あいみょん マリーゴールド 歌詞。 あいみょん マリーゴールド

あいみょん「マリーゴールド」 歌詞の意味を解釈!2人の恋の行方は?

あいみょん マリーゴールド 歌詞

何気ない瞬間に見せつ笑顔が、 本当にキュートです。 そして、可愛い笑顔の合間に見せる、寂しげな表情・・。 まさに「マリーゴールド」の歌詞の世界観を表現したPVになっていますね。 撮影の合間に見せる、 自然な あいみょんがとっても 可愛いです! 是非、最後までチェックしてくださいね! あいみょんが、コメントを寄せています。 ずっとこのままでいたいし、欲深く、素直に誰かを求めていたい。 1番近くにいる誰か、遠くにいる君。 届きそうで届かない気持ち。 残したい記憶、懐かしいと笑えたあの日の恋。 困難の中に置かれ、改めて 君の事が好きだという気持ちを再認識したようです。 恋愛というのは、 困難あってこそ、燃え上がるものですね。 「 あ~ぁ うまくいかないな」と、ネガティブな「彼」。 そんな時でも、「 希望の光=彼女」はずっと輝いています。 どんな困難に置かれても、うまくいかない日々があっても、 「幸せ」と感じさせてくれる彼女の存在。 恋しくてたまらないそんな感情でいっぱいです。 鮮やかな「マリーゴールド」に例えるほど、「君」は、眩しくキラキラした存在なのかもしれませんね。 「 空がまだ青い夏のこと」というのは、きっと2人の青さ 蒼さ も表現しているのかもしれませんね。 しかし、「 懐かしいと笑えた あの日の恋」と、過去形の表現になっているのが気になります。 今となっては 懐かしい思い出。 ということでしょうか? きっと、2人の間には、それなりの期間が存在していて、良くも悪くも、 いろいろな経験をしてきた という事なのだと思います。 男女ってそういうものですよね。 ちなみに、「マリーゴールド」の花言葉は「悲しみ」「変らぬ愛」。 そして、色によっても それぞれ違う花言葉が存在します。 黄色のマリーゴールドの花言葉は「健康」。 オレンジの マリーゴールド の花言葉は「予言」などなど・・。 PVに映っているのは、オレンジ色が鮮やかな「 マリーゴールド」でした。 そんな目で見つめられたら、男は弱いですから、言う事聞きますよ。 笑 「 もう離れないで」ということは、1度離れてしまった2人なのかもしれませんね。 もしくは、距離ではなく「心」が離れたのでしょうか? 青空に浮かぶ、白い雲も夏のイメージにぴったりですね。 壮大なスケールで浮かぶ雲のように、優しく包んでくれる「彼」 このサビには何か 彼の決心のようなものも 感じます。 「もう離さない」と、空に誓ったのかもしれません。 「彼女」に言えない何かがあるようです。 彼の弱さが表現されている部分。 同時にそれを自覚しているというのも解ります。 それでも未来に「絶望」は見えない。 よほど「彼女」の存在が、彼にとって大きい存在なのでしょう。 どんな困難や、悩みも打ち消すくらいの「愛」がそこにあるのかもしれません。 とにかく大好き。 本当に愛している。 ストレートすぎる感情が強調されている、歌詞の部分ですね。 肌を寄せ合う、2人の体温。 だからこそ感じる事ができる 空気の冷たさ。 そして、 その 冷たい空気は、何を意味しているのでしょうか? ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 引用:あいみょん「マリーゴールド」歌詞より 「アイラブユー」という、ちょっとクサすぎるくらいの表現で、伝えた愛情。 