トライアンフ ロケット。 トライアンフ(TRIUMPH) ロケットスリー

ロケット 3 R (2020

トライアンフ ロケット

新型ロケット 3 シリーズには、ロードスターの「ロケット 3 R」とツーリングスタイルの「ロケット 3 GT」という2モデルが用意されているが、日本に導入されるのは「ロケット 3 R」のみとなっている。 また旧モデルに比べ40kgもの軽量化を実現し、車両重量は291kgを実現している。 ブレーキにはBrembo製Stylemaモノブロックブレーキ、前後サスペンションは調整可能なShowa製サスペンションを装備。 さらに第2世代TFTディスプレイ、オプティマイズドコーナリングABS、オプティマイズドコーナリングトラクションコントロール、4つのライディングモード ロード、レイン、スポーツ、ライダー設定 、オールLEDライト、ヒルホールドコントロール、クルーズコントロール、キーレスイグニッションなどなど充実の装備を誇っている。 タイヤは専用開発されたAvon Cobra Chromeで、リアには240mmのワイドタイヤを装着。 スイングアームは片持ち式で、ロードスタースタイルのハンドルバーを装備し、シート高は773mm。 カラーリングはコロッシレッドとファントムブラックが用意されている。 記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。 最新の車両情報に関してはをご確認ください。 30 Stylema 4ピストンラジアルモノブロックキャリパー、コーナリングABS リアブレーキ 300mm径シングルディスク、Brembo製M4.

次の

トライアンフ(TRIUMPH) ロケットスリーGT

トライアンフ ロケット

強烈な存在感を放つRocket 3 TFC。 プレミアムなカーボンファイバーのボディパーツ、すっきりと流れるようなライン、印象的なLEDツインヘッドライト、ハイドロフォーミングで成形された3本のエキゾーストヘッダーパイプ、精巧なキャストアルミニウムホイール。 すべてが独特のシルエットの中に溶け込み、見る者の目を奪う極上のスタイルを生み出します。 完全新設計のアルミニウムフレームは正面を向いたエアインテーク付き。 マスを最適化した構造の中に、プレミアムな鋳造パーツ、鍛造パーツを組み込み、先代Rocket IIIと比べて44. 5kg(14%)もの軽量化を実現しました。 卓越したトルクウェイトレシオが自慢です。 軽量な新設計 20本スポークキャストアルミニウムホイールは、精巧にマシニング加工されたディテールが光るモダンなデザイン。 240mmという超ワイドなリアタイヤが堂々とした存在感を一層印象付けます。 ハンドルバーはフラットでスタイリッシュ。 ハンドルバー内部にケーブルを通しているので見た目もすっきり。 Rocketのマッチョな雰囲気に溶け込み、ゆったりとしたライディングポジションを可能とします。 Rocket 3 TFCのすっきりとしたラインを損なわないよう、 パッセンジャーフットレストは目立たないデザインとしました。 パッセンジャーフットレストを使わないときは折畳めますので、ミニマルなルックスが際立ちます。 ヒルホールドコントロールで坂道発進も安心です。 使いたいときはフロントブレーキレバーを操作します。 坂道でバイクがずり落ちないように、ヒルホールドコントロールがアシストしてくれます。 Rocket TFCには キーレスイグニッションシステムも搭載されています。 オーナーが携帯しているキーレスフォブが検知されると、スタートボタンを押すだけでエンジンがかかる最先端テクノロジーです。 Triumphだけの機能として、キーレスフォブをいつでも無効に設定できますので、さらに安心です。 タイヤ空気圧マネジメントシステムも標準装備。 頼れるこのシステムが、タイヤ空気圧を常に監視・通知し、ライダーの安心と安全を確保します。

次の

[BIKE]トライアンフの2500ccのロケット並みの加速と超大型ゆえの乗り心地とは!?

