宅建 フォーサイト。 【宅建】フォーサイトがオススメな理由10個【通信講座で合格できる】

【高い合格率】フォーサイトの宅建講座の内容や評判・口コミを徹底解説

宅建 フォーサイト

タップできるもくじ• フォーサイトの宅建講座とは? 「フォーサイト」の宅建講座とは、株式会社フォーサイトが行っている「宅建・宅地建物取引通信講座」。 フォーサイトは広告宣伝をあまり行わず、広告宣伝費をコストダウンさせることで低価格で充実した講座を提供しており、人気の通信講座です。 不動産関係者がおすすめする宅建通信講座で1位を獲得。 2019年度の合格率は全国平均の4. 21倍で70%を越える受講生が短期間で合格し、累計合格者は50,000人を越え実績も十分です。 の宅建講座は、以下の3つの講座からなります。 \71. 良い評判・口コミ まずはいい評判・口コミからご紹介します。 フォーサイトのアプリの中に 確認テストがあるのですが 相撲ゲーム形式に なってて楽しんでます。 ほんと、もう 通常の文字だけのテストが ツライ。 — ばんそうこうでチチンプイ bansoko55 宅建の用語は難しいものばかりなので、マンガからだと入りやすいですよ。 苦手意識を持たないことが大切です。 講師の解説は法律や宅建制度の背景なども含めて、教えてもらえるので理解しやすい。 応用問題に対応するために基礎を重要点的に身につけ、時間を費やすことで、応用問題にも対応できるように基礎知識を確実に身につけます。 過去問講座 過去問講座では、覚えた知識を過去問を使用し引き出す練習(アウトプット)を行います。 宅建試験で必要な知識の引き出しに加え、問題を早く解く力が一気に身に付きます。 直前対策講座 直前対策講座では、1か月前に抑えておくポイントを重点的に学習し、模擬試験にて自身の苦手を克服します。 フォーサイトの宅建講座教材 続いて、フォーサイトの宅建講座の教材をご紹介します。 目で見るだけでなく、耳を使いながら学習するので身につきやすいですよ。 自分のペースで聴き逃しや復習を行うこともできますので、安心です。 また、通学講座の生徒に対して行った授業を録画したものが多いですが、フォーサイトの宅建講座は通信講座専用に収録しています。 講師はカメラ目線であたかもマンツーマンで講義を受けているかのよう。 こだわった撮影が専用スタジオで収録されており、内容も通信講座用にポイントが凝縮されているため、効率よく学習を進めることができます。 過去問 宅建の試験問題の6〜7割は過去問の関連問題が出ます。 演習をしたあとは、しっかり解説を読んで知識をつけましょう。 また、過去問を解くことで知識に加え、正確に素早く回答する練習をしましょう。 e-ラーニング 普段から重たいテキストを持ち歩くのは苦痛ですよね。 フォーサイトのe-ラーニングでは、ちょっとしたすき間時間などにもタブレットやスマホを利用して、いつでもどこでも勉強可能。 他にもリアルタイム講義でチャットで参加したり、基礎定着テストをしたりなど楽しみながら学習することが可能です。 講師によるフォローシステム 多くの通信講座の欠点は、一方的であるところ。 