それでも足りないと、 彼女にキスで想いを伝えたんですね。 ノロケとも取れるくらいのラブラブな2人。 でもやっぱり2人には、 ぬぐい去れない「何か」があるようです。 その何かを、「2人の影」と表現しているのではないでしょうか? だからこそ「いつまでも このまま」と、2人は願うのかもしれません。 幸せそうなのに、どこか 切なさを感じさせる歌詞ですね。 2人にの障害となる「何か」というのは、 「距離」という物理的な別れのようですね。 この先、 離れなければいけない現実があるようです。 彼が言えなかった本当の気持ちは、 「離れたくない」という気持ちだったのかもしれません。 そして、「冷たい空気」は、距離的な「別れ」の現実を前に、2人に流れた、何とも言えない雰囲気。 それを払拭するように、「この日に名前をつけようか。 」なんて強がったのかもしれません。 遥か遠い場所に居ても繋がっていたい。 2人の想いが同じでありますように。 この切実な彼の願いが、 逆に切なさを感じさせます。 あいみょん「マリーゴールド」歌詞の意味は? まとめ 懐かしいと笑えたあの日の恋は、2人で笑い会えたのか。 それとも・・・ 「 あんな恋もしていたな・・」と、良い思い出として「彼」だけが 懐かしんだのか・・。 ここから先は、 聴き手のあなたが解釈してみてください。 私は卒業を機に遠距離恋愛になる恋を男性目線から歌った曲だと解釈しました。 風の強くなる春に心が揺れ動くけど、でんぐり返しのように繰り返す日々を、だらけながら過ごしていても、目の前には希望の光である彼女がいるから幸せだなぁ。 夏の日のマリーゴールドが彼女の姿に似てたなぁ。 夏にはまだ、楽しいだけの恋だったと懐かしいなあ。 彼女から、(卒業後に遠距離になるから別れを別れを提案したけど)もう離れないでと涙ぐまれて、優しく抱きしめたぜ! 本当は離れたくないっていいたいけど、言えない。 でも彼女となら遠距離でもうまくいくと思うから絶望はない。 だって離れてても目を閉じればシルエット浮かぶから。 少し寒い卒業後の別れの日(新しいスタートを2人で歩み出す日)に何て名前を付けようかなんて話したりして あとは歌詞のままなので割愛します。 僕もちょっとこの歌詞を分析したくなってこのブログにたどり着きました。 色んな解釈ができると思いますし、敢えて多様な解釈にとれるように書かれているのかもしれません。 が、個人的には遠距離恋愛の曲のように見えますね。 「懐かしいと笑えたあの日の恋」とあることから、 お互い両思いになって付き合い出してからもう数年は経過しているのでしょう。 その時の初々しい思い出を回想しているように見えます。 それからお互い環境が変わり、これまでのような関係が難しくなってしまった。 「もう離れないで」という歌詞が、女性的な言葉に見えますが、 いずれにせよ一度は関係が疎遠になっていることが分かります。 「目の奥にずっと映るシルエット」「はるか遠い場所にいても繋がっていたいなあ」 あたりからもやはり普段は近い場所にいないことを匂わせます。 そして「本当の気持ち全部~不思議なくらい絶望は見えない」 のところが紐解く鍵になるように思います。 お互い両思いでありながら遠距離であるということは、それぞれが夢や目標があり一緒にいれないのではないかと思います。 でもその夢や目標と、会いたいという気持ちを正々堂々と伝える強さはない。 でも自分の選んだ道に対して悔いはない、と思っているのではないでしょうか。

