翔 んで 埼玉 ジャガー さん。 翔んで埼玉 : 作品情報

ジャガー (ローカルタレント)

翔 んで 埼玉 ジャガー さん

埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。 ネタバレ! クリックして本文を読む 熊谷市 NACK5 途端に原作者の絵柄に合わせてきた。 なんて知らないのは私みたいなトンチンカンオバさんだけですね。 4月の半ばにAmazon primeで観ました。 それこそ、漫画チックで面白い映画やったなぁ、、、と観終わって最初に思いました。 役者さん達もきっと楽しみながら、笑いながら撮影したんだろうなあ。 二階堂ふみは不思議な少年を力いっぱい演じていたし、GACKTも高校生を演じているのに、存在感アリアリで、GACKT自身が楽しんでいただろうと思いました。 前髪が気になったけど、前見える?と気が散る私。 京本政樹もピッタリなイメージ。 伊勢谷友介も流石の男前 笑。 ただちょっと、力み過ぎやで〜感が残念。 あと、エキストラたくさんいましたね〜。 みんな盛り上げてましたね〜。 賑やかな、ある意味華やかな映画でした。 埼玉県民さん達は喜ばれたことでしょう。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

漫画『翔んで埼玉』のヤバい名言ランキングベスト15!豪華キャストで実写化

翔 んで 埼玉 ジャガー さん

当時に住んでいた作者が「近所に編集部の人間が住んでいたことによる締め切り催促および打ち切り報告の恐怖」によるストレスと、「埼玉県をおちょくりたい」というネタなどの要因が相まって執筆した作品である。 次第に作者も埼玉県を脱出し、埼玉への配慮のため自ら「」にした。 真の理由は「埼玉ディスりの要素が自分に無く、描けない」という本人のある種の埼玉愛だったとか。 経緯からしてトチ狂って描いたそうだし しかし2015年にインターネットで突如として話題となり、シュールでユーモラスな埼玉県および関東圏内の県ディスりが反響を呼んだ。 更にはテレビ番組「月曜から夜ふかし」で取り上げられた事も影響し、現在に至るまで50万部程の売り上げを誇り、 何を血迷ったかフジテレビと東映が目をつけ、映画化企画が始まった。 公開前後から「ださいたま」といろんな意味で注目を浴びていた埼玉県人は興味を抱かないわけが無く、公開初日、埼玉県の映画館をほぼ全回満席という奇跡が起き 、同日公開の『アリータ:バトル・エンジェル』を破って 興行ランキング1位を獲得。 それだけでは無く、 埼玉県内オープニング興行収入及び東映歴代実写映画オープニング興行収入歴代1位、そして埼玉県が本作の都道府県別興収シェア全国1位という奇跡を引き起こした。 その後も興行ランキングの5位以内に7週連続でランクインを果たした。 前年度の『』に負けずとも劣らない盛り上がりである。 テルマエ・ロマエ同様に海外でも上映され、興行成績は好調。 ディスりは世界の共通娯楽。 なお英題は 「Fly me to the SAITAMA」。 誰が上手いこと訳せと言った。 その内容は、19XX年、通行手形が無いと埼玉県人が迫害される東京が舞台であり、東京都知事の息子、壇ノ浦百美はアメリカからの帰国子女・麻実麗と出会う。 百美は埼玉県人を庇う麗を陥れようとするが、効かないどころかいつのまにか麗に心惹かれるようになっていく。 やがて麗の正体が埼玉県人であり、「埼玉解放戦線」の一員と発覚してしまう。 壇ノ浦百美(原作では白鵬堂百美) 演:二階堂ふみ(沖縄県出身) 「埼玉県民にはそこら辺の草でも食わせておけ!」 本作の主人公。 東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める、都知事の息子にして女性と見紛うほどの可憐さの持ち主(演者は女性だし)。 民らしく埼玉県人を見下すのみならず、都知事の息子であることを鼻にかけ、自分のライバル男子を蹴落とす傲慢さが見られるが、 それは弱さを見せない裏返しの態度であり、本質はか弱い女子の様子(だって演者女子だし)。 それを指摘してくれた麗に惹かれ、恋心を抱くようになるが、麗が埼玉県人であることを知ると苦悩の末に麗との逃避行に繰り出す。 その道中で埼玉と千葉の確執、そして尊敬する父の不正を知ることになり、麗と共に一大決心をする。 意外と妄想癖が激しく、麗と阿久津のキスシーンの悪夢を見ることも。 演:(沖縄県出身) 「お前達には、埼玉を守ろうという埼玉愛は無いのか!?」 もう1人の主人公。 白鵬堂学院3年A組に転入してきた証券会社の御曹司で、アメリカからの帰国子女で高き都会指数を持ち、学院内からも特別視されている人物。 何故か埼玉県民にも優しい。 その正体は埼玉の大地主の息子で、「埼玉解放戦線」の主要メンバーで通行手形撤廃のために、東京都知事を目指している。 当初百美とはソリが合わなかったが、百美の本質を指摘したことで惚れられ、デートする仲になったところで、 SATに追われる自分の家政婦とその息子としらこばとプリントの草加せんべいを庇ったことにより、埼玉県人とバレ、なし崩しに百美と埼玉へ逃避行を行うことに。 麗が通行手形を徹底させてどうするw -- 名無しさん 2019-04-19 21:31:43• 現代パートだけは出演者の出身地を凝ってたのか…マジか… -- 名無しさん 2019-04-19 22:20:30• 山田うどんがチラチラ映るだけで笑える唯一無二の映画 -- 名無しさん 2019-04-19 23:50:25• この映画見た後、会社の同僚が所沢に異動になったと知って、『飛ばされて埼玉』と思った今年の人事異動・・・ -- 名無しさん 2019-04-20 00:32:21• 映画館でそこらへんの草味のポップコーンとポテト売ってたのも草 -- 名無しさん 2019-04-20 00:40:25• 見なかったのを後悔した。 