イカ の 天ぷら。 アオリイカの旨い食べ方 天ぷら

イカの天ぷらを揚げる際の油はねの対処法とは?

イカ の 天ぷら

サクサクの天ぷら…揚げたてを食べるには家庭での調理が最高です。 しかしながら、家庭での天ぷら調理の時には、油が はねないだろうかが怖くて敬遠しがちだという方もたくさんいるのもこれまた事実です。 特に、 イカの天ぷらは爆発する事が多く、出来れば自分で揚げたくない食材の1つです。 イカの天ぷらを揚げたての状態で味わいたい気持ちがある一方で、爆発の恐怖経験を思い出すとイカの天ぷらを揚げることに敬遠したい気持ちが出て来てしまいます。 イカ以外の揚げ物でも油はねないのに、イカですと異常に油はねが出ますから、敢えて自分からやろうとする人が少ないです。 ネガティブな発想ばかりしてしまう、イカの天ぷらですが、家庭でイカの天ぷらを揚げることコツがあります。 天ぷらをあげる時に油が全くはねない方法というのは無いですが、少しでも油がはねないようにするコツはあるからです。 そこで、なんとか揚げたてのイカの天ぷらを家庭でも作って食べたいと思っている方の為に、イカの天ぷらを家庭で揚げるコツやイカの天ぷらが爆発してしまう理由を理解した上で、油がはねない方法とそのコツにつて下記のトピックを主体として順次、紹介していきます。 冷凍のモンゴウイカなどは、皮があらかじめむいてあり、鹿の子に切れ目が入っている下処理済みのものが多いです。 こうした下ごしらえが出来ている素材を使えば、水分をキッチンペーパーで拭き取る、小麦粉をまぶすといった行程を丁寧にすることで爆発のキケンなくイカの天ぷらを作るコツです。 イカの下処理の方法を学ぶ!(皮の切り方のコツ) イカの天ぷらで最大の問題は、自分でイカの下処理をしなければいけない場合です。 イカの下処理をしっかり出来ていないと、イカの天ぷらをすると確実に爆発します。 茶色い皮をむいても、それだけではかなり油はねしてしまいます。 ヤリイカなどを、一体丸ごとを調理していくときには、皮が3枚あると言うことを覚えておく必要があります。 茶色い色素のある皮と、そのすぐ下、そして身と一体となった皮です。 身と一体になった皮は、無理に剥こうとすると身も一緒にちぎれてしまうので、すべての皮をキレイにむくことが難しいと感じる人が多いはずです。 急激に熱がかかって、身と皮の縮み方に差が出来ることと、皮の間の水分が問題ですから、皮をキレイにむくことは、イカの天ぷらで油がはねない方法として最重要と言っても良いです。 イカの切り方について イカの表面にある最も身に近い薄皮には、切れ込みを入れてることが破裂しないようにするコツです。 切り方のコツとしては、イカの皮の表裏を格子状に切ることと共に、イカの身を切り離さないようにすることです。 イカの皮の表裏に切り込みを入れることで、イカの天ぷらを食した時の食感が柔らかくなります。 イカの天ぷらを揚げる前に意識する油がはねない方法とは? イカの天ぷらで爆発させてしまう理由がいくつかあります。 言うなれば、それを理解していれば、油がはねないわけです。 油がはねてしまう方法を見ながら、はねない方法として理解します。 最初に、イカの天ぷらが爆発するワケについて話しましたが、それにつけてイカの天ぷらを爆発させやすい原因を調理中に行っていることがあります。 A:イカの天ぷらを揚げる時に使用する油の温度が高すぎること B:イカの天ぷらを揚げる時間が長過ぎること C:イカの天ぷらに使用する油が少なくて、温度の上下動があること D:イカの天ぷらに使用するイカの水分を充分に取れてない A:イカの天ぷらを揚げる時に使用する油の温度が高すぎること イカの天ぷらを揚げる時の油の温度設定は、170度から180度ほどで、イカは他の食材と比べると温度設定が低めです。 B:イカの天ぷらを揚げる時間が長過ぎること 目安として、衣を入れて油が途中から浮いてくる状態がイカの天ぷらに適した時間帯です。 C:イカの天ぷらに使用する油が少なくて、温度の上下動があること イカを揚げている時間が長過ぎても油がはねる原因になります。 D:イカの天ぷらに使用するイカの水分を充分に取れてない 油の量が少ないと温度を常に適温に保つのが難しいですから、油の量は大目にしておきます。 後でも詳細を説明しますが、イカの水分を取るのにはコツがいりますから、そのコツを利用して水分を取ってあげることです。 イカに水分が多く残っていると、油で揚げると当然ですが油がはねます。 上記の点を意識しておけば、イカの天ぷらをする時に油がはねない方法に繋がります。 上記を踏まえた上で、 ・あらかじめ熱をかけて、油の中で一気に膨張、収縮しないようにする ・水分をしっかり拭き取る といった各々の対策がイカの天ぷらをする際の対策であり、コツになります。 イカの天ぷらを爆発させずに揚げる方法とは?(プロに学ぶ揚げ方) ・表面から2枚の皮をむき、鹿の子状に包丁で切れ目を入れます ・ざるの上に並べてお湯をかけ、霜降りにします 吸盤は、取らなくても良いのですが、あらかじめ、吸盤に付いている硬いカラみたいなものは、水道水を流しながら、手で簡単にモミ洗いして落とします。 (カラの中にある水分は、キッチンペーパーでは取れないからです) そのあとに、塩水で、さっと、ゆでます。 ここで、注意をしなければならないことは、ゆで過ぎるとイカの味が、落ちてしまうということです。 ・フキンやキッチンペーパーで水分をしっかり拭き取る ・小麦粉を薄くまぶす ・天ぷら衣をつけて、やや、低めの温度から揚げ始める というのが、プロがするイカの天ぷらの作り方です。 