カミュ ペスト 青空 文庫。 公開中 作家リスト:カ行

カミュ「ペスト」を読みました(読書感想文フル)

カミュ ペスト 青空 文庫

「保育園ホワイトきゃんばす」では、0歳児から5歳児まで一緒の保育をしています。 小さい園児は、お兄ちゃん、お姉ちゃんに面倒を見てもらい、自分が大きくなれば年下の園児の世話をします。 そんな「タテの関係」の中で、子どもたちは「人間関係力」をつけていきます。 「ケンカをしても仲直りできる」「困った時は助け合う」「苦手な人とは適当に距離を置く」「自分の思い通りにならないことを経験する」今、日本では異年齢保育が注目されています。 しかし、保育先進国のヨーロッパの国々のほとんどが、小学校入学までは異年齢保育をしています。 中学校になれば、部活で時には理不尽なタテの関係が発生します。 社会に出れば、どんな組織もチームも異年齢で構成され、異年齢でのコミュニケーション力が大人になると問われます。 そんな、子どもたちの将来を見据えて、異年齢保育をおこなっています。 5歳の誕生日を迎える前に命を失う子どもの数は、1990年の1260万人から2018年には530万人と減少しました。 また、同時期に5歳から14歳の間に死亡する子どもの数は170万人から90万人に減少するなど、子どもの命を守る取り組みに大きな成果がありました。 しかしながら、肺炎を原因として39秒にひとり、80万人以上の5歳未満の子どもが命を落としており、そのうち約15万3000人は生後1か月以内に亡くなるなど、支援の手が届かない子どもたちが未だに数多く残されています。 保育園ホワイトきゃんばすは、日本ユニセフ協会を通じて毎月サポートを続けてまいります。 地球上のすべての子どもたちが笑顔であることを願っています。 保育園ホワイトきゃんばすはユニセフを応援しています 先週から体操教室が再開したのですが、私は父の件でバタバタしていたので、今日が、園長としては、久しぶりの体操教室です。 しっかりと、子どもたちの様子をビデオ撮影したので、やる気満々の園児とやる気が空回りした園児と・・楽しい時間となりました。 笑 さて、新型コロナウイルス感染症の問題を受け、カミュの「ペスト」(新潮文庫)が話題になっています。 これは、アルジェリアのオランという町で発生したペストを巡る人間模様を描いた小説です。 コロナウイルスへの向き合い方と重なる部分があり、人間の本質を突く内容です。 ペストの大流行で、ロックダウンされたこの街から、闇の組織を使って脱出を試みようとする新聞記者のランベールとペストに立ち向かう、主人公の医師のリウーが登場します。 ランベールはスペイン戦争の経験から、「勇気やヒロイズムといった観念で人は死ねるし、殺すこともいとわないのではないか」と考えるようになっていました。 ランベールは、リウーの行動原理は、自分が嫌う、勇気やヒロイズムなのではないかと非難するのです。 しかし、リウーはこう答えます。 「今度のことは、ヒロイズムなどという問題じゃないんです。 これは誠実さの問題なんです。 そんな考え方は笑われるかもしれませんが、ペストと戦う唯一の方法は、誠実さということです」 ランベールは聞きます。 「どういうことだい。 誠実さって何なの?」リウーはこう答えます。 「僕の場合には、つまり自分の職務を果たすことだと心得ています」 どうですか・・・今起きているコロナウイルス騒動に対しても、一番大事な行動は「誠実さ」と当てはめると、日本人の行動様式は、世界の中では、トップクラスの「誠実さ」と言えるのかもしれません。 新しい生活様式は、私たちの「誠実な行動」が、基盤になっていくことは間違いないですね。 自分の胸に手を当てて「誠実さとは?」問うてみませんか。

次の

カミュ『ペスト』だけじゃない 要再注目!いま自宅で読みたい本はコレだ 【対談:岡崎武志氏×永江朗氏】(中央公論)

