小学生 塾 ついていけ ない。 塾についていけない場合って?

塾に中学生が通う必要性はあるのか?元個別指導塾だった教室長の考え

小学生 塾 ついていけ ない

Contents• 小学生に塾が必要なケース 小学生から塾に行く必要はない とはいっても、 必要な場合もあります。 それについて、 まずはお伝えしておきます。 中学受験する 中学受験する場合は、 塾に行っておいた方がいい場合もあります。 とくに算数の内容は、 中学レベルの内容を小学校までの知識で解く問題とか、 たくさんの特殊算があるので、 学校じゃ対応できないし、 親が教えるのもなかなかしんどいかもしれません。 そういう場合は、 塾を使うのも効果的かと思います。 英語に触れさせる目的 小学校の低学年のうちから、 英語に触れさせるという目的で、 塾を利用するのもまぁアリかなと思います。 個人的には塾ではなく、 英語教室的なところのほうが 学校のお勉強の英語ではなく より実践的な英語に触れる機会があると思うので、 利用価値は高いかなと思いますけどね。 ふつーの塾に行かせたら、 学校の授業みたいに 勉強することになるので… まぁアルファベットとか、 簡単な単語を覚えて英語に触れる くらいの目的な どっちでもいいと思いますよ。 小学生から塾に行くメリット ここからは、 小学生が塾に行くメリットについて お伝えします。 小学生から塾に行く必要はないと思うけど、 目的が明確であればメリットはあります。 ようは使い方次第です。 子供本人が勉強で 明確にわからない部分があるときは、 それをカバーすることができます。 ただどこがわからないとか、 学校から出された宿題すらやってないとか、 そういう 最低伝のレベルに達していない場合は、 行くだけムダになってしまいます。 家でまったく勉強しないって言う場合、 塾に行くことで勉強時間を多少確保することはできます。 だけど、 塾で勉強時間を確保したからって、 勉強をやるようになるわけでも、 勉強ができるようになるわけではないので 注意が必要です。 結局本人の意思がついてこないと 何の意味もありません。 小学生から塾に行くデメリット ここからは、 小学生から塾に行くデメリットについて お伝えします。 子供にとってこんなデメリットがある ということを知っておいてください。 塾に行かなければいけないから、 その分 遊ぶ時間をけずることになります。 そうなると、 子供にとってはストレスかもしれません。 ストレスになっていたら、 何百時間塾で勉強しても まったくみにつくことはないので、 お金と時間のムダになります。 だから塾に行かせる必要はないんです。 本来勉強というのは、 机に向かってマジメにやることが すべてではありません。 普段の生活で触れるもの、見るもの、 親との会話、テレビやネットから得る情報 などなど… いろいろなものから、 たくさんのことを知り、学び、 身につけていくのも勉強です。 塾の外では 勉強のスイッチを 完全にオフにしてしまうようになります。 そうなると日常生活の中で、 目に映るもの、耳に聞こえてくるものから 新しい情報を吸収する能力が失われます。 脳みそが活動せず どんどんおバカになっていきます。 だから小学生から塾に行かせる必要はないんです。 家で勉強する習慣付けないとダメ 塾にどれだけ行かせたところで、 家でもしっかり勉強しないと、 なにも見につきません。 すべて忘れていきます。 なので結局、 家でもあたりまえに勉強する習慣を みにつけさせないとダメです。 親子のコミュニケーションを通して、 机に向かってマジメに問題を解くだけが 勉強ではないことをしっかり教えてあげてください。 親が勝手に決めるのは絶対にダメ 子供がどんなに年齢が低かろうが、 親が勝手に決めるのは、 絶対にダメです。 子供に判断できない とか決めつけるようなことはしないでください。 1人の人間として、 しっかり扱ってあげてください。 子供が行きたいというまで待って 子供が行きたくないって言っているのに、 「行きたい」って言ったってウソつかれて 塾にくる羽目になった子をみたことがあります。 そんな子が、 塾にきても、まぁ何もやりませんよね。 どれだけ注意しても、 授業時間内ボーっとして やり過ごそうとするだけ。 あたりまえですよ。 イヤなのに無理やり行かされて、 勉強なんかやるわけないです。 塾は子供のしつけを他人に、 丸投げするところではありません。 塾に行くことを提案してみるのはokですが、 子供が行きたくないと言ったら、 ムリに生かせるようなことはやめてください。 映像教材や通信教材も試してみて! 塾だけでなく、 映像教材や通信教材もいろいろあります。 塾に行かせるまえに、 そっちも試してみてください。 家の中で気軽に取り組める方が、 案外しっかり勉強するかもしれませんからね。 塾でマジメに机に向かわされるより 楽しくできるだろうし。 最後に。 以上、 小学生を塾に行かせる必要はない。 というか行かせない方が良いその理由について でした。 小学生から塾に行かない方がいい理由は、 勉強=学校や塾で机に向かってするもの になってしまうからです。 勉強というのは、 日常生活で出会う新しいものすべてです。 それらを 自然に吸収できるような 環境を用意してあげてください。 塾に丸投げする前に、 できることはたくさんあるはずです。 一番大切なのは親子のコミュニケーションです。 子供扱いして見下さないで、 1人の人間として、 接してあげてください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 しょうり.