理解できないことが出てきたときに困ってしまいます。 フォーサイトの宅建講座では質問することができ、専任講師または専任スタッフが迅速かつ丁寧に的確な回答をしてくれるのです。 メールで24時間対応してもらえます。 2019年度の合格率は71. 全国平均の4. テキストの量が抑えられているため、効率よく勉強できます。 宅建試験は過去問からの出題も多いため、テキストで足りない分は付属の過去問で補いましょう。 スマホやタブレット、パソコンでいつでもどこでも勉強できるので、通勤途中の電車や昼休みなど時間を有効に使えます。 \71. まず、フォーサイトの宅建講座ページのを開いてください。 次に、画面をスクロールして、受けたい講座の申し込みボタンを押します。 その時に、右下のクーポンコードを忘れずコピーしておきましょう。 バリューセット1で3,000円引き、バリューセット2で5,000円引きとなります。 先ほどコピーしたクーポンコードを入れ、「適用」ボタンを押した後で、「お客様情報の入力へ」ボタンを押します。 すると、お客様情報入力、決済方法の選択画面になります。 教育訓練制度を受けたい人は「希望する」にチェックを忘れずにしましょう。 「必ずご確認ください」を読んで、同意出来たら、確認画面へ。 最後のページで講座申し込み完了ボタンをクリックすれば、申し込みは完了です。 講座申し込み確認メールが送られてきます。 その後、入金をすると教材が発送されます。 「講座お申込み確認メール」などのメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダの中や設定をご確認ください。 それでもメールが届かない方は、してみましょう。 フォーサイトの宅建講座によくある質問(FAQ) フォーサイトの宅建講座に関して、よくある質問をまとめました。 合格率は? フォーサイトの合格率は71. 効率よく必要な知識を学べますが、テキストだけでなく過去問もしっかりやっておきましょう。 パソコンがないと使えないの? パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンでも受講できます。 講師に質問できるの? フォーサイトの宅建講座ではメールにて5回まで質問することができます。 返信は専任講師または専任スタッフがしてくれます。 フォーサイトの宅建講座の容や評判・口コミを徹底解説まとめ 今回は、フォーサイトの宅建講座の内容や評判・口コミを徹底解説しました。 フォーサイトの宅建講座は、フルカラーテキストなどの優れた教材に加え、どこでも気軽に受講できるe-ラーニングもあり、効率的に最短で合格を目指すものです。 コストパフォーマンスにとても優れています。 不動産関係者がおすすめする宅建通信講座で1位、オリコン顧客満足度の宅建講座部門1位を獲得していますし、実際の評判や口コミを見ても講座の人気の高さがうかがえます。 フォーサイトの宅建講座を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