次の

あいみょんのマリーゴールドはパクリ?似ている疑惑を検証!

あいみょん マリーゴールド 歌詞

スポンサーリンク パクリ疑惑が上がったあいみょんのマリーゴールドの曲 マリーゴールドは2018年8月8日に発売された曲になっています。 切ない歌詞と恋をする情景か思いうかぶような、真夏の恋にぴったりのサマーソングになっています。 何度も、何度も聞くと味わい深くなる曲になりますよね。 マリーゴールドの曲を聞いた人は、リズムが心地よく『懐かしい感じ』の曲ともいわれているみたいです。 もしかしたらこのパクリ疑惑は、この『懐かしい感じ』という部分が少し引っかかるのかもしれませんね。 あいみょんのパクリ疑惑が出た曲はこちら あいみょんのマリーゴールドに似ていたり、パクリなのではという疑惑の上がっているのが、1995年に発売された『小沢健二さん』の「さよならなんて云えないよ」という曲です。 小沢健二さんのさよならなんて云えないよのMVがあるのですが、歌は90年代の懐メロ感がありポップ感のある曲調となっています。 ポップ調なのですが、小沢健二さん曲はじつは恋人の失恋を語っている曲でもあります。 小沢健二さん曲を一見聞いていると、色々な曲調に似ているので小沢健二さんの曲を知らない方は、マリーゴールドと「どこが似てる?」と思う方も多いと思います。 小沢健二とあいみょんのマリーゴールドのパクリ疑惑部分 あいみょんのマリーゴールドと、小沢健二さんの曲でパクリや似ている部分は、 ・あいみょんのマリーゴールドのサビの部分 1:04の「麦わらの帽子の君」部分 ・小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ」の冒頭(最初)の部分 0:17の「青い空が」の部分 なのだそうですが、音楽素人が聞くとパクリ?と謎の疑問感もありますが、どうやら音楽に詳しい人によるとメロディー似ているのだそうです。 正直音楽に詳しくないので比較してもイマイチな部分がありますが、そこまで似ていない感じもしますよね。 あいみょんのマリーゴールドは、小沢健二さんの曲よりも、RADWIMPSやスピッツ、ZARDの曲調の雰囲気に似ている気もします。 特に曲の感じはスピッツに似てるともいわれているみたいですが、90年代の曲調ではありますよね。 ちなみにあいみょんのマリーゴールでなく、小沢健二さんの曲に似ているとされている曲は他にもあるみたいです。 それが乃木坂46の「環状六号線」という曲のサビ部分もにているのだとか。 乃木坂46というよりも、AKBなどでもこのような曲調などありそうですよね。 アニソンとかでもありそうです。 特に似ているというよりも、90年代雰囲気的な可能性がありますよね。 このような曲調はよくありそうなので、似たり寄ったりした曲調があっても別におかしくない話。 そのためあいみょんのマリーゴールドがパクリ疑惑ということは、なく似た感じの雰囲気になってしまったのかもしれませんね。 では一体、なぜあいみょんのマリーゴールドが「パクリ」と検索されるほど疑念や疑問を思った人が多いのかをまとめてみました。 スポンサーリンク あいみょんのマリーゴールドはなぜパクリ疑惑がでてしまったのか あいみょんが小沢健二や昔の歌謡曲が好き あいみょんと小沢健二さんの曲調が似ているのは、あいみょん自体が小沢健二さんに影響があるからなのだそうです。 あいみょんは小沢健二さんを「オザゲン」と呼んでおり、言葉やメロディが素晴らしいと絶賛しているみたいです。 しかも一時期「オザケン」になりたいときがあったのだとか。 小沢健二さんの曲でも「愛し愛されて生きるのさ」は、ザ・オザケンとインタビューで語っていたそうです。 あいみょんは大好きでリスペクトしている小沢健二さんの曲に『かなり影響を受けている』のかもしれません。 音楽ではなくても、絵や小説なども尊敬している人を練習でまねしたり、見たり聞きすぎると「雰囲気」が似ているような感じになったりしますよね。 まれにパクリと言われますが、あいみょんは才能あふれる若者なので「影響力があった」ということになるかもしれませんね。 あいみょんは小沢健二さんの曲を学生時代にとてもあ聞いていて、その中でも「さよならなんて云えないよ」特に好きで、自分が恋愛や失恋ソングを書くときに重なったのかもしれませんね。 またスピッツの風潮が似ているのは、あいみょんが学生の頃にアコースティックギターでスピッツのカバーをしていたからなのだそうです。 あいみょんのお父さんの影響がある あいみょんは小沢健二さんなど、若い人には渋めの人選アーティストが好きなのだです。 そして、その90年代を代表とする曲の影響を受けたのは「お父さん」だったそうです。 あいみょんのお父さんはPAエンジニアという仕事柄、昔から自然と音楽に慣れ親しんでいたそうです。 