DVDはよ -- 名無しさん 2019-04-20 08:40:25• 原作者が絶賛していた。 未完の作品にここまでやってもらえれば原作者冥利かもな。 -- 名無しさん 2019-04-20 09:01:32• JAGUARさん出てるの!? -- 名無しさん 2019-04-20 09:32:47• 平成最後の超おバカ映画と同時にいい意味で原作をぶっ壊してくれた快作。 -- 名無しさん 2019-04-20 12:14:50• 二階堂ふみとのキスシーンは口元隠しているのに、伊勢谷友介とのキスシーンは超ねっとり描写してて死ぬほど笑ったわw逆だろw -- 名無しさん 2019-04-20 12:44:33• 本編開始前からエンディングまで笑わせてくれるいい映画だった、GACKTは色々な意味で神キャスティングだと思わされた -- 名無しさん 2019-04-20 16:24:16• 茶番、この一言に尽きる。 しいて言うなら関東に関する教養を得た上で見たかったなと -- 名無しさん 2019-04-20 23:16:23• 草加せんべい しらこばと付き の件で死ぬほど笑ったわ -- 名無しさん 2019-04-21 01:01:56• 何となく軽い気持ちで見てみたんだけどメチャクチャ面白かったわ。 終盤の怒涛の展開は割と王道で熱かった。 -- 名無しさん 2019-04-21 17:32:24• ぽっと出なのにやたら印象に残ったふなっしー、後会場は常に笑い声聞こえていたな -- 名無しさん 2019-04-21 22:12:02• ギャグ描写が一々秀逸な事に加えて、無知傲慢だった百美の成長や敵対してた埼玉と千葉が同じ志を胸に共闘して東京に立ち向かうとか革命ものとしてのストーリーも意外としっかりしてる -- 名無しさん 2019-04-22 03:25:53• 夜更かしで見た記憶あったがその映画化だったんだな、地元は木曜までやってるし見に行ってくるか -- 名無しさん 2019-04-22 08:48:24• どこもーかしこもーみんなー埼玉ー -- 名無しさん 2019-04-22 09:24:56• 原作者は麗は絶対ガクトを押していたそうだがパタリロのアスタロトもいけそうだな。 -- 名無しさん 2019-04-23 10:07:41• 原作では埼玉では雪の結晶が草加せんべいの形をしているのだがそれってただの雪の粒では・・・。 -- 名無しさん 2019-04-23 10:08:53• なお作者曰く等の埼玉県民から苦情は全くなかったらしい。 埼玉県民の自分には理由がよくわかる、うん。 ほんとに -- 名無しさん 2019-04-23 11:33:54• この作品ほど応援上映に向く映画もないと思った -- 名無しさん 2019-11-20 00:38:07• 因みにガクトはオファーが来た時「高校生役って正気なのか」と思ったそうな。 -- 名無しさん 2019-11-20 00:55:25• 神奈川の部分がちょっといまいちだったな。 「大まじめにやっているのにすべてがおかしい」というのが面白いのに、あそこはふざけすぎていた気がする -- 名無しさん 2019-12-30 19:02:14• 本編で笑った後で、EDではなわの歌で追撃かけるのズルいわw -- 名無しさん 2020-02-08 23:40:33• くっそわろたwそして群馬県の酷さに腹筋が死んだ -- 名無しさん 2020-02-09 00:55:51• 冒頭の田無と八王子の扱いに全俺が泣いた(誉め言葉) -- 名無しさん 2020-02-09 01:12:38• 二階堂ふみさんの顔面崩壊っぷりで美形過ぎず絶妙にブサイク 褒め言葉 になってんのにプロ根性感じた -- 名無しさん 2020-02-09 12:32:27• 19XX年が舞台な割にはふなっしーとか2000年代のネタがある -- 名無しさん 2020-02-09 12:56:41• テレビ放送版・・・なぜエンディングカットしたし -- 名無しさん 2020-02-09 15:16:34• テレビ放送版エンディングあったよ? -- 名無しさん 2020-02-09 15:42:26• ノーカットと言いつつカット箇所があったと言われてるけど円盤ないから確認できん。 でも少なくともエンディングはあったよ -- 名無しさん 2020-02-11 21:47:49• 海外の航空会社でも機内エンタメで見れたんだよなぁ、Twitter見てると飛行機で見た人ちらほらいますなぁ。 -- 名無しさん 2020-02-11 21:58:33• 中東の航空会社でも見れた模様だけど、BLシーンカットされてないか不安www -- 名無しさん 2020-02-11 22:00:55• 海外でも公開されたんかこれw地方ネタは向こうの人達に通じたんだろうか? -- 名無しさん 2020-02-11 22:24:48• 自虐入ったいい感じの地域ディスが日本と似てるから。 -- 名無しさん 2020-02-12 10:49:32• 今アマプラで見られるよー -- 名無しさん 2020-03-25 21:37:42• 見てきたわ。 この手のネタはあまりわからない俺でも笑わせるのはやはりプロの仕事ですなぁ。 一緒に来るか、所沢 -- 名無しさん 2020-04-10 01:00:24.