トライアンフ ロケット

紳士の国、イギリス「Triumph」が送る クルーザーとはいかなるものか 大排気量クルーザーと言うと、多くの方がハーレーダビッドソンをイメージするのではないだろうか。 しかし、世界最大排気量(量産車に限る)のモデルはハーレーではない。 「世界最大」の名を冠するモデルは、実はイギリスが誇るバイクメーカー「Triumph」のラインナップの中にある。 前回ボンネビルT100の試乗を行った際は、紳士の国イギリスらしいエンジンフィーリングに感動を覚えた。 ボンネビルのようなバイクを生産するメーカーが作ったクルーザーとはどんなモノなのか、世界最大排気量とはどれほどスゴイモノなのか、そこが知りたくロケットIIIを試乗することとなった。 クルーザーと言っても、ロケットIIIはハーレーの2番煎じのVツインモデルではない。 あくまでオリジナリティを追及した3気筒。 しかも、ロケットIIIの心臓部は他のラインナップを見ても一際目立っている。 トライアンフのスポーツモデルに採用されている横置き並列3気筒ではなく、伝統のバーティカルツインでもない、新開発の縦置きクランクの3気筒エンジンが採用されているのだ。 縦置きクランクというと、ツアラーとして名高いHonda「ゴールドウイング」や少し前までのBMWくらいにしか採用されていない珍しいエンジン形式。 ロケットIIIは非常にアグレッシブでマッチョなスタイルのバイクではあるが、このエンジン形式から見てもツアラーとしての資質も高いのでは? 試乗前から非常に妄想が膨らむバイクだった。 あらゆるパーツが規格外 強烈な個性が感じられる 他モデルにないロケットIIIの特徴を挙げようとすれば、枚挙に暇がない。 実車を目にしてまず驚くのは、巨大という言葉では片付けられないタンク形状。 車両に跨り、目を落としたときに広がる景色は、どのバイクでも経験したことがないもの。 どちらかというとスリムなタンクが好みだった私だが、ここまで巨大で主張が強いと「参りました」と謝りたくなる。 もう1つ参ってしまうのは前後タイヤの太さ。 フロントタイヤはなんと150mm! 一般的なバイクのリアタイヤより太い。 リアタイヤは怒涛の240mm、前から見ても後ろから見ても自己主張が強い。 タイヤに合わせてもちろん前後フェンダーもワイド。 メーカー純正でここまでワイドな仕様だとは…「ロケットIIIの開発人はアメリカ的な発想を持っているのか」という気がしてきた。 外装に負けず、142psの出力を誇る縦置き3気筒エンジンの主張も強烈。 漆黒のエンジン排気口からはエギゾーストパイプが縦に走り、車両後部マフラーへと続く。 エンジンがシックなカラーリングに押さえられているため、マフラーと巨大なラジエーターのクロームの輝きが見る者の目を奪う。 ただマッチョをアピールするだけではなく、落ち着きを持たせた部分も用意しているこんなところにイギリスらしさを感じる。 フロント周りを見るとクルーザーには珍しい倒立フォークが目に留まった。 これだけマッチョなモデルでありながら、スポーツ性に手抜かりはないのか、と期待感が煽ってくれる。 身長178cmの私が跨り、余裕を持って両足がつく。 身長が低い方だと少々辛いかもしれないが、これだけの車格にしては思ったより足つき性はいい方ではないだろうか。 幅があり肉厚のシートは重量級の私の体重をしっかりと包み込んでくれる。 フットポジションが足を投げ出す位置にあるため、シートの良し悪しは快適性に大きく関わってくる。 それだけにこのシートなら、安心して身を任せられそうだ。 ハンドルグリップはちょうど肩の高さの位置にあり、体に変な力が入らないちょうどいい高さ。 スタンドを上げ車両を起こしてみると、さすがに軽いとは言えない。 ただ、乗車したままの車両の押し引きをしてみたが、過去に試乗したハーレーと比べると同じくらいか。 いや、ひょっとするとやや軽いかも。 ロケットIIIの乾燥重量320kg以上に重いクルーザーはハーレーだけでなく、実は幾らでもある。 2300ccという排気量につられ、重量も最大と勘違いしている方は他モデルとよく見比べて見て欲しい。 いざ走ってみての感想だが「一般道は2000回転まで。 高速は3000回転まで」。 無理にスロットルを捻らない限りこれ以上の回転数は滅多に使用しない。 それ以上回さなくても充分に楽しめるエンジンだ。 一般道で常用する1000回転~2000回転で充分な、並みのクルーザー以上のトルクを発揮してくれ、しかもエンジンフィーリングは非常にマイルド。 のんびりと流すのが好みの人なら、この回転数が一番オイシイかもしれない。 Vツインのクルーザーなら楽しめるのはこのくらいまで、しかしロケットIIIにはまだその先がある。 高速に乗り2000回転以上まで引っ張ると、体が置いていかれそうなほどの加速をみせる。 Vブースト装備のV-maxの加速を知っている人がいるならば…アレをさらに強化したものと言えばわかってもらえるだろうか。 この加速はツインで味わえるものではない。 4気筒と2気筒のオイシイところを兼ね備える3気筒ならではのフィーリングだ。 このエンジンが秘めたポテンシャルを余裕を持って楽しめる、高速安定性もロケットIIIの魅力の1つ。 前後ワイドタイヤと重心の低さから、どれだけスロットルを捻っても車両から不安を感じることはなかった。 車両が悲鳴を上げるより先に、心のリミッターの方が先にかかることは保証できる(笑)。 また意外だったのは、前後にこれほど極太タイヤを履かせた重量級モデルにしては結構曲がれること。 もちろん決してスポーツ向きとは言えないが、そこそこのスピードでコーナーに侵入することも可能。 他のバイクとはやや感覚が違う走らせ方に慣れてくれば、ロケットIIIもなかなかの走りを楽しませてくれる。 気になった点と言えば、大型のラジエーターから排出される熱気程度のもの、ちょうど脛の部分に2. 3Lのエンジンから放出された熱気が吐き出されるので、真夏の渋滞に巻き込まれたら…ちょっと辛いかもしれない。 ただ、その分真冬は快適そう(笑)。 トライアンフ ROCKET III こんな方にオススメ スタイルに惹かれた人はもちろん More Powerを追求する人にも ハーレーからの乗り換えも多いというロケットIII。 ロケットIIIの加速はクルーザーというよりドラッグマシンの加速感に近いものがある。 トルクフルなエンジンから発生する、怒涛の加速は、一度味わうと笑いがとまらないことだろう。 ロケットIIIは混雑する街中より、交通量の少ない一般道や高速道路でより楽しむことができる。 もしユーザーになった暁にはエンジンが活きるシーンで存分に楽しんで欲しい。 トライアンフ ROCKET III 総合評価 ジェントルでありマッチョ 2つの顔を持つバイク 使用する回転数によって2つの顔を持つバイク。 試乗をしてみてそんな印象を受けた。 2000回転程度までの低回転走行は、余裕を持ったトルクで落ち着いた走りを見せてくれる。 低速走行でもギクシャクした感じはなく、堂々とした走りを楽しむことができる。 しかし、一度スロットルを捻ればロケットIIIのジェントルな顔は鳴りを潜め、マッチョなトルクがむき出しなる。 その加速はハーレーなどのVツインエンジンとは感覚が違うモノ。 体を置いていくような加速感は4気筒に近いものがある。 クルーザーでありながらドラッグマシンの顔も持つ、そんなマシンがロケットIIIだ。

次の