カミュ ペスト 青空 文庫

「保育園ホワイトきゃんばす」では、0歳児から5歳児まで一緒の保育をしています。 小さい園児は、お兄ちゃん、お姉ちゃんに面倒を見てもらい、自分が大きくなれば年下の園児の世話をします。 そんな「タテの関係」の中で、子どもたちは「人間関係力」をつけていきます。 「ケンカをしても仲直りできる」「困った時は助け合う」「苦手な人とは適当に距離を置く」「自分の思い通りにならないことを経験する」今、日本では異年齢保育が注目されています。 しかし、保育先進国のヨーロッパの国々のほとんどが、小学校入学までは異年齢保育をしています。 中学校になれば、部活で時には理不尽なタテの関係が発生します。 社会に出れば、どんな組織もチームも異年齢で構成され、異年齢でのコミュニケーション力が大人になると問われます。 そんな、子どもたちの将来を見据えて、異年齢保育をおこなっています。 5歳の誕生日を迎える前に命を失う子どもの数は、1990年の1260万人から2018年には530万人と減少しました。 また、同時期に5歳から14歳の間に死亡する子どもの数は170万人から90万人に減少するなど、子どもの命を守る取り組みに大きな成果がありました。 しかしながら、肺炎を原因として39秒にひとり、80万人以上の5歳未満の子どもが命を落としており、そのうち約15万3000人は生後1か月以内に亡くなるなど、支援の手が届かない子どもたちが未だに数多く残されています。 保育園ホワイトきゃんばすは、日本ユニセフ協会を通じて毎月サポートを続けてまいります。 地球上のすべての子どもたちが笑顔であることを願っています。 保育園ホワイトきゃんばすはユニセフを応援しています 先週から体操教室が再開したのですが、私は父の件でバタバタしていたので、今日が、園長としては、久しぶりの体操教室です。 しっかりと、子どもたちの様子をビデオ撮影したので、やる気満々の園児とやる気が空回りした園児と・・楽しい時間となりました。 笑 さて、新型コロナウイルス感染症の問題を受け、カミュの「ペスト」(新潮文庫)が話題になっています。 これは、アルジェリアのオランという町で発生したペストを巡る人間模様を描いた小説です。 コロナウイルスへの向き合い方と重なる部分があり、人間の本質を突く内容です。 ペストの大流行で、ロックダウンされたこの街から、闇の組織を使って脱出を試みようとする新聞記者のランベールとペストに立ち向かう、主人公の医師のリウーが登場します。 ランベールはスペイン戦争の経験から、「勇気やヒロイズムといった観念で人は死ねるし、殺すこともいとわないのではないか」と考えるようになっていました。 ランベールは、リウーの行動原理は、自分が嫌う、勇気やヒロイズムなのではないかと非難するのです。 しかし、リウーはこう答えます。 「今度のことは、ヒロイズムなどという問題じゃないんです。 これは誠実さの問題なんです。 そんな考え方は笑われるかもしれませんが、ペストと戦う唯一の方法は、誠実さということです」 ランベールは聞きます。 「どういうことだい。 誠実さって何なの?」リウーはこう答えます。 「僕の場合には、つまり自分の職務を果たすことだと心得ています」 どうですか・・・今起きているコロナウイルス騒動に対しても、一番大事な行動は「誠実さ」と当てはめると、日本人の行動様式は、世界の中では、トップクラスの「誠実さ」と言えるのかもしれません。 新しい生活様式は、私たちの「誠実な行動」が、基盤になっていくことは間違いないですね。 自分の胸に手を当てて「誠実さとは?」問うてみませんか。

次の

カミュ「ペスト」のあらすじ

カミュ ペスト 青空 文庫

ペストに襲われた町の、約一年の記録。 登場人物数人の奮闘と、心境の変化が中心に描かれる。 翻訳の日本語文が読みにくいので、あまりおススメしない。 ペストは「黒死病」ともよばれ、14世紀や17世紀に世界や欧州で大流行した歴史と、「ペスト医師」という奇妙な格好の姿(検索するとわかります)が、頭にあったからでしょう。 その「ペスト医師」の姿はどこかで見たことがあるなと思ったら、『ベルセルク』で見たような気がする。 漫画は手元にないので分らないが、この前見た新作アニメ版の記憶にあったような気がする。 ところで、なぜ私がこんな本編と関係ないことを、だらだら述べているかというと、内容に関して、書くことがそれほどないからです。 最初は、ペストの可能性を頭に入れつつ、なぜか人々はそれを否定しようとする。 約450ページのうち(文庫改版バージョン)、約100ページあたりで、ようやく市は閉鎖され、外界から隔離され、『ペスト』という作品の本番が始まった感じです。 『ペスト』は、医師である「リウー」の奮闘を中心に、「タルー」、神父の「パヌルー」、支庁の吏員「グラン」、犯罪者の「コタール」、新聞記者の「ランベール」他、数人の人物が、突然襲いかかった災厄を、どのように受け入れ、あるいは、お互いに助けあいながらペストの「病疫」に立ちむかったかが、えがかれています。 しかし、この訳書の日本語文は、読みにくい箇所(読みにくいというより、何が書いているか分からない)がいくつもあり、私は、その人間関係の細かいドラマを、十全に理解できず、消化不良のまま読み終えた感じです。 まあ、「ランベール」という人物が、閉鎖環境から抜け出そうと努力し、やがて心変わりをする、その過程だけは共感的に読むことができて、それだけは良かったですが。 さて、この作品は、実際に起こったことを書いたものではないので、いわば寓話として読むものなのでしょうが、現在では、どのような状況を想定して読めばよいのでしょうか。 現在だと、感染症の大流行というより、大災害の方が身近で最も(人的被害の)危険性があるでしょう。 病気もそうですが、災害(地震や津波など)による「不条理」は、人間(日本人の場合は特に)が甘受しなければならないものでしょう。 原発事故による放射性物質汚染のように、肉眼では確認できないもの(ペスト菌も同様)に対する恐怖も顕在化しました。 まあ、放射能の場合は人災のきらいもありますが、『ペスト』の中で、「ペスト菌は決して死ぬことも消滅することもないものであり、数十年の間……(中略)……眠りつつ生存することができ……(中略)……人間に不幸と教訓をもたらすために、ペストが再びその鼠どもを呼びさまし、どこかの幸福な都市に彼らを死なせに差し向ける日が来る」とあるように、人間を襲う何かしらの危険は、常に伏在しているのでしょう。 結局、『ペスト』では、ペストを克服したというより、いつの間にか災厄が去っていた、という感じで、これは人間の無力さをあらわしているのかもしれません。 「ペストと生とのかけにおいて、およそ人間がかちうることのできたものは、それは知識と記憶であった」という一文は、よく心にとどめておくべきものではないでしょうか。 最初(三行の説明部分)にも書きましたが、日本語の訳文が本当に読みにくいので、これを読書感想文に選ぼうと思っている学生さんなどは、やめておいてほうが無難でしょう。 そのせいで、おススメ度は星2つというものになりました。 むしろ、本文よりも、訳者「解説」の方が読みやすく、作品を概括的に捉えるには最適なので、邪道ですが、「解説」だけ読むという手もあります(おススメしませんが)。 (成城比丘太郎).

次の