次の

翔んで埼玉

翔 んで 埼玉 ジャガー さん

跳んで埼玉のキャスト一覧 役名 芸名 壇ノ浦百美 二階堂ふみ 麻実麗 GACKT ガクト 阿久津翔 伊勢谷友介 埼玉デューク 京本政樹 壇ノ浦建造 中尾彬 壇ノ浦恵子 武田久美子 西園寺宗十郎 麿赤兒 埼玉県人の青年 間宮祥太朗 下川信男 加藤諒 おかよ 益若つばさ 神奈川県知事 竹中直人 菅原好海 ブラザートム 菅原真紀 麻生久美子 菅原愛海 島崎遥香 五十嵐春翔 成田凌 こうしてみると、跳んで埼玉のキャストは本当に豪華ですね(笑)一度はテレビで見たことあるようなメンバーばかりではないでしょうか。 跳んで埼玉は、 壇ノ浦百美役の二階堂ふみさんと、麻実麗役のGACKTさんがダブル主演という形になっています。 その他のメンバーも個性派揃いです。 原作漫画の実写映画化は、元々のイメージが強いので、キャストが悪いと白けてしまうことも多いのですが、翔んで埼玉はその点キャストが非常に良かったと思います。 キャスト全員の出身地を調査 実際に出演しているキャストは、リアル出身地が埼玉県なのか!?気になる情報をチェックしてみました。 壇ノ浦百美:二階堂ふみ 二階堂ふみ にかいどうふみ さんの出身地は 沖縄県那覇市でした! 主演となる壇ノ浦百美役は埼玉県出身の役者さんを起用していたのかと思っていたので、意外でした。 ただ、壇ノ浦百美は名前は女性のようでありながら、東京都知事の息子。 また、同性の麻実麗に恋心を抱いてしまう難しい役です。 リアル出身地よりは、原作のイメージに近い女優さんを起用するのは自然の流れだったのかもしれません。 跳んで埼玉のダブル主演となった、二階堂ふみさんとガクトさんとどちらも埼玉県出身ではありませんでした。 麻実麗も容姿端麗でアメリカ帰りの青年という設定。 東京都知事に仕えていながら、千葉解放戦線のリーダーという役だったため、千葉県出身の可能性もあるかなと思っていましたが、出身は戦争相手の東京都でした。 埼玉デューク:京本政樹 京本政樹 きょうもとまさき さんの出身地は 大阪府吹田市でした! 小学生から中学2年生までは栃木市に住んでいたということで、埼玉県人の気持ちはある程度理解できている人なのかもしれません。 跳んで埼玉の中では、埼玉デュークとして、麻実麗とも重要な関わりを持ちますが、映画撮影の際にも「僕ら同じジャンルだよね」という挨拶があったそうで、妙に納得してしまいました(笑) 壇ノ浦建造:中尾彬 中尾彬 なかおあきら さんの出身地は 千葉県木更津市でした! まさかの東京都と対立する千葉県出身でした。 映画の中では、浦建造として、さいたま県や千葉県をディスる急先鋒でしたが、悪役といえば、中尾彬さんという感じです。 中尾彬さんも当初は「タイトルからしてふざけているし、埼玉の人が可愛そう」ということで、オファーを断ったというエピソードが印象的でした。 壇ノ浦恵子:武田久美子 武田久美子さんの出身は 静岡県でした! 2歳半の時に東京に引っ越しているということで、都会指数は高そうな方です。 ここまで埼玉県人が一人もいないのが意外です。 