PAエンジニアとは、音楽機材の操作やシステム設計、メンテナンスなど幅広い技術が必要な仕事で、全国の録音スタジオで働いているお仕事です。 当時あいみょんが小さかったころ、あいみょんのお父さんは小沢健二さんやスピッツなどの世代の音楽を担当していたとしたら、影響を受ける可能性も高いですよね。 実際に90年代は色々良い曲が多いのですし、あいみょんは歌謡曲が好きとも公言しています。 歌謡曲はお父さんとお母さんの影響だったそうですよ。 そのため、昔の曲に影響されているのは間違いないかなというところですね。 あいみょんは90年代の音楽の影響されている可能性が高い 90年代の曲の懐メロは、様々な歌の曲調が似ているものが多いのだそうです。 小沢健二さんに似ているといわれている『スピッツ』や『ZARD』、『RADWIMPS』も90年代を代表する歌手でk曲調も似ています。 ちなみにスピッツ、ZARD、RADWIMPS、小沢健二さんの90年代ソングというものは、メロディコードがカノン行進曲に似ているのだそうです。 大概の90年代のヒットソングは「カノン行進曲」の曲調が欠かせないみたいだったそうですよ。 しかもカノン行進曲調は「感動しやすい曲」らしく、もしかしたらこのテクニックというものをあいみょんが使っていたのかもしれません。 あいみょんはスピッツなど曲を学生の頃からカバーしていたことから、あいみょんの楽曲には深く影響があったのかもしれませんね。 音楽コードなど結構マニアックな話になってくると、あいみょんのマリーゴールドがパクリとかよくわからなくなりますよね。 あいみょんの曲調が似ているアーティスト あいみょんは独創的な世界観を持っているシンガーソングライターですが、小沢健二さん以外にも影響を受けている可能性がある歌手がいます。 それが『椎名林檎さん』ではないかといわれているそうです。 マリーゴールドの曲ではないのですが、2017年5月3日の2stシングル「愛を伝いたいだとか」では、椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」のパクリやら影響を受けているのではともいわれているそうですよ。 あいみょん「愛を伝えたいだとか」 椎名林檎「丸の内サディスティック」 マリーゴールドのようなパクリ疑惑はでていないのですが、椎名林檎の曲に似て懐かしいと思う人が多いみたいです。 実際に聴いてみると、こちらは小沢健二さんよりも椎名林檎さんと雰囲気が似ていますよね。 愛を伝たいだとかを聞いた人は、あいみょんを今どきのキラキラ系の音楽だとか違いしたら椎名林檎調でハマったという人もいるほどです。 ちなみに、あいみょん同じく独特の感性を持っている「米津玄師さん」も椎名林檎さんの影響しているのではと言われたりするそうです。 あいみょんのマリーゴールドはパクリではなく影響を受けているだけ あいみょんの曲は今の若い世代には聴かない曲調ですが、90年代の人には懐かしいと思われるので、マリーゴールドを「パクリ」などと思う方もいらっしゃるのかもしれません。 しかしあいみょんの小沢健二さんリスペクト具合から見ると、強い影響を受けているたけなのかもしれませんね。 なんでもそうですが、色々な曲が似たり寄ったりするのでパクリとか云々あってもしょうがないですが、音楽は芸術作品なので多少の影響で似たり寄ったりしてもしょうがない話。 というよりもあいみょんのマリーゴールドはとても良い曲なので、それは間違いないですよね! うまくまとめられませんが、才能あふれる方なので次々良い曲を作り小沢健二さん声も夢ではないかもしれませんね。

次の

あいみょん マリーゴールド

あいみょん マリーゴールド 歌詞

シンガーソングライターのあいみょんが、 5THシングル「マリーゴールド」をリリース。 あいみょんの夏の代表曲となる予感です。 今回は、その歌詞の意味を解説します。 「マリーゴールド」の歌詞の意味については、 描かれている主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 ぜひ、情景を想像されて、聴いてみてくださいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 あいみょん 新曲「マリーゴールド」の歌詞 マリーゴールド 作詞 あいみょん 作曲 あいみょん Release 2018. よく麦わら帽子をかぶっていた彼女。 その姿は、マリーゴールドの花のようでした。 風に揺れるマリーゴールドを見ると あの日の彼女との思い出が蘇ります。 彼を見つめる真っ直ぐな瞳の彼女、 二人で肩を寄せ合い歩いた日の空気、 愛してるの言葉だけじゃ足りなくてキスをせがんだ彼女。 今日もあの日と同じ優しい夏の雲が 青い空に浮かんでいます。 あの日の思い出が雲の中に残っているんじゃないかと、 雲に手を伸ばしたい気持ちの彼がそこにいます。 純愛は美しいですね。。 関連記事.

次の