包丁を細かく入れておくことで、薄皮が膨張して破裂してしまうリスクを下げています。 水と油がはねるだけではなく、皮が膨らんではじけると、パチパチどころが「ボン!」と大きな音と一緒に、熱い油が跳んでくるのでホントに危ないですから注意が必要です。 イカの天ぷらを揚げる前のちょっとした注意点とは?(衣を付ける時間帯や衣の作り方) 衣はイカの天ぷらを揚げる直前に作ること 衣を早くから作らないことです。 油に火を点けてから作り始めます。 あまりに早く衣を作ると、衣に粘りが出てしまい衣が剥がれやすいです。 衣が剥がれやすいということは、イカの天ぷらで爆発させてしまう可能性も高くなります。 衣の正しい作り方 衣を作る時にボールを使用し水と粉を混ぜますが、まず、水を入れてから粉を入れます。 これを間違って、粉を先に入れてから水を入れると、粉がボールの下に溜まってしまい、粉を充分に使いきれないですから、もったいないです。 必ずボールに水を入れてから粉を入れます。 衣に必要な水と粉を事前に冷やす また、イカの天ぷらで油がはねない方法として、衣を作る際に、水と粉を事前に冷やしておくと、衣を作った時に粘りが出にくいので、しっかりと衣がイカに付きますから、イカの手天ぷらで油がはねないです。 衣を油の中に入れる際に気を付けること 衣を入れたボールを、油の入った鍋の上まで持ってきてから衣をつけたイカを入れます。 ボールが鍋と離れた場所にあると、衣の付いたイカを落とす感じになってしまい油が跳ねます。 どんな天ぷらでも同じことですが、特にイカの天ぷらの際は、少しでも油のはねないようするために注意したいところです。 イカの天ぷらが揚がっているかどうかを見極めるタイミングは? 衣が硬くなっているかどうかをお箸で確認します。 イカの天ぷらを裏返して、泡が大きくゆっくりと出るようでしたら出来上がりのタイミングです。 この際も出来上がったイカの天ぷらをすくったら、なるべく鍋の近くでバット(イカの天ぷらを置くトレイ)へ移すことで、油が跳ねないです。 イカの天ぷらを揚げる前にするちょっとした便利なコツ!(電子レンジ、冷凍など) ここでは、イカの天ぷらを揚げる際に役立つちょっとした便利なコツをいくつか紹介していきます。 皮を綺麗にむきたい時のコツ2つ もっとキレイにイカの皮をむきたい場合には冷凍する どうしても上手くイカの皮がむけないので、なんとかしたいという方にオススメな方法があります。 身に近い皮までむくには、軽くイカを冷凍するのがオススメです。 イカを冷凍することで、ぬめりを抑えて扱いやすくなるので、生のままでは身が裂けてしまう薄い皮も比較的キレイにむけるのです。 イカを冷凍する際には、ガチガチに冷凍するのでなく、半冷凍にした状態のことです。 ガチガチに冷凍すると、もちろんですが皮を剥けないです。 あくまで半冷凍です。 コツ1. フキンやキッチンペーパーを利用して皮をむく フキンやキッチンペーパーでイカの皮をつかむと、さらに滑りにくく皮をむきやすくなります。 フキンやキッチンペーパーを使えば、イカの余分な水分も出来る限り拭き取ることが出来ます。 これらの方法を使うと、お腹側の薄い皮もむきやすくなるので、表3枚、お腹1枚の皮を取り除くことが出来て、イカの天ぷら爆発のリスクをかなり下げることが出来ます。 コツ2. 電子レンジを利用してイカの天ぷら爆発を未然に防ぐ イカを袋に入れて、電子レンジで軽く加熱してあげると、イカの天ぷらをした時に爆発を防げます。 ゲソ(足の部分)は、皮を剥いたりして切れ込みを入れるのも難しいですから、あらかじめ加熱して爆発させておくというのも手ではあります。 電子レンジですと、油で揚げるときと同等に急激に加熱されるので、電子レンジで一度、イカの天ぷらで使用するイカを爆発させておけば、油の中でイカが爆発するリスクはかなり下がります。 蓋付きの容器か、耐熱ポリ袋に数カ所穴を開けたもので加熱すると、下味の調味液をつけたままでもレンジに入れられますし、ほどよく風味をつけることができます。 下味を揉みこんでイカの水分を出す また、切った後で塩やしょうゆを揉み込むと、浸透圧の関係で膜の内側にたまった水分がでてきますから、それを拭き取ってから、小麦粉をまぶすという方法も有効なコツです。 まとめ イカの天ぷらを爆発させないためには…を今一度、復習してみます。 そして、何よりも主婦に取っては油はねとの戦いです。 特にイカは油はねや爆発が多いので敬遠気味の方も多いと思います。 「鍋の蓋を盾にして必死にイカの天ぷらを家族のために揚げていた!」 「イカをさばくなんてハードル高いわ」 そんな風に思っていた皆さんも、コツを押さえて、下ごしらえのコツを押さえたら、イカを爆発させずに揚げたてのイカの天ぷらを自宅でも楽しめると思います。 一番大切なのは、下ごしらえのコツを掴むことですから、これまでに紹介してきた「イカの天ぷら爆発の恐怖からのがれる方法?」を熟知してもらえれば、イカの天ぷらを爆発させずに自宅でも作れそうだと思えるようになります。 イカの天ぷらだけでなく、他の食材を油で揚げる時の参考にもなりますから、何度も読んで頂くか、プリントアウトしてファイルに保存しておけば、たまに揚げ物を作る時に大いにお役に立てると考えます。 ベテラン主婦でも敬遠してしまうイカの天ぷらは、油がはねない方法やコツを知らないからです。 もしも、あなたがイカの天ぷらをご家庭で出せたならば、あなたの料理における評価が上がることは間違いなしです。