次の

小学生に塾は必要?周りが塾に行く理由や、塾の種類・選び方を知って不安を解消

小学生 塾 ついていけ ない

Sponsored Link 小学生に塾は必要なのか必要ないのか 小学生で塾にかよっている子が結構いたり高学年になると塾に通わせた方がいいのかと悩まれる方も結構いらっしゃると思います。 ですが、本当に小学生に塾は必要なのでしょうか。 まず、絶対的に小学生で塾が必要という子は中学受験する子ではないでしょうか。 中学受験するなら塾は絶対に必要 説明もいらないほど当たり前の事ですね。 中学受験をさせようと考えている子供には塾は絶対に必要です。 中学受験と学校で教わる授業では全く違うようですし就職難などで少しでもいい学歴をと考える方も多いので中学受験もかなり大変でしょう。 なので、 中学受験をするつもりなら早いうちから塾に通わせ苦手な部分などをしっかり理解できるようにし中学受験対策をしていかなければいけません。 中学受験をする事になれば子供が1番大変なので中学受験をするかどうかは子供としっかり話し合わなければいけませんけどね。 中学受験をするなら塾は絶対的に必要ですが公立中学に行かせるなら塾は必要ないと思います。 公立中学なら塾は必要ない 今のまま 公立中学で通わせる予定なら小学生に塾は必要ないでしょう。 もちろん、塾に通わせ勉強ができるようになる事はいい事ですが 子供が行きたいと言わない限り塾は必要ないと思います。 塾に通わせるよりも小学生の間に色々な経験やスポーツをさせる事で自分の好きな事が見つかったり真剣に取り組みたいスポーツを見つける事の方が大事かなぁと思います。 勉強も大事ですが中学生になると高校受験などが控えていますし嫌でも勉強しなければいけなくなりますから小学生の間は勉強勉強と言わず子供がやりたい事をさせてあげる事の方が大事かなぁと思います。 今は学歴社会ではないと思いますし学歴も必要ですが学歴よりも継続する力やコミュニケーション能力など将来役に立つ事を身につけさせるのは小学生の間に十分できる事です。 1つのスポーツを継続し必死に頑張り、どうやれば上手くなれるのか、どういう練習をすれば上手くなれるのかなどを自分で考え行動するという事を身につけておけば勉強も同じように継続する事ができるようになるでしょうし 自分で考え行動するという事ができるようになると思います。 子供が塾に行きたいと自分から言い出せば塾に通わせたらいいと思いますし特に言わなければ無理に塾に通わせる必要はないでしょう。 塾に通わせるとしても中学生になってからなどで十分だと思いますよ。 小学生の勉強は親が教える事も十分にできますし。 ですが、公立中学へ行く子供でも塾が必要な子はいます。 小学生で塾が必要な子 公立中学に行かせるが塾が必要な子はいます。 それは、 授業に全くついていけていない子で親が教える事を嫌がる子ですね。 授業に全くついていけていない子というのは少し親が教えると少しづつできるようになりますが親に勉強を教えてもらうという事を嫌がる子もいます。 そうなると学校でしか勉強しない事になりますし授業についていけていないのなら親なりが教える必要がありますが、それを嫌がると塾に通わせる必要があります。 もちろん、 塾ではなく公文などでも十分だと思いますし計算が苦手ならそろばんでもいいと思います。 まずは、親が教える事をしてみてそれを嫌がるなら塾なりに通わせた方がいいとは思います。 もちろん、塾に行く事すら嫌がるのなら無理に行かせる必要はないですが授業をしっかり聞き自習もしっかりする事を約束させ親がチェックする事が必要です。 勉強はわからないから嫌いとなってしまうので自分でできるようになるとゲーム感覚で楽しくなっていくものです。 なので、まずは 学校の授業についていける程度にしてあげておく事が必要ですね。 全く、授業についていけていなく親が教えるのを嫌がる子には塾は必要ですが少しぐらいついていけていなくても中学生になってから塾に通わせればできるようになりますし少しついていけていない程度だったら塾は必要ないですけどね。 Sponsored Link.

