阪急電鉄 選考。 阪急電鉄のサマーインターン選考情報 エンタテインメントコース

阪急電鉄株式会社就活ノート|就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート

阪急電鉄 選考

全部で 5日間のコース。 現在4日目まで終了した段階。 最初の 3日間は夏季に行い、 4日目は秋季、 5日目は冬季に行う。 夏季一日目 自己紹介をした後に、 梅田駅とグランフロントの見学と説明を受けた。 自己紹介がとても長かった。 夏季二日目 朝、宝塚大劇場の駅で集合。 歌劇事業部の説明を受けた後、本社へ移動。 グループワークのテーマについて発表があったのち、それについての話し合いの時間が設けられた。 夏季三日目 午前中グループワークの最終準備をして、午後はワークの発表と、そのフィードバック、ならびに順位発表が行われた。 一位のグループには 阪急百貨店で使える金券3000円分が贈られた。 その後、懇親会が行われ、 阪急ホテルの最上階のレストランで飲み会が行われた。 秋季一日目 西宮研修施設に集合し、西宮ガーデンズの説明を受けた。 後に 2時間くらいのワークを行った。 内容の割りに時間が短くて、大変だった。 次にガーデンズの見学と自由見学の時間がとられ、 それがおわると懇親会が夏季と同じように開催され、終了。 冬季一日目 これから。 どんな人(どんな層 がうけていましたか.

次の

阪急阪神ホールディングス インターン面接|パクリ就活で内定GET!4年間就活をした大学院生の最強就活ブログ

阪急電鉄 選考

阪急電鉄の新卒採用の倍率について、具体的にどのくらい高いのか。 就職難易度は、就活市場の中でもどのレベルに達するのか。 鉄道会社の中では、阪急電鉄の平均年収は最高クラスとなっている。 私鉄の中でも赤字路線がまったく存在せず、鉄道事業が収益席が良い。 鉄道以外の分野でも大きな利益を上げている。 業績が良好で、しかも安定したビジネスを行っているということで、就活中の大学生、大学院生の間では就職したい企業の1つとなっている。 特に、地場の関西圏においては大人気企業という位置づけとされている。 阪急電鉄においては、職種が2コース用意されている。 総合職と鉄道現業職である。 いずれも大卒及び院卒向けの採用であるが、仕事の内容は両者で大きく異なる。 選考もそれぞれ別々に実施される。 総合職は超難しい 阪急電鉄の中でもあらゆる事業分野に携わる職種が総合職。 鉄道事業のみならず、不動産・ホテル・流通小売・バス事業などあらゆる事業に関する業務に参加していくこととなる。 会社を代表するような仕事ということで、倍率はかなり高い。 超有名企業ということもあって、倍率は100倍は超えると予想される。 内定をもらえるのは、応募者の中でも限られた優秀人材だけである。 採用人数は毎年20人前後で推移している。 会社の規模からいうと、この人数はかなり少ないといってよいだろう。 就職難易度がかなり高く、内定には運の要素も必要となる。 応募者は主に関西圏の学生が中心であるものの、拠点は全国・海外に広がっていることもあり、全国各地からの学生を採用している。 首都圏や中京圏などの地域からも学生を入社させている。 なお、総合職においては学部学科による条件はない。 文系でも理系でも応募することができる。 そんなこともあって、倍率は大幅に大きな数値となっている。 現業職はやや低だが 一方、鉄道現業職については、新卒採用の倍率は総合職ほど高くはない。 仕事内容は鉄道事業に特化したものである。 駅員や運転士、車掌に従事するのはこの現業職である。 また、保線や車両、線路設備の維持管理を行う。 鉄道分野が中心であることから、応募する学生は主に鉄道に関心のある人が多い。 汎用型の職種ではないため、入社したいと考える学生は一定の範囲内に収まる。 ただ、倍率が他社と比べて低いわけではない。 阪急電鉄の鉄道現業職の倍率は20~50程度と予想する。 採用人数は30人程度と、総合職よりは若干多い程度。 応募者数は数千人に達することもある。 内定までの難易度が高いのは確かだろう。 エントリーシートを出した段階で不採用となってしまう人も多いのも事実。 総合職よりはやや人気度が低いとはいえ、それでも倍率が高いことには変わりない。 入社できるのは運の良い学生だと感じる。 おすすめ記事•

