に使用すると失礼にあたります。 あらかじめ賀詞が印刷されている年賀はがきを購入する場合は、きちんと賀詞を確認することを忘れなく。 二重賀詞にしない 二重賀詞とは、文字通り、賀詞と同じ内容の文章を年賀状に書いてしまうことです。 例えば、「賀正」と「あけましておめでとうございます」は両方とも新年を祝う言葉なので、この2つを1枚の年賀状の中で同時に使用するのは避けましょう。 文章の書き出しは、賀詞に合わせて変えることが必要です。 使用する賀詞の意味をしっかりと理解した上で、二重賀詞にならないように注意してください。 手書きでひと言添える あらかじめ挨拶文が印刷されている年賀状もありますが、それに加えて、手書きでひと言添えると、より気持ちが伝わりやすくなります。 上司に年賀状を送る際にはひと言を添えるようにしましょう。 いくつか例文を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます 忌み言葉を使用しない 忌み言葉とは、縁起の良くない言葉のこと。 結婚式での「分かれる」や「切れる」などは広く知られていますが、年賀状にも同様の忌み言葉がいくつかあるので注意してください。 年賀状の代表的な忌み言葉として「去年」があります。 「去」という文字には、「去る」という負のイメージがあるので、「昨年」や「旧年」と記載します。 また、「滅びる」「絶える」「衰える」といったネガティブなイメージのある言葉も避けてください。 縦書きで書く 年賀状は縦書きと横書き、どちらで書いてもマナー違反にはなりません。 しかし、縦書きのほうが格式高く見えます。 上司に年賀状を書く際は、住所や宛名を書く裏面、挨拶文を書く表面ともに縦書きで書くのがオススメです。 元日に届くように出す 基本的に年賀状は1月7日 もしくは1月15日 の松の内までに届けば良いとされていますが、上司に年賀状を送る場合は必ず元日に届くようにしましょう。 年賀状が元日から遅れて届くと失礼にあたるのはもちろん、同僚よりも遅れて届くと悪い意味で目立ってしまうので要注意です。 郵便局が年賀状を元旦に届ける投函期日として指定している一般的な期日は「12月15〜25日」です。 この期日に遅れないよう、早めに準備しておきましょう。 上司に年賀状を送る際の文例 上司に年賀状を送る際に使える文例をご紹介。 年賀状を書く際は、挨拶文に句読点は入れないというのがマナーなのでご注意ください。 明けましておめでとうございます 昨年は大変お世話になりました まだまだ未熟ではありますが今年は昨年以上にご期待に応えられるよう精進いたします ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます 上司に年賀状を送る際のデザイン選び 近年は年賀状のデザインが多様化し、きれいな写真を使ったり、派手な色使いをしたりする年賀状が多くなってきています。 ポップでカラフルな年賀状は、新年にふさわしい華やかなイメージを与えますが、相手によってはふさわしくない場合もあります。 上司への年賀状では、やはり堅めのデザインが基本。 また、写真を使うのもNGというわけではありませんが、関係性をよく考えて題材を選ぶ必要があります。 では、デザイン選びのポイントを説明します。 賀詞は赤字OKだが、挨拶文はNG 賀詞を赤字にすることは問題ないとされていますが、「昨年は大変お世話になりました」や「本年もよろしくお願いします」といった挨拶文を赤字にすることはマナー違反にあたります。 フォントは「楷書体」か「明朝体」がオススメ 年賀状をパソコンやスマホアプリを作成する際には、「楷書体」を選ぶと丁寧な印象になります。 また、美しく上品な印象を与える「明朝体」も年賀状に向いています。 他には、視認性が高くて読みやすい「ゴシック体」も、年賀状でよく使用されています。 上司などの目上の方に対しては楷書体、友人や同僚などに対しては明朝体のように、送る相手によって適したフォントを選ぶと良いでしょう。 子どもやペットの写真は避ける 子どもやペットなどの写真を入れた年賀状を送るのは、友人や親族までにとどめておいた方が無難です。 ただ、上司であっても家族ぐるみで付き合いがある場合や結婚祝い・出産祝いをいただいた場合などは、写真入りの年賀状が喜ばれることもあります。 相手との関係性を考えて、写真を入れるか入れないか、入れる場合はどのような写真を入れるかを考えましょう。 一方、旅行先の美しい風景を写した写真などは、上司への年賀状でも問題なく使えます。 ただし風景なら何でもいいというわけではありません。 富士山や歴史のある寺社仏閣など、新年の始まりにふさわしい写真を選びましょう。 送ってない上司から年賀状をもらった場合の対応 自分が送っていない相手から年賀状が届いた場合に最も大切なのは、「必ず返事をする」ことです。 これは送っていない上司から年賀状をもらった場合も同様です。 気まずいからと、そのままにしてしまうと失礼にあたります。 届いていることに気づいたら、できるだけ早く対応してください。 年賀状は基本的に1月1日から1月7日までに届くように出すもの。 1月8日以降は寒中見舞いとして出します。 送っていない相手に返信をする場合、松の内までに届けられるなら年賀状として、間に合わない場合は寒中見舞いとして送るようにしましょう。 そして年賀状を遅れて出す場合、マナーとして年賀状をいただいたことへのお礼と、年賀状が遅れたことへのお詫びを伝えます。 例文は下記のようになります。

次の