次の

イカの種類まとめ!知っていて損は無い7種類のイカを紹介します。

イカ の 天ぷら

冷水を使い、軽く混ぜるカラッと揚がらず、衣が重い感じになってしまう原因の1つが衣の作り方です。 衣が重たくベタっと原因は小麦粉のタンパク質が作り出すグルテン。 小麦粉と水を混ぜるとできる粘り気のある物質で、グルテンが多いと衣はベタっとしてしまうのです。 グルテンが多くならないようにするためには、低温で混ぜすぎないことです。 クレープ生地のような「サラサラ」としたゆるい状態が理想です。 そのため、使う小麦粉はタンパク質の少ない薄力粉を使い、混ぜる水は冷水を使うのもポイントです。 夏場は粉も冷蔵庫で冷やしておくとよいでしょう。 そして、粘り気がでないように、揚げる直前にかき混ぜすぎないように、さっくりと混ぜます。 衣は卵をいれる? いれない? /天ぷら粉を使う? 薄力粉を使う? 油の温度の見極め方天ぷらの衣を油の中に少量落とします。 〇低温・・・イモ類・レンコンなどでんぷんを多く含む野菜は、火を通すのに時間がかかるので低温でじっくりと揚げます。 シソなどの葉物、ピーマンやししとうなどの彩り野菜など、色味を大切にしたい素材も低温で。 〇中温・・・かき揚げや野菜の素揚げなどは中温で。 〇高温・・・魚介や肉は長時間揚げると硬くなるので、高温で短くがコツです。 食材の種類や切った厚さによって変わります。 食材を入れると油の温度が下がるので、火加減をこまめに調節して油の温度を【維持】することが大切です。 天ぷらや揚げ物は「ガスコンロ」におまかせ! 「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく! また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。 専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。 機種によって機能名は異なります。 専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。 専用容器は別売の場合もございます。 /各画像はイメージです。