次の

阪急電鉄株式会社就活ノート|就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート

阪急電鉄 選考

はじめに、選考情報として大まかな流れとそれぞれのステップについて説明しておきましょう。 基本的な阪急電鉄の選考の流れは次のようになっています。 エントリーシートの他にも履歴書を別に提出する必要があるので、エントリーシートの内容には注意しましょう。 また、エントリーシートの内容について、年度によって多少異なるようですが、普通の履歴書にある内容のほか、 ・最も興味のある事業を一つ選び、理由を具体的に教えてください ・あなたのこれまでの人生において「枠を超えた経験」について、具体的なエピソードを交えて教えてください。 ・最近あった出来事で友達に伝えたいことを具体的に教えてください。 などがエントリーシートで聞かれるようです。 阪急電鉄を志望する場合は、選考情報として流れを覚えておきましょう。 奇問に対しては独創的な回答ではなく人事に伝わる内容にする エントリーシートに関しては「自分が」何をしたのかをきちんと意識して書くことが大切です。 阪急電鉄に限っては、毎年やや奇問が出るようで、「最近あった出来事を友達に伝えたい事」に関しては、独創的なエピソード等ではなく、素直に「自分がどのような人間か」であることが人事に伝わるように回答する臨機応変さが重要になってくると思われます。 その他面接に備えて、企業研究や業界研究を徹底的にして、自分の中で十分に用意しておきましょう。 内定者のエントリーシートを参考にする 大手企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。 内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。 では、なかなか見ることのできない ESを100社分ご用意しました!ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のES 無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。 阪急電鉄の募集要項には、大卒と大学院卒予定者を対象としています。 それ以外は、学歴や学部についてこれといった特記事項はないので、ぜひ応募してみましょう。 採用実績は優秀かつやる気があるかを見ている 阪急電鉄は、優秀者であることはもちろんのこと、阪急電鉄を素直に活性化させていきたい、成長させたいという熱い思いを持っている人を求めているようです。 それに加え、入社後の業務をそれぞれの業務内容をしっかりと理解できているかといったことを伝えられるようにしましょう。 将来を具体的に描けているか、描けるかが大切になってくると言えるでしょう。 ですが昨年度の実績でいうと28名の人数を採用しているので、採用人数に関して30名前後であると考えられるでしょう。 2017年4月入社 36名 2018年4月入社 37名 2019年4月入社 37名 充実した社員育成プログラムにのっとり教育体制をとっていく 阪急電鉄では、一人ひとりの自主性を重んじた教育体制を取っています。 入社後1年間、研修施設で共同生活をすることとなり、4~5月の新入社員集合研修に加え、各職場への配属後も共に暮らすことで、悩みを共有します。 また、同期の良い所や価値観の違いに触れ、人間的に大きく成長することを目的とした育成プログラムを設けています。 阪急電鉄の選考情報として学歴は大学卒と大学院卒が募集対象!採用人数は20名前後 就職活動をするにあたって、自分の志望する企業の選考情報や、企業に集まる就活生の学歴は気になるものです。 阪急電鉄は、都市交通事業、駅ナカビジネスの流通事業、不動産事業、そしてエンタテイメントコミュニケーション事業などを中心に幅広い事業に取り組んでいます。 その阪急電鉄の募集対象は、大卒と大学院卒としていますが、関西の人気企業の一つでもあるので、倍率は相当高いことが考えられます。 選考に進むため、また本当に自分に合っている企業なのか見極めるためにも、選考情報を把握しておくことは、就職活動を進めて行く上で非常に大切です。 他社との選考状況を比べるためにも選考情報をしっかりと把握しておきましょう。

次の