次の

【宅建フォーサイト】評判と口コミは?元受講生の私が合格率71.5%の理由を語る

宅建 フォーサイト

要点、ポイントだけをしっかりと押さえている 聞くだけで要点チェックが終了。 深い知識は過去問を繰り返し解く形の、いわば実践型講座です。 書いてあることを読むだけだと• 無駄な知識まで覚えてしまう• 大きな流れを見失いがち• わからない問題にあたると動揺 読むだけだと実践を忘れてしまいますが、過去問中心にすると、たとえわからない問題が出ても、飛ばして次の選択肢を読んでみて 総合的に判断することができるようになります。 実際の指導も 「消去法で解きます」と講義されることもあり、わからない文章に出会っても動じずベストを尽くすやり方です。 捨て問設定があるくらいなので、すべての知識を詰め込まない姿勢ですね。 初学者の場合、DVDをみただけでは全く太刀打ちできません。 過去問も1度解いただけでは定着しません。 DVDを見た後過去問を解き、もう一度DVDを見る。 そして間違えた過去問にもう一度挑戦する。 そんな感じで繰り返し使っていきます。 間違えた部分の窪田先生の講義は、 何も聞いていない状態でも聞こえてくる感じになれば、知識は定着してきている証拠ですね。 DVDだけで宅建知識は定着するのか DVDの講義は5~10分程度なので、すき間時間を利用しながら学習するのも楽しいです。 しかしある程度の範囲、例えば5回分の講義くらいの範囲は一度に学習したほうが、効率がいいです。 私は時間がある方なので、ライブ講義の全範囲を一度にみているので2~3時間くらいかけてまとめてみるタイプです。 フォーサイト宅建DVDの感想 フォーサイト宅建DVDは• 画像がキレイ• 講師が書きこんだ後はきれいに消してもらえる• 1コマの時間が短い• 要点のみに触れられている という感想を持ちました。 映像授業がクリアでないと、 次見る気になりません。 汚く書き散らした 画像も見る気にならない。 1コマの時間が長いと、 途中で飽きてしまう。 こまごまとした知識まで触れられると、 最後まで終われない。 通信教育だと雑に扱われている細かい点。 そこまでケアが行き届いているのがフォーサイト宅建DVDです。 やる気になれる。 最後までやり通せる工夫がDVD授業にも施されていて、学習が面白いように進んでいます。 くじけて途中で挫折することが、一番もったいない。 たとえ不合格でも、合格するまで続けることでプラスに転じます。 教材選び、DVD選びが大切だと痛感するほど充実しているのがフォーサイト宅建DVDだと思っています。 これは私には無理かもしれない。 周りについていける自信がない。 となるのも当然でした。 落ち込んだこと 宅建士試験の内容が今の自分にとって、相当難しいと思ってしばらく落ち込みました。 さらに宅建士講座の受講を決めて支払いを済ませた後だったのでなおさら落込みも激しかった。 支払った金額は6万5000円というまとまった金額だったことも重い気持ちになりました。 さらにカードの決済も終了していて、教材も手元に届いていたので後戻りはできない。 この時ばかりは落ち込みました。 どうしようって。 励みになったこと しばらくしてeラーニングの特徴である 「リアルタイム講座」が始まりました。 これが励みになったのです!! 全く勉強が足りていない。 努力しなければ落ちるかも。 ということを リアルタイム講座ではっきりと理解したので、私は頑張り始めたのです。 頑張ったこと 私の宅建士学習のペースづくりに役立ったのは、やはりリアルタイム講座でした。 2020年時点では2週間に一度の開催で、その間に範囲が指定されます。 2週間で指定範囲を学習するわけです。 私の方法は• eラーニングでざっと講座内容を確認 2日ほど• 過去問を2日• もう一度eラーニングで学習 1日• 過去問をもう2日• 間違えた問題を確認• 当日 という流れです。 かけた時間は1日3時間くらい。 2週間で3日ほどは勉強できない日がありましたが、そのほかは毎日つづけました。 3回目くらいから必要な勉強量と知識が体得できて、正答率がアップしたよ。 それとチャットの中で 「~問正解」「この分野は自信がある」「予習がっつりしてきた」などの声も、自分の学習に拍車をかけてくれました。 勉強仲間なので切磋琢磨できるのが、リアルタイム講座の良さです。 第3回目のリアルタイム講座で皆と同じ土俵に立てた。 これがその後の学習に希望をもたらしてくれました。 50代主婦の私でも宅建士の学習ができたワケ• 通信教育をeラーニングを選んだ• たまたまリアルタイム講座があった• 学習足らない自覚を早めに持てた ということが大きかったです。 いろんなeラーニングがありますが、テキストの内容や過去問の解説などの内容よりも まず、自分の実力が周りとどれくらい差があるのかを理解すること。 これが宅建士の学習をする上でのモチベーションづくりに役立ちました。