次の

【小学生】おすすめの塾の選び方|失敗しない「塾選びのポイント」を詳しく解説

小学生 塾 ついていけ ない

小学生で塾に行かなくてもいい子って? 塾ってどんな子が行くところなんでしょう。 一口に塾に行くと言っても、塾に行く目的は様々です。 学校の授業についていけないから、もっといい成績を取りたいから、中学受験をするから、小学校に行っていないから、もっと色々な理由があるかもしれませんね。 ただ、親御さんとしては塾に行かせるとお金がかかるので、行かずに済ませられるのなら、塾に行かずにできるようになってほしいですよね。 そこで考えたいのは塾に行かなくてもいい子ってどんな子なのかということです。 もちろんお子さんが自分で勉強すればいいという意見もあると思いますが、その辺はちょっと脇においておきましょう。 それを言ってしまっては、世の中全てのことが必要なくなってしまいますからね。 学校の授業についていけない時は、塾に行ったほうがいい? 学校の授業についていけないという時は何かしら対策は取った方がいいです。 どれくらいを目安にするのかというと、学校のテストで80点以上が常に取れないという時は、塾に行くことを考えたほうがいいのではないでしょうか。 自分で毎日勉強して、授業を理解しようとするとかなりの労力と、何を勉強すべきなのかという判断など色々なことを勉強以前に考えないといけません。 また勉強の内容はすでに分からななくなっている状態なので、その状態を自分で解消することになります。 ということは、お子さんがが分からないことを自分1人で勉強し、理解し、覚えるということが必要になってきます。 お子さんが1人でするにはかなり難しいと言わざるを得ません。 ちょっと今日の授業が分からなかったという程度であれば、できるのかもしれません。 しかし、問題となるのは、ちょっと分からないなぁと思いつつ、ほったらかしにしておいて、結局全てが分からなくなってしまったときです。 そんな状況になっているという場合は少し勉強するくらいでは理解できませんし、自分自身の力のみでは解決しづらいと思います。 こんな時は、早めに塾に行くようにした方が安心だと思います。 ・ 小学生で塾に行ったほうがいい子はどんな子 塾に行かせる必要がないと思われる1番のケースは、学校の成績がいいときです。 常に100点が取れる子から、大体80点が以上が取れるくらいの子でしょうか。 確かに学校の成績がいいと行く必要はなさそうです。 実際100点のテストを見て何を勉強しろと言えばいいのでしょうか。 なかなか難しいですよね。 しかし、悩むのがこの100点という点数の評価です。 きちんと理解しての100点となんとなくでやったけど取れてしまった100点。 見た目にはどちらも同じ100点なのに持っている意味が全く違います。 前者は全く問題なさそうですね。 しかし、後者は判断が難しいです。 見た目にはできているように見えているので、詳しくテストをみたり、お子さんに質問したりしながら理解しているのか確認して、実は理解できていないということを判断したいところです。 この理解が浅いことを見逃してしまうと気付いたときに、なんとなく点が取れなくなってきたり、場合によっては小学生のうちには顕在化しないこともあります。 気付くのが中学生になってしまうこともあります。 その時は、中学のテストで思っているように点数がとれない、勉強しても成績があがらない、それどころか勉強している段階で理解できない、なんてことになってしまいます。 あまりに分からなくなってしまうと、追いつく気力もなくなってしまうので早めに気づいてあげたいところです。 テストの点数だけでなく、何を考えて解けたのか、式を立てた理由、その選択肢を選んだ理由を把握することに力を入れるといいと思いますよ。 ちょっと苦手がでてきたなぁと思ったら、早めの対処が大切です。 自分で出来そうであれば自宅学習で克服してしまうというのでもいいと思います。 ちょっと自分でできないなぁというときは、塾などを使うことがおススメですよ。 ・ しっかり理解できる子は塾に行かなくていい? それではしっかりできている子は塾に行かなくていいのでしょうか。 勉強ができるから塾に行かなくてもいいと判断するのも、行くべきだと判断することも難しいです。 塾に行くか、行かないかというのは各ご家庭の価値観に寄るところが大きいです。 学校の内容がきちんと理解できていればいいという考えであれば、塾に行かせる必要はないと思います。 もしもっと力を伸ばしたいと考えたときは、塾の検討の余地がでてきます。 ・ 小学校の内容が理解できていても塾に行くメリット 小学校の内容がきちんと理解できている場合は、本来は塾に行く必要って感じることはないと思います。 しかし、このきちんと理解で来ている場合でも塾のメリットはあります。 その時に行くべき塾は、小学校の内容を越えたことを教えてくれる塾、もしくは中学受験を対象とした塾です。 学校よりも難しい問題を扱うことで、お子さんが飛躍的伸びるということもあります。 まとめ 今回の記事では塾に行かなくてもいいというお子さんはどんなお子さんなのかについて書いてみました。 学校の成績やお子さんの置かれている状況も様々なので、塾に行かなくても大丈夫というのも難しいのかもしれません。 どちらかというと、ご家庭の価値観から判断されるのが1番ではないでしょうか。 勉強には終わりがありません。 学校でする勉強を、大学受験を1つのゴールとみるのであれば、大学受験で困らないかを基準にすればいいのではないでしょうか。 高校受験を目標とするのであれば、高校受験で困らないかを1つの判断材料にすればいいですね。

次の