西園寺宗十郎:麿赤兒 麿赤兒 まろあかじ さんの出身地は 石川県金沢市でした! 私は跳んで埼玉を見て、初めて麿赤兒さんのことを知りましたが、元々は舞踏家で俳優さんとしても活躍しているようです。 関東出身ですが、残念ながら埼玉県人ではありませんでした。 下川信男:加藤諒 加藤諒さんは 静岡県静岡市の出身でした! 翔んで埼玉の中では、3年Z組に所属する埼玉県出身者。 学園の生徒から迫害を受けている悲壮感あふれる役としては、見事にハマり役でしたね。 おかよ:益若つばさ 益若つばさ ますわかつばさ さんは 埼玉県越谷市出身でした! ついに埼玉県出身者のキャストが見つかりました(笑) おかよは麻実麗の家に住み込み家政婦役です。 特に映画の中では埼玉県出身であるとは明確に触れられていませんでしたが、さいたまポーズをしていたことから、埼玉県人であると思われます。 神奈川県知事:竹中直人 竹中直人 たけなかなおと さんの出身地は 神奈川県横浜市でした! 埼玉県出身ではありませんでしたが、映画の中では神奈川県知事役として出演していたため、役とキャストの出身地が一致という結果になりました。 竹中直人さんは相変わらず、いい味を出していますね。 菅原好海:ブラザートム Bro. TOM ブラザートムの出身地は アメリカ合衆国ハワイ州マウイ島でした! もはや日本から離れてしまいましたが、映画の中では埼玉生まれの埼玉育ちという設定で、完全に埼玉県人になりきっていました(笑) 菅原真紀:麻生久美子 麻生久美子 あそうくみこ さんは 千葉県山武市出身でした! 跳んで埼玉の中では、ブラザートムさん演じる菅原好海さんの妻役でしたが、千葉県出身という設定でした。 さいたま県出身ではありませんが、役とリアルの出身地が一致している女優さんでしたね。 菅原愛海:島崎遥香 島崎遥香 しまざきはるか さんの出身地は 埼玉県でした! ついに2人目のさいたま県出身者を見つけました。 島崎遥香さんといえば、元AKB48のメンバーというのが有名ですよね。 今や、女優としても自然体の演技で素晴らしいです。 五十嵐春翔:成田凌 成田凌 なりたりょう さんの出身地は 埼玉県でした! 跳んで埼玉の現代パートで登場する島崎遥香さんと成田凌さんは共にリアルでも埼玉県人でした。 こちらはどちらも原作とは関係のない映画オリジナルの配役ということで、しっかりと埼玉県出身の俳優・女優さんをキャスティングしてきたようです。 跳んで埼玉のキャスト出身地まとめ 本日のおとく情報 ・跳んで埼玉のキャストでリアル埼玉県出身者は、益若つばさ・島崎遥香・成田凌の3人のみ ・主演の二階堂ふみとGACKTは沖縄県出身だった 跳んで埼玉のキャストで リアル埼玉出身者が3人しかいないのは意外でした。 ちなみにエンディング曲を担当していた「はなわ」さんは佐賀県のイメージが強いですが、出生は埼玉県春日部市でした。 こうして映画の舞台裏を知ると、また違った目線で映画を楽しめそうですね。 跳んで埼玉は、空前絶後のディスり合戦と銘打たれたコメディ映画でしたが、ご当地出身の人も笑いあり、涙ありで楽しめる映画です。

次の