次の

フォーサイト宅建の割引・クーポンを使ってお得に購入する方法を解説|宅建カレッジ

宅建 フォーサイト

要点、ポイントだけをしっかりと押さえている 聞くだけで要点チェックが終了。 深い知識は過去問を繰り返し解く形の、いわば実践型講座です。 書いてあることを読むだけだと• 無駄な知識まで覚えてしまう• 大きな流れを見失いがち• わからない問題にあたると動揺 読むだけだと実践を忘れてしまいますが、過去問中心にすると、たとえわからない問題が出ても、飛ばして次の選択肢を読んでみて 総合的に判断することができるようになります。 実際の指導も 「消去法で解きます」と講義されることもあり、わからない文章に出会っても動じずベストを尽くすやり方です。 捨て問設定があるくらいなので、すべての知識を詰め込まない姿勢ですね。 初学者の場合、DVDをみただけでは全く太刀打ちできません。 過去問も1度解いただけでは定着しません。 DVDを見た後過去問を解き、もう一度DVDを見る。 そして間違えた過去問にもう一度挑戦する。 そんな感じで繰り返し使っていきます。 間違えた部分の窪田先生の講義は、 何も聞いていない状態でも聞こえてくる感じになれば、知識は定着してきている証拠ですね。 DVDだけで宅建知識は定着するのか DVDの講義は5~10分程度なので、すき間時間を利用しながら学習するのも楽しいです。 しかしある程度の範囲、例えば5回分の講義くらいの範囲は一度に学習したほうが、効率がいいです。 私は時間がある方なので、ライブ講義の全範囲を一度にみているので2~3時間くらいかけてまとめてみるタイプです。 フォーサイト宅建DVDの感想 フォーサイト宅建DVDは• 画像がキレイ• 講師が書きこんだ後はきれいに消してもらえる• 1コマの時間が短い• 要点のみに触れられている という感想を持ちました。 映像授業がクリアでないと、 次見る気になりません。 汚く書き散らした 画像も見る気にならない。 1コマの時間が長いと、 途中で飽きてしまう。 こまごまとした知識まで触れられると、 最後まで終われない。 通信教育だと雑に扱われている細かい点。 そこまでケアが行き届いているのがフォーサイト宅建DVDです。 やる気になれる。 最後までやり通せる工夫がDVD授業にも施されていて、学習が面白いように進んでいます。 くじけて途中で挫折することが、一番もったいない。 たとえ不合格でも、合格するまで続けることでプラスに転じます。 教材選び、DVD選びが大切だと痛感するほど充実しているのがフォーサイト宅建DVDだと思っています。 これは私には無理かもしれない。 周りについていける自信がない。 となるのも当然でした。 落ち込んだこと 宅建士試験の内容が今の自分にとって、相当難しいと思ってしばらく落ち込みました。 さらに宅建士講座の受講を決めて支払いを済ませた後だったのでなおさら落込みも激しかった。 支払った金額は6万5000円というまとまった金額だったことも重い気持ちになりました。 さらにカードの決済も終了していて、教材も手元に届いていたので後戻りはできない。 この時ばかりは落ち込みました。 どうしようって。 励みになったこと しばらくしてeラーニングの特徴である 「リアルタイム講座」が始まりました。 これが励みになったのです!! 全く勉強が足りていない。 努力しなければ落ちるかも。 ということを リアルタイム講座ではっきりと理解したので、私は頑張り始めたのです。 頑張ったこと 私の宅建士学習のペースづくりに役立ったのは、やはりリアルタイム講座でした。 2020年時点では2週間に一度の開催で、その間に範囲が指定されます。 2週間で指定範囲を学習するわけです。 私の方法は• eラーニングでざっと講座内容を確認 2日ほど• 過去問を2日• もう一度eラーニングで学習 1日• 過去問をもう2日• 間違えた問題を確認• 当日 という流れです。 かけた時間は1日3時間くらい。 2週間で3日ほどは勉強できない日がありましたが、そのほかは毎日つづけました。 3回目くらいから必要な勉強量と知識が体得できて、正答率がアップしたよ。 それとチャットの中で 「~問正解」「この分野は自信がある」「予習がっつりしてきた」などの声も、自分の学習に拍車をかけてくれました。 勉強仲間なので切磋琢磨できるのが、リアルタイム講座の良さです。 第3回目のリアルタイム講座で皆と同じ土俵に立てた。 これがその後の学習に希望をもたらしてくれました。 50代主婦の私でも宅建士の学習ができたワケ• 通信教育をeラーニングを選んだ• たまたまリアルタイム講座があった• 学習足らない自覚を早めに持てた ということが大きかったです。 いろんなeラーニングがありますが、テキストの内容や過去問の解説などの内容よりも まず、自分の実力が周りとどれくらい差があるのかを理解すること。 これが宅建士の学習をする上でのモチベーションづくりに役立ちました。

次の