次の

いかのてんぷら、から揚げで爆発しない方法

イカ の 天ぷら

春から初夏を中心に、1年を通して楽しめる「イカ」。 ゲソ揚げ、イカリング、アヒージョ、イカの丸焼き、イカの塩辛…魚介類のなかでも海老やたこに並ぶ人気ですよね! 炒めても揚げてもおいしく食べられるイカですが、油で調理するときに気をつけたいのが 油ハネ問題。 あのバチバチッと油がハネる怖さは「イカ爆発」とも呼ばれているほど(!! 揚げたての天ぷらやイカフライを自宅で作る時にヤケドしないために、油ハネさせないコツをイカの専門店で聞いてきました! やってきたのは、イカの専門店「上野イカセンター」 イカセンター系列店の中で唯一、 水槽から釣って食べられるイカ料理専門店として、子どもから大人まで大人気の「上野イカセンター」。 その名にふさわしく、イカのことなら何でも答えてくれる男前でイカした大将です!好きな色は赤。 ) 「イカは、実は繊細な生き物。 生きたまま食卓に運ぶのがとても難しいんです」。 「上野イカセンター」では新鮮なイカを提供するために、旬に合わせて仕入れ先を変え、日本全国から配送してもらっているというこだわりよう。 「東京でこの産地のイカが食べられるなんて!」と驚くお客様も多いのだとか。 イカって身近な食材だけど、知らないことが多いですね〜。 *** そもそも、イカはなぜ「油ハネ」するの? さて早速、本題の「イカ爆発」問題へ。 バチッ!となる原因は、イカの構造にあるのだそう! 水分を含んだイカの身には薄い皮が張っていて、この皮は空気や水を通しづらい。 加熱すると水分が抜けて身が縮むいっぽう、空気は皮の内側にたまり続け、皮が少しずつ膨らんでいきます。 そして膨張した空気が皮を突き破ったとき、パンッと破裂! これが油ハネの原因なんですよ。 「なーんだ、じゃあ皮を剥けばいいじゃん!」と思いきや、それも実は至難の技。 なぜなら、イカの皮は薄皮も含めると全部で4層もあるから(!) 表面の皮は簡単に剥がせても、内側の薄皮は取り除くのがとっても面倒ですよね…。 しかも薄皮まで全部剥いでしまうと、せっかくの食感が悪くなってしまうのだとか。 イカの天ぷらやフライ作りに!「油ハネ」を抑える3つのポイント まずは天ぷらやフライといった揚げ物をする際の、油ハネ対策のポイントをご紹介。 油に入れる前に、キッチンペーパーやふきんでしっかりとイカの水分を拭き取りましょう。 小麦粉に表面の水分を吸わせると、油ハネが少なくなります。 【POINT】 イカを放置しておくと身からどんどん水分が出てしまいます! フライにする場合、パン粉が水分を吸収してベチャッとなる前に揚げてしまうのもポイントです。 4層ある皮を全部剥がさなくても、皮と身の間にたまった空気を逃してあげれば、「イカ爆発」を抑えることができます。 単なる飾り切りじゃなかったんですね~。 また、イカの温度が高まりすぎる前に取り出すのも、油ハネを抑えるポイント。 2分程度揚げたら早めに油(鍋)から取り出し、余熱で火を通しましょう。 水分が飛びすぎて味が落ちるのを防ぐこともできます。 【POINT】 イカの足にあたるゲソは、身の部分に比べて水分や空気が入りやすく、油ハネしやすいので特に要注意! アヒージョを作るときは、ゲソは入れないほうが安全です。 フライにするならしっかり水分を取って、すばやく油からあげてしまいましょう。 フライパンで炒めるときの「油ハネ」対策は? 油ハネや、油の片づけが面倒なら、フライパンで簡単にイカ料理を楽しむのもオススメ。 また、炒めるときにも 「イカの温度を急速に上げない」ことが重要なポイント! 高温に熱したフライパンにいきなりイカを入れるのはNG。 フライパンの 温度が低いうちにイカを入れたり他の野菜と一緒に炒めたりすることで、油ハネを抑えることができます。 それでも「イカ爆発」を完全に防ぐことはなかなか難しいそう。 なるほど…!これなら爆発を抑えるだけじゃなく、熱も通りすぎなくていいですね。 *** 油ハネが怖くなくなれば、イカ料理の幅は広がるばかり。 青木さんのアドバイスを参考に、ぜひ作ってみてくださいね。 【教えてくれた人】 青木宏光さん (『上野イカセンター』大将) [PROFILE] 新鮮なイカを釣って食べられる「上野イカセンター」の名物大将、通称アオキンさん。 「大将お任せコース」では、その時期の旬やお客さんの好みに合わせたイカ料理を提供する。 好きな色は赤。 新宿や渋谷、東京などに「」系列店がある。 【店舗情報】 上野イカセンター 住所:東京都台東区上野7-2-4 FUNDES上野 7F 電話番号:050-5594-8776 営業時間:平日17:00〜23:00/土日祝15:00〜22:00 定休日:なし.

次の